「サバ目」議員に気をつけろ!

まず、サバの目を眺めていただきたい。

これが、「サバ目」である。

画像


次に、出自が疑われている議員の目をみてほしい。

画像


画像


画像



韓国初代大統領の李承晩も立派なサバ目である。

画像



日本人に、サバ目はそんなにいただろうか?
いないはずだ。

そこで、日本人なりすましが多いと言われる民主党議員の中で「サバ目」傾向の議員を並べてみた。

画像


画像


画像


画像


画像


最後に、次回の衆議院総選挙までに、「サバ目」を判別するセンスを磨き周知しておこうではないか!

この記事へのコメント

2011年09月08日 08:32
おはようございます。

サバの生き中(活き中り)と申しまして、新鮮なサバでも皮表面には寄生虫がたくさん付いております。これは揶揄ではなく本当のことです。よく洗ってから食してください。漁師町より。

写真のサバ目にはキムチが合うかもしれません。どこかの国では危険食材としてキムチは輸入等が禁止されています。脳細胞がおかされるということです。

2011年09月08日 09:44
それから全員ドヤ顔です。

Shirasu J
2011年09月08日 12:37
<新鮮なサバでも皮表面には寄生虫がたくさん付いております。

その話、生のサバの刺身を調理したことがないので、
知りませんでした。
coffee
2011年09月10日 14:49
「サバ目」とは、なかなか気が付かない観点でした。
Shirasu J
2011年09月10日 21:24
近日中に類似ネタを用意しております。

この記事へのトラックバック