これが新聞業界が民主党支援した「動かぬ証拠」だ! それでも新聞を信じますか?

私は、2年半前からブログ活動を始めた保守系支持者である。

始めた動機は、マスコミの麻生叩きのひどさに対抗するためだった。

しかし、保守勢力は非力だった。
マスコミの情報操作により、自民党支持率が面白いように連日のように下落し、
民主党に都合悪いことをマスコミが徹底的に不報道にし、衆議院選挙を民主党有利に導き、民主党はマスコミのおかげで衆議院で300を超える議席を手に入れたのだ。

その間、私は、新聞をターゲットに、報道されない事実情報の蓄積と分析を定期的に行い、ネット上で公開し続けてきた。

そして、今回、民主党に不利な事案に着目して不報道事案を調べ直してみた。

以下が、その一覧である。

画像


これを見て、とんでもないことがこの国の内部で起きていることを私は指摘したい。

この2年間については、自民党に関する不祥事、失言はもみ消されることなく、報道されていると想定される中で、民主党に不利な事案で不報道扱いとなった件数は60件近くに達していたのである。

多少のミスはあるかもしれないが、同じ目線で継続的に調査していたので、同一の政党に関して60件という不報道件数は、意図、作為がなければ発生しない、異常な件数であると言わざるをえない。

さらに、
この60件近い不報道のうち、全紙が不報道としている事案が半数近くに達していることから、
民主党に不利なこれらの事案を不報道とする目的は、

・明らかに民主党の衆議院選挙での勝利、
・衆議院選挙後の民主党政党支持率維持のために、

情報操作活動の一環として、
新聞業界、実際には内閣記者倶楽部主導?で意図的に行われた可能性が高いことを私は確信する次第である。

しかし、一方、不報道状況を個別に分析していくと、産経だけはスタンスが違うことがわかる。民主党の不祥事、失言などに関して、もっとも報道している新聞社は、実は産経なのである。

いいかえると、現時点では産経が一番信頼できるということだ。
そして、他の全国紙(読売、朝日、毎日、日経)は、民主党に不利な事案の不報道の常連であり、地方紙、テレビ局においては、全国紙よりも政界情報そのものが少ないという経験則から不報道対象がさらに増えることを意味する。

私は、全国のみなさんに問いたい!

これだけ、
民主党に不利なことを不報道にする新聞を
公正だと言えますか?
政治的に中立だと言えますか?
新聞そのものを信用しますか?

これだけ不報道があっても、それでも新聞は必要ですか?

意図的な不報道を繰り返す新聞は解約すべきではないのですか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ナイジェリアに少子化の対策を見た

    Excerpt:  ナイジェリアで、少女に赤ちゃんを出産させ第三者に売却していた「工場」が摘発された。この事件は論外だが、私は日本の少子化対策には非常に良いのではないかという感想を持った。  日本もナイジェリ.. Weblog: 愛国を考えるブログ racked: 2011-06-05 11:29
  • 米中冷戦と日本の使命 Part2

    Excerpt: 前回に引き続き『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』から、米中冷戦に関する論説の Part2 を紹介しよう。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-06-05 20:43
  • 新聞社説『もう混乱は許されない』『不毛な政争に区切りを』に呆れる田原氏  【激論!クロスファイア】 

    Excerpt: BS朝日【激論!クロスファイア】で、 田原総一朗氏が、内閣不信任案否決翌日の大手 Weblog: テレビにだまされないぞぉ racked: 2011-06-06 08:03
  • 名将・神川明彦さん

    Excerpt: 皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大前研一の忠実なる弟子 「狂人=橋下徹知事」の凄い手法 ①武士.. Weblog: 日本の狂った反日スポーツライターたち racked: 2011-06-06 20:54