夫婦別姓法案は外国人参政権法案と同様、悪意ある法案である

まず最初に、民主党がマニフェストで隠していた、日本解体ヤミ法案について、列挙する。

・外国人参政権付与法案
・人権擁護法案
・地域主権
・夫婦別姓
・外国人住民基本法
・移民一千万人受け入れ
・沖縄一国二制度(沖縄売り飛ばし)
・国家主権の移譲
・国立国会図書館法の一部を改正する法律案
・北朝鮮への経済制裁解除
・従軍慰安婦補償
・IMFを通さない韓国へ経済支援
・国家主権の委譲
・国籍法改悪

この中では、外国人参政権法案、人権擁護法案の悪法ぶりが突出して喧伝されている。

私は、これまで夫婦別姓問題については、神道政治連盟作成の上品なパンフにより、どちらかというと形式上の認識でしかなかったが、下記サイトでの議論を読み、十分に熟慮された上での、悪意ある法案であることがわかったので、今回、別姓が導入された場合の悪影響が及ぶ範囲について自分なりのシナリオを加え、解説させていただくこととした。

・夫婦別姓を必要とし、夫婦別姓により得する人
日本人と結婚する中国人、韓国人(中国、韓国は、夫婦別姓国)これから日本に移民しようとする中国人、韓国人。

・夫婦別姓を推進する議員
千葉景子元議員、岡崎トミ子議員、福島瑞穂議員など民主党、社民党の女性議員が多い。
女性議員が多い理由は、帰化したくない在日女性からの要望が強いためと考えられる。

・夫婦別姓を推進する議員の政策面での一致点
中国や韓国、北朝鮮を賛美する政治家が多く、憲法改正に反対し、外国人参政権に賛成し、慰安婦補償問題に積極的な議員が多い。

・戸籍管理上の問題点
参政権を得た外国人が日本人と結婚に際して、別姓とすることで、戸籍上、外国人と日本人の区別がつきにくくなる。(戸籍上、日本人なりすましの外国人であることがわかりにくくなる)
逆に言うと、大和民族であることを戸籍上、証明しにくくするための法律という見方ができる。
戸籍管理のための行政機関業務がさらに膨らむ。

・移民促進との関係
別姓である利点を生かし、裕福な日本で生活しようとする中国人、韓国人が増え、移民が激増する可能性がある。

・子育て上の問題
家族が子供を育てるのではなく、国家が子供を育てるシステムに変わる(共産主義国家となる)
結婚は社会制度的に不要となり、子供が私生児化する。日本人同士婚の少子化はさらに進む。

・結婚制度上の問題
別姓であることを利用した多重婚、偽装結婚が続出する。偽装結婚によって、国籍を取得する中国人、韓国人が激増する。

・夫婦生活上の問題
結婚しようとする人が年々減少する。
不倫、近親相姦が激増する。家庭破壊した家族が激増する。

・家族の絆の問題
私生児化し、将来を悲観した子供を中心に、自殺がさらに激増する。親殺し、子殺しも続発する。

・治安上の問題
私生児化した子供(特に未成年)による凶悪犯罪が続出する。(スターリン時代のソ連で実証済み)

・戸籍乗っ取り事件の激増
家族の絆が消滅した家庭をターゲットに、北朝鮮工作員などが、戸籍乗っ取りを企て、日本人になりすます事例がさらに加速する。
北朝鮮工作員による、愛国議員襲撃事件も想定される。

・外国人参政権との関係
夫婦別姓は中国、韓国から移民を永続的に招き寄せる効果をもたらす。偽装結婚が進むと、偽装結婚によって得た日本国籍によって参政権を行使する人に、国政も地方議会も支配されやすくなる。
外国人参政権が一度制定されると、それ以降、この国が、中国人、韓国人からの移民が参政権を行使する国に変わる。

・民族ウエートの問題
日本人は、制度上、結婚の必要性を感じなくなるため、日本人同士婚の少子化が加速する。その一方、移民の子供、移民と日本人の間の子供が相対的に増え、純血種としての大和民族の血筋が、少数派となり、被支配民族に転落し、最終的に途絶える。(オランダやドイツではイスラム圏からの移民の人口ウエートが激増している)

・中国との国家間の紛争
夫婦別姓が導入され、中国からの移民が増えることで中国との国家間の紛争は中国に有利な結末を迎える可能性が高くなる。
尖閣、沖縄と日本の領土が人口侵略により日本の領土でなくなる危険性が高まる。


一言で言うと、夫婦別姓は、帰化したくない在日、日本に移民したい中国人、韓国人、北朝鮮工作員にとって非常に好都合な法律だということである。

これらのシナリオについて、私は、悪い方に悪い方に悲観してつくったのではない。
この法案の目的が、大和民族消滅を目的とした、十分に熟慮されかつ悪意あに満ちたものであることがわかったので、悪意の影響が及ぶ範囲を予想するために、ここまで詳細にシナリオを組み立てざるを得なかったのである。

これだけ悪意ある法案なのであるから、悪意が立正された時点で、法案推進者に刑事罰を課す(外患罪の適用拡大、国家反逆罪)ことは当然の措置であると私は考える。
従って、国会質問では、担当閣僚に対し、証人喚問などにより法案準備の悪意の有無を徹底的に追及いただきたいと思う次第である。




………………………………………………………………………………

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6435133.html

選択的夫婦別姓法案について質問させてください。役に立った:0件
質問者:s208pj01a 投稿日時:2011/01/09 04:17 困り度:
この前、大学で夫婦別姓のレポートの課題が出題されました。私は、選択的夫婦別姓制度案について賛成派、反対派それぞれの考え方をもっている人の意見をパソコンや本をつかって調べ、レポートに書きました。しかし私は、賛成派と反対派どちらの意見に目をとおしても、自分自身どちらの意見に賛成なのかわかりません。同姓にしたいなら同姓、お互いに話し合って別姓と決めたなら別姓にしたらよいと思いました。
ここで力を貸していただきたいのですが、みなさんはどちらの意見に賛成でしょうか?理由も聞かせてください!

あと選択的夫婦別姓法案が今まで可決されない理由を教えてください!

長々とすみません!レポートに書きたいので回答のほうよろしくおねがいします。

質問番号:6435133


この質問への回答は締め切られました。

このQ&Aは役に立ちましたか?(役に立った:0件)
回答(15)最新から表示| 回答順に表示 |ベストアンサーのみ表示
参考になった:0件 No.15ベストアンサー20pt
回答者:tengenseki 回答日時:2011/01/11 21:50
2さんの前半と14さんの全文に賛成です。
本当に本やパソコンで調べたのなら、

>あと選択的夫婦別姓法案が今まで可決されない理由を
>教えてください!

こんな疑問が残っているとは信じがたい。

きつい言い方で失礼。


参考になった:0件 No.14
回答者:-Ken-Ken- 回答日時:2011/01/10 03:30
#2 です。
なんか予想外の展開になってるなぁ。単に授業に提出するレポートに何書くか、という話じゃないんだろうか。
あるいは、私、釣られちゃったんですかね?

|  /l、 ??
| (゜_ 。 7  ツンツン
し⊂、 ~ヽ
   しf_, )~

マジレスだけど、なんでこんなところでレポートのネタを拾おうとしたのか知りませんが、やっぱりウィキペディアを見た方いいですよ。


参考になった:0件 No.13
回答者:maanantoka 回答日時:2011/01/09 22:47
歴史を追いかけてみると夫婦同一姓はお家制度によって確立していますね。特に江戸時代は社会秩序の根幹をなしていました。明治になって戸籍制度が夫婦単位ではなく、家単位で作られましたから、ここでも夫婦同一姓は社会秩序の根幹でした。戦後は民主主義の考え方から個々の夫婦単位へと変ったことは誰でも知っていることですね。ではなぜ個人単位ではなく夫婦単位になったのかを考えれば理解できますよね。それは日本が勝ち取った民主主義ではなく、与えられた民主主義だったからに他ならないと思います。誰もが夫婦は同一姓というのが当たり前であったし、そこに不都合を感じなかった。しかし個人を重要視する民主主義が少しずつ理解されてくると、夫婦でも個々の姓を名乗りたいと思う人たちが現れてくるのは当然の帰結ですね。因みに夫婦同一姓は伝統文化だという人たちがいますがそれは伝統文化を理解していないからでしょう。歌舞伎を見ても解るとおり伝統文化は時代に即して変化していくものなのです。変化させず取って置くのは只の化石です。
歴史的に価値観を見ていけば夫婦別姓を認めるのが当たり前です。 しかし私は今の民主主義の水準では危険だと思っています。その理由はそのことによって起こる犯罪や混乱を防止する意識が希薄だからです。役所は年金の管理もまともにできなかったし、戸籍管理にしても200歳以上の老人がいた有様です。土地の登記簿にしても今生きていない人がたくさんのせられています。そしてそのことを国民は役所が悪いからと思う人たちが殆どです。しかしよく考えてみてください。民主主義は役人がやる仕事を選挙で選ばれた人によって管理することで成り立つのです。役人は必要に応じて仕事をしているのではなく決められたことを決められた通り実施していく人たちです。勝手に必要だかとやられたら民主主義は成り立ちません。私たちがもっと自立的な民主主義意識をもたなければ夫婦別姓を実行しても混乱をまねくだけです。



参考になった:0件 No.12
回答者:key00001 回答日時:2011/01/09 19:59
> みなさんはどちらの意見に賛成でしょうか?理由も聞かせてください!

やや反対です。
一応、日本の伝統・文化だから。


> あと選択的夫婦別姓法案が今まで可決されない理由を教えてください!

それは簡単です。
法案が提出されても、採決を前提とする本会議での審議や、採決をしないからです。

与党が政権の目玉と言うほどには重要法案と見做しておらず、また本会議での審議や採決にビビってると言うコトです。

一部、必死な議員が居る一方で、民主党全体と言うか、少なくとも現執行部は、政権浮揚のカンフル剤として期待してるって言うよりは、更なる政局の混迷の可能性の方を危惧してる様な法案ってコトでしょうね。

そもそも民主党内でも賛否両論ですから、菅VS小沢の渦中、党内も一本化出来ないと思いますよ。
仮に一本化出来ても、野党は絶対に猛反対しますしね。
それで国会が紛糾すりゃ、支持率も下がりますよ。

こんなモメそうな法案は、本会議での審議や採決しようとすれば、野党に政局として利用されるだけです。
従い与党は、敢えては採決しない(出来ない)んですヨ。



参考になった:2件 No.11
回答者:noname938013 回答日時:2011/01/09 14:03
夫婦別姓は日本人には、不要なものです。

男性の苗字を名乗れという決まりではなく、
夫と妻どちらかでいいので男尊女卑とかいう差別でもないでしょう。

私の勝手な考えですが、今導入しようとしているのは、C国人・K国人のためを考えてるんじゃないかと。

詳しくは書けないので、「夫婦別姓 在日 民主党」等で検索してみてください。


参考になった:1件 No.10
回答者:pokoaruki 回答日時:2011/01/09 13:31
個人的な意見についてのみ。

自分のアイデンティティを大切に考えている方には本当に申し訳ないのですが、
私たちが社会生活を送るうえで、あの人とこの人は親子・夫婦・兄弟・親戚だと察することは、
とても重要なことなはずです。

私は市役所の職員なのですが、姓は業務上の判断での、重要な鍵のひとつです。
家族だと気が付かなかったために提供すべきサービスを見落としたり、
逆に不正の見逃しにつながりそうで、不安です。
別姓が導入されるなら、短期間にエイヤではなく、別姓の国の手法をしっかり検証、自治体にも十分な準備期間を与えてほしい。

姓選択制を実施するにあたっては、法律や社会各方面のシステム改修などに膨大なコストもかかるので、
何も今財政が厳しいときにやるべきでないとも思います。



参考になった:1件 No.9
回答者:zumichann 回答日時:2011/01/09 12:57
No6です。

他の方のご意見も見て思った事ですが、


私の考える、選択的夫婦別姓法案が今まで可決されない理由に、

「話を広げすぎて論点をすり替える人がいるから」も加えたいと思います。


夫婦別姓を望むひとは、夫婦別姓の他国の習慣まで真似たいんだ、似ることになるんだ、なんて発想、「ハァ???」です。
反対するにしても思考回路が雑すぎます。

夫婦別姓を希望する人の根本は単純で、相手の姓が嫌なんじゃなくて『生まれてから今まで馴染んできた姓を、これからも使いたい』だけだと思うんですがね。
姓、名前、どちらも等しく生まれた時に与えられた「自分のなまえ」です。



参考になった:0件 No.8
回答者:anorack 回答日時:2011/01/09 12:29
No.7の続きです。

No.7で述べました以上の利点に対し、日本国民の多数派占める保守層が「NO!」と強く拒否しているからこそ、
最優先に国会で可決の為の審議をすべきものと出来ないからです。
大学などの学校教育現場で、夫婦別姓文化圏の中国系、韓国系、北朝鮮系の人間が、教育にかこつけて、
「夫婦別姓は、自由で、格好いい!」云々と洗脳していることから、
選択的夫婦別姓を導入したら、日本も十数年後には、中国や韓国や北朝鮮と同様に夫婦別姓が当然になるでしょう。

実は、日本は、明治の文明開化(脱亜入欧化、近代化)までは、
例えば、源頼朝の正妻は源政子ではなく、北条政子であり、応仁の乱の元凶であった足利義政の正妻は足利富子ではなく、日野富子と、
名字がある階級の人々は、中華文明の影響を受けて、夫婦別姓でした。大部分の人々は名字無かったです。
それが、明治の近代化において、徴税・徴兵リストとしての戸籍制度の整備に伴い日本国民全員に名字を持たせる際に、
事務処理上便利だからと言って、欧米(のキリスト教系)文明から由来する夫婦同姓を導入しました。
明治の頃、脱亜入欧とか、はては文明開化と称して、日本固有の、アジア(中華文明圏)固有のものを徹底的に否定しました。
中華文明由来の夫婦別姓も否定されました。
そもそも、中華(の儒教)文明由来の夫婦別姓とは、“女は借り腹”という思想によるもので、
嫁さん、お母さんは、家族の本当の一員としては見なされず、子供を産むための機械、単なる労働力としてしか見なされなかった。
一方、欧米(のキリスト教系)文明から由来する夫婦同姓は、ほぼ逆です。
今日の先進国では当たり前の人権思想は、欧米(のキリスト教系)文明発祥であります。
日本国民の多数派は、男尊女卑に基づく中華の夫婦別姓よりも人権思想に基づく夫婦同姓の方が良いと受け入れているのです。
日本社会の少数派である中華文明圏の人々は夫婦同姓を強制されるのは嫌だと、選択的夫婦別姓の早期実現を切望しているのです。

以上。



参考になった:1件 No.7
回答者:anorack 回答日時:2011/01/09 12:28
まずは、選択的夫婦別姓制度の利点ー誰が最も得するのか?-を考えてから
何故可決されないのかー多数派がどうして損するのか?-を考えた方が良いです。

その前に、事実婚に関しては、欧米諸国と同様に、日本もとっくに夫婦別姓です。
事実婚とは、入籍せず、同棲生活を送るという事ですから、事実婚で夫婦別姓を禁止する法律はないです。
法律婚と事実婚は分けて考える必要があります。

選択的夫婦別姓制度の利点は以下の通りです。

日本人の高齢化、非婚率上昇、そして少子化を原因とする人口減少による未来の日本社会の崩壊を食い止めるには、
日本人の減少分を補うように、中国や朝鮮半島から日本への移民ををもっと増やす必要があります。
社会の崩壊について、特に、現在の日本は経済先進国の中では最悪とも言える巨額の財政赤字であっても
国民の異常に高い貯蓄率と貯蓄残高のお陰で何とか破綻せずにいられるのですが、
未来において人口が激減してしまいますと、国内総生産減少、貯蓄残高減少、税収減少で、財政破綻してしまい、
日本は最貧国に陥ってしまいます。あなた方、若者が非常に困ります。
そこで、移民が必要なのです。

中国や朝鮮半島から日本への移民を増やす為には、
そこ出身の人々の民族固有の習慣を日本国内でも認める必要があります。
それが、法律婚における夫婦別姓なのです。
中国や韓国・北朝鮮などの中華文明圏では、欧米とは違い、太古の昔から夫婦別姓です。

一方、欧米では、オバマ大統領夫婦や、次期大統領・米国女性初の大統領を目指すヒラリー・クリントン国務長官や、
ドイツの女性首相アンゲラ・メルケルは、夫婦同姓、夫の性を名乗っている通り、夫婦同姓を当然とする
夫婦同姓文化圏ですが、
米国は移民大国、欧州は人口減少を防ぐのを目的に、かつての植民地からの移民を推進する為に、
旧植民地にも中国の様な夫婦別姓文化圏があるので、移民の便宜の為として選択的夫婦別姓を導入しました。
ただ、ヒラリー、アンゲラ、オバマ夫人などの政治家達もしくは政治家の妻が夫婦別姓にしたら、
「親と子の名字が違うなんて子供が可哀想!家族の絆をないがしろにしている!
家族愛に基づく夫婦同姓を否定して、男尊女卑に基づく外国の野蛮な夫婦別姓にするなんて!」云々で
国民多数派の支持が得られず、当選出来ないでしょう。

さて、話を元に戻します。
中国や韓国・北朝鮮などの中華文明圏では、太古の昔から夫婦別姓なので、
夫婦同姓を強制する日本は、中国人、韓国人、北朝鮮人にとって居心地がよくないです。
現に、日本人と結婚する韓国人女性、北朝鮮人女性、中国人女性にとっては、
日本の現行の法律によって夫婦同姓を強制される事に非常に精神的に苦痛になっています。
次に引用するニュースを参照して下さい。
夫婦別姓政策、日本人と結婚する中国人女性に福音 日本性名乗る苦悩なくなる
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=3

また、戦前の日本の統治下であった朝鮮半島から日本に移住しても、
朝鮮民族のアイデンティティ(identity)を大切にしたい為に日本への帰化を拒否している
在日コリアンの人々にとっても、
通名で夫婦同姓を強制される事に対し精神的な苦痛を味わっています。

仕分けで有名なレンホーのように、自分は日本国籍であっても、
親などの親族が中国、韓国、北朝鮮などの夫婦別姓が当然の中華文明圏出身故に
夫婦同姓を強制される事に対し精神的な苦痛を味わっている方もいます。

日本において法律婚での夫婦別姓導入に熱心な活動家達は、
岡崎トミ子議員や、在日コリアンのシン・スゴ先生の例を代表する様に、
中国、韓国、北朝鮮に対し強いシンパシーがあって、渡航歴も多く、
在日コリアンなどの日本国内在住の彼ら外国人の人権と利益向上の市民活動にも熱心です。

以上、法律婚における選択的夫婦別姓導入で最も得するのは、
夫婦別姓文化圏出身者もしくは日本国民でもそこにルーツがある人々です。
次に、そういう人たちの移民無しでは崩壊する日本に住んでいるあなた方若者です。

また、天皇制廃止論者にとっても凄く好都合です。
民族の伝統として易姓革命思想を持つ中華文明圏の人々が、
夫風別姓導入で住みやすくなった日本へ積極的に移民して、
大きな政治勢力になったら天皇制(日本国王制)廃止に繋がるでしょう。



参考になった:1件 No.6
回答者:zumichann 回答日時:2011/01/09 08:47
選択式なんだから同姓が良い人はそちら選べばいいし、なんで反対してるのやらと思いますが、他人がそうするのもやだという人は、自分がしてることが一番正しいと保証されたいのですかね?

可決されない理由は、人より家を重視する(結婚で姓を変えることは自分の実家を出て相手の家に入ること)と思っている地域がかなりあるんじゃないでしょうか。
そうじゃなくて新しい戸籍を作るんだよというのが心からはわかってないというか。

地域絞って理解度高めの政令指定都市のみ認めてもいい気がします。格差って騒ぎになるかな?

家族の崩壊につながるという考えの人とそんな柔じゃないでしょという別姓希望者は平行線だと思うので、私は戸籍はどちらかの姓を選び、(家族単位の維持)ただし通称として旧姓の利用も認めるべきだと強く思います。

つまり姓を変えた側のデメリット解消のため、両方使えるメリットを与えるという方法です。

片方選ぶのが難しいなら足しときゃ良いじゃない、ですよ。
これはもう同姓主義者だって個人的にやってる方法なので(例:同窓会)受け入れやすいと思うのですが。

同姓支持の方は女性側だけの問題と捉えている方が多いと感じます。同姓支持と共に、「普通女性側が姓を変えるべき」と思っている人が多いのではないでしょうか。

しかし男性側が変える場合だってあるのです。
女性側が姓を変えることが普通の今の世間で
「男性が姓を変えること」
「男性が姓を変えた場合の不都合を少なくするには?」
について同姓支持の方にも考えていただきたいですね。

困ってる人に、困るなというのではなく、どうしたら解決するか、を考えられない人は成長がないと思うので。



参考になった:1件 No.5
回答者:noname#124808 回答日時:2011/01/09 08:18
中国の移民と日本人女性の結婚や、偽装結婚に利用されますので反対します。
まったく、とんでもない話です。

いまや中国人は、在日韓国人よりも多いんですよ。
これ自体すでに、異常事態です。ネットへの書き込みもやっていますよ。

そんな、悪法は断じて許してはいけません。



参考になった:1件 No.4
回答者:natsu0 回答日時:2011/01/09 07:29
個人的に反対の立場の者です。

この法案の本質がどこにあるかは、賛成している政党がどこかを見ると簡単に分かることです。

賛成している政党=公明党、共産党、社民党=共産主義者です。

当たり前過ぎて気付き難いのですが、日本は家族が個人を管理する社会です。管理といえば少し乱暴な言葉となりますが、家族で人を育て、互いに支え合っています。幼い子供は親が躾け、子が育てば社会の一員として道を外さぬよう注意したり、精神的に支えたりします。また、親が老いれば子供が親を世話しなければなりません。

海老蔵事件ではないですが、子供が社会でモラル無き行動を振舞っていたとしても、姓が違えば自分が親だと分かり難いし、放っておく親も増えるではないでしょうか。また、夫婦がどちらかの親の面倒を見なければならなくなったとした場合、別姓ですと、協力し合わずに自分の両親しか見ないという人々も増えるでしょう。今でも家庭崩壊が見られるのであれば、夫婦同氏制度であっても家庭崩壊の要因は別にあるとの意見もあるでしょうが、要因を増やすことになることは間違いありません。この法案は、社会の無秩序を招くものなのです。

家庭が個人を管理できなくなった場合、国が人を管理する共産主義社会の出来上がりです。支那や北朝鮮のように、共産主義=階級闘争社会に転落し、一握りの人々以外は、絶望的な暮らしを強いられる社会へまっしぐらです。のんきな方は、この法案一つだけでそうならないとよく言いますが、社会の構造は、こうしたことの一つ一つの積み重ねによって成されるものです。この積み重ねを許してはなりません。



参考になった:2件 No.3
回答者:wwo 回答日時:2011/01/09 07:09
【その1】

米国・EU圏は夫婦同姓文化圏。
中国・韓国圏は夫婦別姓文化圏。

夫婦別姓を撮るのなら、日本は東アジア共同体を形成し、中国文化圏に入り、夫婦同姓を取るのなら、日本は米国・EUの先進文化圏に属し、米国西洋文化圏に入る。
どちらがお好みで? と聞かれたら私なら100%で夫婦同姓の側ですね。


【その2】

夫婦別姓を支持する政治勢力が、
「非武装中立」を唱えていた政治勢力であり、同時にまた、外国人参政権や、沖縄の中国化や、北朝鮮賞賛や、反日思想を推し進める政治勢力であるから、
反対せざるを得ませんよ。

廃案にしても廃案にしても、しつこく・しつこく・しつこく、いつまでも出してくる。
このしつこさは異常であり、その根っこが外国人参政権や、沖縄の中国化や、北朝鮮賞賛や、反日思想と同等な部分にあるのでしょう。

彼らを『左翼原理主義者』と言い、政治的な痴呆者、精神異常者としても良いのですが、即ち彼らを差別し警戒し排除するのが政治的公正を保ち、社会を健全に運営する道義的手法でありますから、彼らが異様なまでにしつこく主張する夫婦別姓は潰して排除するのが日本国としての正常な選択となります。


【その3】

夫婦別姓が『選択的』と言えども採用されるのであれば、それは社会の崩壊になります。
いっその事、強制的に全て夫婦別姓にする方がまだ救われる。

選択性を取り夫と妻が別姓でも良いと言うのであれば、社会的に結婚の意味が無くなる。
一方、結婚しても強制的に全員が別姓を保つ決まりがあれば、結婚と姓は関係無いとの社会制度上の問題となり、結婚すれば社会的な意味を持つ。
また当然、結婚すれば両性が同一の姓を持つのであれば、結婚は社会的な意味を持つ。

という事で、選択的夫婦別姓を取る社会というのは、結婚の意味をなくし、子供と親の意味をなくし、全ての子供を私生児化し、全ての親から全ての子供との関係を奪い、全ての子供から全ての親との関係を奪います。
結婚がただの同棲になり、夫と妻はただのセックスフレンドになりますね。
ま、私は無責任な人だからそれでいいけど、社会全体、日本人全員が夫と妻がただのセックスフレンド化した社会というのは… どんなもんでしょ?

左翼原理主義者たちの夫婦別姓案は、引き続いて「同性婚の許可」とか、「同姓婚で出来た子供の認知」とか… そんなところまで行きますね。



参考になった:0件 No.2
回答者:-Ken-Ken- 回答日時:2011/01/09 05:44
えぇぇぇぇ、本当に「パソコンや本をつかって調べ、レポートに書きました」???
だって、
>同姓にしたいなら同姓、お互いに話し合って別姓と決めたなら別姓にしたらよいと思いました。
これが「選択的夫婦別姓制度」そのものですよ。あなたはその制度に賛成なんです。

レポートのネタなら、ウィキペディアをとりあえず当たってみるといいですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AB%E5%A9%A6%
可決されない理由、つまり反対派の理由(反対派が多いから可決されないわけでしょう?)も詳しく書いてあります。
大学の先生はウィキペディアを丸写しする学生がいるのはお見通しですから、丸写しは止めた方がいいですね。
今見たら、ネタは大体ウィキペディアにそろっているようですから(原資料へのリンクも含めて)、上手く作文して、作りなおしたらいいです。
ウィキペディアを読んだことに対して、「可」くらいはくれる教授はいるのかな?そういうのなら別に丸写しでもいいんですけど。

私?
私は賛成です。
だって、何で変えなきゃいけないんです?「この女性は○○家の嫁である」とマークをする以外の理由があるんでしょうか。
また、姓が同じであろうが違おうが、お父さんはお父さん、お母さんはお母さんです。私は家族というのはそうあるべきだと思います。お父さんはお父さんと自ら認め、家族がお父さんと認める、というように家族がそれぞれの存在と役割を認め合ったグループという意味です。生物学的に親子関係になければいけないということも無いでしょう。
だから、姓"なんか"それぞれが好きなようにすればいいんです。

外国だと、他に複合姓という方法があるところもあるんですよね。
ジスカール=デスタンみたいな姓です。
日本姓でやるとさすがにおかしいかな。でも、「いい」ということにしておけば、そうする人もいるかもしれませんね。
それはそれで面白いかもしれません。



参考になった:1件 No.1
回答者:superski 回答日時:2011/01/09 04:53
夫婦別姓に拘りたい人は、入籍しないか生活上で別姓にすれば良いだけなので、
戸籍上は夫婦同姓を維持してなんら不具合は生じませんし、
日本の習慣に基づく歴史からいっても、変更する理由がありません。

民主党が夫婦別姓法案を通したい理由は、
中国や韓国からの移民を受け入れ易くする土壌を作りたいためと考えられます。


………………………………………………………………………………

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

通りすがり
2011年02月14日 22:46
夫婦別姓が中国の悪しき文化だって言い方はどうでしょう?中身がない批判です
中国の悪口を言いたいだけでしょうか?
Shirasu J
2011年02月15日 08:06
どちらのお立場でのコメントなのかわかりませんが、
夫婦別姓がこれだけ悪意を持って設計されている制度である可能性が高いことを具体的に想定される中身のあるシナリオとして示しただけですが。
真正日本人は夫婦別姓とするメリットは見出せません。別姓とすることでメリットあるのは別姓国だけなのは確かです。

この記事へのトラックバック

  • 扇動者なき“SNS政変”の波…1人の青年が中東揺るがす

    Excerpt: 特定の組織も扇動者もいない。チュニジアに続き緊迫するエジプト。 SNSを媒介にした抗議活動が長期政権を追い詰める。アラブ世界を揺さぶったのは、たった1人の青年の行動だった。 Weblog: 東アジア黙示録   racked: 2011-02-01 20:24
  • 外道!中井洽(ひろし)衆院予算委員長!

    Excerpt: 品格を疑うも何も、外道に品格を問うこと自体がひじょうにおかしい。 Weblog: 愛国の煙草 racked: 2011-02-02 16:19
  • 大和魂 VS 中華思想

    Excerpt: 決して相容れることのない思想、それは大和魂(武士道精神) VS 中華思想のことだろう。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-02-03 22:02