韓国人は実は相当臆病な民族なのではないのか?

北朝鮮により引き起こされた
朝鮮戦争
ビルマのラングーン事件
韓国軍艦沈没事件
延坪島砲撃事件

これらの中で、朝鮮戦争を除いては、軍艦沈没事件が最も戦争に直結する事案だったと思う。

さて、今回の砲撃事件は、沖縄米軍が沖縄知事選で北朝鮮に対する動きがとれないことを予測した前提での事件だと私は考える。

そして、軍事専門家が、北朝鮮による軍事目標の設定と使用した爆弾の選定について興味深い指摘をしていることに注目したい。
………………………………………………………………………………
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101124-OYT1T00225.htm?from=navr

軍事目標外し限定的攻撃か…軍事専門家分析


. 北朝鮮
 韓国・延坪島に対する北朝鮮軍の砲撃について、日本の軍事専門家は「軍事目標を外した限定的な攻撃ではないか」と話す。


 専門家によると、北朝鮮軍は155ミリと呼ばれる射程20キロ程度のりゅう弾砲を使用し、地面や建物に衝突した瞬間に爆発する瞬発信管を用いたとみられる。

 延坪島には1000人規模の韓国軍の海兵大隊が駐屯しているが、これまでに軍施設の大きな被害報告はない模様だ。

 このため、北朝鮮軍は韓国軍の反撃がエスカレートすることを避けるため、標的から韓国軍の施設区域を外し、民家や山林などの地域を地上レーダーで観測しながら攻撃した可能性が高いと分析する。

 今回使用されたとみられる瞬発信管は、破壊力は強いが、被害は約30メートル四方にとどまる。

 北朝鮮の砲撃が数十発で、被害が限定的だったことを考え合わせれば、「事前に計画された攻撃だったと思う」と話す。(編集委員 勝股秀通)

(2010年11月24日10時04分 読売新聞)

………………………………………………………………………………

つまり、北朝鮮は、韓国領土に越境して単独軍事演習をやったということを言いたいのである。

しかし、これまで韓国政府が北朝鮮に強攻策をとろうとすればするほど、皮肉なことに韓国の保守勢力は選挙で敗北するのである。

これは、極言すると有権者が臆病だから起きるということを意味している。
そして、この国の若者が、戦争ぎらいで愛国心がなく、左翼の洗脳工作にさらされた結果なのかもしれないこと、そしてこの国で行なわれてうまく行った民衆の洗脳工作の手法が我が国に適用されている可能性を私は否定しない。

従って、国内での外国人の反日活動や外国勢力の影響下の反日報道は厳しく監視し、訴追する準備をすべきなのだ。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/101126/kor1011260105002-n1.htm

【北朝鮮砲撃】北、特殊爆弾を使用か 韓国軍消息筋
2010.11.26 01:03

このニュースのトピックス:北朝鮮

砲撃で壁だけが残った民家。手前のエアコンプレッサーは熱のため表面の鉄が溶けている=25日午後、韓国・延坪島(加藤達也撮影)  韓国の聯合ニュースは25日、韓国軍消息筋の話として北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃した際、コンクリートを貫通する威力がある特殊爆弾を使用したと報じた。殺傷力の高い多連装砲が使用されたことも判明し、北朝鮮の無差別攻撃ぶりがあらためて浮き彫りになった。

 同ニュースによると、北朝鮮が発射した砲弾のうち、不発弾20発余りを韓国軍が回収して分析した結果、爆発時に高熱と高圧で人を殺傷し、コンクリート施設を破壊する威力を持つ特殊爆弾の一種であることが判明した。

 また延坪島に着弾した砲弾には、多連装砲から発射されたロケット弾が含まれていたことも分かった。同ニュースによると、北朝鮮の多連装砲は旧ソ連の多連装砲を改良したもので、射程は20キロ。爆薬量が通常の野砲の8倍あり、破壊力が強いという。(共同)

………………………………………………………………………………

そして、この攻撃によって、北朝鮮の後継者は、兵器の改良効果に満足し、軍の掌握に成功したと思っているのであろう。

………………………………………………………………………………
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100612/kor1006120815002-n1.htm

【緯度経度】ソウル・黒田勝弘 韓国、また泣き寝入り? (1/3ページ)
2010.6.12 08:13

このニュースのトピックス:韓国
 事件がナゾで真相が分かりにくい時、よく出る話に「それで誰がいちばん得をしたか考えれば真相が分かる」というのがある。

 左翼に愛用された理屈で、いわゆる“謀略史観”というのがそうだ。ソ連など共産圏が健在なころ、国際的な事件で「アメリカ帝国主義」を非難する際によく使われた。

 したがって北朝鮮も謀略史観が大好きで、米国や日本、韓国などを非難する際、よく使ってきた。

 ところで、韓国で先ごろ起きた哨戒艦撃沈事件は「なぜ北朝鮮が?」と、動機などに分かりにくいところがある。そこでこれに「誰がいちばん得をしたか?」論をあてはめてみると、面白い。結論は「いちばん得をしたのは北朝鮮」で「犯人はやはり北朝鮮」となって納得なのだ。

 そう思わせられたのは先週、行われた韓国の統一地方選挙が、まさに北朝鮮の思い通りの結果になったからだ。

 選挙結果は内外の予想を裏切り与党惨敗、野党大勝に終わった。ソウル市長も危うく野党に取られるところだった。

 哨戒艦事件で北朝鮮に対する批判が高まっていたときだから、安保重視の保守派の政権・与党に有利と思われたのに、結果は逆だったのだ。

 北朝鮮は当初から哨戒艦事件は「韓国のデッチ上げ」といい「選挙を与党を有利にするための謀略」などといった政治宣伝に熱を上げていた。

 ところが政権・与党が「北の脅威」を強調し、北朝鮮糾弾のトーンを高めたため、世論は「南北の緊張が高まるのはまずい」となり、逆に「戦争より平和」を訴えた野党支持に流れてしまったのだ。

 これには「このままでは戦争だ!」「われわれは戦争準備ができている!」などといった北朝鮮の脅迫キャンペーンも効いた。「戦争か平和か」といわれれば、緊張が緩んで久しい、豊かな暮らしの韓国社会は「平和」に傾く。

 北朝鮮に対しては「対立より支援・協力」を主張する野党の勝利は、北朝鮮の大いに望むところだ。

 野党は哨戒艦事件についても「北を追いつめた韓国が悪い」と李明博政権を非難していた。韓国は元の対北支援・協力政策に戻るべきだというのだ。

 その野党が勝ったのだから北朝鮮は大喜びである。選挙の勝利者は北朝鮮だった。事件のおかげである。だから北朝鮮は事件を起こした?

北朝鮮の“戦争脅迫キャンペーン”に興味深いものがあった。最高権力機関の「共和国国防委員会(金正日国防委員長)」のスポークスマン声明(5月20日)にはこうある。

 「わが方が遂行する全面戦争は(略)全民族が強盛する統一大国を打ち立てる全民族的で全人民的、全国家的な戦争になるだろう」

 報復や制裁には全面戦争で応えるが、それは南北統一戦争になるというのだ。ちょうど60年前に失敗した、武力による南北統一戦争をまたやるといっているのだ。

 韓国も、実は有事に備えた米韓連合軍の「作戦計画5027」があり、そこでは北進および平壌占領を含む“統一戦争”が視野に入っている。ということは、南北とも口では平和統一をいっているものの、具体的な統一イメージではやはり“武力統一”なのだ。

 脱北者の話に「北では人びとが生活苦からいっそ戦争になればいいといっている。南と一緒になれば暮らしがよくなりそうだから」というのがよくある。

 しかし韓国人は「統一より平和」を望んでいるようにみえる。「しばし“平和”を犠牲にしてでも北の同胞を解放してあげたい」といった考えはない。

 選挙結果もこれありで、韓国では哨戒艦事件の北朝鮮糾弾はしだいにトーンダウンしつつある。戦争の覚悟がなく、平和志向の韓国は北に何度やられても「泣き寝入り」するしかない。

………………………………………………………………………………

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100603/kor1006030947001-n1.htm

与党敗北、ソウル市長選は辛勝 若者、対北強硬策に反発?韓国統一地方選
2010.6.3 11:03

このニュースのトピックス:韓国

辞意を表明したハンナラ党の鄭夢準代表=3日朝、ソウル(AP) 【ソウル=水沼啓子】2日投票の韓国統一地方選は、3日朝まで続いた開票の結果、主要16首長選のうち、保守与党ハンナラ党が勝利したのはソウル市や京畿道など6カ所にとどまり、前回選挙(2006年)の12カ所から大きく後退、事実上敗北した。一方、前回選挙で大敗を喫したウリ党の流れをくむ最大野党、民主党は事前の予想に反して7カ所を制し、大躍進した。

 中央選挙管理委員会の集計によると、ハンナラ党はソウル市、京畿道の首都圏のほか、釜山など3市と慶尚北道で勝利。民主党は光州市や全羅北道、全羅南道のほか、仁川市や江原道など4市道を制した。

 注目のソウル市長選は与野党の大接戦となり、ハンナラ党の現職、呉世勲氏(49)が韓国初の女性首相を務めた民主党の韓明淑氏(66)を0.6ポイント差で抑えて辛勝。呉氏の当選が確実となったのは、3日午前8時半近くになってからだった。

 北朝鮮の魚雷攻撃による哨戒艦撃沈事件などをめぐる対応など、李明博政権を支持する世論の追い風を受け、選挙戦は与党に有利に展開したとみられていたが、対北強硬策に反発する若者などの票が、民主党に流れたもようだ。

 3日付の韓国紙、中央日報によると、民主党や同党の支持層が投票日の2日、ミニブログ「ツイッター」や携帯メールで若者層に投票を呼びかけ、昼過ぎごろから投票する有権者が急増したという。

 韓国紙、東亜日報は勝敗を決めた要因として(1)哨戒艦撃沈事件が与党に逆風となった(2)保守層が油断し、若者が結集した(3)地方選は与党が敗北するというジンクスがある-などを挙げた。

 任期5年の3年目に入った李明博政権にとり、有権者による「中間評価」となった今回の選挙結果は、今後の国政運営にも影響を及ぼすことになりそうだ

………………………………………………………………………………
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100603/kor1006032129007-n1.htm

対北政策にブレーキ? 韓国地方選、与党敗北
2010.6.3 21:28

このニュースのトピックス:韓国

党本部の建物を出る与党、ハンナラ党の鄭夢準代表=3日朝、ソウル=3日、ソウル(AP) 【ソウル=黒田勝弘】2日に行われた韓国の統一地方選挙は、事前の予想に反し野党が大躍進し与党の実質的敗北となった。野党の勝利は李明博政権に対する世論の批判を意味しており、李政権にとっては韓国哨戒艦撃沈事件をめぐる北朝鮮に対する強硬姿勢など、今後の対北政策でブレーキをかけざるをえない情勢となった。

 地方選とはいえ今回の選挙戦は韓国艦撃沈事件が大きな争点になった。与党ハンナラ党は「北の脅威」を強調し安保重視を訴えた。これに対し野党民主党は南北対決の危険性を強調し、政権・与党の対北政策を批判した。

 結果は「戦争か平和か」を訴えた“平和志向”の民主党が、終盤段階で北朝鮮に融和的な考えの若い世代の支持を集め、票を伸ばした。政権・与党にとっては「北の脅威」の強調が裏目に出たかたちだ。

 選挙結果は、焦点のソウルなど主な知事・市長16人のうち、ハンナラ党が6人、民主党7人、自由先進党1人、無所属2人で野党が大勢を占めた。与党は首都圏でソウル市長と京畿道知事が再選を果たし辛うじて面目を保った。

 今回の選挙は「北風」と「盧風」の対決といわれた。保守与党のハンナラ党は哨戒艦事件という「北風」を利用したのに対し、革新野党の民主党は盧武鉉前政権の主要メンバーが再起を目指して多数出馬。今も盧武鉉ファンが多い若い世代に期待をかけた。

 結果的には宋永吉・仁川市長、金斗官・慶尚南道知事、李光宰・江原道知事、安煕正・忠清南道知事をはじめ学生運動出身者など盧武鉉系の若手が相次いで当選。ソウル市長選でも女性の韓明淑・元首相がハンナラ党の呉世勲市長をわずかな差まで追いつめた。

 親北・左派系の「盧風」が、保守派が期待した「北風」を押し返したかたちだ。これは若い世代を中心に多くの国民がもはや、「北の脅威」にはそれほど動かされないという韓国の政治状況をあらためて示したものだ。

 選挙結果を受け、5年任期の3年目の李政権はハンナラ党とともに体勢立て直しを迫られている。

 今後、2012年の次期大統領選を目指した動きも出始める。与野党とも“次期政権戦略”を構想することになるが、親北・革新系の政権奪還に向けた勢力復活に拍車がかかるのか、それとも防戦の反北・保守系が巻き返しに成功するのか、韓国政局は新たな流動期に入った。

………………………………………………………………………………


これらの記事を読むと、左翼の洗脳工作に丸め込まれ、平和ボケしてしまったのは、日本人よりも韓国民の方ではないかと思う。

英国の記者が興味深い寄稿をしているが、その裏づけといえるであろう。

………………………………………………………………………………
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/101130/kor1011301159001-n1.htm

「北は日本より悪い」 英紙記者、韓国紙に異例の寄稿
2010.11.30 11:58

このニュースのトピックス:韓国
 【ソウル=黒田勝弘】「北朝鮮は日本帝国主義よりもっと多くの韓国人を殺した」「韓国国民の価値観や人生体験、ライフスタイル、文化は北朝鮮より日本にはるかに近い」-。韓国で最近、韓国人の日本観と北朝鮮観を批判した英国紙記者の韓国紙への寄稿文が話題になっている。

 英紙タイムズ・ソウル特派員、アンドリュー・セーモン記者が北朝鮮による延坪島砲撃に関連し、朝鮮日報(27日付)に寄せた論評だ。韓国人が北朝鮮に“連帯感”を感じる一方で、日本に対していつも否定的な見方をしてきたことを批判している。

 論評は「砲撃事件にもかかわらず、ソウルの日常として日本大使館前では元慰安婦の老女たちによる日本批判の定例デモが静かに行われていた」と指摘した後、「韓国国民が日本より北朝鮮に同質感を感じるのはおかしい」と批判。

 飢餓と強制収容所の“ファシスト国家”である北朝鮮に比べ、日本は「今や世界で最も平和志向の国」であり、「現代の日本は北朝鮮よりむしろ韓国と似ている点が多く、韓国は北朝鮮よりはるかに日本に近い」と強調している。

 そして「北朝鮮は戦前の日本と似ている」とし、過去の日本を批判した上で、「違いといえば、日本帝国主義時代に日本のため死んだ韓民族の数より北朝鮮が殺した韓民族の数がもっと多いということだ」と指摘。北朝鮮による朝鮮戦争や飢餓、テロ、拉致、哨戒艦撃沈、延坪島砲撃での犠牲を例に挙げている。

 内容自体は外国人にとっては常識的なものだが、日本との比較論の形で北朝鮮を批判する論評が韓国メディアに登場するのはきわめて異例だ。

 セーモン記者の北朝鮮批判は激しく、「北朝鮮は共産主義国家ではなくファシスト国家だ。宣伝扇動、純血主義の主体思想、権力層の特権などはナチス指導者たちも敬礼をするほどだ」と、こき下ろしている。


………………………………………………………………………………

最後に、この寄稿を読むと、韓国での慰安婦活動は、北朝鮮のエージェントが主導しているのでないかと思えてならないのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 国益を忘れた日本の没落 Part1

    Excerpt: 極左翼の民主党が政権を取ってからというもの、国益を忘れた日本崩壊は急加速している。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-12-05 00:29