売国議員根絶のため落選運動の準備を始めよう!

自民党支持率が民主党支持率を上回り、売国閣僚の問責決議案が続々準備され、売国政権はいよいよ末期状態に入ったとみてよいと思う。

また、先日行なわれた、千葉の松戸市の市議選では民主党候補がボロ負けする事態になっている。

………………………………………………………………………………
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20101124-OYT1T00471.htm  
「氷河期突入だ」民主衝撃、松戸市議選2勝9敗(読売新聞)「民主党というだけで批判を受けた・・・」 

 21日投開票の千葉県松戸市議選(定数44)で、民主党は公認候補11人のうち、当選は新人2人だけで、現職4人を含む9人が落選する惨敗となった。22日朝には、柳田法相が自らの失言の責任を取って辞任し、同党への逆風が強まっている。

 来春に統一地方選を控え、同党県連内には、「有権者の反発は想像以上。このままでは大変なことになる」と、危機感が広がっている。

 ◆当選わずか2人◆

 4年前の松戸市議選での同党公認候補は5人で、このうち4人が当選した。今回は同市をエリアにする衆院小選挙区の6区から7人、7区から4人を擁立。11人の得票総数は前回選の民主候補の得票総数を上回ったが、当選した2新人のうち1人は29位、もう1人は44位でぎりぎりの当選だった。

 ある県連幹部は「政権与党としての市議選だったため、議席増を見込んで、6、7区の調整も十分に行われないまま11人も擁立してしまった」と話す。さらに、尖閣諸島沖の中国漁船衝突を巡る映像流出や柳田法相の「国会軽視」と取れる発言などで、民主党への逆風が強まった。

 落選した現職市議の一人は「有権者に電話しても国のだらしなさを言われて切られるケースが多く、途中からは民主候補を名乗らずに支持を呼びかけた」と振り返る。別の市議は「民主党というだけで批判を受けた。逆風の中で公認同士のつぶし合いになってしまった」と悔しがった。

 ◆「氷河期に突入」◆

 県連の岡島一正選対委員長は「候補者の活動不足に加え、党支持率低迷が影響したことは否定できない」と語った。同市議選の結果を受け、統一地方選を控えた同党の地方議員は「民主党は氷河期に突入した」(民主県議)と危機感を強めている。

 ある千葉市議は「衝撃的な結果だ。自分の選挙区の民主現職は私1人だが、新人も公認で立候補する。国政の悪影響を受ければ、当選者はゼロだ」と焦りを隠さない。船橋市議の一人も、「自分にも民主党への厳しい声が寄せられている。柳田法相の辞任は当然で、党として早くうみを出し切ったほうがいい」と話した。

(2010年11月24日15時37分 読売新聞)
………………………………………………………………………………

なぜ、これほどの衝撃なのかを分析すると、
管内閣が発足した直後の松戸市長選挙では民主候補が勝利しているという事実があるからなのだ。

………………………………………………………………………………
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20100613-OYT1T00833.htm

千葉・松戸市長選、民主推薦の新人が初当選
 菅政権発足後、初の首長選となった千葉県松戸市長選は13日に投開票され、新人で民主党推薦の前市議・本郷谷健次氏(61)(無所属)が、現職で5選を目指した川井敏久氏(67)(同)ら4人を破り、初当選した。

 告示後に菅政権が誕生、民主党への支持が急速に回復したことで本郷谷氏に追い風になった形だ。

 支援した党県連代表の生方幸夫衆院議員は「菅政権の誕生で有権者を引きつけることができた」と追い風効果を認め、「50万都市の首長選で勝利したことは、全国的にも特に都市部で好影響を与えるだろう」と参院選への手応えを語った。

 本郷谷氏は、候補5人の中で最も遅い5月中旬に出馬表明。米軍普天間飛行場の移設問題などを巡って鳩山内閣の支持率が落ち込んでいた時期で、「街頭演説などではなるべく民主党色を隠していた」(陣営関係者)。しかし、菅内閣誕生後は「チラシを受け取る人が増え、党ののぼり旗も目立つようにした」という。

(2010年6月13日23時38分 読売新聞)
………………………………………………………………………………

わずか数カ月で、同じ地域で民主党に対する評価が激変してしまったのである。

そこで、売国政党の売国議員をターゲットとした執拗な落選運動の準備を提案したいのである。

今から準備すれば、売国議員根絶が可能と私は判断する。

具体的手段等については、後述の予定。


ー続くー

この記事へのコメント

sunset
2010年11月26日 18:16

売国議員っていうのは、小泉さんみたいに郵政の財産をアメリカに売り渡そとしたり、格差社会をつくって
貧富の差を拡大、一部の金持ちと多くの貧乏人の社会をつくる、悪徳政治家のことですね。

 それなら、賛成です。
Shirasu J
2010年11月27日 10:56
売国議員とは、日本人でないのに出自を隠し、日本人になりすまし、外国からの支援を得てスパイ工作活動を行なう議員のことです。

小泉は、先延ばししてきた銀行の不良政権処理を成功させ、海外の投資を呼び込むことに成功したのです。

新卒者の内定率の低下は、民主党政権が招いた格差問題となりつつあります。
民主党は公務員給与削減を実行できないまったくダメな政党です。



この記事へのトラックバック

  • 中国 侵略と虐殺と国土収奪の60余年

    Excerpt: 日本の反日マスコミが決して報道しない真実の中国近代史は、まさに中国共産党による虐殺と侵略の歴史なのだ。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-11-27 02:18