★お盆休みに埋もれた「チラシ」を発掘し、「マスコミ批判チラシ」を作成しよう!★

★お盆休みに埋もれた「チラシ」を発掘し、「マスコミ批判チラシ」を作成しよう!★


参議院選挙で民主党が負けたので、売国法案成立の危機はしばらく遠のいた。
油断しているつもりはないが、こういう時期に、民主党政権成立を主導したマスコミに対する社会的制裁活動としてマスコミ批判チラシの作成をしておこうと思う。

私は、どちらかと言うと、他人が作ったチラシを自分用にアレンジし直してポステイングする主義である。
また、ご自分で作成することで、ポステイングする張り合いがあると思われるかたには、是非挑戦いただきたい。

まず、「手作りチラシ集積サイト」http://chirasihokanko.makibisi.net/
から、マスコミ批判チラシで参考になりそうなチラシをピックアップさせていただく。

1.「国民が知らない反日の実態」のチラシの注目点

画像


・地図のレイアウトが印象的であること
・タイトル「テレビ、新聞。信じてますか?」が説得力あること
・サイト名を表示した「検索」表示が読者に自然に行為を促していること

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/tv-sinbun-sinzitemasuka.pdf

2.「テレビや新聞が嘘をつき続けているなんて知りませんでした。」チラシの注目点

・タイトル「テレビや新聞が嘘をつき続けているなんて知りませんでした。」が印象的であること
・フィルムベースでの事実とマスコミ報道比較
・気になる表現
 
………………………………………………………………………………
マスコミによる捏造、印象操作、自作自演に騙されていませんか?
 都合の悪い事は「報道しない自由」を行使しています。
 この報道何かおかしい?と思ったら総務省BPO番組スポンサーに気軽に「問合せ」を!(匿名でも大丈夫)
 普段ネットは悪であるとあげつらっている「正義」であるはずのマスコミは、率先して掲示板で誹謗中傷を行ったり、悪質 な捏造記事を発信したりといった事を繰り返しています。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/tv%7C_usotsuki.pdf
………………………………………………………………………………


3.「.マスコミの危険な正体を暴く必携書」チラシの注目点

画像


・タイトル「マスコミの危険な正体を暴く必携書」が説得力あること
・マスコミ偏向報道の実態を暴く3冊の本を紹介している点

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/masukomi%7C_syoutai%7C_hikkei.pdf

4.「あなたは、テレビの言っている事はすべて本当の事だと思っていますか?」チラシの注目点

・タイトル「あなたは、テレビの言っている事はすべて本当の事だと思っていますか?」が説得力あること
・優れた文章表現であふれていること。この表現を使い回すだけで新たなチラシが最低数頁はつくれるほどだと思う。

以下はチラシからの転載
………………………………………………………………………………
あなたは、テレビの言っている事はすべて★本当の事★だと思っていますか?
だとしたら、それは「大きな間違い」です!!
テレビでコメントする人が、「自分より賢くて偉い人だ」という幻想をお持ちの方は、今すぐその幻想をお捨て下さい。
(逆に、コメンテーターほど怪しいものはありません)
“メディアリテラシー”という言葉をご存知ですか?
メディアリテラシーとは、メディア(テレビなど)の発信する内容が構成されたものであることを意識し、読み解く能力
のことです。簡単に言うと、「テレビのニュース等は《編集されている》」という事実を意識することです。「テレビの発
信するものが、すべて本当のことだと真に受けるのではなく、自分なりに考えましょう」ということです。
映像と音声によって一方的に発信される、テレビの影響力は凄まじいものがあります。漫然と疑うことなくテレビを
見ている人は、その内容をそのまま信じ、無意識のうちに誘導されてしまいます。
しかし!!テレビの発信するものには、作り手の思惑や主観が心ならずも入るものです。
<その局の上層部やディレクターの思想><ニュースキャスターの思想・無知・知ったかぶり><「弱者」を自称す
る圧力団体等の抗議・圧力><スポンサーの意向>・・・などによって、事実が全く違った情報になっていることも珍
しくありません。意図的に情報操作(捏造)がなされていることもあります!大新聞・地方紙もしかりです。
そんなこと信じられない・・・という方は、ぜひインターネットで「マスコミの正体」というキーワードを検索してみて下
さい!テレビの報道しない重大な情報の多さに、目からウロコが落ちるハズです。
テレビ・新聞でしか情報を得ていないあなた!
マスコミの思惑に、すっかり踊らされてしまっていませんか?
どうか皆さま、情報は自分で集め・自分の頭で考えて下さい!
では、実際にはどうすればよいのでしょうか?まず、基本的な知識として、下記のことを知っておくと良いでしょう。
ここまで書くと、日本人が日本人であることに自信が持てないような方向に、中・韓への罪悪感を刷り込み、彼らの
言うことには意見が出来ないような方向へ仕向けられているということが、良く分かると思います。
そうです。日々、「洗脳」されているのです!!
上記の事柄を知っていれば、どの局の、どの番組の“偏向度合い”が激しいかが、自然と分かってきますよ。
「韓流ブーム」と言う現象も、もちろんその洗脳工作の一端です。ちなみに、韓流スターの空港への出迎えの人々
も、半分以上が「組織的な動員」です。だって、おかしいと思いませんか?当時、日本中が熱狂した、荒川静香選手
の出迎えが800人、ベッカム様が800人なのに、本当に、ヨン様が3500人なのですか???ちょっと考えてみ
たらおかしいことに気がつくはずです。実は、日本のマスコミにはこれらの国に対する「報道の自由」は無いのです。
(最近やっと少しずつ、タブーを打ち破る主張が増えては来ましたが…)
しかし!!インターネットでは、テレビでは流れない情報に触れることができます!
ネット環境にある人は、まず、次のキーワードで検索してみると良いと思います。→→ 「韓国は“なぜ”反日か?」
「マスコミの正体」「椿事件の正体」「朝日新聞不祥事年表」「NHKの正体」「TBS捏造」
※このチラシはマスコミの報道に危機感を持つ一般の有志が作成・配布しています。一切の団体・宗教・政党などとは関係ありません。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/tv%7C_usotsuki.pdf
………………………………………………………………………………

5.「あなたは、テレビの言いなりですか?」チラシの注目点

画像


・タイトル「あなたは、テレビの言いなりですか?」の問題提起が印象的
・注目される表現が多く、以下の表現は、他のチラシのどこかに使用できる表現だと思う。

以下は、チラシからの転載
………………………………………………………………………………
 テレビ局は都合の悪いことは報道しません。そして真実を報道するとは限りません。
 報道とは、意図を持って編集された制作物です。
 広告料欲しさに、スポンサーの意向に添った放送もします。
 テレビはあなたの味方ではありません。
 スポンサーの味方なのです。
 印象が悪いと思っていた人が実はいい人とか、その逆もあります。
 インターネットならテレビが報じない、いろいろな事実や、意見を知ることができます。
 あなたにもこの日本で起きている、本当の事を確かめてほしいのです。
 もう一度うかがいます。「あなたはテレビの言いなりですか?」
 
http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/tv-iinari-desuka%7C_color.pdf
………………………………………………………………………………

6.「“世論調査”って、正確じゃないんです!」チラシの注目点

画像


・タイトル「“世論調査”って、正確じゃないんです! 」が印象的であること
・コンテンツがマスコミの痛いところをついていること

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/yoron-chousa%7C_color%7C_new.pdf


7.「事実。日本が報じない「NIPPON」 ~あなたはこれらのニュースを見たことがありますか?知らなかった、では

済まされない。きちんと知ろう、考えよう、政治のこと~」チラシの注目点

・レイアウトが衝撃的
・報道されなかった「麻生政権の実績」を件名で紹介していること
・注目される表現
 日本が報じない「NIPPON」
 あなたはこれらのニュースを見たことがありますか?

このチラシは雑誌編集経験ある方によるものと思われる。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/zizitsu-houzinai-nippon.pdf


8.「フィギュアスケートの偏向報道の実態を知って下さい!」チラシの注目点

画像



・題材が衝撃的

マスコミの偏向報道に気づかない人に、最初に見せるべきチラシだと思う。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/aa5/a052%5E_figure2c.pdf


9.「.テレビだけでは情報不足!!信じられな~い発言&ニュース集(1)」チラシの注目点

画像


最近の民主党議員の国民を裏切る発言の数々がリストアップされている。
これを全部知っていたら、間違いなく、民主党には投票しないはずだ。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/aa5/a054%5E_sinzirarenai-TV-c2.pdf


10.「テレビと外国人参政権」チラシの注目点

画像


最近のテレビが、外国人参政権問題をどのように報じたか、その報道姿勢の問題点を厳しく指摘するチラシである。
これも、マスコミの偏向報道の手口を知らない方に最初に読んでいただくべきチラシと思う。
これを読んでもマスコミを信用している方がいたとしたら、馬鹿扱いしてかまわないと私は思う。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/aa5/a055%5E_TVgaisan3.pdf


11.「事業仕分け&子ども手当て&マスゴミ批判チラシ」の注目点

画像


事業仕分けがどのように美化された手口でマスコミ報道されていたかを痛烈に批判するチラシ

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/aa5/a057%5E_siwake.pdf


12.「テレビ関係図」チラシの注目点

画像



テレビ業界が、どのような影響を受け、偏向、捏造、不報道を繰り返すのか、その原因となっている外国勢力、反日勢力とテレビ業界の関連を示した図。
にわかには信じがたいチラシであるが、マスコミの手口を理解すれば「やはり」と思うことばかりである。
我々は、情報戦争の被害者であることを知るべきなのだ。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/aa5/a058%5E_tv-kankei.pdf


13.「沖縄の基地移転騒動の“本当の構図”に気付いていますか?・集会「9万人」はウソ!・報道されない「基地賛成派」デモ」チラシの注目点

画像


沖縄の基地移転騒動で、報道されている事実と報道されていない事実を対比して説明しているチラシ。
安全保障に関する問題について、マスコミが意図的に不報道とした場合、刑事罰適用するための根拠資料にしてもよさそうだ。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/aa5/a059%5E_okinawa-masugomi-c.pdf


14.「テレビは嘘つきです 同じ短命でも大違い!麻生内閣と鳩山内閣」チラシの注目点

画像


鳩山内閣と麻生内閣に関する報道を比較し、マスコミ報道全般に関する問題提起しているチラシ。
これは、ビジネスマン向けに効果的だと思う。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/aa6/a063%5E_TV-usotsuki-c.pdf


15.「口蹄疫問題・政府とマスコミをどげんかせんといかん」チラシの注目点

画像


宮崎県で発生した口諦疫問題に関するマスコミ報道の問題点を、コンパクトにまとめている。
テレビ報道だけでは不十分だという根拠資料となるだろう。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/aa6/a064%5E_koutei-masu.pdf


16.「テレビに無視される議員たち 救国ネット(創生日本・たち日・創新党)結成と、麻生元首相」

画像


一応、このチラシのコメント部分を転載する。

………………………………………………………………………………
2010 年6 月10 日のNHK「ニュース7」、NHK「ニュース9」、TBS「ニュース23」、テレビ朝日「報道ステーション」、日本テレビ「ニュースZERO」、フジテレビ「ニュースJAPAN」、いずれもナゼか報道しなかった次の事実を、あなたはご存知だろうか。
その日、自民党内の保守系議員連盟「創生日本」会長の安倍晋三元首相と、新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫党首、新党「日本創新党」の山田宏元杉並区長の3代表が、合同で記者会見を行ない、「反民主」での連携と、超党派の新グループ「日本を救うネットワーク(救国ネット)」の設立を表明した。
安倍氏らは民主党の独裁的・社会主義的な政策や政治運営を批判。マスコミが“国民に人気”と報じている「みんなの党」より大きな“第3の勢力”になるのは確実だが、テレビ各局は示し合わせたかのように報道しなかった。
実はこの合同記者会見、前日の集会にて開催が発表されていた。
集会は保守系のCS放送局などが主催し、安倍・平沼・山田3氏のほか、現職・前職・元職の保守系国会議員や地方議員、「拉致家族会」や「救う会」の代表者、作曲家のすぎやまこういち氏など、豪華な顔ぶれの37 名が登壇し、市民約1000 人が集まったもの。平日にも関わらず盛況だったが、これもテレビは全く報道していない。
インターネットでよく検索してみると、もっと小規模であっても革新系や左翼主催の集会はよく報道されていることが分かる。
ときには、保守系の一般市民に対して「活動家」「右翼グループ」などの悪意のレッテル貼りも見られるマスコミ報道だが、その一方で、左翼活動家をノンポリシーかのようにテレビ出演させたり、極左過激派を「市民団体」と報じた例もある。テレビが「9万人集会」として大々的に取り上げた沖縄の左派集会は、じつは、多く見積もっても3万人程度だったという。マスコミを鵜呑みにしている人々は、無意識のうちに“一定方向”へ誘導されてしまう危険性が高いが、このままでいいのだろうか?
http://cid-f1665cd2a9d0df6b.office.live.com/self.aspx/.Public/aa6/a067%5E_ignore-c.pdf

………………………………………………………………………………

17.「マスコミ(特にテレビ)は外国勢力の手先です!!」の注目点

論理的飛躍はあるが、こういうチラシも必要だと思う。そして、マスコミの中に外国勢力が浸透している事実を知るべきである。該当箇所を下記に転載する。

………………………………………………………………………………
2010 年3月25日放送のTBS「朝ズバッ」にて、毎日新聞編集委員の鈴木琢磨氏は次のように発言した。
「実際メディアにも朝鮮学校卒業者はたくさんいるんですよもう、ええ。」
日本の人口の1%にも満たない朝鮮学校出身者が、メディアの中に“たくさん”いるとしたら、異常事態である。
「民団新聞」が2007 年1月1日に報じた「在日は武器」というタイトルの記事では、面接で独島(韓国が不法占拠中の日本の領土・竹島)や靖国の質問を答えてTBSに内定したという在日韓国人のインタビューが紹介されている。これらの事実から、在日韓国・朝鮮人がマスコミへの就職に熱心で、マスコミもそれを受け入れていることが伺える。

http://cid-f1665cd2a9d0df6b.office.live.com/self.aspx/.Public/aa6/a069%5E_mass-gai-c.pdf
………………………………………………………………………………


最後に、
チラシの数があまりに多いので、もうこの辺でやめようと何度も思ったが、こんないいチラシがあることを、知らせないでどうするのかとの内なる声に押され、ついたくさん紹介させていただいた。
また、最近は、テーマ別に優れたチラシが増えてきており、「チラシ職人」の皆さんのレベルアップに目を見張るとともにそのご尽力に深く感謝したい。
そして、「手作りチラシ集積サイト」http://chirasihokanko.makibisi.net/
のパワーアップを確信するとともに、これだけのチラシを常時携行することで、周囲の方への啓蒙活動がやりやすくなるのではないかと思う次第である。

今回は、引用箇所表示の手抜きを指摘される方がいらっしゃるかもしれないが、良質なチラシの紹介という目的での掲載であるので、その点はご容赦いただきたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日韓併合100年の真実 【拡散希望】

    Excerpt: 日韓併合100年を踏まえ、愚かな菅政権の仙谷由人官房長官は、7月7日、1965年の日韓基本条約で「完全かつ最終的に解決」した韓国人に対する個人補償請求問題の見直しを検討すると表明し、7月16日には、日.. Weblog: 風林火山 racked: 2010-08-01 15:32
  • テレビ・マスコミ業界に我々視聴者も上手く騙され乱れる日本

    Excerpt:    参院選に大敗し、投げ言葉が多い民主党執行部は、8/30、民主党代表選を9/14実施の日程で行うことで最終調整にて、8/2に開かれる党常任幹... Weblog: 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・ racked: 2010-08-01 20:00