地域限定ブログのテーマについて

地域限定ブログのテーマについて

参議院選挙が終わった。
次の国政選挙は衆議院選挙であるが、時期は未確定である。

来春には統一地方選挙が予定されている。
そこで、必要となるのは、地域限定の政治ブログである。

全国向けブログを無意識に、あるいは意図して展開されている方は、気づいておられることかもしれないが、自ら活動を主導されている方、団体代表者でない限り、ブログ活動のみで政治的目標を達成することは困難であることは明らかである。

そして、また、コピペ型ブログ、感想文型ブログ、けしからんことばかりだ型ブログ、呼びかけばかりで実績報告がないブログについては、政治的目標を達成する点からみれば、中途半端な存在だと言わざるを得ない。

確かに、全国向けブログは書きやすい。ネタはたくさん揃っている。アクセスも増えやすい。しかし、重複が多く、下手をすればいつまでたっても二番煎じでしかない。また、新聞記事や他ブログや文献の引用ばかりでは、やっていてもつまらなくなり、いずれ行き詰るのは明らかなのだ。

その対策の一つとして、私は、地域限定ブログをおすすめしている。

その理由は、

・どんな些細な内容でも、検索すれば1頁目にヒットすることが確定的なので、選挙の際に、地元の人に対する拡散効果が期待できること
・どんな些細な内容でも、検索すれば1頁目にヒットすることが確定的なので、売国反日ツール行為(売国議員、反日地方紙)の一定の抑止効果が期待できること
・地域限定ブログの絶対数が少なく、地域限定ブログとして活動すればするほど、存在感が増し、固定的なブログ読者が確保しやすいこと
・地域限定ブログと保守系団体支部ブログの連携により、政治的拡散効果が期待できること
・同じ政治意識を持つ仲間を身近なところで発見しやすくなること
・地域ブログ開設者という立場での政治的影響力が出てくること
・支部ブログ開設が遅れている地域での保守系活動全般の底上げになること

である。

つまり、一言で言うと、全国向けブログよりも政治目標を達成しやすいのである。

アクセスが少ない、テーマが見つかりにくい、アフィリエイトが期待できないなどというマイナス面はあるが(私にとってはどうでもいいレベルのマイナス面であるが)、あの参議院選挙で民主党やみんなの党が全国比例区で大量得票した背景を理解しているならば、政治的目標を達成することを最優先に考えるべきだということを言いたいのである。

続いて、
アクセスが少ないことへの対策としては、

・検索対策としては、相互リンクにこだわらずリンク集を充実させること
・保守系イベント参加者などに、自分のブログの宣伝をすること
・全国各地の地域限定ブログとの日常的な連携により、全国向けに発信するのと同じ効果が生まれ、全国各地からのアクセスが確保しやすくなること

などが考えられる。つまり、ブログ管理者の創意と工夫で克服できるはずなのだ。

その一方、地域ブログのRSSを収集しているサイトが存在し、拙ブログもテーマの一つとして地区別の保守活動を取り上げているので、地域限定ブログであっても検索すればヒットしやすくなってきていることも見逃せない。


次は、地域限定ブログのテーマである。

地域限定政治ブログのテーマ選定で頭をかかえてしまう方が多いと思うが、実はそんなに難しくはないのだ。

一例をあげよう。

・日本会議支部イベント(建国記念日のイベント、講演会など)の事前告知と参加報告
・頑張れ日本全国行動委員会の集会、在特会支部のデモ街宣の事前告知と参加報告
・各種講演会の事前告知と参加報告
・地域の歴史上の偉人の話
・地域の情報源の紹介
・地域の保守系団体の活動状況紹介
・地域の愛国議員の賞賛に値する言動の紹介
・地域の売国議員の非難されるべき言動の紹介
・新人候補者の発掘と紹介
・地方議会の動向(意見書など)
・行政機関、行政サービスの問題紹介
・地元紙の偏向、捏造報道の紹介
・地域のブロガーの紹介
・その他

考えてみればいろいろあるのだ。
コツがわかれば、地域限定ブログの方がブログネタ探しは簡単でなのである。取材対象が身近にいるので、何かのイベントで機会を見つけて話をすることで、市民記者感覚で書きやすいのだ。

そして、これらのテーマを扱うことによる二次的な効果も生まれやすくなるのだ。

それは、

・自分が参加したイベントを自分の言葉で紹介するので、説得力が増すこと
・これらのネタについては、地元紙では報道されないことが多いので、ブログの文献価値が高まること
・これらのネタの紹介を通じて、地元紙がいかに重要な問題を報道してこなかったかを知らしめ、その偏向的な報道姿勢を追及する根拠となりえること
・地元の売国議員の過去の悪行を暴くブログの存在により、次回選挙での有権者の投票行動に影響を与える可能性が強くなること(地域限定ブログが落選運動の主要ツールになりうること)
・愛国議員にとっては、力強い味方が増えたとの思いから、躊躇せず愛国的活動に参加しやすくなること(保守系議員の保守系団体イベント参加などを促すということ)
・愛国議員や新人候補者に、直接会い、話を伺う機会が増え、保守系市民、愛国議員両方が双方の存在を知ることは、新たな絆が生まれるきっかけとなること

である。

こんなおいしい状況を見逃す手はないと私は思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本人の対中意識について

    Excerpt: 今日も今日とてNHKは、日本人を貶めるべく反日の捏造歴史を垂れ流している。「NHKスペシャル JAPANデビュー 第1回 "アジアの一等国"」で歴史捏造報道として史上最大の訴訟に至ったにもかかわらず、.. Weblog: 風林火山 racked: 2010-07-25 13:52
  • freejapan第2号発刊、今回は三橋貴明氏特集です

    Excerpt: FreeJapan第二号、発送準備が整いました。 楽しみに待ってくださっているという問合せも多々頂きました。残念ながら三橋貴明特集としたにもかか... Weblog: なめ猫♪ racked: 2010-07-27 09:23