ある保守活動の指導者について

私は、最近、
ある行動する保守系団体代表のコメントに深く感銘を受けた。

この方は、イベントの合間を縫って、全国各地の支部を訪ね、組織の維持と啓蒙に努めている。

この方が出席するある会合で、当面の活動方針を伺い、あっと驚くような話を聞いた。

それは、
会員が警察に逮捕されるような事態なったら、すべて代表である私の責任だと再三語っていたことであった。
世知辛い世の中なのだから、問題を起こした会員をなんだかんだ難癖つけて追放するのかと思っていたら、なんと
この方は、誠心誠意会員を信じ、何があっても末端の会員を守り抜こうとしているのである。
メールで情報配信を受けているだけの関係なのに、これだけの自己犠牲の覚悟を示しているのである。

そこまで信頼されていることを知り、発奮しない会員はいない。
そして、この方にだけは迷惑はかけられないと決心するのだ。
自分で判断し、自分の責任において行動しようと進んで考えるようになるのだ。
行動する保守活動の絆はこうして生まれるのだと思った。

その自己犠牲を厭わないこの方の言葉は、
方針を示さず責任回避する上司、面倒臭い判断を後輩に押し付ける先輩社員をさんざん見てきた私にとって、実に新鮮だった。

そして、
この方は、若い支部長や支部関係者を常に温かい目で見つめ、励まし続けている。
若い会員との交流の場では兄貴のように語り、いつも気さくである。
実は、数カ月前、この団体に参加したばかりでうまくコミュニケーションがとれない孤独な若者を私は知っているのであるが、この若者がこの団体の活動を通じて、顔の表情が豊かになり人間らしい輝きと自信を身につけつつあるのを私は知っている。
また、半年前に、つまらない話しかできなかった人が、街宣する機会を与えられ、本人の自発的な努力や周囲の適切なアドバイスもあり、たった半年で国会議員顔負けの迫力ある演説ができるようになったケースもあるくらいなのだ。

また、
この方は、リスクを伴う活動を躊躇せず行っている。活動は常に攻撃的であり、保守の先導役を買ってでている。
冬の演説会で見かけたときは、本当は疲れていて寒くてどうしようもないのであろうが、そんなことは表情にも出さず、ずっと立ち続け、仲間の演説を見届けていた。
チンピラ扱いされたり、怪訝な目で見られたり、一般大衆の無関心さ、愚民の反応に腹が立っているはずだが、文句一つ言わない。
ちょっとした約束も反故にせず、誠実に履行し、人を出し抜くようなこともない。
内部の人選も公明盛大だという印象がある。
変な会員、突っかかってくる人、保守なりすましが多数いたはずなのに、おくびにも出さない。
気に入らないメンバーを仲間内で吊るし上げたとか、会員を除名処分にしたとか、裁判沙汰の話も聞かない。
デモや街宣に際しても個人宛のメールで参加を呼びかけることも押し付けもない。
本当は、いろいろやってほしいことが山積しているのであろうが。

そして、支部の運営に携わっておられる方々、活動に参加されている方は、支部関係者や会員の方は、皆さん、思いやりがあり人懐こく、礼儀正しい方ばかりである。
デモの過激なシュプレヒコールで誤解されている方がいるかもしれないが。

さて、
この団体からは、週に1回程度、イベント告知用のメールが送付されてくる。
その会メールには、イベントのタイトルと場所と日時が書いてあるのみである。いわゆる虚飾は一切ないのだ。ちゃらちゃらした表現や無駄な言葉がほとんど見当たらないのだ。活動に特化しようとしているためなのであろう。
時々、全国各地で集会が催されるが、会費は無料か千円のどちらかである。
支部会員が都度、旅費を負担する話も聞かない。

代表ブログも淡々としたものだ。
自ら主宰している活動中心にオリジナリテイある内容を維持し、節度をわきまえ、文章力も認められるブログである。
誤魔化そうとすればできることなのだが、根拠のあやふやな話題はほとんどなく、自分の目と耳で判断した内容が多い。
代表ブログなのだからブログランキングでトップ10入りしたいはずなのに、そんな呼びかけも一切ない。ブログランキング落ちてきたのでなんとか協力をという話も聞かない。
本当は、ブログで感情をぶつけたいはずなのにそれもほとんどない。ぐっとこらえて、呼びかけたいことや事実と記録のみをただ淡々と原稿としているだけなのだ。
立場上、ブログのコメント欄の荒らし行為も続出しているはずだが、何事もなかったようにブログを続けている。

私は、
1年前、この団体主催のデモではなかったが、あるデモに参加しようかどうか躊躇していたとき、デモ隊の最後尾に人懐こそうな蝶ネクタイ姿のこの方を見つけ、話をさせていただきやっとデモに参加する決心がついたのである。
この方に、デモの出発地点で出会わなかったら、私は行動する保守に目覚めることはなかったのかもしれない。
そういう意味でこの方との出会いに私は感謝しなければならない。

そして、
この団体の会員は、もうすぐ1万人を突破する勢いにある。
この団体がここまで成長するのに、大変な苦労があったことは想像に難くない。
そして、この団体の勢いが衰えないのは、この代表の人柄の良さ故なのであろう。

この方のことは、名前は書かなくても、読む人が読めばどの団体の代表のことかおわかりいただけるはずだ。

そして、多くの日本人は、愚民でなければ
今、日本解体の危機がなんとか回避できているのは、この方のようなリスクを恐れない、献身的かつ自己犠牲的な活動おかげであることをもっと知るべきなのだ。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック