投票する愚民の扱い方

保守市民なら、外国人参政権の問題についいて、友人、知人に対し、説得を試みようとした経験があるに違いない。

そして、今回の参議院選挙においては、友人、知人、兄弟、家族に対し、日本解体を防ぐために説得を試みようと準備する保守市民が多数存在していることを確信し、今回は、そのような行動を予定されている方を対象にテーマを設定した。

それは、「投票する愚民をどう扱うか」である。

ブログ「中韓を知りすぎた男」の管理人の方においては、同様の取り組みをされたのだが、結果は撃沈に終わった。

しかし、この方はやはり、タダモノではない。再度、アタックするための手がかりを残してくれているので、これを題材として採用させていただく。

………………………………………………………………………………

ブログ「中韓を知りすぎた男」右翼と呼ばないで!からの転載

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-631.html


19日の土曜日 昔のゴルフ仲間に誘われて久しぶりに下手なゴルフをしました。

食事時 政治の話になり皆の話を聞いていますと、去年の衆議院選挙で私以外は三人とも民主党に入れたそうです。「今回の参議院では民主党に疑問を感じているが,利権政治の自民党にも入れたくない。さてどうしたものか?」

何も言わずにモクモクと食べている私に三人から意見を求められました。
三人は現役の経営者です。

去年の衆議院選挙の前もゴルフに行き、その時も政治の話になりました。
その時も何も発言しない私に三人から意見を求められ、「民主党は左翼と帰化人の集まりです。政権をとれば間違いなく日本は潰されます」と
意見をいったら、大げさすぎると一笑されました。

経営者たちは皆我が強くて強運の持ち主ばかりです。ビジネスの感は鋭いが政治にはまるで無知です。政治だけでなく経済の知識もあやふやで,世界情勢についても何も見えていません。

パソコンも触ろうともしません。近現代史の知識も浅いです。日教組の反日教育で育っています。戦後の日本繁栄は自分たちが作ってきたと自信満々です。
この三人はまさに典型的な団塊の世代そのものです。

知識不足、情報不足の団塊の世代相手に議論すれば、情緒的正義感と声の大きさに圧倒され,必ず言い負かされてきました。

そこで今日は、自分の意見を言う前に民主党の裏マニフェストである「外国人地方参政権」についてそれぞれの意見を聞きました。

二人は殆ど知識がなく、一人だけが「外国人と言っても、日本で生まれ、税金と保険を納めている以上は当然の権利だと思う」とテレビに出てくる評論家の論をそのまま述べていました。

そこで私は「日本の国民として運命をともにする人でなければ、参政権を与えるべきでない。国籍とは、自分が帰属する国家と共に生き、国家と運命を共にするという意志の表れなのです。戦争となったときは、国民は、自国の一員として生命を投げ出して戦い、国家を守る義務を負うのです。それゆえ参政権とは国家の運命をともにする覚悟のあるものが国家の運命の決定に参与する資格があります。

故に外国人がその国で生まれようが、税金や保険を納めていようが、参政権を持つ資格とは全く違います。」と言いましたが三人は全く理解しませんでした。

それどころか「そのような心の狭い事をいつまでもいっていれば、友達をなくすよ!」言われ、戦う意欲が萎えてしまいました。

しかし今回は黙っているわけにもいかず、「民主党の裏マニフェストであるINDEX2009の政策「外国人参政権、夫婦別姓、1千万人移民受け入れ、反国旗、国家法案」を実施したら日本は必ず滅亡します」と言いました。

彼らの言い分は「民主党議員も多少左翼系の人たちがいても最終的には
日本人だから良い方向に持っていってくれる。あなたは大げさすぎる」とため息をつかれました。

スタート時間が迫っていましたが、私は最後に「民主党は左翼だけではない、民主党議員は中韓の出身です、だから日本を崩壊さす恐ろしい悪法をごまかしてでも通そうとするのです。」

外人といっても文明の国であるイギリスやフランスの人たちではなくて、不潔で、凶暴で、怨念,捏造,虚言の空恐ろしい隣の外人です三人は唖然とした顔で私を見て「被害妄想」だと笑いながら席をたちました。

日教組の教育で育った団塊の世代が息絶えるまで日本はますます悪くなっていくのでしょうか!

昼からの第一打は右に曲がってOBです。彼らはすかさずやっぱり貴方は
「右翼だ!」と大笑されました。

………………………………………………………………………………
上記のやりとりの中で手がかりになりそうなものをリストアップしておく

・去年の衆議院選挙で私以外は三人とも民主党に入れたそうです。「今回の参議院では民主党に疑問を感じているが,利権政治の自民党にも入れたくない。さてどうしたものか?」

→民主党に投票した反省がない。マスコミの情報操作されていることに気づいていない。

・「民主党は左翼と帰化人の集まりです。政権をとれば間違いなく日本は潰されます」と意見をいったら、大げさすぎると一笑されました。

→物事の本質が見えていない。情報収集力と分析力の欠如

・経営者たちは皆我が強くて強運の持ち主ばかりです。ビジネスの感は鋭いが政治にはまるで無知です。政治だけでなく経済の知識もあやふやで,世界情勢についても何も見えていません。

→政治や世界情勢に無知、経済あやふやなのに根拠のない自信だけはある。

・パソコンも触ろうともしません。

→ビジネススキルの欠如。自らを高める意識の欠如

・近現代史の知識も浅いです。日教組の反日教育で育っています。戦後の日本繁栄は自分たちが作ってきたと自信満々です。この三人はまさに典型的な団塊の世代そのものです。

→学校で教えてくれたことだけで自分で調べようとしない

・知識不足、情報不足の団塊の世代相手に議論すれば、情緒的正義感と声の大きさに圧倒され,必ず言い負かされてきました。

→議論の仕方を知らない。ビジネス成功体験があるから何を議論しても自分は間違っていないと勘違いしている。

・外国人参政権については、二人は殆ど知識がなく、一人だけが「外国人と言っても、日本で生まれ、税金と
保険を納めている以上は当然の権利だと思う」とテレビに出てくる評論家の論をそのまま述べていました。

→テレビに洗脳されていることに気づかない

・故に外国人がその国で生まれようが、税金や保険を納めていようが、参政権を持つ資格とは全く違います。」と言いましたが三人は全く理解しませんでした。

→当たり前の道理に気がついていない

・「そのような心の狭い事をいつまでもいっていれば、友達をなくすよ!」言われ、戦う意欲が萎えてしまいました。

→日本の危機が迫っていても認識できない

・彼らの言い分は「民主党議員も多少左翼系の人たちがいても最終的には日本人だから良い方向に持っていってくれる。あなたは大げさすぎる」とため息をつかれました。

→あれだけ左翼学生運動家が、革命のための活動を行い、一部が大臣にまでなっているのに、人を騙しても法律を踏みにじっても革命する意思を捨てていないこと認識できていない

・「民主党議員は中韓の出身です、だから日本を崩壊さす恐ろしい悪法をごまかしてでも通そうとするのです。
外人といっても文明の国であるイギリスやフランスの人たちではなくて、不潔で、凶暴で、怨念,捏造,虚言の空恐ろしい隣の外人です」と言ったら三人は唖然とした顔で私を見て「被害妄想」だと笑いながら席をたちました。

→マスコミが意図的に隠している実態を理解していない。中国、韓国の本質を理解していない。

・昼からの第一打は右に曲がってOBです。彼らはすかさずやっぱり貴方は「右翼だ!」と大笑されました。

→外国人参政権に反対したくらいで右翼だとか、心がせまいと決めつけるのは、左翼に洗脳されている。


さて、これらを整理してみよう。

中韓を知りすぎた男の管理人(健全な愛国者)さんと経営者(投票する愚民)の比較である。


1.健全者な愛国者の特徴
・基本的に国を愛し、正義感と団結心と自己犠牲の精神を忘れない
・自分に間違いがあれば修正する意思を持ち続けている
・普遍的な道理と良心に従い、客観的に他人を説得しようとする
・自分で情報収集し、自分の良心に従い分析する
・学び続ける姿勢を失わない
・マスコミ情報を鵜呑みにしない
・政治、経済、世界情勢を概ね把握

2.投票する愚民の特徴
・国がどうなろうと自分さえよければよいという個人主義思想
・自分の間違いをなかなか認めようとしない
・普遍的な道理でなく、自分の都合の良い道理により、情緒的に他人を説得しようとする
・自分で情報収集せず、勘だけで物事を判断しようとする
・学び続ける姿勢が足りない
・マスコミ情報を鵜呑みにする
・政治や世界情勢に無知、経済は素人


私にも、中韓を知りすぎた男の管理人と同様の反応をする友人、兄弟、家族がいない訳ではないが、私もそろそろ、日本解体を目前にしてある覚悟をしなければならないような気がしている。

それは、この投票する愚民をどう扱うかということである。

つまり、国家の解体と投票する愚民との人間関係を天秤にかけるのである。

選択肢は、常識的には三つある。

・政治的議論を避け、これまでどおりの人間関係を維持する

・無視する(付き合いをやめる)か付き合いをやめてもいい覚悟で語っていることを気づかせる

・人間関係を対等ではなく、やんわりと気づかせるための教宣活動のための手段に切り替える

しかし、これでは何も変わらないし、相手が気がついたとしても時すでに遅しである。

そこで、人間関係をある程度犠牲にしてでも友人、知人向けに対する二つの対応方法があることを示しておく。

それは、左翼革命家と同じ視点で対象をモノとして眺め扱うことである。

・友人、知人、兄弟、家族であっても愚民である限り、洗脳対象として扱う

これは過激な発想かもしれないが、国家が解体されれば、人間関係の絆なんかは消滅寸前になると考える人には当然の選択肢である。

もう一つは、

今後、ネット活動や日常生活において、投票する愚民についてその特徴を語り、直接的にではなく間接的に、批判、嘲笑する趣旨の原稿、言動によって、気づかせる作戦である。

要は、マスコミに洗脳されて自分の間違いを修正しようとしない頑固な個人主義者をからかい半分、時にホメ殺しのスタンスで扱う作戦である。健全な愛国者ではあっても正義感に従い説得する発想を捨てるのである。

テレビ番組の出演者の大部分を馬鹿扱いする作戦もいいだろう。テレビ番組の話題になった場合、こいつも馬鹿、あいつも馬鹿作戦であるが、言い過ぎると自分が馬鹿扱いされるリスクもあるので注意が必要。

この方法は、パロデイやジョークを理解する人でないと継続は難しいと思うが、拙ブログでは、今後、「投票する愚民」というキーワードを多用し、このキーワードをブームにすることにより、愚民がもたらすさまざまの社会現象を分析、批判することに挑戦したいと考えている。

この記事へのコメント

保守を望む
2010年06月23日 11:05
管理人様。当方も「中韓を知りすぎた男」様のブログをいつも拝見している者です。
今の日本国民には本当に問題がありますが、悲観する事は決して無いと断言出来ます。
それは、一般国民に左翼が多いのでは無く、権力者に左翼が多いという事。しかも、問題はそれだけではありません。所謂政界財界メディア等、とにかく今の所謂権力者達のトップクラスには、単に左翼思想と言うのでは無く『自身の父母や祖父母等の出身国が主に南北朝鮮人』という、驚愕の事実があります。勿論これは、ネットでしか知り得ない隠された情報ですが。
先日、高校無償化の問題が取り立たされていた時、朝の報道番組で『マスメディアの業界には、朝鮮学校の出身者も数多く存在する』と、堂々と暴露していた反日コメンテーターがおりました。これが外国でしたら、それこそこの番組どころかテレビ局ごと、責任を追及されて廃業に追い詰められる程の事態に発展している筈です。何しろ国交を断絶している筈の国の学校に通っていたという事なのですから、完全に思想犯罪です。

『ところが、何も追求されないし責任も取らされない』

これが権力そのものです。ニュースにならないから国民は何と無く聞き流してしまいます。実際にこれに猛抗議をした一般国民の数万の力より、それに対して無視を決め込み、報道そのものを揉み消す今のマスメディアは強い。それは、マスメディアも民主党も祖国母国は半島にある似非帰化人スパイだらけだから。
思想に関係無く、『日本人はこれから中華南北朝鮮に隷属して生きろ』と言われて従う日本人はいません。日本の左翼は他国の左翼とは全く違います。思想や考え方の違いでは無く単に非日本人でしか無いのです。
Shirasu J
2010年06月23日 11:25
力強い、ご意見参考になります。
GOO
2010年06月23日 22:15
ブログを始めた頃は、同じ日本人なのに愚民という言葉を使うことに抵抗がありました。
なので、脳内お花畑さんと読んでいたのですが、最近は「愚民」という言葉を良く使うようになりました。
脳内お花畑なんて優しい言葉は彼らには甘すぎます。
でもこれも「中韓を知りすぎた男」さまが書かれていたように、長い年月をかけて日本人を愚民へと導いた反日の成果なのでしょう。その結果がこの有様です。
私の職場でも同じような事がありました。
民主党の日の丸切り貼りを話したところ、「何かの間違いでしょう」とか「わざとやった訳じゃないし。。」という答えが返ってきました。韓流ドラマにハマってる人も多くて、「韓国人は礼儀正しくて上品」だなんていう始末。日の丸を踏みつぶしたり、汚物をなすりつけたりすることを話すと、「昔日本が酷い事をしたから。。。」とお決まりの戦後教育の成果が返ってきます。話になりません。
目前に迫っている危機が全く理解できないのです。
でも、このまま黙って乗っ取られるのを見ているつもりはありません。1人でも多く愚民を減らすべく活動していきたいと思います。
Shirasu J
2010年06月24日 05:22
愚民なのですから遠慮はいらないでしょう

この記事へのトラックバック