美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 保守系団体の選び方・見分け方

<<   作成日時 : 2010/05/05 19:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 7

る新興保守系団体に関する、「中韓をしりすぎた男」でのネット上の論議が一段落したようなので、このテーマで書かせていただく。

やはり、こういう論議が起こるのは、何らかの問題(分断工作?内部管理の問題?不満分子?)をかかえているためと私は考える。

なお、最初に、私は野次馬根性で書いているのではないことをことわっておく。

まず、最初に「宗教団体の見分け方」のサイトを見ていただこう。

………………………………………………………………………………
テディエンジェルの精神世界リンク
http://teddyangel.com/religious.htm

宗教団体の見分け方                                

【基本的な評価基準】 霊性の高い教団はトラブルは少ないと言えます。しかしながら、
あなたに反面教師としての学びのために低い霊性の教団に出会う出会いもあります。

霊性の高い教団とは

1.身びいき度が低い 自分の教団に入っていない人を差別する人が多いところは×

2.出入り自由である 入るとき歓迎は普通です。出るときに違いが出ます。
出るとき出にくい、嫌がらせが有る× 
抜けた人は病気になった例が有るとか平気で言う×
出る人を追ったりしないところほど良い。

3.人を恐怖で釣らない 天変地異が起った時、私の教団でしか助からない など×
  私の教団に居ないと地獄に堕ちる など ×

4.信者さんが温厚である 愚痴、不満、他人の非難ばかり言う信者が多いところは×

5.他の宗教を攻撃しない 他者を攻撃することは霊性が低い証拠

6.多量のお金の寄付を求めない 経費分などの適正なお金の寄付を求めることは悪いことでは
ありませんが、過度な寄進の強要があるばあいは×

7.奉仕活動を求めない 過度の奉仕活動の強制が有る場合は ×
奉仕をしないといけないような雰囲気作りが有るところ×
奉仕は通常、本人の気持ちでするものであって強制ではない。

8.対人関係のトラブルが少ない 対人関係トラブルが多く発生する団体は霊性が低い ×

9.信者勧誘ノルマがない
  勧誘が積極的ではない 通常、勧誘ノルマがあるのは宗教でなくて商売です。×
勧誘した人が多い人ほど地位が上がるシステムが有る×
(ただし、霊性が高い人のほうが人を引きつける力はある)
勧誘した人が多い人が偉いという雰囲気が有る×
来たい人はどうぞというのが本来の姿

10.信者に序列をつけない 序列が厳しいのは、教祖に自信が無い。 ×
または、段階を多くしておくことで、段位で縛るため。

11.秘密、特別の経典がない 基本的に秘密が多いところほど、教祖の自信が無いか
秘密をお金に変えるシステムが有る。 ×

よくある勘違い
  すばらしい話をするから
  正しいと思った すばらしい話は誰でも出来ます。 教祖がそれを実践していない
ところがありますから気をつけてください。
ゴーストライターを使っている教団もあります。

団体に属するメリットとリスク
エネルギーの観点から 周りの信者の影響を受けます。 人を非難するような信者が多いところにいると
自分も人を非難する傾向がでてきます。
病気の人が多い教団にいると、あなたも病気になりやすくなります。
安らかなエネルギーを持っている人とつきあえば、安らかになります。

………………………………………………………………………………

実に、うんちくのある話である。

また、保守系団体の見分け方について、私なりの経験と視点でまとめさせていただく。

………………………………………………………………………………

・ホームページ(ブログ)に住所、代表者氏名、連絡先の表示があること

・ホームページ(ブログ)に支部組織の有無、支部の代表者氏名の表示があること

・ホームページ(ブログ)に活動理念の表示があること

・団体を紹介するチラシがあること

・ホームページ(ブログ)に会則が表示されていること

・ホームページ(ブログ)に最近の活動実績や今後の活動予定がきちんと公開されていること

・活動内容が営利活動(講演会、出版など)中心でないこと

・目先、発生している重要案件について、団体としてなんらかの意思表示を示すか行動を起こしていること

・自分の団体の活動PRだけでなく、他団体が呼びかけている活動(国民運動的な署名活動など)について団体として協力していること

・団体代表者に対し、運営管理に関する意見具申が自由に行える雰囲気であること

・団体内での議論が議論のための議論ではなく、何らかの具体的活動を前提とする地に足のついた議論となっていること

・団体代表者に対する、会員から代表者に対する過度な礼賛行為が少ないこと

・会員全員に対する日常的な情報配信手段を確保していること

・会員間の差別がないこと(役員を除く)

・金銭管理、約束の履行面で問題がないこと

・違法活動を行っていないこと

………………………………………………………………………………

ところで、私は、最近設置された団体の中で、上記の項目すべてを満たしている保守系団体は、残念ながら少ないと思っている。

従って、新たに設立された保守系団体と係る場合、上記の2つの見分け方の項目の中でどれに目をつぶり、どれを許容しないかという視点で読み、判断するしかないと考える。7割前後達成できていれば合格点といえるかもしれない。
これらすべてを満たす団体は、理想の団体ではあるが、少なくとも行動する保守系団体は達成しつつあると私は認識している。


(総括)

衆議院選挙後に、保守勢力は大きく様変わりした。行動する保守が台頭し、従来型の活動に甘んじてきた団体、知識人は、居場所がどんどんなくなってきている。そんな中で、新たな保守系団体が生まれ、保守系SNSの開設も続いている。
しかし、その多くは、最初から精緻な内部管理を行っている状態にはない。

一方で、多くの保守市民は、より強力な活動の場を求めて、移動しつつある。
ある人は街頭演説やデモ、ある人はポステイング、ある人は署名活動、ある人は議員への陳情活動に、保守再生・回帰の光明を見出しつつある。

そんな中で、
数々の日本解体法案が準備され、国会審議が近づいていることを知れば知るほど、その阻止に繋がる活動を指向するのは当然のことであり、行動に繋がらない団体は自然淘汰されるであろうと予測する。

日本が解体されるか否かは、あと数カ月の努力にかかっている。
解体法案が成立してからでもそれなりの活動は可能だが、今活動らしい活動をしないで、法案が成立して初めて行動を始めたとしてもより深刻化した事態の中でリスクを背負うからなのだ。

今なら、まだ間に合う。なぜなら、今なら行動する自由が保障されているからだ。

だから、私は、今のうちに、「語る保守」ではなく「行動する保守活動」に参加されることを推奨する。
自分で新たな団体を設立するのもいいし、既存の団体に参加するのもいいと思う。

どの団体を活動の根城とするかは各自が決めることだ。

このテーマを選んだ理由はまさにそこにあるのだ。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
もう講演会とか参加してフンフンときいている場合じゃないですね。講演会を計画する人も考えて街宣活動に切り替えて欲しいくらいになってきました。
こないだポスティングしてたら同じくポスしてる人を見かけました。

同感
2010/05/06 01:53
講演会ビジネスしかしない団体には、デモの支援もしないのかとはっきり言った方がいいでしょう。
Shirasu J
2010/05/06 06:39
1.よくある勘違い
  すばらしい話をするから
  正しいと思った すばらしい話は誰でも出来ます。
2.団体内での議論が議論のための議論
( 時々、ある幹部が何故かそういうことをする)
3.団体代表者に対する、会員から代表者に対する過度な礼賛行為が少ないこと
 (幹部から代表への礼賛)

4.それは、当該ブログが参考文献、引用した写真の出典が不明なものが多いことである。

以上4点の指摘、該当しますね。特に、1が危険かと。

ML
2010/05/06 17:44
管理者様の指摘がありませんが、追加。

代表がHNを複数使い、気に入らない者を攻撃する
ML
2010/05/06 18:27
MLさんのご指摘が事実だった場合、宗教団体みたいですね。
Shirasu J
2010/05/07 19:30
Shirasu J さま そうなんです。
カルトみたいでしょう。攻撃されたら謝罪して黙るか、
反論してアクセス禁止になるか なのです。
合言葉は、相互信頼主義とゆるゆる保守 なんですけど
幹部が指導するため であって、会員にとって全然ゆるゆるではないのです。保守の定義などいらないというのですから。それでも保守系団体といってよいものでしょうか。管理人様。
ML
2010/05/08 15:16
保守系団体に限らず、個人でも同じです。礼賛傾向にある支持者を持つ政治家やジャーナリストもダメです。
あなたじゃなきゃ日本を救えない!とか馬鹿じゃなかろうか、と思います。
幸福の科学や創価学会じゃあるまいし、誰かに救ってもらおうなんて甘いです。
私も好感を持ってる人や党はあって応援はします。でも同志とか活動仲間の感覚です。カモにされないためには冷静さも大切ですよね
同感
2010/05/14 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
保守系団体の選び方・見分け方 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる