美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 放送免許はく奪実現 総務省はパブリックコメントを行うべきだ

<<   作成日時 : 2016/04/08 08:05   >>

ナイス ブログ気持玉 82 / トラックバック 0 / コメント 4

TBSおよびテレビ番組関係者が放送法違反の指摘に対し、逆切れする現象続出のようなので、次なる措置を提言する目的で出稿することとした。

まず、以下のブログにて、TBSなどの番組関係者における、放送法違反事案の認識の程度を確認しておきたい。

―――――――――――――――――

TBSが逆上!スポンサーに圧力掛けるなと
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3807.html

視聴者の会の声明・提言書に逆ギレするTBS
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2290.html

古館、報ステ降板 〜 「番組は偏る。だが全体的に程よいバランスで番組を作った」
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2283.html

鳥越俊太郎氏 負け犬の遠吠え
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3805.html

ネットと共生したいとTBS「サンモニ」
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3804.html

―――――――――――――――――

放送法という法律の趣旨を理解しようとせず、憲法の条文の趣旨で自由に好き勝手に、自分の主義主張に沿った番組を続けたいようである。

ビジネス社会では、この種の主張を繰り返す人物は相手にされない。
馬鹿よりたちが悪い。
精神的●●とか、人間の●と言われて仕方がない状況にあるようだ。

自分たちがどのような立場にあるのか理解できていないようなので、このような法令違反の者たちを、テレビ業界から根絶する目的で、放送免許はく奪を実現するための手順としての施策を提言させていただく。

実施すべき施策は、パブリックコメントである。
政府は、パブリックコメントを実施、国民各層から要望を聞き、そのうえで、放送免許をはく奪するのである。

総務省が、パブリックコメントを実施することで、パブリックコメントでの意見徴取を根拠に、放送免許をはく奪、従って、放送事業者の逆切れじみた反論は意味をなさなくなるのである。

―――――――――――――――――

総務省パブリックコメント実施項目(案)

(放送法違反)
・放送法違反を繰り返す放送会社はあるか?
・放送法違反を繰り返す番組はあるか?
・放送法違反を繰り返すジャーナリストはいるか?
・放送法違反を繰り返すジャーナリストについてどのような措置が望ましいか?
・放送法違反番組のスポンサーはどのような社会的責任を負うべきか?

(放送法)
・放送法の趣旨を理解しない放送会社はあるか?
・放送法の趣旨を理解せず放送法違反を繰り返す放送会社の放送免許のはく奪・停波は必要か?
・視聴者から放送法を指摘された場合の放送会社がとるべき対応について
・政府版あるいは視聴者版BPOの設置について
・放送法の改正(罰則規定の追加など)

(電波使用料)
・電波使用料の大幅引き上げ(税収増)
・放送時間中の番組宣伝部分について電波使用料を100倍徴収する案について(税収増)

(その他)
・ニュース番組等における外国人規制は設けるべきか?
・ニュース番組については、個別認可制を導入すべきか?
・非常事態時等のニュース配信について、政府広報枠でニュース配信する必要はないか?
・テレビ番組で取り上げる犯罪者氏名は、すべて本名に統一すべきではないか?
・テレビ番組で取り上げる犯罪者国籍は、必ず報道される様、法整備すべきではないのか?
・外国人株主からテレビ局に圧力等あった場合は、即捜査対象とすべきではないのか?(民団、総連対策)
・放送法違反行為が特定国のスパイ工作行為と係わっている場合、どう処置すべきか?
・放送法違反行為を行う番組関係者および経営者に対する通信傍受はなされるべきか?
・外国人株主比率20%を超えた放送会社について順次、停波して良いか?

これらに係わるパブリックコメントを年1回、総務省が実施する

―――――――――――――――――

パブリックコメントは、政府が意思決定する際の根拠となることがある。
我々は、政権を支えなくてはならない。
もし、パブリックコメント実施が実現すれば、マスコミを問題視する国民各層が、こぞってパブリックコメントに参加することとなると予想する。

その結果、テレビ業界は、今までのようなことはできなくなる。
私は、そうなることを望んでいる。
反日番組の関係者全員、通信傍受、外患罪での捜査をやっていただきたいくらいである。

最終的に、パブリックコメント実施による意見等募集することなどにより、地上波が3局くらい消滅か停波となることを期待し、本稿を終える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 82
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そもそも、総務省に放送局を罰する気が無いように思えてならない。
裁判所としては、表現の自由に関する事項の裁判の場合、恣意的要素での処罰は認めないであろう。(何かと理由をつけて、放送局の有利に持っていく)
放送法を施行令まで見たが、全く第四条に関しては、具体的な基準が書かれておらず、主観的、感覚的判断で問題提起しなくてはならない状態かつ、程度に合わせた処罰に関しても明記されていない状態であった。
故に、明確、客観的、定量的。この三点がクリアされた、誤解のしようが無く、言論弾圧と大多数の国民が認めない放送局への処罰基準が定められない限り、偏向報道は無くならないし、裁判でも勝てないと思われる。
まず、基準の策定が最大目標かつ、優先度一番の目標です。
Suica割
2016/04/09 18:38
総務省が放送法問題について、やる気がみられないことは前から気付いております。そこで、大臣決裁での「パブリックコメント」という手法を提案しました。
総務省に仕事をさせ対応せざるを得ないようにするためパブリックコメントでもあります。その気になれば、口実はいくらでもつくれるのではないかと思います。
裁判ではなく、確実に行政処分させる手順も必要ではないかと。
基準について、Suica割さんは文章化すべきとのことですが、誤報・偏向・捏造等については、拙ブログ、定義ならびに法整備必要な事項について、3年前くらいに出稿しております。議員に、意見提出しました。
橋下徹事案 誤報を認めない記者を処罰する法律を請願しよう
http://nihonnococoro.at.webry.info/201305/article_27.html
放送法改正案 捏造報道に係わる処罰規定追加を請願しよう!
http://nihonnococoro.at.webry.info/201306/article_
「偏向報道」をどういう根拠で処罰すべきか
http://nihonnococoro.at.webry.info/201306/article_2.html

切り貼り「誤報・捏造報道」は処罰の対象とすべきだ
http://nihonnococoro.at.webry.info/201402/article_41.html
管理人
2016/04/09 20:52
過去記事の紹介ありがとうございます。
読み直して勉強したいと思います。
Suica割
2016/04/10 18:18
3年前に書いたものですが、その後、これといったアイデアが浮かばず、バージョンアップできずにおります。
管理人
2016/04/10 19:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
放送免許はく奪実現 総務省はパブリックコメントを行うべきだ 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる