美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 拉致問題 被害者救出のため国連軍を組織する口実ができつつあるようです

<<   作成日時 : 2016/03/02 03:50   >>

ナイス ブログ気持玉 70 / トラックバック 1 / コメント 1

どうやら、救う会は拉致問題に関して、アメリカ政府・議会と同一の対応を共有することに成功しつつあるようだ。

―――――――――――――――――

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.01)古屋元大臣と島田洋一副会長が拉致で訪米


■古屋大臣と島田洋一副会長が拉致で訪米

 以下は島田救う会副会長からの訪米報告です。

訪米記録(2016年2月24日―26日)

島田洋一(救う会副会長)

 古屋圭司自民党拉致問題対策本部長と私(島田)は、2月24日出発、27日帰国
(日本時間)の日程で米国の首都ワシントンを訪れた。

 主目的は、2月10日、米上下両院に「デヴィド・スネドンの失踪に懸念を表明
する決議案」が提出されたのを受け、関係議員らと意見交換を行い、その採択を
促すことであった。

 2004年8月に中国雲南省で行方不明となった米国人スネドン青年(当時24歳)
には、北朝鮮による拉致の強い疑いがある。決議案は、米国務省と情報部に対し、
拉致問題に知見を有する各国、各団体と協力して、真相解明を急ぐよう求めてい
る。
 拉致は日朝二国間の問題ではない。北朝鮮による、国際的広がりを持つテロ工
作の一環であり、現在進行形の人権侵害である。決議案の審議、採択およびその
後の過程において、米国でも拉致問題に当事者意識を持って取り組む人々が増え
るよう、今後とも努力を続けたい。以下に、日程の概略を掲げておく。

■2月24日
ワシントンDC到着(9:30)

・駐米大使公邸にて打合せ(佐々江大使他)

・ビリー・ロング下院議員(共和)

・クローディア・ロゼット(ジャーナリスト)―インタビュー

・シャノン・ティエッジ(ディプロマット誌編集主幹)―インタビュー

■2月25日
・ナンシー・ペロシ下院院内総務(民主)の補佐官

・ポール・ライアン下院議長(共和)の補佐官

・マルコ・ルビオ上院議員(共和)の補佐官

・デブ・フィッシャー上院議員(共和)の補佐官

・マイク・リー上院議員(共和)―スネドン決議案提出者

・ダイアナ・デゲット下院議員(民主)

・デヴィン・ニューネス下院情報特別委員長(共和)の補佐官

・スティーブ・シャボット下院中小企業委員長(共和)

・クリス・スチュアート下院議員(共和)―スネドン決議案提出者

・ベン・サス上院議員(共和)の補佐官

■2月26日
・ナショナル・プレス・センターにて記者会見
ワシントンDC発(11:10)

*ロング、デゲット両議員は「米議会日本研究グループ訪日議員団」(2016年2
月)の共同議長

以上

―――――――――――――――――

つまり、アメリカ政府が拉致被害者と思われるアメリカ人を救出するために、

・自衛隊と共同作戦の前提でアメリカ軍を派遣し作戦行動を開始する
・国連での協議を経て国連軍の名目で派遣する

この2項目をアメリカ政府が日本政府に打診することになるだろうと、私は予想する。

トランプ大統領候補が在日米軍駐留のためのカネを出させるという話は、このことを指しているのではないかと私は解する。こういう名目なら出しやすくなる?

では、国連常任理事国である、ソ連、中共はどうするだろう?

当然、拒否権を発動する構えを見せるはずだ。協議は難航するだろう。

そこで、面白い政治状況が生まれる。

おそらく、以下の三つの問題が表面化するだろう。

・国連は拉致被害者救出のための国連軍の派遣さえも、満場一致で承認できない、無力な機関であること
・拒否権を発動した常任理事国の存在(国連安全保障理事会の枠組みの崩壊)
・同時に、憲法の素人GHQスタッフが書き、当時の日本国政府に強要したと言われる、日本国憲法前文が実態と合わない、すなわち、憲法が安全保障外交上実態的に無効状態となること

日本国憲法前文はこうなっている。

―――――――――――――――――

http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM#s0

前 文


日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

―――――――――――――――――

国連の場において、拉致被害者救出に係わる、国連軍としての軍事作戦について、国連が真剣に討議、実現しない場合、日本国憲法の前文が実態に合わない、無効な憲法ということになる。

私が考える、憲法前文の要修正(削除すべきと考える)箇所は以下。

―――――――――――――――――

諸国民との協和による成果
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意
平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会
全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する
いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成する

―――――――――――――――――

それは、同時に、護憲派の憲法学者が不要になることを意味する。
日本語が理解できていれば、護憲学者は不要となるのだ。

読者の皆様の大半は、大学の教養時代、目玉講義として憲法学を受講したと思う。私は受講した。本も読んだ。しかし、理想・理念と現実が一致しない、と感じた。

今になって思えば、憲法学者に教えられるほどのことではないと思う。そもそも、憲法学者が多すぎるのだ。

ここで、大した論文を書かず、憲法学者であると自称した政治屋がいたことを思い出したい。

土井たか子について、何かねえ、憲法学者というのに
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1299877857

土井たか子については、親北勢力の一派という認識で間違いないだろう。

さて、自衛隊を含む国連軍の派遣に関して、憲法9条との関係が取り沙汰されることにはなるはずだが、国連軍として自衛隊派遣することを宣言するに際して、憲法の規定云々が問題になる、などという馬鹿げた論理が提起される可能性があることだ。

それは、馬鹿な親北学者たちの、最後の悪あがきでしかない。

なぜなら、被害者救出、それは、国家主権の問題である。国家主権を放棄してまで憲法9条を守る必要はあるのか?ということになる。

護憲しか念頭にない、憲法学者に頼らずとも、社会常識で判断しうることである。

そして、武田邦彦の指摘は、実に興味深い。

―――――――――――――――――

2/15(月)〜武田邦彦・半井小絵・居島一平〜【虎ノ門ニュース 8時入り!】
http://blog.goo.ne.jp/apita_21/e/ec43014cf4fef53aacde07fcd188737f

《北朝鮮 プルトニウム抽出可能 数週間内にと米分析》

武田邦彦さん

北朝鮮の原爆については、今から15年前くらいに1回お話しましたけど、
ある地上波が「何発持ってるんだ?」って言うんで、それで日本の原爆専門家が答えなかったもんですから、私が計算して。
原爆こえること?はよくわかるんですね、施設も、もうわかってますし、
ある位の大きさの施設があれば、年間どのくらいのプルトニウムが出るとか、それから濃縮ウランでも出来るんですけど、
そういった規模は、大体、衛星で捉えられるくらいの画像で大体、推定出来るんで、この計算も正しいと思いますね。

北朝鮮としては今、大体5,6発くらいじゃないかと思うんですよ。現実に爆発できる原爆を持ってるのは。
だけど原爆も劣化したり色々と難しいですから、やっぱり10発くらい持っときたい、という感じで追加して作ってるんじゃないかと思いますね。

それかにもう1つ、これも先週なんですが、北朝鮮は敵国か、友好国か、という話をしましたね。
これも1回話したんでは、皆さんの誤解を招くんですが、北朝鮮に対して私たちはどういう態度をとるべきか、という考えがあるか?ということ。
僕の意見では無く。それをちょっとご説明します。

日本人が北朝鮮に対してどうするかを議論して、覚悟を決める問題があります。
一番大きいのは私は、拉致されたら取り返しに行くかどうか、っていうことですね。
それでこれは多くの人が、僕は「自衛隊が北朝鮮に取りに行けばいい」って言ったら、「それは平和憲法に反する」と言ってましたけども、
ちょっとここで皆さんに考えて頂きたいんですけど。

公園を親子連れが歩いておりました。
お母さんが娘さんの手を引いて歩いています。
そしたら後ろから変な男が来て、その娘さんの手を持ってさらって行きました。

さらって行った人がどっかに行っちゃったんなら、しょうがないっていうか、別の手段だけど、
その男が事もあろうに、公園の隅のベンチに座ってニタニタして、女の子を抱えている。
その時に取られた母親はどういう態度が普通か、というと必死に取り返すと僕は思うんです。

そして相手が男でも、腕を噛んでも娘を取り返すと思います。
その時の母親が言う言葉は「すいません、私の方に返して下さい」と言いますか?
言わないでしょう?「私の娘を返せ、何やってんだー」って突っ込んで行くでしょう?

日本人は日本の中から横田めぐみさんが北朝鮮に拉致された。もう目の前にいるんですよ、日本海を経て。向こうに。わかってる。
何で取り返しに行かなかったんだ?と僕は言ってるわけです。
その為の自衛隊じゃないか?って言ってるんです。

平和憲法に関係ないですよ。
平和憲法は国際紛争を解決するために武力を使わないって言ってるんで、全然、国際紛争じゃないじゃないですか!
向こうが来て、勝手に日本の陸地に上陸して、日本人を連れて行ったわけです。

まさに公園の中を歩いてたら子供をさらわれて、しかも居場所がわかんないんじゃなくて、そこに居るってことがわかってる。
僕だったらまずは自分で取り返す。
どうしても自分で取り返せないで自分が殺されたりなんかしたら、警察が取り返してくれ、と。こう言う、と。

だから日本人って一体、何やってるのかわからないんですよ。僕は。
皆さんはどう考えるか、視聴者の方はどう考えるのかわかんないですけど、
僕は、この拉致問題については、日本人、何を考えてるんだろうか。

半井さん

当時、警察も知ってたけど動かなかった。

武田さん

そうそう。
だかに自衛隊は絶対に守るべきで、自衛隊はあの時どう言ってたかっていったら「これは国防の問題じゃ無い」。国防の問題ですよ。
まさに、戦争はしないんだから。日本は。
戦争しないのに自衛隊持ってるってことはどういうことかって言ったら、こういう時に自衛隊が行くってことですよ。

それでこれ、平和憲法と全然関係ない。僕は思いますよ。
だってこれ、戦争でも何でもないですよ。
だって拉致された人を取り返しに行くんだから。
それも出来なかったら一体どうするんだ?と。日本に住んでいられないじゃないか。

だけども問題は、ちょっとこれ小泉さんに悪いっていうか、彼も功績ありますけどね、
拉致を取り返すのに北朝鮮に行くな、って言ってるんです、僕。「来い」って言え、と。
それ、だって、向こうが犯罪してんだよ?

だからさっき言ったように、拉致して娘を抱えてベンチに座ってニヤニヤ笑ってる男に対して「すいませんけど返してください」って言ったのが小泉さん。
だから僕は、あれだと友好国になっちゃう。

半井さん

交渉の仕方が友好国になってる。

武田さん

そうそう。
交渉の仕方が友好国だ。
だって相手が悪いことしたのに、自分がわざわざ向こうの国まで行くわけだから、こんなことって無いですよ。
昔だったら殺される可能性もあるわけだから、だから向こうから「来い」ですよ。

じゃあ来させるためには自衛隊を出して来させなきゃいけない。
まず自衛隊を出して取って来る、取って来るのまずかったら「返せ、返せ」って言う。
返さなかったら「お前、主席を殺すぞ」と言う、外から「爆撃するぞ」と言う、何でも言わないと。

だって拉致された人を、拉致された日本人と、拉致した北朝鮮の主席がどっちが偉いかって言ったら、そりゃ拉致された方が偉いですよ。
北朝鮮の主席は拉致した人だから。犯罪人の方だからね。

だから僕、これについて僕の意見はそうなんですけど、皆さんの意見はどうでもいいんです、僕は、議論してほしいと思ってる。
それから僕の皮肉的な見方ですから、大変に皆さんに失礼なんですが、
私は北朝鮮に対して皆さんがこれだけ悪口言うのは、自分の覚悟が決まらないからだ、と思ってるんです。
僕は北朝鮮に対してそれほど悪いと思ってないんですよ。
だけども拉致だったら絶対に取り返してきます。

だって相手が悪い、良いの問題じゃ無いですよ、これは。
だって自分の娘が連れて行かれたんだから、取り返して来るのは親として当たり前のことで、何あなた言ってんの?って。
だから何でそれをやらなかったか?どんどん北朝鮮、強くなっちゃうから難しいですよ。

あの時、1980年とか90年、まだ北朝鮮、原爆持ってないから、だからバーッと行って特務部隊で取ってくればこれで済んだんですよ。
そしたら他の国も「日本は立派な国だ」と。
国民を"国土から"、だからね。外国の日本人を拉致されたとのわけが違いますからね。
だから「肝の座った国だ」ということになって、尖閣諸島も取りに来ないし、ちゃんとしますよ。

だけども今の日本人って一体、僕は何やってるかわかんないんですよ。僕は、ですよ?
何で取り返しに行かないんだ、と。
じゃあ取り返しに行ったら向こうが殺すかもしれない。
そりゃそうですよ、そういうことっていつもありますね?

誘拐されたら誘拐した子供を取りに行った時に殺されちゃうかも知れない。
だけども取りに行くのが大切でね。
それはあの時、海岸線を守らなかった自衛隊も非常に問題だけども、それが1つあります。
それからもう1つは、ここでこそ自衛隊が存在する意義なんですよ。

つまり平和国家において自衛するってことは、拉致されたら取りに行くってことです。
それは覚悟しておかないと。拉致されても取りに行かない自衛隊って一体何やってんだ、と。
だって相手の敵国が攻めてきたのと一緒ですよ?
自分の国の中の人間を持って行くわけだから、これはもう絶対、力で持って行ったわけですから。

横田めぐみさん「はいはい、そうですか行きます」って言ったわけじゃ無いんですから。
だからそこのところ、はっきりしなきゃいけないと思います。

ついでにこの前言ったように「日本が最初に核兵器を使える国だ」
こういったことも、日本は広島、長崎被曝して、報復の権利だけはあるわけです。
ですから北朝鮮のこういったニュースが出て来たときに、間髪を入れず外務省は「ダメだ。日本しか核兵器は使えません」必ず繰り返すということが、
やっぱり国際的な力になる。

しかしそれを外務省がやらなかったり、北朝鮮に横田めぐみさんを取りに行かない、というのはどうしてかと言うと、
政府、自衛隊の問題じゃ無くて、僕らみんなの問題だと思うんですよ。
僕、これを聞いても日本人の多くは「そりゃ取り返しに行くべきだ」と言う人、少ないと思います。

半井さん

取り返したい、という気持ちはあるんですけど、戦争になるのがやはり、ちょっと恐ろしいですし、
平和的に交渉で解決出来たらいいな、というふうに思います。

武田さん

だからちょっと制裁したくらいで、北朝鮮は今度、拉致問題を取り消しちゃったでしょ?全面的に。

《北朝鮮 拉致再調査「全面中止」特別委を解体》

残念ながら、理想論は別ですよ?
残念ながら現実の国際社会は、力で来たら力で返すしか無いんです。
もう力で来たわけですよ、北朝鮮は特務艇を以て日本に上陸し、日本人を強制的に拉致しました。

こういった力で来た場合は、やっぱり日本も力で行かなきゃいけない。
だからそこ日本は自衛隊を作らざるを得なかったんです。
本当は自衛隊、無くてもいいんですよ。

左翼の人は何を思ってるんですかね?
この時にこそ声を上げて北朝鮮に乗り込んで行ったらどうですか?
だって拉致してるんだから。自分の子供を拉致されたのに、横田めぐみさんのご両親の気持ちに皆なってないんですよ。

それで講演なんか聞いて涙流してね「ああ、かわいそうですね」。
でも何もやりません。自分は戦争するの怖いから。
いや、それじゃあ日本の同胞じゃありませんよ!
「絆」なんて言ってるけど、全然、絆どころか、日本人っていうのはこんなにだらしないんですかね。

たった一人でもそういうことやられたら、国を挙げてやるんだ、というくらいのことが、世界でそれこそ、日本人が尊敬されるんですよ。
尊敬、というのはそういうところに来るんであって、損得計算して20人だからいいや、なんて言ってたら、そりゃあ自分自身も危なくなりますよ。

居島さん

正直申し上げて、ちょっと前の話になりますけど、この問題に関して例えばあるラジオ番組なんかで、ある文化人の方ですけどね、実名はあげませんけども、
「戦前の大日本帝国がやった朝鮮人の強制連行の、事実に過去があるから、こういうことはされても、仕方ないじゃないか、行って来いじゃないか」
なんていう発言をされる方が文化人で居るわけですよね。
それが全然「言ってることがおかしくないですか?」っていうふうにならない背景も、正直ありますよね。

武田さん

それは僕は議論不足だと思うんですね。
日本が朝鮮を占領した時も、良い面と悪い面があって、悪い面もありましたけど、僕の感じは日本が朝鮮を併合して良い面が8、悪い面が2くらいだったと思う。
私はそう思ってる。
だからそういうことを議論して、そして総合的にどうするか?ということをしなきゃいけない。

それでやっぱり、この問題について今、一平さん言われた通り、左翼系でいいという人が居たから、と。
いや、そんなことに負けちゃいけません!
左翼系の人がそんなことを言おうがその場で「あんた何言ってんですか」って言わないと、話になりませんからね。

だったら北朝鮮が日本に来て殺しても、韓国人が日本で殺しても、「昔併合したとき、日本人も殺しただろう」
そんなこと言うんだったら何だって出来ますからね?
だからそういうことを言う、っていうこと自体が日本の国にまだある、ってことも確かなんです。

だけど私たちは、絶対に僕は負けちゃいけないと思ってます。
今でも、ちょっと遅きに失しているんですけど、今でも僕は自衛隊が行くっていうのは賛成です。
もう、絶対行ってくれ、と。
何だったら二段構えで、北朝鮮の沿岸に全部並んで「今から行くぞ!」とやったら、それだけでも国際的に日本人は尊敬されますよ。
だって国民を拉致されて知らん顔してる国民なんていうのは、そりゃあ軽蔑されますから。

(後略)

------------------------------------------------------------------

焚き付けるつもりはない。が、筋は通っている。

まとめに入りたい。

国連軍に自衛隊が参加し、拉致被害者を救出するのであれば

・親北勢力の政治活動、報道活動は、国内的には禁止とすべきこと、
・親北勢力の摘発は急ぐべきであること
・そのための追加(立法?)措置が必要であること

は避けられない。

(親北?と噂される)拉致被害者蓮池透が、最近の講演で「北朝鮮は深刻な危機に直面する」と語ったことが、数日前のNHKのニュース番組にて放送された。

そう語る顔の表情は、荒んでいた。目が死んでいた。正しいことを語る時、それが使命感を伴っている場合、その表情はきりりと引き締まり、目はまっすぐ前を見つめるものだが、蓮池透は違うようだ。それは、NHKニュース番組を媒介として行った、(工作員?として仕方なくさせられた)業務上の報告ではないかと、疑っている。

最後に、我々如きレベルで親北と疑われることは、工作員として賞味期限切れであることを指摘し、本稿を終える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 70
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
売国・朝日新聞の報道姿勢 ケント・ギルバート
日本のマスメディアは、いまだにGHQの報道規制下と同じ状態にあると、とケント・ギルバート氏は語る。 ...続きを見る
風林火山
2016/03/02 22:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
9条が平和を守っている?・・・何も知らない人は こんな程度なのでしょうか。 
護憲を唱える人たちには、(救出を待ち望んでいる日本人)の姿が 全然見えていません 見ようともしません 考えようともしません。
  
●祖国の日本が なかなか救出に来てくれない!!! 
それは 憲法改正に反対する人たちが 妨害しているからです。 野党が メディアが シールズが 国会前のデモ隊が 救出を妨害しているからです。

(9条が あるから)韓国は竹島を奪い、北朝鮮は日本人を拉致し、テポドンを発射し、中国は尖閣・沖縄を奪い取ろうとしているのです。 中国・北朝鮮・韓国 は(軍を持たない日本を完全に舐めています。)
占領憲法が無かったら こんなことは起こらなかったでしょう。

力尽くで拉致した日本人を 無法な北朝鮮が素直に返すと 野党もメディアも思っているんですか?
本当ならば 今日・明日にでも 拉致された日本国民の救出作戦を日本軍が実行しなければならない筈であるのです。
9条を即刻破棄して 軍による救出を実現しましょう。
同胞救出を実行せよ!!!
2016/06/22 03:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
拉致問題 被害者救出のため国連軍を組織する口実ができつつあるようです 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる