美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 「1億総活躍」 意外に重要な政策かもしれない

<<   作成日時 : 2016/01/28 07:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 69 / トラックバック 1 / コメント 0

「1億総活躍」と聞いて、私は、最初に石破潰しを直観した。
タイミング的にドンピシャだったからだ。
やり方によっては、「男女共同企画」潰しに転用できそうな感じである。

こうして少し時間をおいて眺めてみると、なるほど、こういうことだったのか、と思うことがある。

たとえば、菊池桃子が1億総活躍のメンバーとして発言したことが話題となった。

菊池桃子氏がまたダメ出し 政府の国民会議で「企業、学校の採用基準の一斉見直しを」
http://www.sankei.com/politics/news/151112/plt1511120017-n1.html

1億総活躍会議に入った菊池桃子が真っ当すぎる! 1億総活躍は意味不明、安倍政権の弱者排除にきっぱりダメ出し
http://lite-ra.com/2015/11/post-1701.html

実は、菊池桃子は、「人生の楽園」という番組のナレーターを務めている。

人生の楽園 テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/nextweek/cur/

この番組をご覧になられている方ならお気づきのことが多いと思う。
出演される方々の過半が、早期退職者であることだ。

離婚経験者であったりもする。都会生活に見切りをつけ、静かな田舎暮らしを選択する生き方を紹介する番組である。

菊池桃子は、この番組に登場する方々の失意の日々のことを知っていて、「1億総活躍」会議にて発言したのではないかと、私はみている。

話題を変えたい。
酒造の世界、女性の杜氏が誕生したそうである。『「若い人や女性も飲みやすい日本酒を」と、フルーティーな香りや微発泡の商品を生み出した。』と書いてある。
女性ならではの視点だと思う。かくいう私も、ワインみたいな日本酒の方が飲みやすくていいと思っている。

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/economy/job/news/20160121-OYT8T50023.html?cx_thumbnail=08&from=ytop_os_tmb

日本酒造りに女性進出
2016年01月26日 05時20分
杜氏や蔵人、発想力生かし商品開発

「日本酒造りに終わりはない。生き物と向き合っているような感覚です」と話す千野さん(長野市の「酒千蔵野」で)
「日本酒造りに終わりはない。生き物と向き合っているような感覚です」と話す千野さん(長野市の「酒千蔵野」で)

 かつて「女人禁制」といわれた日本酒造りの場で、女性の活躍が目立っている。

 需要の低迷に悩む業界で、新商品の開発や国内外へのアピールに奮闘している。

 ■長野県内で初

 1月上旬、長野市の酒蔵「酒千蔵野しゅせんくらの」で、杜氏とうじの千野麻里子さん(48)が、深さ約2メートルあるタンクの中のもろみを、「櫂かい」と呼ばれる棒でゆっくりかき回していた。発酵を促しつつ温度を調節する、日本酒造りの終盤の作業だ。

 「その年の酒米の出来や気候により、温度やこうじ菌の増やし方などを変えなければいけない。難しいけど面白い仕事です」と話す。

 千野さんは2000年、酒造りの責任者である杜氏になった。長野県内で初の女性杜氏だ。

 戦国時代から続く酒蔵の一人娘。毎年冬、日本酒造りの職人である蔵人くらびとや杜氏らが他県から集まるのを見て、酒造りに興味を抱いた。だが、祖父母や両親から「女は蔵に入ってはいけないのがしきたり」と反対され続けた。

 それでも諦めず、東京農業大学醸造学科に進学。卒業後、国税庁醸造試験所(現・酒類総合研究所)で2年間学んで実家に戻り、両親に頼み込んで蔵人になることを許された。「女にできるのか」という視線を感じつつも修業に励み、杜氏となって周囲に認めさせた。

 千野さんが力を入れるのが新商品の開発だ。「若い人や女性も飲みやすい日本酒を」と、フルーティーな香りや微発泡の商品を生み出した。人気を呼び、県外への販路拡大につなげた。

 ■ボトルをデザイン

 招徳酒造(京都市)杜氏の大塚真帆さん(40)は、ボトルのデザインも手がける。240ミリ・リットルと小ぶりの水色のボトルに、雪うさぎや金魚など季節ごとに絵柄を描く。女性に興味を示してもらう狙いだったが、「日本の四季が分かる」と外国人観光客にも人気が広がった。

 大塚さんの実家は酒蔵ではない。京都大学農学部に進学後に「日本酒が好きになり」、就職先に酒造会社を選んだ。「日本酒は生ハムやクリームパスタにも合う」と力説し、海外への輸出の増加にも一役買った。

 5歳と3歳の子の母親でもある。日中は保育所に預け、夕方に退社するが、繁忙期には夜に子どもを酒蔵に連れて来て作業することもある。「子どもなりに理解し、興味を持ってくれています」と笑顔を見せる。

 社長の木村紫晃しこうさんは「社内初の女性杜氏で、子育てしながらでもより良い酒造りを追求している。酒蔵に寝泊まりするのが当たり前だった杜氏や蔵人の働き方を見直すきっかけになった」と評価する。

 日本酒の良さを広めることにも、女性の活躍が光る。

 イラストレーターの松浦すみれさん(32)は昨年、「日本酒ガールの関西ほろ酔い蔵さんぽ」を出版した。関西の33の蔵元を取り上げたほか、日本酒の種類や造り方を分かりやすく伝えた。

 カルチャーセンターで酒蔵見学の講師も務める。「『おじさんが飲む酒』というイメージが強いが、若い人が好む香りや味もたくさんある。日本酒のおいしさをもっと広めたい」と意欲を見せる。

背景に後継者不足

 日本酒造りに携わる女性が増えた背景には、厳しい業界事情がある。

 国税庁によると、清酒出荷量は1973年度の約177万キロ・リットルをピークに右肩下がりで、2014年度は約56万キロ・リットルまで落ち込んだ。日本酒離れが進む中、杜氏の高齢化や後継者不足が深刻になり、蔵元の娘や嫁も関わらざるを得なくなった。

 一方で、「大学で学ぶなど、酒造りに意欲的な女性も目立ってきた」と話すのは、全国の女性杜氏や蔵人らの会「蔵女性サミット」代表で森喜もりき酒造場(三重県)の杜氏、森喜るみ子さん(55)だ。1999年の結成当時に約20人だった会員数は、現在約60人に増えた。

 森喜さんは、「豊かな発想や開拓する力を持っている女性は多い。日本酒の素晴らしさをもっと多くの人に伝えていきたい」と意気込む。(矢子奈穂)

2016年01月26日 05時20分

―――――――――――――――――

安倍首相が何度も口にした女性活用拡大の言葉がなかったら、この女性は、新製品を商品化できたのだろうか、とふと思う。別に、安倍首相をヨイショしようという意図はない。

ただ、跡取りが先細る、職人が携わる業界で、女性活用拡大の意義はある。

次は、人口5000人くらいの規模の町の話題。

知り合いの方で、人口5000人くらいの田舎町に住んでいる方が亡くなられた。現役で働いておられた方なので、葬儀には多くの人が参列した。香典がなんと外車1台分集まったそうである。町に住んでいる人の20%くらいは葬儀に参列したようである。
亡くなられた方は、学歴などない。高校中退みたいな感じである。しかし、親戚はもとより、友人、知人が大挙して葬式に駆けつけたそうである。ちなみに、この町、どこに行ってもみんな知り合い、挨拶する回数が多いのだそうだ。人々の絆、義理がたさ、人情を感じるのである。

対して、私のかつての上司の親の葬儀。香典で外車1台分は集まった。会葬者の大半は職場関係、取引先、みたいなもの。当時、○○○○億円の発注案件があった。私はいろいろな部署の手伝いに駆り出されたので、事情は知っている。この上司の学歴は帝大卒。しかし、この上司、(他の先輩たちが見事にしたような)挨拶廻りをすっぽかした。たぶん、香典くれた取引先とのゴルフに備え、どのゴルフセットに買い替えようかそのことで頭が一杯、また貯金できたと喜んでいたのだろう。また、後で発覚するスキャンダルを隠蔽した張本人だった。後任の人からは、その隠蔽を知らなかったと聞いた。学歴と地位はあっても情けない人物だと今は思っている。こういう人物が、企業社会に溢れているのである。官界に巣くう渡り鳥もたぶん、そうだろう。

善意の香典と付き合いの香典。田舎町と都会、住んでいる場所に変わりはあっても、人々の絆、それを支えるコミュニテイの存在、どう考えても人口5000人の田舎町の方が素晴らしい。

人口5000人の町の絆とコミュニテイをなんとか維持したいと普通は考える。

私がイメージし、推進すべきと考える、「1億総活躍」とは、こういう田舎町の絆とコミュニテイのことである。学歴とか地位とかは関係ない。「人生の楽園」という番組で登場する、人々の生き方のことである。

ここで、政策的視点から「1億総活躍」を眺めておきたい。

少子高齢化の進展から

過疎化がさらに深刻化し
労働人口不足

は避けられない。

年金原資が底を付くという懸念もないわけではない。退職年齢が60歳から65歳に引き上げられたのは、年金受給開始繰り延べを促す目的だったのであろう。

加えて、「1億総活躍」を政府は口にしている。考えようによっては、70歳まで、いや70歳を過ぎても現役でいて欲しいと、政策決定したいようである。(天下りが70歳過ぎても君臨できる組織維持とすることは論外)

そうしなければ

医療費負担増
過疎化
労働人口不足
年金原資不足

を対策として措置できない、と私は解している。

一方で、移民拡大を、河野太郎や石破茂が口にするのは、建前的には、労働人口減少に着目した発言であろうと思っている。彼ら二人の動機は、日本がどうなろうと知ったことではない!大和民族という純血種を抹殺したいという意図からそう発言しているのであろう。

ドイツのメルケルは、ドイツの共産主義化を進めやすくするために移民受け入れを拡大を画策していたと、疑われている。メルケルはひょっとすると隠れ共産主義者かもしれないのだそうだ。

メルケル首相は退任後南米に逃亡するでしょう!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51978758.html

過去、「ドイツに学べ」式の発言が目立った言論人がいた。今もそのようである。共産主義革命を目指したい?指導者が首相となった国から我々は何を学ぶべきなのであろうか?
少なくとも、ドイツに住んで、ドイツに学べと言うなら、メルケルの東ドイツ時代の政治思想、言動について、調べ上げるのが筋というものであろう。移民を受け入れても社会不安増大となるだけであり、欧米マスコミはそのことについて、不報道を続けてきたことが明らかになった現在、ユダヤ資本の影響なのか、ドイツ在住の人ならではの手法で調べるべきだろう。

ここで、一つの提案をしたい。

移民推進派の河野太郎、石破茂に否定的見解を持たれるのであれば、対抗策を持つべきなのである。
移民を否定するのであれば、「1億総活躍」を強烈に推進すべきなのである。

ここで、ブログテーマとは、あまり関係はないが、地図記号に係わるパブリックコメント参加の呼びかけがあるので紹介する。

【2月7日締切】地図記号に関するパブリックコメントを提出・抗議しましょう(国土交通省・警察庁) | 外国人犯罪情報
http://www.sakuranokai.org/article/432998083.html

移民政策に不安を覚えているなら、移民反対の視点からの提言が読めるこういうサイトの情報をしっかり読んでおいた方がいざというときに役に立つ。

言論人たちは、何か話題沸騰するたびに、その話題について表面をなぞって言及する、その話題をつまみ食いして生き延びようとする習性があるようだ。年末、捏造慰安婦問題の日韓合意について批判的だった言論人について調べてほしい。大半は、その話題は眼中にないはずである。

少し脱線してしまった。

拙ブログをお読みになられている読者の皆様は
私とほぼ同年代で、テレビ朝日の「人生の楽園」をご覧になられているのではないかと思う。

あの番組を欠かさず見ている方なら
「1億総活躍」の政策的意義
菊池桃子が「1億総活躍」会議で発言する意味
を正確に捉えておられるであろうし

「1億総活躍」という言葉の意味からも
言論人に頼らず、言論人の発言などに依存せず
自分の言葉で語るべきであろう
ことを指摘し、本稿を終える。

「1億総活躍」は、考えようによっては、非常に意義深い政策であるのだ!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 69
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「「1億総活躍」 意外に重要な政策かもしれない」について
「「1億総活躍」 意外に重要な政策かもしれない」について 一億総活躍社会というのは、実は原点回帰なのです。 一億というフレーズは日本国民全体を表します。 言い換えれば、つまり日本国民全体が活躍する社会の実現。 ...続きを見る
その日暮らしな日々
2016/01/28 13:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「1億総活躍」 意外に重要な政策かもしれない 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる