美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 軽減税率協議終結  「次世代の党」がとるべき政治戦略について

<<   作成日時 : 2015/12/14 18:56   >>

ナイス ブログ気持玉 68 / トラックバック 1 / コメント 2

軽減税率に係わる連立与党、幹事長協議が一段落したそうである。
交渉の当事者の谷垣幹事長の疲労困憊ぶりをテレビにて拝見した。
こういう事案、処理できる方は、谷垣幹事長くらいしか見当たらない。
お疲れ様と申しあげたい。

さて、読売では、かなり好意的に食品への軽減税率適用を報じている。ネット記事では感覚的にはわからないが、12月13日の社会面にてデカデカと安心感溢れる文言が並んでいるのを見た。

こんな政権擁護の記事を見るのは、何年ぶりだったろうか?

そして、追加で配信された記事もそれなりの確度で、政権としての安堵感が漂った内容にとれる。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/151214/plt1512140007-n1.html

安倍首相、自公合意を評価「最善の結果をまとめていただいた」

 安倍晋三首相は14日午前、自民、公明両党が平成29年4月の消費税率10%引き上げ時に導入する軽減税率(8%)の対象品目について、酒類と外食を除く飲食料品全般で合意したことに関して「最善の結果を取りまとめていただいた」と述べた。首相官邸で記者団に質問に答えた。


http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151213-OYT1T50067.html?from=ytop_top

軽減税率、高齢世帯への恩恵大きいとの試算
2015年12月13日 17時30分
 消費税の軽減税率が、酒類と外食を除く食品全般に適用されると、家計にはどれだけの影響があるのだろうか。

 日本総合研究所が、総務省の家計調査に基づいて試算したところ、年金収入で生活している夫婦など、高齢世帯への恩恵が大きかった。家計に占める食品購入額の割合が大きいためだ。

 年収250万円の高齢夫婦世帯(夫は65歳以上で無職、妻60歳以上)の場合、酒と外食を除く食品全般に支払う金額は、平均で月5万500円。消費税率が8%のまま据え置かれると、10%に引き上げられるのに比べ、年間の負担軽減額は1万2120円になる。

 年収500万円の勤労者世帯(家族2人以上)では、食品購入額は月平均5万200円で、年間軽減額は1万2000円。収入の少ない高齢夫婦世帯の方が、軽減額が多くなった。一人暮らし世帯でみても、高齢者の負担軽減額が勤労者世帯より多い。

2015年12月13日 17時30分

―――――――――――――――――

拙ブログお読みの皆様は、どう読まれたであろうか?

来年の総選挙で、安倍政権は圧倒的支持を得て勝てるシナリオを導いたのである。
そして、もう一つある。あの橋下徹が憲法改正派につくと宣言したのである。

そして、面白いことに、自民党はなぜか軽減税率の財源に言及できないのである。

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151213-OYT1T50021.html?from=ytop_top

軽減税率財源、難航必至…谷垣氏「法律に明記」
2015年12月13日 21時36分

 自民、公明両党は12日、消費税の軽減税率について大筋合意した文書で、1兆円規模の軽減額に対し、「安定的な恒久財源の確保について、責任を持って対応する」と約束した。

 財源探しを進めることになる。しかし、安定財源のメドは立っておらず、来年末に決める2017年度予算編成や税制改正に向け、議論が難航するのは必至だ。

◆残り6000億

 自民党の谷垣幹事長は12日夕、「きちっと法律の中に(財源を)書き込んで、来年までに用意する」と記者団に述べた。合意文書には、「16年度末までに歳入及び歳出における法制上の措置を講じる」と明記し、安易に赤字国債(国の借金)の発行に頼らないよう、退路を断つ覚悟を示した。

―――――――――――――――――

保守は、票を伸ばすことができる政治状況、しかし財源政策的には袋小路状態。
この政治状況、「次世代の党」にとって党勢拡大のチャンスではないかと読める。それゆえ出稿したのである。

この政治状況で、総選挙に突入するのであれば、憲法賛成するとのスタンスで獲得できる保守票のパイが増えると想定する前提で、他の保守政党に気がねせず、政策的に差別化戦略が取りやすくなる。

つまり、自民党よりも右寄りの政策提言が注目かつ評価されやすくなるのである!保守浮動層の一部を「次世代の党」に取り込みやすい政治状況となったと言っていいだろう。



以下は、自民党よりも右寄り政党の視点としての提言である。

財源確保手段となれば幸いである。

―――――――――――――――――

■提言1 政党交付金返還の明文化

【政治資金…】不明朗支出が続々 民主・福山哲郎幹事長代理 資金管理団体 ガールズバーで会合?!
http://jacklog.doorblog.jp/archives/47044782.html


■提言2 不祥事議員に対し、政党交付金支給対象外とするほか、不祥事議員の追及等、一括倫理委員会で処置する

―――――――――――――――――

政治倫理審査会
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%80%AB%E7%90%86%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E4%BC%9A

http://textream.yahoo.co.jp/message/1998407/ffc7pjbf6q3t2a

国会議員の不祥事・・すべて・・
倫理委員会で・・集中してやれ・・
予算委員会や外交委員会での質問・・禁止

―――――――――――――――――

■提言3 パチンコ課税 20兆円の売り上げに対し5%課税で1兆円の税収増


■提言4 宗教法人課税 一定規模以上の宗教法人、認可宗教法人の営利部分に係わる課税強化


■提言5 宗教法人課税 慰安婦問題、靖国等、施設内で反日政治活動を行った宗教団体について、法人税並に課税


■提言6 テレビ局の電波使用料100倍化措置(数千億円の税収増)


■提言7 NHK解体民営化(売却益等 数千億?)


■提言8 帰化申請者への帰化申請料の創設(1件100万円)


■提言9 反日教育実施国に対する留学生支給額大幅削減(総額500億円?)


■提言10 学校図書館完全電子書籍化、共有施設化に伴う、小中高の学校建設費用と図書館司書要員の大幅削減




■その他提言1 拉致問題 再入国禁止対象者の大幅拡大(朝鮮総連関係者)

■その他提言2 不法滞在通報者への報酬額大幅増加(1件10万円)

■その他提言3 テロ対策としてボランテイアによる自警団活動を容認

■その他提言4 生活保護申請協力者(議員、弁護士)に対する連帯保証制度の新設(不正受給対策)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 68
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦後70年:山本元帥と予科練〜霞ヶ浦海軍航空隊
&nbsp; 真珠湾奇襲攻撃を立案した山本五十六連合艦隊司令長官は、海軍航空隊育ての親として知られている。 &nbsp; &nbsp; ( 雄翔館 ( 予科練記念館 ) 前にある山本五十六元帥像。筆者撮影) &nbsp; 現在、陸上自衛隊土浦駐屯地武器学校の建っている場所(茨城県稲敷郡阿見町大字青宿 121 − 1 )は、「予科練」で有名な「霞ヶ浦海軍航空隊水上班」、その後昭和 15 年より「土浦海軍航... ...続きを見る
賭人がゆく
2015/12/16 04:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自民党サイドから言質を取られないよう、あくまで公明党との協議で公明党側からの要求として不毛な軽減税率論議を続ける。
来年GW頃、中国の経済危機など国外の経済事情、および国内の景気回復の低調を理由に、消費税増税の無期限凍結を打ち出し、それの是非をもって来年の選挙の争点とする。
という感じじゃないかと思いますけどね。
その日暮らし
2015/12/14 21:49
橋下徹のあの一言が効いたのか、そういうシナリオが真実味を帯びてきていますね。
その日暮らしさんのご指摘のとおりの可能性があると思われます。
私は、橋下徹がああ語った時点で、すべてが織り込まれたとみております。
そういう予想が仮にあったにせよ、その予想どおり事が運ぶのか、現実に党勢拡大しなくてはならない立場の政治家たちが、その流れをどう利用するのか、次世代の党の場合は、それが至上命題ではないのか、とみております。
ポイントは、流れをどうみるか、流れを受けてどう対処するのか、の2点に絞られます。拙ブログは、流れを受けてどう対処するのか、という視点での出稿となりました。
管理人
2015/12/15 05:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
軽減税率協議終結  「次世代の党」がとるべき政治戦略について 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる