美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇室批判者の存在が問題なのか 皇室関係者が問題なのか

<<   作成日時 : 2015/11/08 07:52   >>

ナイス ブログ気持玉 181 / トラックバック 1 / コメント 22

最近、皇室ネタで出稿するブロガーが増えている。
私は、国家の将来を憂うる事情があって出稿しているのだろうと理解している。

さて、あるネット論壇にて、ある皇室批判ブログは(問答無用で)「反日だ」とする意見が存在する。

私は、言論の自由がある以上、その意見を問題視しない。

一方で、皇室批判するブログの方は、その論調がヒートアップする傾向にあるようだ。

私は、言論の自由があること、何より、彼らが主張する根本原因が除去されておらず、問題の是正措置、再発防止対策がとられていない以上、そう主張することについて、理解したいと考えている方である。

拙ブログにおいては、「そういうブログをリンクしているのはけしからんので、愛国ブログとして扱うな、リンクから消してほしい」との意見をいただいている。

では私はどうしたか、しかるべきお立場の方と認識したので……ブログのリンクの分類を変更した。

拙ブログの処置に異論あるのであれば、本稿で述べる趣旨について、賛同されるのか、そうでないのか、(拙ブログが示したのと同様の文章量にて)見解を述べていただきたいと思っている。


一方で、この問題を扱うに際して、拙ブログは、座標軸として、判断基準となりうる、ものの見方を示したつもりである。

皇室問題を取り巻く政治状況については、(言論人レベルをターゲットに)かくモデル化した。

―――――――――――――――――

http://nihonnococoro.at.webry.info/201510/article_26.html

・左翼、反日勢力(言論人、政党、団体活動、マスコミ)はやりたい放題―

・安倍首相がおかれている政治状況は、勢力図的には、決して愛国一色ではない

・安倍政権は第一次安倍政権ほど直球一本槍ではなく、安倍政権は、アベノミクス、安倍首相が特に指定する法案、外交以外、深く切り込むつもりはない

・保守言論・市民団体活動界は、戦略・戦術不在、実現ベースで先頭に立つ言論人不在、実現目標・実現に至る手順書・実行計画書がない、組織的陳情・請願活動実績がほとんどない

・日本という国を愛するがゆえに、皇室問題の根深さに気がつき、皇室を命がけで批判する人たちが、増えている?

・その一方で、この命がけで批判している人たちを問答無用で、黙れ!反日野郎と批判する、「日本という国が好きで、日本政府を簡単に正当化する人たち(この場合は、皇室批判を許さない人たち)」が同時に増えている?

―――――――――――――――――

また、ユネスコ拠出金問題などへの対処を通じて、真正保守層においては、依然、大多数がゼロか百かの両極端の思考回路であることを紹介させていただいた。

南京大虐殺を登録したユネスコへの対抗措置アンケート結果
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3534.html


次に、皇室と国家国民との係わりにおいて、「日本は何によって日本であるのか」という視点から、倉山満の 「保守の心得」という本から、真正日本人が保持してきたであろう、皇室観について紹介させていただいた。

―――――――――――――――――

43頁

日本は天皇の国である

日本を日本たらしめているものは何か。それは皇室しかありません。皇室だけが唯一、変わらず存在し続けています。

44頁
日本の政治体制が、摂関政治であろうと幕府政治であろうと民主政治であろうと、常に一番上には皇室があります。ゆえに天皇が続いている限り、国体はギリギリのところで踏み留まっている、と言えるわけです。
中略
帝国憲法に書かれている国家観は「日本は天皇の国である」というたった一言です。あとは最低限の原則しか書いてありません。

45頁
日本保守の特徴は、この天皇という世界で唯一無二の存在を中心にしている点にあります。こればかりは外国にも手本を求めようがない。

46頁
日本は、帝国憲法が制定されるずっと前から、歴史・文化・伝統として君民共治の国です。『万葉集』の昔より、上は天皇に始まり下はホームレスまで、同じ日本語によって歌集にまとまっているほど国民意識が強いのです。皇室と国民の絆が切れたときは、日本が日本でなくなる瞬間だというわけです。

―――――――――――――――――

さらに、私が認識する、皇室問題の問題認識、処置等について、4点問題提起させていただいた。

―――――――――――――――――

http://nihonnococoro.at.webry.info/201511/article_5.html


@皇室内部に係わる問題があったとして、これまでのように傍観していいのか、是正・改善措置等をとらず野放しでよいのか?
A皇室問題の原因が、仮に皇室内部にあるとする場合、その状況を事実として正しく認識し、国民各層が受け入れる状況をどう実現するか?(現実には、皇室内部の反日的動きによって、報道されている情報の50%程度は意図的な誤報?)
B皇室内部の問題を是正・解決する道筋は、現行の法システム上、あるいは慣習的に、存在していると言えるのか?
C皇室内部の問題について指摘・言及した保守系言論人がいたとして、保守陣営内の議論は成立するのか?問題を問題だと指摘したことで、(仮に表現手法として問題ない場合でも)、不敬であると問答無用で、保守言論界から抹殺され、保守勢力内部の内紛によって、結果的に二段階革命理論の実現を加速する危険性はないのか?

―――――――――――――――――

これら4つの問題提起、極論するとこうなる。

―――――――――――――――――

皇室批判者の存在が問題なのか 皇室関係者が問題なのか

―――――――――――――――――

本稿の論点は、この2つである。

論点をはっきりさせないと、議論にならないから敢えてそうした。特に、ゼロか百の思考回路で判断されやすい事案については、論点を絞っておくのが、必須なのだ。その、やっかいな議論の入口に入るべく、こうして座標軸を整えたのだ。


たとえば、ブログ「BBの覚醒記録」については、一部保守層から「反日ブログである」、という趣旨の指摘がある、ことを知っている。ブログ「BBの覚醒記録」のコメント欄では、公開はされていないが、そういう趣旨で批判されている方がいるであろうことを知っている。

では、「反日ブログ」だと断定するのであるから、そうだと判断する合理的根拠を(「反日」という言葉の定義を含め)知りたいと考えたが、その意見を表明する方はそのような根拠を一切示していない、ようである。

ただただ、問答無用で、反日ブログだと決めつけ、保守言論界から●●したいようなのだ。

私は、これは極端な意見と考え、ゼロか百の思考回路のままでいいのか、問題提起を試みた。

問題提起 グレーゾーン思考を解しない状態であの問題を解決処理できるのか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201511/article_5.html

そこで、実際に、ブログ「BBの覚醒記録」の原稿を個別に参照してみたい。

評価項目は、上記4つの論点ならびに、「皇室批判者が問題なのか 皇室関係者が問題なのか」を再編集し直したものとなる。

―――――――――――――――――

分析評価項目

@書いてあることは一応、客観的事実と認められるか?
A仮に問題とする場合、その状況を事実として正しく認識し、周知拡散する必要はないのか?
Bこれまでのように傍観していい問題か、是正・改善措置等をとらず野放しでよいのか?
C当該事案について、問題を是正・解決する道筋は、現行システム上、存在していると言えるのか?
D記述している内容について、表現手法として妥当か(表現として過激なのか、表現として不敬なのか)?

―――――――――――――――――

私は、私なりの手法で、客観的評価を試みようとしていることを、まず確認いただきたい。

それでは、分析に入らせていただく。対象原稿として、サンプル的に6つ選ばさせていただいた。

息抜きしましょうか。ブラジルご訪問中の秋篠宮両殿下です。
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/563093c856a42e32100e7c071708f99a

ご自愛仮面が、ポロポロリ 耶蘇偽善者美智子さま 《転載ご自由に》
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/9fb25acbda55183c282294f58d666a15

眞子さま、お名前を隠してボランティア 《転載ご自由に》
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/5be3034bc23d6de9a40eaa2f4ace04d9

伝統の壊し屋 “国賊”としての皇后陛下 《転載ご自由に》
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/9aa68f6428fb0ce76316dcc651f06d1d

韓国に謝罪したい皇后陛下に捧ぐ 《転載ご自由に》
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/817caddc30b591c10b84565b500454e4

雅子さん、悠仁親王殿下に手を出さないで  《拡散希望記事》
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/9e3338f2d97be5e9be81cad4c5af76f7

これらは最新稿である。ざっとであるが読み、@〜Dの評価項目について、チェックしてみた。
一応、客観的事実を参照しようとしている。一般人が知らない情報を周知拡散しようとしている。これまでのような傍観ではなく、是正・改善措置等すべきと問題提起している。一方で、問題を是正・解決する道筋は、現行システム上、難しそうであることを暗示している。言葉遣い的には、モノの言い方として反発される方はいるかもしれないが、私は、問題を是正・解決する道筋が確保されているとは言えない状況であるため、許容する。

私は、反日ブログだと批判される方の意見が、理解できないのである。その方に、「反日」の定義について、100文字くらいで文章化を求めたいくらいである。

ブログ「BBの覚醒記録」の管理人は、想像するにご家族か、ご親戚に宮内庁関係者がいるのではないかと推測する。宮内庁職員の立場で言えないことを、このブロガーが代弁している可能性があるとみている。


次に、別のブログにて、同様の、悩ましい事案があるので、紹介しつつ分析させていただく。

【高円宮家再検証・最終章】当主久子妃殿下、民間妃最悪の策謀家、今後は坂を転がり落ちる人生、転載フリー
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/f2f1b02e0f62df8b2f37f4db96a65bf0

【高円宮再検証B】3女絢子女王、気の毒なお方、責任は全て両親に有る。転載フリー
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/6fc07ce952284c32923b2a862def8088

【密教宿曜経で見る11月8日】悠仁親王は、東宮御所へ誘いが有っても絶対行くべきではない、拡散希望
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/13f7e3a2e8dcaf8647d4118f6b959e2d

【高円宮家再検証A】人気抜群、博愛の女王、承子殿下、転載フリー
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/c31947430c3364426bd2cfcbba4c7ba8

【読者様より緊急・重要証拠】美智子皇后さまは入内後も夫、子供を連れて修道院に通っていた。転載フリー
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/dcf16557aff8f0474c41021aa2f455c4


11月8日、本日、とんでもないことが起きるかもしれないという予告は強烈である。


同様に、最新稿5つについて、上述の@〜Dの評価基準に従い、分析を試みる。

私の結論はこうだ。

一応、入手した情報、知っている客観的事実を参照しようとしている。一般人が知らない情報を周知拡散しようとしている。これまでのような傍観ではなく、何らかの処置が必要であると問題提起している。一方で、問題を是正・解決する道筋は、なさそうであると解している。言葉遣い的には、抑制しつつ、意見表明している。

こちらのブログの管理人は、素性を明示したブログ活動されている方であり、安倍首相に面識ある支持者であるそうなので、反日ブログと批判されることはないだろう。


総括に入りたい。

本稿の結論は、この2点に収斂する。

すなわち、
保守陣営における、良心的?皇室批判者の存在が問題なのか、皇室関係者が問題なのか、ということである。

私は、「日本を日本たらしめている拠り所を破壊しようとする正体」、すなわち「皇室と国民の絆を切ろうとしている正体」が、本稿で紹介した、保守系ブロガーではなく、皇室内部の存在であることに気づいている。

本件で紹介したブログについては、一部、表現的に過激で不敬なものが含まれているかもしれないものの、国民各層に対し周知拡散され、是正・改善措置がとられるべき事案であろうと考える。問題を是正・解決する道筋がないなら、是正・解決を目指し陳情等すべきとのスタンスである。

単に、特定のブロガーの表現が問題とするなら、問題を根本的に解決することにはならない。私は、問題が放置されることに伴う、国家的リスクが極大化することを恐れている。真正保守の愛国者として、単に表現の問題という形式的に、(定義もせず)反日的だとレッテル貼っても、何の解決にもならず、問題を悪化させるだけだという認識である。

逆に言うと、特定のブロガーの表現が問題だとする者たちは、問題が放置されることを望んでいる立場にある、と考えておくべきだろう。そういう動機を持つ者による、「皇室批判者批判である」可能性は十分にあるのだ。その点において、反日ブロガーと決めつける意見について、その政治信条、皇室観、皇室内部で起きている問題を知っているのか、知らないのか、皇室内部のどちらサイドを支持するのか、意見表明された際、しっかりと確かめておく必要があるだろう。


本稿で紹介させていただいたブログに書かれている情報を総括すると

・ブログ原稿の一部において、表現的な過激さを問題だとする意見
・「日本の伝統を破壊する行為」が皇室内部に継続的に発生していたとする意見
・「日本が日本であるための拠り所を破壊」する行為が皇室内部に継続的に発生しているとする意見
・宮家の中で、日本を護ろうととしているのは「秋篠宮家」だけかもしれないとする意見

が存在しているようである。

ここで、私は、問いたい。

「皇室と国民の絆を切ろうとしている正体」は、皇室批判側のブロガーなのであろうか?

拙ブログは、いつもそうだが、読まれた皆様一人一人でお決めになることだとするスタンスである。私は私の価値判断を示したに過ぎない。


どう考えても、本質的な問題の所在は皇室関係者にあると解する。

なぜなら、社会認識上の問題として

皇室批判者存在の問題<<<<<皇室内部の問題

という図式が成立すると考えるからだ。より本質的な問題は、皇室内部にあるということだ。これらのブロガーは、より本質的な問題の所在を示し、問題提起しているのだ!


ただ、この種の問題は、解決する道筋がなかなか見えないが故に、相当期間継続する。

・皇室批判者存在の問題
・皇室内部の問題

もちろん、皇室内部に潜む破壊活動の原因が除去された時、皇室批判者は、別のテーマを選ぶことになるだろうと、過去原稿を眺めつつ予想していることを指摘し、本稿を終える。


参考
―――――――――――――――――

問題提起 グレーゾーン思考を解しない状態であの問題を解決処理できるのか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201511/article_5.html

このままで「忍び寄る」危機に対処できるのか
http://nihonnococoro.at.webry.info/201510/article_26.html

天皇ご学友「皇太子殿下から公務を減らして下さいと進言を」
http://www.news-postseven.com/archives/20151030_359369.html

宮内庁職員「皇太子殿下は3.11に被災地に赴いてもよかった」
http://www.news-postseven.com/archives/20120321_96156.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 181
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
眼精疲労でPC一時中断
&nbsp; 実は先月から、激しい眼の疲れに加えて頭痛と肩こりが頻発しています。 &nbsp; 最近会社では毎日6時間以上もディスプレイ上で作業することが多くなり、そのためか帰宅してブログエントリーを書くためにノートPCを開くのが段々苦痛に思えてきました。 &nbsp; 眼科医の見立てでは、「適温の風呂にゆっくり浸かって、眼を休めなさい」とのこと。 &nbsp; 眼精疲労の原因の多くは眼を酷使する生活環境に... ...続きを見る
賭人がゆく
2015/11/09 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
管理人様  返答せよとの御要望にお答えします。  先ず申し上げたいのは、天皇御一
家の中傷誹謗を聞かされて、心を痛め悲しんでいる日本人も少なからずいるという真実。
 此の事を決して忘れてはいけないと言う事です。  命懸けで頓珍漢な事を言われても
国民からしたら、迷惑千万鼻白むだけです。  某ブログは完全にルビコン川を渡り切った
と認識しています。  管理人様には皇室問題を構造的に捉えて頂きたいと思います。
  分かりやすく説明させて下さい。  皇室を御神木と考えれば、天皇陛下は幹で、他の
皇族は枝であると思います。  皇室に取り付いて悪さをする者は、寄生植物に準える事
が出来るでしょう。  某ブログは最初御神木に纏わり付く寄生植物に付いて攻撃してい
ましたが、それらが除去された訳でもないのに、皇太子御一家に攻撃の矛先を向けました。
 まるで、御神木の寄生植物はそのままで、枝振りの良い大枝を鉈で切り落とし始めたの
です。  そして、驚くべきことに、寄生植物を取り除くことには最早関知せず、なんと、
御神木の幹に直接鉈を振り降ろし傷付け始めました。  こんな不忠者、とても日本人と
は思えません。  王の名を穢すものは、同時に、王冠と玉座も穢している事に思いを
致さねば成りません。  今上天皇の名を穢す事は、将来天皇に御成りになられる皇太子
徳仁親王と秋篠宮文仁親王や第一男子悠仁親王のお座りになる玉座も穢している事になぜ
お気付きになられないのか不思議で堪りません。  某ブログに言いたいのは、本当に命
懸けで日本を破壊するのは止めて頂きたい。 冷静にご自分のなさったことを振り返って
頂きたい、これが、日本を愛する普通の日本人の気持ちです。  という事で、管理人様
の処置は次善の処置として支持します。 完
三角四角
2015/11/08 14:40
コメント頂きありがとうございます。

<今上天皇の名を穢す事は、将来天皇に御成りになられる皇太子
徳仁親王と秋篠宮文仁親王や第一男子悠仁親王のお座りになる玉座も穢している事になぜ
お気付きになられないのか不思議で堪りません。

ご意見参考とさせていただきます。
ただ、内部で起きていることについて、是正・改善のための道筋が見えにくいことが気になっております。
真実が明るみに出る都度、放置できない部分が増えているように思えてなりません。従いまして、時々ですが、皇室問題のテーマで(抑制が効いたスタンスで)出稿予定となります。

管理人
2015/11/08 16:31
個人的意見です。皇統は聖書の創世記49章10節に由来すると考えています。しかし10節の最後に終結を思わせる記述”シロの来る時にまで及ばん”とあります。旧約ダニエル書2章は我々が知っている世界の終焉と別の世界の始まりを暗示しています。特にその44節は上記の”シロ”との連動を思わせます。同11章40節以降はアラブの春以降TPPまでを暗示しているように感じます。エゼキエル書37章は現在日本のある変化を想起させます。38、39章はまさにこのブログ主殿が懸念している状況をも含めて特亜3国はおろか世界中が日本を破壊しようとの企みに踊っている状況を暗示しているように見えます。黙示録は旧時代の溶解と日本の関わりを暗示しているように感じます。特にその12章5節にある”鉄の杖で諸国民を牧する男子”と上記の”シロ”は同じものだろうと考えます。それが明らかになった段階で皇室は終わる、それは近いのではないか?結論:何千年か続いて来た世界が終ろうとしている、新しい世界が始まろうとしている。その新しい世界の型を決める為に聖書を書かせた存在が世界史から隠匿維持管理して来たのが日本の皇室でありその行く末について権限やコメントを行使発信する権威を持つのは聖書を書かせたその、”ある存在”のみ、その専権事項である、故に私も胸騒ぎは感じるが”これは人の手によって云々され得る事柄ではない”と静観しています。”シロ”、”鉄の杖で諸国民を牧する男子”が日本から出ることは確かだと思いますがそれと皇室がどう関係するかは判りません。カゴメ歌と何か関係があるのではないか?また個人ではなく”概念や型”かもしれません。我々に求められているのは上記”聖書を書かせ残させたある存在”の審判に全幅の信頼を置き、謙遜を貫くことであろうかと愚考します。失礼しました。
tsukihoshihi77
2015/11/08 17:40
三角四角様にお尋ね致します。

>某ブログは最初御神木に纏わり付く寄生植物に付いて攻撃していましたが、それらが除去された訳でもないのに...

とのお言葉ですが、「御神木に纏わり付く寄生植物」とは、一体何を指しておられるのでしようか?
私、皇室関係つきましてはまだまだ不勉強でして、「寄生植物」とは何の事なのか?  大変に気になります。

差し支えなければ、ご教授をお願い致したく存じます。


管理人様、大変厚かましく無礼極まりないコメント申し訳ございません。 この場をお借りしますことお許し下さいませ。
すず
2015/11/08 18:14
敗戦後、GHQは我が国の憲法・皇室典範 …全てを変えました。彼らは日本の強さが天皇を頂点とした神道にあることも見抜いていましたが、天皇と国民の関係を見てさすがに昭和天皇処刑はできませんでした。しかし将来を見据えて種をまくことは忘れていない。皇族華族廃止以下、当時皇太子だった今上陛下を『ジミー』と呼んでの英語教育などもそのひとつ。

不思議なのは、GHQがここまでやったのに「皇室だけは無傷である」と盲信している保守派の方々です。米国側に立てば「手を突っ込んで」当然。素人頭で考えてもその方が自然で、その結果が今日の皇室の有り様ではないですか?

昔日本には「押込め」制度があり、お家滅亡回避のため、ボ●クラな殿は家臣によって排除されました。皇室も、そういう自浄作用が働いていたはず。でなければ2000年以上も続くはずがありません。

昭和天皇は、GHQ憲法の「天皇制の存続は国民の意思による」の一文に側近が難色を示した時「よいではないか。天皇制があっても国民がついてこなければ意味はない」とおっしゃったとか。今がまさにその分岐点。良くも悪くも現在はネット時代で、ネット情報は玉石混合ではありますが、目を凝らしていれば自ずと真実は見えてきます。また外国メディアは国内メディアと違い、事実を遠慮なしに報道します。皇室=「日本」であり、彼らの立ち振る舞いは「日本」全体への評価となります。瞬時にして情報が世界を駆け巡る今日だからこそ、彼らには一瞬の隙も許されない。

実際目にした姿や映像は見る者に言葉以上のものをさらけ出します。感じたことは自然と口から出る。それを押さえつけるのは不可能です。保守派の「批判許さず」という姿勢こそが実は内部で戦っている方々を追いつめている気がします。
まる
2015/11/09 04:40
通りがかり様

小和田某の悪事、ダッカ事件に遡るという話、気が付きませんでした。
国会答弁を通じて、歴史認識、憲法解釈を操作してきた黒幕の一人であろう点において、皇室問題を語る際、皇室以上に手厳しく糾弾されるべき存在と、かねてから認識しております。
しかしながら、その悪事の数々を仔細かつ、当の本人が弁解を躊躇う次元で分析できるブロガーは、日本に何人いるのか?と思っているところです。
皇室批判は、(やろうと思えば)、比較的簡単な状況ですが、小和田某を合理的に糾弾するのは、ハイレベルな分析力を要求されます。
簡単なことはネタにするが、難しいことは後回しでは、筋が通らないという見方ができるかもしれません。
が、諦めてはおりません。
小和田某の悪事については、その緻密さかつ狡猾さゆえに、外交史的あるいは宮内庁史的視点から、専門的研究が、なされることを希望します。
管理人
2015/11/09 19:33
tsukihoshihi77様
聖書を参照しつつ現実世界を分析するのは、tsukihoshihi77さんのブログのテーマでしたね。
聖書を歴史書の位置づけで引用されたのかもしれませんが、当方、聖書の引用すなわち教義的な話題として扱われると解すること、また、信者でもない関係で、難しいことご理解ください。
管理人
2015/11/09 19:47
管理人様  皆様の日本に対する真摯なお気持ちは十分解りますが、なんと、言いましょうか、天皇陛下と皇族の皆様は、下から仰ぎ見る存在だと承知しているのですが、なぜか、遥か上の方から見下ろしている様に感じるのは、多分私の気のせいですよね。  
三角四角
2015/11/09 21:12
三角四角様

保守陣営内における皇室観の違いが、この種のテーマの論争において、ともすれば感情的になりやすい原因になっているのではないかと、推察します。本稿では、ベンチマーク的に、倉山満の本から引用させていただきました。小堀桂一郎の本でも良かったのですが、情緒的で、流れること水の如しみたいな文章であることが多く、また、私自身が小堀桂一郎タイプでもないことから、倉山満の方を選びました。
三角四角さんの場合は、小堀桂一郎の方をお選びになられると予想します。

三角四角さんが、いろいろお考えがあってコメントされていること、承知しております。本稿で紹介させていたいたブログのコメント投稿者については、神道関係者が多いのではないかと予想しております。詳細、紹介したブログのコメント欄でご確認いただきたいと思います。
健全な保守層のコメントが多いと、私は受け止めております。
ここで紹介させていただいた皇室批判記事については、当事者としてやむにやまれぬ事情を知っている方から情報配信を託された(ご家族もしくはご親戚が宮内庁関係者)、真実はマスコミは決して報道しない、それゆえ、心あるブロガーは決意を以て周知・拡散を試みている、それが、本稿で紹介した皇室批判ブログの実相ではないかと。
それを眺めた私は、ゼロか百かの極論に陥りやすい状況を回避、できる限り、客観的議論を通じて、あるべき本来の姿に、なんとか戻せないものか、座標軸と論点を示し、問題提起しつつ解決の道筋を探ろうと試みたということであります。
なお、文章的には、難解で読みにくい内容であるにもかかわらず(どう書いても難しい表現になってしまうのは私の未熟さ故なのですが)、意外にもかなりの方にご訪問いただき、お読みいただいているようで、この問題についての関心の高さを再認識した次第です。



管理人
2015/11/09 22:08
まる様

<実際目にした姿や映像は見る者に言葉以上のものをさらけ出します。感じたことは自然と口から出る。それを押さえつけるのは不可能です。保守派の「批判許さず」という姿勢こそが実は内部で戦っている方々を追いつめている気がします。

まるさんの投稿、実にごもっともです。 本来は、批判にさらされているブロガーを客観的に評価することを通じて、宮内庁内部の正義の人たちにどう勇気づけるか、というスタンスであるべきでしたが、本稿はそこまで手が廻りませんでした。私は、皇居訪問したことはあるものの、宮内庁警備の人しか知らないのです。 とりあえず。皇室内部に起きている問題について、放置していい問題ではない、どう道筋を見出すのか、問題提起せざるを得なかったのです。 時々ですが、皇室問題に係わるテーマで出稿する方針です。
管理人
2015/11/10 10:47
管理人様 返信ありがとうございます。

コメントした時、字数制限やら禁止ワードやらで投稿できていないようでしたので、結局あきらめていました。が、今日見てビックリ。投稿されてて、それもふたつも続けて。お恥ずかしいので、お手数おかけして申し訳ありませんが、どちらかひとつ(+このコメント自体)を削除してくださいませ。よろしくお願いいたします。
まる
2015/11/14 17:36
内紛を利用して崩壊をもくろむ、外部勢力には気を付けた方がいいと思います。
歴史の常です。
日本は、皇室が嫌いな周辺国に囲まれていますから。

昭和天皇が仰るとおり、真に天皇(皇后・皇太子・妃)であれば、国民はついてくるものです。

昭和天皇は、このような世が来ることを予見していらっしゃったのかもしれません。
ゲンマイ
2015/11/23 23:18
ご指摘のとおりだと思います。
それゆえ、本稿、議論となる座標軸とセットで冷静な議論が必要なことを示しました。
問答無用で不敬であるという論理は、内紛!を利用しようとする勢力を利する可能性があります。しかし、問題を拡散せざるを得ない。拡散すれば、不敬というレッテル貼り、
ジレンマがそこにあります。
管理人
2015/11/24 03:50
皇室東宮雅子妃問題、あるいは戦後レジューム派皇族の問題はまさしく「保守言論の”9条”」と思います。
拉致問題では同意見の方でも、東宮問題になると「右の社民党」になってしまい、教条主義・思考停止・言葉狩りに走る保守系の人々。
私もブログを始めて以来9年間、数多く見てきました。
一般ブロガーにも、著名な方にも。
代表格は竹田恒泰氏です。
私はこういう系統の御仁を「竹田恒泰型」と分類しています。

皇室>社会規範
皇室>国益

的な思想です。
一方で、東宮が反日だからこそ利用する手合いも少なくありません。そちらの代表格は在日・香山リカです。

9条信者に、お花畑と、恣意的なミスリードがいるのと、全く同じ構図です。

また、東宮批判派でも、皇后天皇に非ありとする論調を出した途端、離れていく人も少なくありません。
私もツイッターでも発信していますが、ここまで言及したら、東宮批判の同志の大半が離れて行ってしまいました。

庇うわけではないのですが、なでしこりん殿のブログは、竹田恒泰型かもしれません。
もちろん、巧妙な似非保守の可能性も懸念せねばなりませんが。

ともあれ、保守が言論に「9条に触れるな疑うな」的な聖域を作ってはいけないと思います。
皇室左傾と言う、民主党政権どころではないおぞましい現状から、目を背けてはならないと思います。

東宮信者は9条信者を笑えない。
皇后信者は東宮信者を笑えない。

ただし、「賛同いただけないのは仕方がないが、言葉狩りだけは許さない」という姿勢は必要だと思います。
憲法で保障されている云々ではなく、言葉狩りは共産党はじめ左翼と同じ過ちだからです。保守としてあるまじき行為です。

むしろ、ノンポリの人の方がわかってくれそうな気配です。
ブルーフォックス@皇室問題は「保守言論の...
2015/12/04 00:08
私は、学生時代からノンポリでした。そのことを知って、レッテル貼りの根拠とする方もいます。偏狭な人がいることは残念です。
竹田恒泰型、意外に多いんです。議論を拒絶するがどういう方策がいいのか筋道を示さない、それが反日左翼につけこまれることになる。困ったものです。
一部異端論争好きな教条主義な方もおられるようで、拙ブログは、それも困ったものだと、みております。自ら真正保守を名乗る人たちが当てはまると思います。
拙ブログの視点は、「賛同いただくいただかないは別にしても、言葉狩りしても何の解決にもならない」という斜に構えたポジションだったかもしれませんが、入口論としては、この種の論点を示すことで、国民的議論に際しての、いらぬ雑音を消す効果はあるのではないかと、考え、その目的のために出稿しました。
管理人
2015/12/04 06:26
管理人様、こんにちは。皇室の内情は、肥満朝鮮妃の公務サボりが表面化するまで、気づきませんでした。twitterでこのサイトにたどり着きました。どなたか書いておられましたが、盗宮妃だけの問題と思っておりましたが、GHQ,正田美智子妃からの問題と根が深いことを知りました。肥満朝鮮妃が水俣病、窒素社長(江頭豊)の孫ということを知り、何とも・・・先日、水俣病被害者の会60周年決起集会がありました。<font color="green">水俣病は、収束していない</font>と宣言されました。昔、水銀が原因と分かって賠償問題が起きた時、自分も汚染された魚を食べて、お金をもらいたいなど、心ない風評がありました。雅子さんが入内するとき、窒素は、問題ない許すとマスコミが報道しておりました。私は、このプログを支持しています。お体にお気をつけてお過ごしください。また立ち寄らせていただきます。
お花畑改め=tiriko
2016/02/25 15:00
この種の原稿を書くことで、絶対主義派からマークされることは避けられません。
一方で、近現代史における皇室の政治・軍事面での関与については、普通の歴史書では書かれることが、なぜかまったくない状況にあり(何か隠したいことがある?)、最近、それに係わる本を探し、読み始めております。
小田部雄次が書いた「皇族」という本が中公新書で発売されています。この本には、戦前の皇族に関することが網羅的に書いてあります。
目先、東宮問題は大切ですが、少し長期スパンで眺めておいた方が、しかるべき着地点を見出しやすいのではないか?と思いつつあります。
管理人
2016/02/25 18:13
かつて、軍あっての国家という過ちがありました。
今日の皇室問題は、皇室あっての国家という過ちです。

保守の思想が先皇室政治の容認では、先軍政治の北朝鮮を笑えません。

国家という共同体を守るための軍であり、纏め上げる象徴としての皇室という正道に立ち返れば、皇室絶対主義は邪道といえます。

日本国という共同体を纏め上げる象徴という役割を果たさず、乱行が続くならば、批判してしかるべきでしょう。
Suica割
2016/02/25 19:01
あの天皇の言動を見て、日本人だと思えるのか不思議です。 アレは真しく、チョンの成り済ましです。 あの面を見たら解りそうなものでしょう。

それに竹島事件の折、チョンの李明博に謝罪したいと言った・・、コレ日本人ですか? コレをどうして日本人の象徴などと慕う事ができるのか。 チョンの工作員そのものでしょうが。

その竹島事件において李明博に謝罪書簡を送ったのは事実で、天皇の真の姿はチョンが仕立てた反日プロパガンダです。 そしてその目的はチョンやシナと思惑と同じで、日本が永遠にタカリ続けるターゲットとしてのみ存在する為に、日本が先の戦争の事を謝り続ける『謝罪国家』に仕立て、それを維持する事ですね。 そして、皇室内部に深くかかわる創価学会=チョンの反日組織がその制御役ですよ。

前の大戦終結の折り、天皇をキチンと処刑して天皇全体主義との決別をしていれば、今日の在日やチョンの悪行は一切なかったのですね。 そして、天皇信奉右翼。 コイツらの真の姿はチョンです。 だから、全ての主張において『ダブルスタンダード』です。

コイツ等の主張は、憲法改正・9条破棄、安保推進・・ですが、天皇は全てこれに反対してチョンに擦り寄っています。 何せ、靖国神社の英霊に一切頭を下げない奴が、チョンの平和記念塔には率先して参拝する位だし。 これは大いなる矛盾です。

コイツ等の工作の下、天皇信奉の洗脳から解けない者が、一緒になって愛国者に成りすました日本の毀損に加担しています。

安保推進、防衛力強化、チョンとの断交、パヨクなどの反日分子の国家反逆罪での処罰や在日の国外追放、そして現憲法の破棄と、国民憲法の樹立を考えるなら、天皇をチョンとして追放するのが、最も近道ですよ。 そして私は、それを望んでいますね。
ふうらいなし
2016/04/03 17:06
西尾乾二先生が、とんでもない文章を書いたのはご存知でしょうか。それでも大きな反発はなく、水間政憲さんはお付き合いを続けている。いくら暴論を言おうと、触れてはいけないという暗黙の了解みたいなものがあるのでしょうか。
おまけ話ですが、中野剛志もえらいこと言いましたが、表に出て来なくなりましたね。
ドク
2016/07/02 12:53
ドク様
何をどのようにしたいのか、説明いただけますか?
どういう立場からの質問なのでしょうか?
自己紹介いただけますか?
管理人
2016/07/03 08:40
ありがとうございます。
したいことはですね。西尾乾二先生のような皇族否定、もちろん天皇否定もなくしたい気持ちが私にあり。現在の皇室否定の言論の野放し状態から、皇室否定の言論が起きたら正当なカウンター言論が起こるといいなと思います。自分自身に力がないのでしたいといっても願望でしかないです。

そして、自己紹介ですね。天皇と皇族は限りなく善であるという立ち場です。ただ過去には外交的な利用価値に着眼したことがあり、自分自身に情が足りないことがわかっており、自分はこの題材に取り組むべき人物ではないと自分を評価しています。
ドク
2016/07/09 02:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
皇室批判者の存在が問題なのか 皇室関係者が問題なのか 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる