美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 不人気でも敢えてせざるを得ないこ3つのこと

<<   作成日時 : 2015/10/11 14:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 64 / トラックバック 1 / コメント 0

「株式日記と経済展望」という保守系ブログを読んでいて、思い当たることがあるので、出稿することとした。

―――――――――――――――――

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/c68037de21c0e949cf8734408b561fe8

(私のコメント)

「株式日記」で法律の事を書くと読者の数が減ります。多くの読者は法律に興味が無いし、消費税の事を書いても自分には関係ないと考える人が多いようだ。特に働いていない学生さんには興味が無い。しかしアルバイトなどで収入を得ても今までは確定申告しなくてもばれなかったのが、マイナンバー税度ではばれてしまう。

―――――――――――――――――

拙ブログ、1日1万には達していない。が、目標とできるところまできた。過去原稿のアクセスについて、アクセス数が少ないテーマを、少ない順に書くと

@歴史評論的なもの
A法整備に係わる提言
B活動論

となっている。


一方、人気テーマは何かというと、ブログランキングトップのブログが取り上げる、ネットで話題となっているものが多い。
普通は、人気テーマで書くものである。だが、私は、私なりの考えがあって、そうはしたくない。
ここで、拙ブログの不人気なそれぞれのテーマについて、なぜ不人気となるのか原因の分析と合わせて、なぜ敢えて不人気でも敢えて取り組むのか、述べたい。


・歴史評論的なテーマがなぜ不人気なのか、歴史評論的テーマにどういう意義があるのか

歴史評論的なものについては、そもそも政治ブログである関係で、そもそも関心がない方が多い。あったにせよ、市井のブロガーの歴史観が、渡部昇一や櫻井よしこを越えるものなどあるはずがない、と思われている方が多いと受け止めている。
言論人たちはすべてを見通した如く、歴史書を書いているが、その彼らでもまだ、史料の見落としはあるのだ。これは、一つの例だが、あのミッドウエー海戦の戦史本にしても、百冊は出ているだろう。私は二十冊近く読んだが、今になって思えば、彼らは事象は追っているが、あることを見落としていることに気が付いている。
歴史書は揃っているように見えて、見落としはあるということなのだ。
確かに、渡部昇一や櫻井よしこは著作は多い。だが、彼らとて万能ではない。一般のブロガーでもオリジナルで書け、地味にコツコツやれる人なら、チャンスはまったくない訳ではない。
この辺の感覚は、読み手の立場100%で歴史書を読む人には理解しにくいことだが、書き手70%、読み手30%くらいの感覚を持たれている方であれば、理解いただけるのではないかと思う。
当然、不人気なのは承知の上である。私は、いずれ気が付いた人が現れることを待ってる、それでいいのである。


・法整備に係わる提言はなぜ不人気なのか、法整備の提言に必要なスキル

法整備のテーマに係わる原稿が不人気なのは、冒頭で紹介した、ブログ管理人の見解のとおりである。
不人気なことは承知のうえで、拙ブログは時に、マスコミ分野の係わる、法規制強化をテーマとする条文ベースを意識した、原稿を出稿する。
理由は、法整備したい動機で書かざるを得ない気持が強いこと、読者層の大半について政治家秘書さん、官僚の方々、陳情活動を前提とする活動家を想定しているからである。
もちろん、読者の大多数の皆さんが、無名の人間の法律改正論など、大したことがないと思われていることを承知している。
しかし、世間の実態はどうだろう。マスコミ分野の法規制について、文章化したサイトや本は世に存在しているだろうか?不報道実態について、分析したサイトはかつてあっただろうか?

私は、マスコミ業界が、やりたい放題やっている偏向捏造をやめさせ、状況によっては処罰できる社会を実現するために書いている。
確かに、拙ブログは、ネット界では無名の、吹けば飛ぶような塵みたいな存在かもしれない。大学で法学を専攻したこともなく、法学を受講したこともない。それでも、業務遂行上、法律の本や業界法を読み、そして許認可手続き、官庁対応などは、一応それなりにこなした経験はある。また、世間では公表されていない、キャビネット一箱分くらいのある業種のマニュアルを読破し、その一方で、前例のない形態のマニュアルを提言、決裁、運用したこともある。
その私の経験から言えるのは、法学を専攻していなくても、法整備の提言は十分可能だと思う。前例のない仕事に携わり、文章化することを苦にしない方なら、十分、法整備に係わる提言を行なえる可能性はあるのだ。


・活動論のテーマがなぜ不人気なのか、活動論のテーマで共有化する意義

活動論のテーマが不人気なのは、活動家VSプロ市民という構図が浮かぶか、活動家≒似非右翼という潜在観念が、影響しているかもしれない。活動家であればあるほど、公安にマークされる対象とされることを危惧するかもしれない。それゆえ、そういう面倒くさいことに巻き込まれたくない、よって活動論は知りたくない……………………ということは理解できる話ではある。

拙ブログは、読者層を保守系団体、活動家に設定している関係で、時々、活動論のテーマで出稿する。拙ブログがブログ活動を始めた時期、多くの活動家たちは、気持ちばかり焦り、演説は口ごもり、ビラを書けず、陳情書も書けない方が実は大部分だった。かくいう私も、文章化は苦にしないが、演説が下手で、よく近場の演説会場に出かけ、そのスキルを身につけようと研究した時期があった。
頑張れ日本の活動家たちも、今でこそ、カッコ良く振る舞っているが、その時期は、悪戦苦闘していたように見えた。
多くの活動家は、麻生政権時代に、活動家になることに目覚めたようである。在特会もその時期に、会員が膨れ上がった。しかし、彼らには、左翼ほどのスキルが伴っていなかった。彼らは、この差を埋めようと各支部の各人レベルで努力した。こんなこと書くと、問題だと言われるかもしれないが、公安の方が、ある団体の弁士の演説のダメ出ししていた時代があったのである。
そういう経緯を、私は、眺めていたので、活動論について出稿することについて、躊躇はなかった。自分もスキルアップしたかったし、左翼との活動スキル上の格差を埋めるべく読まれた方がいるようで、当時一定の評価をいただいた。
ただ、こういうテーマで書いていることについて、読者層の一部から、お前は何者かと言われるに違いないため、自分の経験を書かせていただく。かくいう私は、仕事上の経験から、難航不落のある仕事を担当させられた関係で、「自分のビジネススキルを上げる以外突破できる方法はない」という危機的状況に直面し、当時、そういう関係の本を読破するだけでなく、日々実践した。巷で有名な本として、「超勉強法」という本がある。私個人はこの本を左程評価しない。が、そういう類の本を100冊は読み、活動論と結びつけて考え、出稿していることは確かである。

ただ、保守系団体において、法整備・法改正を前提とする陳情活動している保守系団体が、ないことに私は危機意識を持っている。また、以前、呼びかけとしての、陳情用の手紙文サイトを数多く見かけた。売国法案法制化反対するための手段としては、有効であろうが、法整備、法改正について提言する場合は、手紙文本文に、条文ベースかつその理論的根拠の説明がないのは、陳情効果はないと思う。

以上、不人気テーマ3つについて、思うところを述べさせていただいた。

最後に、「関係者皆様の今後の活動のご参考となれば幸いです」、という趣旨の文章を、陳情先の機関、団体、議員、言論人に意見提出することが拙ブログの重要な活動目的となっていることを告白し、本稿を終える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 64
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ソフトバンクが補助金詐欺!風力送電網の整備を凍結・経産省は同社などに505億円の補助金を交付
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2015/10/11 19:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不人気でも敢えてせざるを得ないこ3つのこと 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる