美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 法政大と多摩美大 文科省は補助金支給やめるべきです

<<   作成日時 : 2015/09/11 05:56   >>

ナイス ブログ気持玉 59 / トラックバック 1 / コメント 5

今回は、文科省が補助金支給を打ち切るべき2つの大学について述べる。
そう判断するに至った根拠情報を併せて紹介させていただく。
官邸メール活動好きな方の参考となれば幸いである。

●補助金支給をやめるべき大学その1 法政大学

大学の学長、教官、学生が劣化している。常識を逸脱している。学長は放送法違反常習化した番組のレギュラー出演者である。反日政治活動に明け暮れるチンピラもどきの教官がいる。過激派の学生も多いようだ。学長、教官、学生に国家破壊的暴力主義思想が蔓延っているものと判断されるため、補助金支給は不要と判断する。

―――――――――――――――――

サンデーモーニング 田中優子が自民党大勝は多くの有権者の罪
https://www.youtube.com/watch?v=miINLbhGwzk


山口二郎 @260yamaguchi
政治は国会の採決で終わるものではない。数を持っている権力者に、俺たちをなめたらひどい目に合わせるぞと怖がらせることも、民主主義の大事な要素だ。何度でも言う。運動は無力ではない。
2015年9月8日 21:43

http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2074.html
ブログ「私的憂国の書」

 「俺たちをなめたらひどい目に合わせるぞと怖がらせる」などというチンピラまがいの発言が政治学者から出てくるとは、こちらの方が呆れて放心してしまいそうになる。この「ひどい目」とは一体何を指すのだろうか。確かに我々国民は、2012年12月、数の力を持っていた民主党という時の権力者に引導を渡した。しかし、誰も「民主党をひどい目にあわせてやる」とは言っていない。学者なら、自分の運動に陶酔せずに、国語力を駆使したら如何だろうか。


国会前集会発言集(1)「安倍は人間じゃない。たたき斬ってやる」山口二郎法政大教授
http://www.sankei.com/politics/news/150831/plt1508310040-n1.html


「死ね!」「アホ!」−法政大活動家の訴訟で飛び交う怒号 中核派系支援者に順法精神なし 廊下でも罵声浴びせ…
http://www.sankei.com/premium/news/150716/prm1507160002-n1.html


―――――――――――――――――

●補助金支給をやめるべき大学その2 多摩美術大学

美大の中堅という認識だったが、教官から学生まで、広範囲にパクリ事案が認められ、その状況でも大学の方針としてパクリ問題の再発防止に真摯に取り組む姿勢がないため、補助金支給は不要と判断する。なお、多摩美大については、水間政憲氏の情報が参考となるため、以下に転載させていただいた。

―――――――――――――――――

【タッタ多摩美だ】多摩美術大学「佐野先生の件に関しては、一切コメントをしないという方針が決まりました」
http://hosyusokuhou.jp/archives/45318108.html


【タッタ多摩美だ】多摩美大・深澤直人教授、自身が審査委員長の『グッドデザイン賞』に応募してセルフ受賞→「海外作品のパクリだ!」と同業者が指摘
http://hosyusokuhou.jp/archives/45349340.html

多摩美大生の「卒業制作優秀作品」に重大な盗作疑惑!「名菓ひよ子」グッズを無断作成・販売した学生も
http://hosyusokuhou.jp/archives/45311208.html

佐野研二郎の後輩の金田沙織さん、いわさきちひろさんのパクリで多摩美大学の優秀作品に【画像】
http://dokujyoch.net/archives/41975367.html

多摩美術大学の学生達の卒業制作がパクリだらけなことがわかり話題に!優秀作品なのに酷すぎwwwwwwww
http://warotanews.com/archives/3840

―――――――――――――――――

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2054.html


●緊急拡散希望《文科省は多摩「盗用」美術大学への補助金を打ち切る必要がある》

■この度の「東京オリンピック佐野エンブレム」事件は、
単なるグラフィックデザイン業界の不祥事に止まらず、
著しく日本国の芸術部門全体の名誉をも失墜させました。

国内のグラフィック業界だけに目を転じても、
グラフィックデザイナー全体の信用を失墜させたのです。
今年1月、東京オリンピックのエンブレムに選出された「功績」を評価した流れで、
佐野研二郎氏に“亀倉雄策賞”を授与したことは、
亀倉雄策を冒涜したことにもなっている。
この亀倉雄策賞の審査委員長は、
東京オリンピックエンブレムの審査委員長を兼ねていた永井一正氏だったのであり、
永井氏は、佐野研二郎氏の「亀倉雄策賞」を剥奪してから、
国民及びグラフィックデザイナーに説明する社会的な責任があるのです。

ヤン・チヒョルト展の垂れ幕に描かれていた図案の構成要素は、
同エンブレムの「原案」と同じで各々の面積の比率もほとんど同じで、
長方形に三角と円を少し平行移動させると「同エンブレム原案」になるのです。
これを美術家は「盗作(パクリ)」と呼称しているのです。

多摩美術大学は、美術家を養成する教育機関として、
国民の税金から補助されているにも拘わらず、
同大学の佐野氏デザインのポスターに「盗用」が指摘されていても、
9月4日、同大学広報は「佐野先生の件に関しては、
一切コメントをしないという方針が決まりました」とか、
同エンブレム問題に関しては「組織委員会が見解を示していますし、
当校として問題にするつもりはありません」と、
自浄能力は期待できず不問にするつもりのようです。
ところが、姑息にも教授一覧表からこっそり佐野研二郎を削除しているのです。

同大学美術学部共通教育に
椹木野衣教授と本江邦夫教授と二人の美術評論家(批評家)がいるが、
一切コメントを発しないのはどうしたことか。

美術評論家とは、今回のような不祥事が起きたとき、
専門家としてコメントをだすことが社会的な使命であるにも拘わらず、
沈黙していることはどうしたことか。ましてや身内の不祥事であれば、
なおさらのこと、コメントをだす社会的な責任があるのです。

多摩美術大学は、今年の卒業制作優秀作品として選出した金田沙織氏の「作品」が、
「いわさきちひろの作品」を「盗用」したとインターネットで大問題になっているので、
昨日(9月9日)同大学の見解を問い質したら「ノーコメント」との返答でした。

椹木野衣教授と本江邦夫教授は、美術学部の教授でありながら
「いわさきちひろ作品」の「盗用」に気づかなかったのであれば、
素人であり美術評論家(批評家)失格なのです。

また、両氏は、国民に佐野研二郎問題と金田沙織問題にたいして、
同大学の教授(美術評論家)として見解をだす社会的な責任があるのです。
繰り返すが多摩美術大学には、国民の税金が入っているのであり、
コメントを出せないのであれば、
今後、美術評論家(批評家)を名乗る資格はないのです。


椹木野衣氏は、美術評論家連盟常任委員長とのことだが、
8月21日のツイッターで、
https://twitter.com/noieu/status/634748797655105536
《椹木 野衣 Noi Sawaragi
この夏、各方面で戦争画が話題となり公開や議論が進むのは歓迎だが、
論壇誌『Voice』(PHP)が最新号のカラー口絵で「<戦争画批判>の真実」と題し、
藤田嗣治の戦争画(サイパン島自決)他を恣意的に切り取り、
どこにも全図も出てない。どう論じても自由だがこれではダメだ。猛省を促したい。
8:28 - 2015年8月21日》と、批判をしていました。

このグラビアの構成は、小生が行ったのであり、椹木野衣氏が、
美術評論家を名乗るのであれば、
なにを目的に藤田嗣治の『アッツ島玉砕』と『サイパン島同胞臣節を全うす(部分)』を
掲載したのかを、掲載ページのタイトル“戦争画は「戦意高揚」がすべてではない”を
読み取れば理解できるであろうに、それが解らないのであれば素人なのだ。

また、「アッツ島玉砕」は、ほぼ全図を掲載してあるにも拘わらず、
《恣意的に切り取り、どこにも全図も出てない。》など、トンチカンな批判をしているが、
『サイパン島同胞臣節を全うす(部分)』に関しては、
横長の作品を同誌面に掲載するには、
美術家として藤田嗣治が同作品で強調したかったであろう部分を(部分)と表記して
掲載してあるにも拘わらず、全図になにか隠さなくてはならないものがあったかの
誤解を与える物言いは「恣意的」なのである。仮に同作品全図を掲載すると、
単なる「茶色の帯」にしか過ぎなくなるであろう。曲がりなりにも美術評論家と名乗り、
画集の監修をされているのであれば、そのくらいは理解できるであろう。

また、本文の藤田嗣治の作品Eは、素人画家宮田重雄の作品BCと、
描写力を比較するために適切なところを(部分)と表記して掲載したのであり、
検証資料と見れば何ら問題ないのである。

全図が観たければ、美術の専門書で確認すれば済むことなのだ。

そもそも美術評論家と称する輩は、
「一本の活きた線も引けないくせに、やれこの線はいいだのこの構図はよくない」など、
解ったようなにことを言っているが、なにも解ってないのが実態なのです。

戦後、日本の美術界のレベルを低下させている張本人は、
くだらないイデオロギーに汚染されている美術評論家たちなのです。

椹木野衣氏よ、なにか言いたいことがあるなら、
スケッチブックに「一本活きた線を引いて」、Voice編集部に送ってきたら
見てあげましょう。



※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 59
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
遂に日本の良心週刊新潮が暴いたパクリ事件の黒幕
さて今週号の週刊文春と日本の良心週刊新潮が共通して取り上げた大きな記事、いわずとしれたパクリ問題の件。 日本の良心週刊新潮の方はとうとう日本におけるタブー中のタブー「電通のワル」と実名入り。勇気ある。 知らないよ、知らないよ、これから広告が来なくなっても知らないから。 この件では博報堂も俎上に上っていた。 やはり黒幕はどこかで現れるのだ... ...続きを見る
頑固GTP400の断末魔期高齢者憲坊法師...
2015/09/11 06:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
理工系(も劣化は酷いが)を除く全ての学科の教員、学生、関係者総てを一旦解任、組織解体、再構築を考えて欲しいと最近官邸メールしました。この戦後レジーム廃却は”大化の改新、鎌倉幕府、江戸幕府、明治維新”相当の大改革、国家再編、モラル再構築であると私は考えています。生ぬるい事をやってはいけない、不逞の輩を徹底排除しその土壌を更地にして硫黄で焼却、塩を撒いて浄化しなければならない筈です。次世代の党が政権を取るか発言権が強まれば夢ではないと思います。最近の反日売国の輩の言動を見ていると次第に国民から浮き上がりつつある(明治維新の不平士族の蜂起を連想)ナントカ教授先生のチンピラ言動は最早切羽詰まって理性をカナグリ捨てた証拠。修羅場を知らない者程弱く吠えたけります。浮き上がった者たちは最後に勝ち目のない暴発を起こす、ように思います。それ以外に彼らの『体面を保って生きる』方法がない。物乞いをして命を永らえるか、司直の手にかかるか、刺客の手にかかるか・・そのどれかを選ばなければならない。だから吠える、交通の邪魔も最早考えるゆとりがない。
tsukihoshihi77
2015/09/11 13:37
<物乞いをして命を永らえるか、司直の手にかかるか、刺客の手にかかるか・・そのどれかを選ばなければならない。
そうなって欲しいのですが、7月9日から2カ月経ちますが、これと言った進展がないようです。余命シナリオは、幻ではないと思ってはおりますが。
管理人
2015/09/11 17:39
法政大学は、福岡教育大の爪の垢を飲めと言いたいですね。
授業中に安保法案反対の政治発言をして、学生まで巻き込んでデモ隊要員に動員しようとした教員を不適切として講義から外した大学と学長自身がテレビで不適切発言をする大学を同じにしてはいけません。
同じ教員が法政大学では野放しでのうのうと授業して、学生を動員した可能性がある以上は(講義で何を言うかは教員の自由だし、それを保障するのは学問の自由を守ることなんて理由を言うと思います)法政大学への補助金交付は考慮すべきです。
Suica割
2015/09/12 11:31
多摩美術大学は常識知らずが多い。
佐野の盗作大漁発掘は武蔵野美術大学出身者のせいだと証拠無く批判したりしている。
事実でも、批判する事がおかしいのに批判をしている。
また、多摩美術大学関係者か確認はしてないが、持ち上げて利益を得ていたのに手のひらを返した関係者を責めるのは理解するが、エンブレムの独自案を出した者まで批判するような変な奴がいる。
変な奴が関係者ならかなりの常識知らずである。
常識を思い知らせるために補助金無しが適当です。
Suica割
2015/09/12 13:56
保守速報の情報によれば学習院大学の教官もテロ用語を使って主張しているようなので、これに学習院を加えるべく思案中です。
管理人
2015/09/12 15:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
法政大と多摩美大 文科省は補助金支給やめるべきです 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる