美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 「政治的謝罪を他人及びその子孫等の日本人に強要する行為」について強要罪等を適用できるようにすべきでは

<<   作成日時 : 2015/08/18 07:37   >>

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 1 / コメント 0

安倍談話発表原稿(「私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。」)と関連することとなるが、「一般人としての他人及びその子孫等に政治的意味を持つ謝罪を強要する行為」については、訴追対象とできないか、検察当局に照会したいと思っており、本稿はその視点から出稿したことを最初に告白する。

本稿では、「強要罪」の適用すべきと考える「事例」紹介、要件定義の視点から述べさせていただく。

まず、最初に弁護士サイトをお読みいただきたい。

「謝れ」と迫ったら、強要罪になるのか?
http://isayamalawyer.blogspot.jp/2013/06/blog-post_18.html

手段としての脅迫または暴行がなされる場合は適用可能と書いてあるので、
たとえば、修学旅行で予定されていたイベントの一つとして「集団謝罪イベント」が存在し、生徒が集団で謝罪することを指示され、修学旅行中であるという事情の中でこれに抵抗することが難しい状況で、謝罪を教師から指示され「号令」みたいな手順を踏んだ場合の集団謝罪については、当局は「強要罪」適用を検討するに値するのではないかと、考える。

私は、摘発対象とすべき「要件定義」を書いている。

事例的に気になる方は、「修学旅行 慰安婦問題 謝罪」で検索いただきたい。


さて、政治的には他者に対し、政治的意図を以て謝罪を要求する形態が二種類存在する。

拙ブログは、訴追対象として検討すべき、謝罪強要する2ケースを以下に想定した。


■ケース1 一般人としての他人及びその子孫等(それ以降の世代の日本人)に対し、戦争時代のことおよび関連事項を根拠に、政治的に意味のある、謝罪、反省、おわびをすべきと公式に述べあるいは呼びかける行為(外国人、言論人、マスコミ、政治家等による行為を想定)

■ケース2 韓国への修学旅行の際、慰安婦問題等を根拠に生徒全員に対し韓国側に謝罪を迫る、随伴教師の行為

ケース1の行為については、既に、安倍首相談話に前後して、元首相はもちろん、マスコミ、言論人が行っていることが確認されている。現行法で訴追できないなら、強要罪か外患罪を法改正すべきと考える。外患罪が該当するのであれば、外患罪の要件定義として明示する方向で、法改正すべきだ。
虚偽の事実に基づく「謝罪、反省、おわび」等を要求する行為は、悪意あるものと認定し徹底的に摘発されるべきである。
ケース1は、安倍談話にある一文、「私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」の現実化である。
要件定義的に細分化して文章化すると、「一般人としての他人およびその子孫等(それ以降の世代の日本人)に対し謝罪、おわび、反省を求める、あるいは同等と受け取れる行為」、「記者会見、社説、著作、広告、選挙公告等を利用した一般人の謝罪、反省、おわびを求める意見提出行為」、「根拠不明ないし虚偽の史実等を引用する行為」、「特定国の政治的主張を鵜呑みにする行為」などが該当するだろう。


ケース2については、あらかじめ集団謝罪イベントが教師によってスケジュール化され、生徒集団全体に対し謝罪が教師から要求され、生徒の謝罪拒否を教師が認めず、「謝罪号令」みたいな手順を踏んだ場合については、集団での謝罪を強要した行為として認定し、当該教師に対し強要罪適用を検討すべきである。強要罪適用できないなら、当該教育委員会に対し事案照会を行うなど、教師による集団謝罪要求行為を文科省が徹底調査すべきであろう。現行法で訴追不可能なら法改正すべきだ。
もちろん、上記要件定義に合致する教師については、退職後の者を含め、全員照会し、当該生徒に対し、その場にいた教師全員で謝罪行脚させるべきだろう。当該教師が生徒に謝罪する、という前代未聞の事態が続くことで、反日教師にとっては、辛い老後になるに違いない。

他のケースとして、「特定の政治家、閣僚に対し、戦争時代のことおよび関連事項を根拠に、あるいは自身が謝罪、反省、おわびをしたことを根拠に、公式の場で表明すべきだと、強要する場合」が想定可能と思うが、閣議決定等、当該政治家が保持する権限などもあり、文章化するには熟慮が必要だろう。

なお、強要罪の法改正の条文(案)については、私の法律知識では十分な文章表現になるとは思えず、今回は、適用すべき事例紹介、摘発すべき「要件定義」に留まる。これ以上のことは実力不足で書けない。ただ、適用すべき事例、要件定義を記述したことで当該法令の改正作業の参考にはなるはずだ。

以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国と右翼団体の蜜月メモ
&nbsp; 昨日書棚を整理していたところ、書いたことすら忘れていた7年前の自筆メモを見つけた。 &nbsp; 中身は、昭和60年代から平成10年頃までの、中国と日本右翼の関わりを調べたもの。我ながらよく調べたものだと感心した。 &nbsp; 特に、 中共が日本の右翼団体、特に任侠系右翼を取り込んでいった過程… を中心に調べたらしい。 &nbsp; 組織名、個人名のてんこ盛りなので、... ...続きを見る
賭人がゆく
2015/08/19 01:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「政治的謝罪を他人及びその子孫等の日本人に強要する行為」について強要罪等を適用できるようにすべきでは 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる