美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界遺産登録後始末 税金広報せざるを得ないのには裏がある???

<<   作成日時 : 2015/07/07 05:52   >>

ナイス ブログ気持玉 69 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍政権は、外務官僚に足を引っ張られ、韓国政府に、世界遺産登録問題でいいようにしてやられたようである。

時を置かずして、世界遺産登録問題の後始末として、安倍政権は、税金広報を強化すると発表した。

【世界遺産登録】日本政府、「強制労働」を否定 本格説明へ 産業遺産の徴用問題 『2国間協議』や国際会議の場を利用し立場を発信する方針
http://hosyusokuhou.jp/archives/44680275.html

ここで、私は、こういうひねくれた見方をしていることを、書かざるを得ない。

シナリオとして書くとこうなる。

―――――――――――――――――

外務省は、新たな予算をとるための口実として、世界遺産登録問題での手抜き、失敗を必要としていたかもしれない。倉山満の本に、戦前の日本海軍や日本陸軍が国家予算の30%前後の金額の予算の分捕り合戦のために、大蔵省相手に接待合戦をやっていた(福田赳夫を東條英機が接待したという珍事がある)との記述があるが、外務省がこれからやろうとすることは、この種の予算の分捕り合戦のための(悪い)実績づくりの世界と同じではないか?と言いたくなる。

それは、来年以降に予定されている、世界遺産登録申請と連動しているのだ。つまり、この予算がなければ新たな世界遺産登録は、韓国の妨害で実現不可能となることを予見すべきなのだ。

本当に、国益的に世界遺産登録は必要なことなのであろうか?

そして、この種のビジネスにありつくために、大手広告代理店(電通?博報堂?)は、韓国政府に対し、こうやってけしかけて欲しいと………
彼らは、世界遺産申請を企画する自治体等から、既に破格の金額で受注している………

自作自演を含め、こういうことが、今回の事案の周辺で、ひょっとすると起きているかもしれないのだ。たぶん、起きていると私は思う。取材しなくても臭うのだ。

従って、税金広報の発注先は、当該世界遺産担当の広告代理店を選ぶべきではないのだ。理由は、彼らの両取りと自作自演をさせないための予防措置であるのだ。

―――――――――――――――――

いずれにせよ、外務省から派遣されたユネスコ大使更迭は既定路線となった。反日外務官僚には、人道的に寛大な処分が予定されているのであろう……

ただ、世界遺産登録問題の一連の経緯を眺めていくと、こういう結果を招いた遠因は、「次世代の党」が慰安婦問題で国会喚問を求めた際、安倍政権が拒否したことにあると思う。
問題外務官僚は、安倍政権の慰安婦問題への甘さを見て、世界遺産登録事案での、手抜き、独断発言、翻訳の間違い、など、狡猾に「責任を問われにくい手法」を編み出し、駆使し、韓国の手柄にすべく対応したようだ。

繰り返す。
今回の世界遺産登録問題で、安倍政権が足元を掬われたのは、国内での慰安婦問題協力組織・個人(政治屋、マスコミ、学者、支援団体等)に対し、凄惨な追及、苛烈な処断を先送りしていた結果、起きた、と考えるべきなのだ。

一方、韓国は国内的には親日罪を法制化し、北朝鮮は些細な裏切りを厳罰としてきた。迂闊なことは彼らの国ではできない。しかし、日本国内ではやりたい放題………、この差があって、売国行為すべてに大甘な国内状況で、慰安婦問題の処分、処罰を先送りしてきたツケが、「特定の意図を以て行動する外務官僚」の独断専行・手抜きと韓国政府の土壇場での裏切りを招いたと考えるべきなのである。

韓国は、有利に働くと判断できるすべての局面で、必ず裏切る国となったということが、今回の事案で証明された。
我々は、漸く学習したことになる。


まとめとなるが、本稿では、世界遺産登録の騒動に関連して、世界遺産登録申請関連を受注している大手広告代理店が、韓国政府に対し、あることをけしかけている可能性を指摘した。

もしそうであれば、これは、自作自演である。

同様のことは、既に、慰安婦問題で、朝日や政治屋よって韓国政府に対し行われたようである。かつての社会党訪中団が、毛沢東に日本が悪かったという趣旨での謝罪外交を勝手に行い、その後の歴史認識問題の原因となった。

それゆえ、社会党の流れを汲む社民党、民主党内部に棲息する旧社会党グループだけは、絶対に許せないのであり、根絶すべき対象とみなすべきなのだ。

歴史は繰り返すというが、今もどこかで繰り返されているかもしれないことに我々は気づくべきなのだ!

参考
―――――――――――――――――

http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/moutakutou.html

大東亜戦争の世界の評価

中華人民共和国 毛沢東初代国家主席・中国共産党主席の言葉

昭和39年に社会党の佐々木更三委員長の謝罪に対し、「何も申し訳なく思うことはありませんよ、日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらしました。中国国民に権利を奪取させてくれたではないですか。 皆さん、皇軍の力なしには我々が権利を奪うことは不可能だったでしょう。」(「毛沢東思想万歳」(下))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 69
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界遺産登録後始末 税金広報せざるを得ないのには裏がある??? 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる