美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 情報戦争 有事にテレビ局をどう扱うべきか

<<   作成日時 : 2015/07/27 05:42   >>

ナイス ブログ気持玉 109 / トラックバック 3 / コメント 2

本稿は、テレビ業界の暗部について考察した「妄想」ネタである。
公開されている情報から、業界支配構造を妄想したうえで、現実に起きていることに照らし、分析・推理した。

韓国との交戦開始を以て、反日テレビ局を殲滅するという表現が多いことに気づいているはずだと思う。

そのことを裏付ける、一冊の古い本がある。まえがきにさらりと書いてあることなのだが、重要な情報なので、とりあえずしっかり読んでおきたい。

―――――――――――――――――

内閣調査室の実像 謀略列島 吉原公一郎

7頁

はじめに

麻布千台坂の韓国大使館、正面玄関をはいるとすぐにホールがあり、ホールの中央公論社から奥に廊下がつづいていた。廊下の右手に記者室、その向いに総務課長室がある。記者室につづいて階段があり、部屋はさらにつづいているが、それから先へ部外者が立ち入ることは許されない。日本人だけではなく、韓国人であっても、その例外ではない。
しかし、廊下をさらに奥に歩むと、右手の部屋には、幾台ものテレビを置いた部屋があり、日本におけるテレビ番組をチェックしている。ことし、一九七八年一月、民放労連が編集している『放送レポート』は、「ここに発表した『日韓報道五年史』は、いまやわずか十五分の宗教番組に至るまで、日本のマスコミ界を席巻している”韓国タブー”の実態と、その仕掛け人たちの工作のあとを可能な限りの追跡によって解明したものである」として、「『日・韓報道』ズタズタの五年史」というレポートを掲載した。これらの、日本の放送に対するチェックを行なっているのが、この部屋であるといってよい。廊下のつきあたりは「機密室」となっており、テレビが置かれている部屋以上に、立入りは厳重に禁止されていて、内部でなにが起んあわれているか、窺い知ることもできない。
階段を二階にのぼる。正面に向かいあって大使と公使の部屋があり、奥まったところに二〇五号室がある。
おなじように、この韓国大使館の敷地内で数字で呼ばれる部屋がもう一つある。大使館の裏手に、アンテナの立っているプレハブの別館がある。そこに七〇一号室というものがある。実は、これらの数字で呼ばれる部屋こそ、KCIAによる対日謀略工作の参謀本部であり、金大中氏拉致事件から、いま現在、すさまじいばかりに展開されている国際勝共連合の反共謀略は、ここで立案・計画され、指令されているのである。

―――――――――――――――――

テレビ局業界関係者に対する、通信傍受を行う根拠となりそうなネタのようである。


書いてあることから、推定されることを書こう。

・韓国大使館内に、GHQが指定するプレスコード(日本のテレビ局に戦勝国の批判を一切させない)を監視する機能がある。
・韓国大使館は、日本のテレビ局が一切、韓国に都合が悪いことを報道しない様(韓国にとって都合良く報道する様)コントロールしてきた。
・現在、テレビ局を支配する黒幕は電通であると言われている(広告支配)が、その上部機関として、韓国大使館が控え、韓国大使館はCIA代理人の機能を担ってきた可能性がある。

CIA→KCIA→韓国大使館→電通→テレビ局

という支配構造が思い浮かぶ。

暴力装置的仕掛けは、KCIA直営か、在日893が請け負う、ということなのだろう。

安倍政権が、この数カ月、在日893の上層部をターゲットとした摘発を進めているのは、KCIAと在日893の関係を断ち切り、暴力装置的仕掛けを壊滅させ、結果的にKCIAの関与から日本を取り戻すことを意図しているのであろう。

さらに、安倍首相が、テレビ局のトップとゴルフしたり、酒を飲み懇談する機会が異常に多い謎も、これで解けた。「首相としてテレビ局の支配者を韓国大使館から日本政府に取り戻したい」、と意識していることを、テレビ局の社長にわからせるためなのだろう。

ここで、3年前の自民党の衆議院選挙のパンフレットに「日本を取り戻す」と書かれてあったことを思い出したい……

安倍政権がCIAや世界支配層と種々の取引を行い、同時にアベノミクスという金融緩和政策の下で、株価が先行して上がり、経済が回復していることは、気づいている人なら気づいていることである。現に、アメリカ政府は、韓国が大騒ぎする事案について、従来のように日本政府に対して配慮せよ、と(直接)言わなくなったし(言えなくなった)、慰安婦問題はアメリカ政府内においては、韓国政府の狂言みたいな扱いに変わりつつあるようだ。

すなわち、安倍政権は、国内におけるCIA→KCIAの下請け構造を断ち切ることに成功しつつあるようだ。

ただ、そうはさせじ、と放たれたのが、世界遺産登録申請での、韓国政府の裏切りである。裏切りは、創価・公明チャンネルを利用し、日本政府が「どんな場面でも絶対に約束を守る」前提で仕組まれ、創価・公明は、「韓国政府という謀略組織」に手を貸したようである。

―――――――――――――――――

http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/e3f88b883cdcd5a80e6187a74bc43e88

井上太郎 ‏@kaminoishi
今回の日本の世界文化遺産登録に関して、まだ絶対というわけではありませんが、創価公明党の関与が政府内で囁かれています。南朝鮮のSGI創価学会インターナショナルから創価公明党通じて外務省ユネスコ大使等の関係者に圧力がかかり、外務省の創価学会閥により妥協の道が選択されたようです。


井上太郎 ‏@kaminoishi
世界文化遺産登録までの過程等、ほとんどのマスコミがスルーしています。創価の圧力もあり、南朝鮮の横やりを必死に隠したい思惑が見えます。全てを正確に事実の報道はとっくにあきらめていたけど、今回の報道なしは完全な反日行為、ネットで南朝鮮の横やり等どんどん拡散しましょう。


井上太郎 ‏@kaminoishi
南朝鮮→SGIインターナショナル→創価学会→外務省→公明党→日本政府(連立与党)この構図が、何かと日本の国益を大きく失ってます。宗教の政治活動は自由ですが政党が宗教団体のために政治活動は政教分離に反します。公明党は明らかに違憲の政党です。自民単独政権でないと日本は取り戻せません。

―――――――――――――――――

CIA→KCIAというチャンネルが使いにくくなった(黒幕がアメリカであることがばれそうなので)ので、今度は、「南朝鮮→SGIインターナショナル→創価学会→外務省→公明党→日本政府」という構図で、コントロールしたいと黒幕と韓国政府は考えた、と私は推理するのである。

ただ、井上太郎が指摘する、SGIインターナショナルはCIAであろうと私は睨んでいる。(詳細については後日出稿分にて解説)二つの顔を持っているという意味である。

もし、そうなら、創価・公明は、連立与党から排除するだけでなく、宗教法人規制強化、大幅課税に向けて、突き進むだけである。

創価・公明は、日本を敵に廻したようである!

そして、創価と公明は安保法制をめぐって分裂状態に突入したようである。

創価学会が安保法案に反対!デモで公明党決別宣言!自公連立を解消か?米国のカルト指定と板挟み
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5903.html

また、安倍政権は、テロ3法を法制化し、外国人住民に係る住民基本台帳制度によって7月9日以降の通名使用者の強制送韓、マイナンバー制度、入管法改正(今国会)を進めている関係で、テレビ業界の末端組織にひしめく、在日朝鮮人にとっては、従来やりたい放題だった違法行為を含め、居場所がなくなりつつあることになる。

NHKの話題に変えよう。

あの、小山和伸氏が、保守メデイアの番組にて、NHKの偏向報道問題の陳情を受け付ける国会議員が見当たらない、と嘆いておられた。「NHKで議員のことを放送してくれれば選挙で有利であるので、NHK問題について議員側で取り上げない」のだそうだ。

申し分ない「国士」政治家を下野させてしまったことを嘆く〜もう一度三宅前衆議院議員のこの動画を!!
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/42555a1596d601433f26059a85a06ca3

ただ、これは表向きの理由に過ぎないことは、冒頭の情報を読めば、推理できよう。
すなわち、マスコミ問題を追及することは、議員にとって、韓国の謀略機関に狙われるリスクを負うことにを意味する。マスコミに暴力装置が付いていると考えるからだ。

百田氏の自民党の勉強会発言のことで、自民党が腰砕けなのは、この(韓国系の)暴力装置の駆除が完全に終わっていないことを暗示している、と私はみている。

三宅博前衆議院議員が、国会でNHKを追及したのは、そういうリスクを一身に引き受けたことを意味する。

その三宅博前衆議院議員は、国会でNHK職員の中に在日朝鮮人は何人いるのか?と質問したのに対し、NHKは二十何人と回答したが、実態はそんなものではなく、実数はかなり多く、NHKは明らかに嘘をついていると主張している。

「大阪の地盤沈下の原因は何か?」第2弾!!
http://blog.goo.ne.jp/yaonomiyake/e/b0ca7532e71b9c858e15a0d8b1925ab4

なぜNHKは嘘をつくのか?

(信用に値するかどうか、断定できないが)、あるブログがさりげなく紹介した、フジテレビ女子アナの採用情報を読んでみたい。

―――――――――――――――――

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/archive/20150624

 Qの対象者と組織の関係については、過去ログで記述しているように、各会社や組織は必死にブロックに入っている。朝日や毎日など、在日関係ブログやサイトは完全に遮断か削除状態である。こういう中で、「TBS張本とかフジアナ、朝日3人衆ってどういうこと?」ということだが、これは担当組織にマスターキーを渡すということである。通報案件は無視放置はできないので、遅かれ早かれ、必ず着手され報告が求められる。
 不法残留事案の摘発要件のハードルは低く、大量通報事案については令状も簡単に出る。
たかがフジアナなんて馬鹿にはできない。このメンバーは韓国のそうそうたる連中の縁戚である。
山崎夕貴(韓国閣僚)
細貝沙羅(韓国大統領)
山中章子(サムソン社長)
竹内友佳(マルハン社長)
久代萌美(国連総長キム)
 まあ、朝日元記者植村なんて関係は知っていても放置はできない。また知らないふりして「なんだ通名か」で着手ができる。企業や組織が恐れるのはこの部分なのだ。
....在日でやばいとして飛ばされた例。 
毎日新聞(本社・東京)のサンパウロ支局が10月、聖市ジャルジン・パウリスタ区に開設され、初の支局長として朴鐘珠記者が赴任した。
 同社は1970年代頃に一時、当地に支局を開設していたものの短期間で閉鎖し、中南米の取材拠点をメキシコに移していた。W杯やリオ五輪等で伯国に注目が集まることを受け、今度はメキシコ支局を閉鎖して当地再開設に至ったという。
 在日韓国系二世の父、三世の母を持ち、韓国籍。慶應義塾大学を卒業後、米ミズーリ、ボストン両大学で5年間を過ごし、2004年に入社した。佐賀、福岡で支局勤務を経て、10年から本社外信部に配属された。11〜12年には語学留学として10カ月間聖市に滞在している。 ニッケイ新聞 2013年11月1日

まあ、いろいろなジャンルが入っているが、目立つのはNHK、電通、創価学会くらいで、一応、教育、宗教、在日企業、タクシー、医療、弁護士とあげてある。出稿以後、追加となっているのは以下である。放置はできないとして追加してある。

―――――――――――――――――

私は、この一文で納得した。

要するに、NHKもフジテレビも、韓国の政財界のコネ入社が圧倒的なのである。テレビ局が、国会議員や有名人のコネでなければ入社できないのは、裏返しすると、日本のテレビ局にとっては韓国の政財界のコネが最強と考えれば理解できることになる。

地元の新聞社の記者、放送局で採用されるアナウンサーが、遠方出身の人が続出している謎が、これで解けた。要するに、韓国の政財界と繋がっている人間のコネがあることを確認して、日本のマスコミは採用活動を行ってきたのである!読者の皆様の街の新聞社、テレビ局のアナウンサーの出身地はどこであろうか?

こう考えると、野坂昭如氏がテレビの生番組で語ったことと符号するのである。

直木賞作家の野坂昭如さんがテレビの生番組で   「マスコミは在日だらけ!そして特に多いのはテレビ
http://ameblo.jp/sankeiouen/entry-11485643891.html


さて、これまで書いてきたことをまとめると、テレビ局の支配構造は、簡単に書くと、こういう図式となる。

CIA→KCIA→韓国大使館→電通(在日朝鮮人の巣窟)→テレビ局(韓国政財界のコネ入社)→下請け(貧乏な?在日朝鮮人)

こういう図式において、韓流、K−POPは拡散されたのである。
偏向捏造報道、不報道が常態化し、凶悪犯の通名報道、(人糞臭い、キムチ臭い)韓国ヨイショネタ、在日だらけの女子アナネタ、が垂れ流されたのである。
この図式どおりだとすると、CMタレントも番組制作会社もほとんど在日朝鮮人であることは明らかである。(CMタレントの顔、目の細さ、目の下、耳たぶなどをよく観察してほしい。「笑点」などの古い番組に出てくる、日本光堂、小林製薬、、トヨタやドコモCM以外、ほとんどのCMタレントは、在日系みたいな感じなのだ。芸能人が積極的に整形したがるのは、半島系の痕跡を消すためなのであろう。)


かつて、日本はスパイ天国だと言われてきた。
その言葉の意味を、スパイ個体が自由に活動できると理解してきたが、冒頭で紹介した本にヒントを得て、シナリオを組んでみて、日本は韓国というスパイ謀略国家にいまだに支配されている「スパイ天国」と確信するに至った。

だって、そうだろう。世界遺産登録事案で見せた、韓国政府の手口は、謀略機関そのものではないか!
おそらく、世界遺産登録事案以外に、韓国政府は闇の暴力装置を動員して、アメリカの代理人を名乗り、日本の政財界中枢を恫喝してきたのではないかと、予想するのである。

それゆえ、韓国政府の直接支配下にある、テレビは見ない、係わらないに限るのである。

テレビ局もテレビ番組も屠殺感覚で扱うに限るのである。

なぜなら、番組出演者、制作者、CMタレント、ほぼ大多数が、在日朝鮮系であろうと推定するからだ。

さて、英国BBCは、大リストラを発表したそうである。また、名門とされる英国FTも日経に身売りされることが決まった。これは何を意味するか。
BBCもFTもメデイアとしてはまともな方だったが、こうなるのは、ネット社会の普及によって、以前のような「デマとレッテル貼り」が通用しなくなってきていることが背景にあるのではなかろうか?


参考
―――――――――――――――――

テレビに在日が多すぎて見るのをやめた人 →
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/tvsaloon/1371299632/l50

在日だらけのマスコミに操作されて大切なニュース隠蔽
http://okwave.jp/qa/q7522405.html

在日だらけのマスメディアに情報操作されていて
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1488767999



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 109
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
そこまでツアーズ徹底ガイド 言って委員会
2015年7月26日の「そこまで言って委員会NP」は、知っているようで知らない国々、海外旅行気分が楽しめる裏情報満載のツアー・ガイドだ。 ...続きを見る
風林火山
2015/07/27 21:53
中共がT・スウィフト検閲か〜有り得ぬ対中共宥和策
&nbsp; 忘れもしない1989年6月4日の 「六四屠城 (天安門事件) 」 。しかし中国共産党支配下の 中国本土では、言論統制で事件そのものの存在が抹消されようとしている。 &nbsp; 中共は香港に於ける 「六四紀念館(天安門事件記念館)」の常設化も事ある毎に妨害し、昨年 4 月 26 日やっと常設「六四紀念館」がオープンできたのは既に過去エントリーで述べた通りである。 &nbsp; (ご参考) 六四紀念館( 天... ...続きを見る
賭人がゆく
2015/07/28 01:35
情熱大陸を検証→怖い事実がわかってしまった
「情報戦争 有事にテレビ局をどう扱うべきか」について >ミラノ万博の日本館の巨大スクリーンに「憎(にくしみ)」の墨文字と血のような赤インク 参考(イタリア人の方の撮影ですが、彼自身はおそらく意味を知らない) https://www.youtube.com/watch?v=aJUNTqL--kU 1:14です ...続きを見る
雨上がりの散歩
2015/08/02 19:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい内容に感動しております。
何度も読み直しました。
この幾重にもみられるマスコミの反日思考、日本に対する圧力と、それを受け入れてことなきを図ろうとした悲しき日本、よく理解できます。
昨日は西田昌司議員の会に出席、西田議員を憲法の問題から完全に排除したような状態の自民党に対して複雑な思いです。
ベッラ
2015/07/27 22:06
次稿あたりで、安倍首相が何と闘っているのか、安倍首相がどうして公明を使い廻しせざるを得ないのか、分析を試みます。西田議員については、周辺情報がつかめれば、なぜ干されているのか、分析したいと思います。
管理人
2015/07/28 05:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
情報戦争 有事にテレビ局をどう扱うべきか 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる