美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 文章解釈学派の憲法学者への3つの質問(これは踏絵です?)

<<   作成日時 : 2015/07/23 07:15   >>

ナイス ブログ気持玉 75 / トラックバック 2 / コメント 4

SNSには根拠のない、安保法制反対意見で溢れているそうである。

安保法案賛成派は「悪」なのか SNSにあふれる根拠のない断言
http://www.sankei.com/premium/news/150723/prm1507230007-n1.html

憲法学者が違憲だと発言したことに勢いを得たことだと思われるので、

その憲法学者たちが見落としているか、触れたがらない事案、

それも、安保法制関連の話題の中で、誰も語らないが、私のような素人でもわかる事案を一つ紹介させていただく。

本にそう書いてあることを以て、事実とするかどうか、という考え方はあるかもしれない。
が、事実として証明することが容易ではないかと考えられる事案で、公式には誰も語りたがらない事案が、実は一つあるのだ。

それは、

安保法制が違憲であり、憲法改正する必要がないと考える、文章解釈学派の憲法学者が答えに窮するのではないかと

思われる事案である。


質問は3つある。一般論での質問を用意させていただいた。

―――――――――――――――――

・質問1

憲法施行後に強権的な(違憲)行為があれば、文章解釈学者は職業的義務として違憲行為として認定し、断罪するべきではないのか?

・質問2

安倍政権は安保法制を法制化しようとしている。まだ集団的自衛権行使には踏み切っていない。文章解釈学派の憲法学者はこれを違憲だと語っているそうだが、安倍政権が行使しようとする権限行使を違憲だと言う前に、過去に起きた「強権による(違憲)行為」を先に違憲であると、まず言うべきではないのか?

・質問3

憲法が制定され施行された時期において、(憲法条文上、説明不能な根拠としての)当局の強権にる(違憲)行為が行われたことが確認された場合、その憲法は強権発動された事実を以て、機能不全に陥り存在自体が無効として扱われるべきものではないのか?

―――――――――――――――――

あくまで、一般論での質問である。

もったいぶって書いて申し訳ない。文章解釈学派の憲法学者が答えに窮する可能性ある事案なので、このような一般論での質問となるのだ。

別に、学者を嵌めようなどというつもりはない。専門分野の学者なのだから、すべてわかっている前提で、国会で参考人として(違憲だと)発言したと考えるから、発言していない分野のことについて、ではこの事案はどうなのか、質問したい気になったのだ。

相手は、専門の学者なので、事案から先に紹介する必要はないのである。

それでは、まず、日本国憲法の施行時期について確認しよう。

1947(昭和22)年5月3日とある。
http://www.ndl.go.jp/constitution/gaisetsu/05gaisetsu.html

この時期は、GHQ占領期である。

ここで、私の意図を説明しよう。

日本国憲法施行後に、憲法の条文が踏みにじられる事案、

すなわち、

憲法に書いてあることと、実際に起きたことについて、齟齬が発生し、一種の機能不全状態であることが
証明できればいいのではないかと

考えるのである。

一冊の本を提示したい。

「秘密のファイル CIAの対日工作 上」(春名幹男)である。

238〜239頁において、GHQによる、強権発動により、1948年1月に出版された、ある本が書店から回収され、その出版社の以降の出版の事前検閲命令が出された、と書いてある。

すなわち、日本国憲法施行後に、言論の自由が保証されているはずなのに、本が書店から回収され、出版社に対する事前検閲命令が出ているのである。

日本国憲法憲法21条には、こう書いてある。

―――――――――――――――――

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html

第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

○2  検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

―――――――――――――――――

明らかに、憲法の条文に書いてあることを否定した、検閲、そして焚書行為が発生している。
文章解釈学派は、これを認めるしかないはずだ。

一応、憲法の前文から、該当しそうな箇所を抜き出してみたい。

―――――――――――――――――

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html

わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し

ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する

その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである

われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において

―――――――――――――――――

どうやら、GHQの強権は、見事に憲法前文を超越したようである。
齟齬があるのは間違いなさそうである。

GHQは自ら憲法を否定したのである。
文章解釈的に否定できる余地はあるのだろうか。

ダメ押しが97〜98条にある。

―――――――――――――――――

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html

第十章 最高法規

第九十七条  この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

第九十八条  この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

○2  日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

―――――――――――――――――

GHQによる強権発動が確認された場合、文章解釈的には、「強権」が最高法規となるが、このことが書かれていない。すなわち、97〜98条における最高法規は、意味をなさないことは、素人でもわかる。

すなわち、GHQは憲法を強制しただけでなく、強制した憲法を自ら踏みにじった点において、憲法の素人集団だったことになるのだ。

では、その本とは何か?

お答えしよう。

その本とは1948年に洋洋社から出版された『東條英機宣誓供述書』である。私は、1948年の原本ではなく、2005年の復刊本を読み、『東條英機宣誓供述書』が発禁第一号となったことを知った。東條由布子さんによるまえがき、巻末の渡部昇一氏による解説は参考になった。

なお、書店から回収された、当時の原本はアマゾンで購入可能である。

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AB%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E3%81%AA%E3%81%97%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E3%81%AF%E6%88%91%E3%81%AB%E5%9C%A8%E3%82%8A%E2%80%95%E6%9D%B1%E6%A2%9D%E8%8B%B1%E6%A9%9F%E5%AE%A3%E8%AA%93%E4%BE%9B%E8%BF%B0%E6%9B%B8-1948%E5%B9%B4-%E6%9D%B1%E6%A2%9D-%E8%8B%B1%E6%A9%9F/dp/B000JANLQ6/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1437583104&sr=8-6&keywords=%E6%9D%B1%E6%A2%9D%E8%8B%B1%E6%A9%9F%E5%AE%A3%E8%AA%93%E4%BE%9B%E8%BF%B0%E6%9B%B8


私は、反米思想者ではない。どちらかと言うと親米である。

安保法制に関して、集団的自衛権について行使する前から、文章解釈学派の憲法学者が違憲だと主張するなら、文章解釈的に読めば、事実として確認可能と思われる違憲行為が発生しているのに、そのことに言及せず、安倍政権の憲法解釈だけを問題とすることは、憲法学者として片手落ちだとする、見解である。

私は、一応、大学の教養過程にて、日本国憲法を受講している。
教官が推奨した岩波新書の2冊の本も読んだ。普通の学生は読まないが、私は買って読んだ。

しかし、記憶として残らなかった。

今国会での憲法学者たちの言動を鑑みるに、役に立たない講義を受講する選択をしたことを反省している。
数年前に拝聴した、百地章先生の講演(日本国憲法改正の必要性?)の方が、20コマ近かった大学での憲法講義や岩波新書の副読本よりも意義深かったことを、告白し、本稿を終える。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 75
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安保法制賛成! 女性&学生街宣
日米安保法案の是非に、昨今、女子学生達が「反対」の意を訴えているマスコミ報道が多い。 ...続きを見る
風林火山
2015/07/23 23:50
ほっしゃん「在日吉本」に「訴えるわ!弁護士に相談したから待っといて」・SHELLYの母は朝鮮人
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2015/07/25 12:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も解釈改憲論者寄りの考え(憲法改正してから、集団的自衛権は行使すべき派。改正には、賛成。)だったんですが、記事を読んでから、より、大きくニュートラルに考えると、憲法学者は、選り好みした発言をしているように思いますね。
公明党の存在や幸福実現党の存在に問題提起した憲法学者っていたのかと思いますね。
それに、文句をつけていて、安保法案を批判するならば、わかりますが、そちらに文句を言って無いならば、なぜ、安保法案には文句をつけるのだということになりますね。
Suica割
2015/07/23 18:03
Suica割さんの切り口、参考になります。
文章解釈派の憲法学者たちのいい加減さを拡散できればと思っているところです。
管理人
2015/07/23 19:11
安倍総理が青山さんの「ザ・ボイス」に30分間出演している最新のyouttubeです。
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/8c67bf48fe64c59978e667bd38a1d3e6
ベッラ (お知らせです)
2015/07/23 21:31
了解しました。
管理人
2015/07/23 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
文章解釈学派の憲法学者への3つの質問(これは踏絵です?) 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる