美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国外相の正体 実はアメリカ国務長官直属の???ではないのか

<<   作成日時 : 2015/07/12 06:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 1 / コメント 3

本稿は、陰謀論的視点で眺めたシナリオである。太田龍、鬼塚英昭本の視点で書いてみた。
信じるも信じないも自由。
たとえば、世界遺産登録申請事案、米韓合作の謀略と考えれば、説明がつきそうな気がする。

世界遺産登録については、特に韓国の裏切りが国内的に話題となっている。


この中で、裏切りの当事者である、尹炳世外相は、北朝鮮シンパであるとする報道がなされている。
―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/column/news/150709/clm1507090001-n3.html

内政は破綻し、外政で追い詰められる朴槿恵大統領は、政治家としてはいたく素人である。すでに政府や軍の中に北朝鮮シンパがたくさんいるのだ。外相の尹炳世氏からしてそうである。

彼は盧武鉉大統領(03年2月〜08年2月)の左翼政権時代に国家安全保障会議(NSC)室長、外務省次官補、大統領府外交安保首席秘書官など外交分野の実務や重要ポストを歴任し、盧武鉉・金正日氏による南北首脳会談実現の立役者となった。尹氏は政権が代わると09年からは西江大学(朴槿恵大統領の出身大学)の招聘(しょうへい)教授となり、10年末に発足した朴氏のシンクタンク「国家未来研究院」で外交・安保分野を担当し、朴政権で外相になった。「国家未来研究院」時代の同僚を洗うと、北朝鮮シンパがゴロゴロと出てくる。

―――――――――――――――――

その、世界遺産登録問題で日本政府が譲歩した結果となった。

そして、とんだ災難が待ち構えていた。

―――――――――――――――――

世界遺産登録問題 これでは第2の河野談話と同じではないか 岸田外相は裏切ったのか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201507/article_5.html

やはり、使われ始めた「奴隷」という言葉
http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/f86bc445e81bafc2f3b61f5c8f2c6c50

海外の報道「強制労働、奴隷、戦争犯罪、残虐行為」を日本が認めて直視することで世界遺産に登録
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5884.html

「世界遺産」奴隷島と・・・海外の報道
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/304744cb37df6a6b8e2a5b19ddde329f

―――――――――――――――――

なぜ、このような裏切り、仕打ちを受け入れなければならないのか?

これは、韓国政府の独断で行われたのか、私は疑問に思っている。冒頭での、産経報道での「尹炳世外相は北朝鮮シンパ」報道だけで説明つくものではなかろう。

親米派なら、こういう見方をするかもしれない。

―――――――――――――――――

http://textream.yahoo.co.jp/message/1998407/ffc7pjbf6q3t2a

850

aqw***** 7月8日 10:48

>>821

読売のアンケートが日韓友好ムード作ってたから、多分、アメリカの命令だろ。どう見ても、ラスボスはある程度織り込んだギリシャでもなく、独裁政権で力技ができる中国でもなく、最近、騒がれてない韓国だと思う。
ガチで破綻寸前なんじゃないか。
さんざん騙されて来た経験を持つ官邸と外務省の「まさか」って信じられない反応からすると、アメリカが完全に中に入って、韓国の破綻を避けるために、日韓の協力を強烈に推進してたんじゃないか?
だから、官邸と外務省の「まさか」はアメリカに韓国が泣きついた状態で日本側に懇請してきたのに、正面切ってアメリカに泥を塗る行為をすると思わなかったって事だと思う。
世界遺産の件だけど。

―――――――――――――――――

私は、疑り深いので、まさかとは思うが、こういうシナリオもある。

―――――――――――――――――

慰安婦問題では一歩も引かない
70年談話では一切妥協しない

代わりに、世界遺産登録で妥協し、盗人国家、告げ口国家に逃げ道を与えた……

一歩でも妥協してはならない国に対し、安倍政権は付け入る隙を与えて………

ただ、日本国内で嫌韓層がさらに増加することは確かである。

―――――――――――――――――

また、アメリカと約束したと噂がある、安保法制に関して、政局的にはこういうシナリオがあるかもしれない。

―――――――――――――――――

目先、世界遺産登録問題で、外務官僚の売国ぶりで釘づけにしておいて、危機を煽り
橋下徹には、大阪維新の会の自立準備だと言わせ
維新の党に、政権寄りの選択をさせ
ちゃっかり、安保法制を可決する……

集団的か、個別的か…表現めぐり維新内紛 橋下氏は離党も示唆
http://www.sankei.com/politics/news/150709/plt1507090002-n1.html

「大阪維新、自立の準備を」橋下氏が指示 維新の党に不信感
http://www.sankei.com/west/news/150705/wst1507050011-n1.html

―――――――――――――――――

策士ならここまでやるかもしれない。

とりあえず、保守層がしぶしぶ許容するかもしれない、3つのシナリオを示した。

しかし、シナリオはもう一つ存在するのかもしれない。これが、一番謀略的なシナリオかもしれない。

―――――――――――――――――

安倍政権が、国内的事情、支持率を気にして、安保法制の衆議院可決に躊躇している?
とアメリカ国務省(反日のケリー国務長官)が、みなし、
安倍政権が、安保法制法制化しない場合の保険として、
世界遺産登録申請で、アメリカ政府が仲立ちする形で日韓の協力的関係を要請し(嫌がる日本に対して、韓国に協力せざるを得ない状況を呑まさせ)
その一方で、この世界遺産登録に関して「強制労働」という言葉を入れさせる手段があることを、韓国政府に示唆し、それを韓国の外相に実行させている人間がアメリカ国務省にいる?のではないか

―――――――――――――――――

なぜ、そうしたいか?
動機はどこにあるのか?

在日朝鮮人に日本を支配させる構図、在日朝鮮人が有する数々の特権は、余命ブログの指摘する事案によって消滅するが、代わりに、韓国政府を代理人として、日本という国を従属させ、ATM化する構図は残しておきたい、そのための謀略の手先を韓国政府に実行させている、主体が、実は存在するのではないか?

ということなのである。

そして、それは、安倍政権が安保法制の法制化に失敗した場合の保険として機能する?のではないかと考えるのである。

こういうシナリオを考えそうな人間が一人いる。あのキッシンジャーである。

私は、キッシンジャーのデビュー当時の経緯は覚えていないが、当時の日本政府が憲法9条という枠を堅持しようとし、冷戦構造の中で、アメリカ軍だけが、その矢面に立つ状況に立たされた苛立ちが、この4つ目のシナリオと結びついているような気がしてならない。

そして、キッシンジャーは、世界支配層の安保政策上の代理人である。安倍首相が、口が裂けても言えない話、墓場に持っていくつもりであろう次元の話を勝手に推測してみた。

しかし、世界遺産登録問題は、安倍政権のポカの一面もある。

米韓に嵌められたか、韓国の突然の裏切りだったか、は別として、外務省の対応は褒められたものではない。

外務省は、日米開戦の宣戦布告遅延と同様のミスを犯したのだ!

外務省は解体されても仕方がないことをしているのだ!

はっきり書こう。

韓国に対しては、どんな局面でも一切の妥協をしないことを、政府は意思表示すべきだったということだ。

あの安倍外交にしても、対韓国事案で、歯切れの悪さが続いていることを、拙ブログの皆様は嗅ぎ取っておられるに違いない。

なぜ、額賀が何度も訪韓するのか……
なぜ、舛添が何度も訪韓するのか……

私は、民団からの要請で、と思ってきたが、世界遺産登録問題を鑑みるに、どうもそうではないと思うに至った。

4つ目の、米韓がらみで日本を嵌める(アメリカが企画し韓国に指示、韓国が裏切りを実行)構図が、続いているのであろう。

根も葉もない推測であるが

韓国の、あの(かつらっぽい)外相は、サムソンお抱えのCIA要員であり、サムソンがお金をアメリカでばら撒き、その見返りに、CIA要員としての破格の(裏での)地位を与えられ、それがアメリカ国務省ルートでの指令で額賀(表向きは日韓議員連盟、実はエージェント?)や舛添を動員しているのであろう。

在米韓国系団体は、黒幕は、中華系であると産経は報道してきたが、本当にそうなのか。
見かけ上の黒幕は中華系に見せているだけで、その中共は尖閣をけしかけてきているが、世界支配層と実はグルなのではないか。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/150710/plt1507100024-n1.html

中谷防衛相、東シナ海のガス田開発 中国の「軍事拠点化」可能性に言及


平和安全法制特別委員会で質問に答える中谷元防衛相=10日、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)
 中谷元(げん)防衛相は10日の衆院平和安全法制特別委員会で、東シナ海のガス田開発をめぐり中国が平成25年6月以降、日中中間線の中国側海域に掘削のための新たな海洋プラットホームを建設していることについて「安全保障の観点から利用する可能性は考えられる」と述べ、軍事拠点化される可能性に言及した。

 中谷氏は「プラットホームにレーダーを配備する可能性がある」と指摘。「東シナ海における中国の監視、警戒能力が向上し、自衛隊の活動が従来よりも把握される可能性があると考えている」とも語った。

 安倍晋三首相は「一方的な開発を進めていることについて中国に強く抗議している」と述べた。

―――――――――――――――――

私は、在米韓国系団体への個別の指示は、この外相から出ているはずだ、と見ている。なぜなら、この外相、アメリカ大使経験者だったからだ。

在米韓国系団体「にっくき安倍を倒すためにワシントンポストに広告を出そう!」 → 目標額の4%しか集まらず霧散 → 中国系団体に取り込まれる
http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/4866039.html

私は、あの外相は、エージェントではなく、米国国務省直属、ケリー国務長官直属のCIA要員みたいな存在ではないかと疑っている。

以前は反日的言動が目立ったケリー国務長官だったが、

ケリーが日本にはっきりとモノを言わなくなり、代わりにやらせているのであろう。

韓国外相発言は、ケリー国務長官了解事項であると、睨んでいるのだ!

先日、そのケリー国務長官が訪韓した。

ケリー国務長官、訪韓で「日韓の歴史問題にはタッチしない」「それよりTHAADどうするんだよ」と韓国に厳しい注文
http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/4875907.html

確かに、最近、ケリー国務長官は、韓国には厳しい注文をつけてはいる。
だが、日本に対してのような、制裁的手段を講じてはいないようである。

つまり、甘やかしているのである。その理由は、韓国にケリー国務長官直属の配下がいる………?

そういう前提で考えると。日本が直球的手段で、韓国に制裁を下そうとしてもなかなかそうできないのは、アメリカ国務長官直属の配下が韓国の政界中枢部にいると見るべきなのだ。

件の外相は、ずっと米韓外交の当事者であった。

―――――――――――――――――

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%B9%E7%82%B3%E4%B8%96

尹炳世

1995年 - 在シンガポール大使館公使参事官
1999年 - 韓国外交部北米局審議官
2000年 - 在ジュネーブ代表部公使
2002年 - 在アメリカ大使館公使
2004年 - 韓国国家安全保障会議事務局政策調整室長 (盧武鉉政権)
2006年 - 外交通商部次官補 (盧武鉉政権)
2006年 - 大統領秘書統一外交安保政策首席秘書官 (盧武鉉政権)
2009年 - 西江大学校国際大学院客員教授
2013年 - 外交部長官 (朴槿恵政権)

―――――――――――――――――

国連代表、世銀総裁に韓国人が就いているのは、偶然であろうか?

サムソンが金(あるいはサムソンの株券)をバラマキ、アメリカ国務省幹部がこれを受け取り、その見返りに、在米韓国人が慰安婦事案で反日活動することを黙認し、韓国人を国際機関のしかるべきポストに付ける。

目的は、日本からのカネをアメリカ、韓国で好き勝手に廻し、日本の国連外交を封じ、日本が一流国として復活することを、阻止すること……

悔しいことだが、アメリカと韓国の国益にかなっている。

つまり、人脈的にこういう構図になっていると、推定するのである。

世界支配層→キッシンジャー→ケリー国務長官→尹炳世外相

アメリカ国防総省が中共事案で日本に親身なのに対し、国務省がつい最近まで日本に対し冷淡だったのは、アメリカ国務省と韓国の外交当局が実は一体化して反日を目論んできた結果ではなかったのか……

ケリー国務長官は、その実務上の黒幕だった可能性がある。(真の黒幕は、その背後にいるはず)

その実務上の黒幕の代理人が、ケリー国務長官を殴打するという、珍事が発生した。

ネタニヤフ首相がケリー長官を犬のように殴打しました!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51899570.html

これをどう読むか?

私は、核爆弾に係わる装置、たとえば北朝鮮製の装置と日本製部品が、在日朝鮮人(893)の手を介し、韓国を経て中国経由で、イランに輸出されたことへの、懲らしめとして、イスラエル首相が激怒した可能性を指摘する。

イスラエル首相の来日もあった。

安倍外交 イスラエル首相来日が意味するもの
http://nihonnococoro.at.webry.info/201405/article_11.html

イスラエル首相は、2+2を約束してくれた。安倍政権を、信頼しうる、いや憶病なオバマよりはずっと物事がわかるパートナーとしてみなしているからなのであろう。
イスラエル首相の胸中は、自国の安全保障上、重大な行為をもたらした勢力に対し、断固たる措置を求めていると思われ、それが、日本の893の米国でのテロ指定を促し、安倍政権でのテロ3法法制化に繋がっているのであろう。

こういうプロセスを経て、ケリー国務長官は、日本政府にはっきりとモノが言えなくなった、と私はみている。

なぜなら、イスラエルが脅威と考える事案は、韓国政府の関知する場所で発生?した可能性があり、殴打事件によって、一連の、反日外交の実務上の黒幕であったことがバレてしまった?からである。

しかし、世界の支配層は、まだケリーをやめさせるとことまでは考えていないようだ。まだ、利用価値があるのだろう。

では、どうするか。

代役として、あの外相にやらせているのである。

しかし、あの外相も、慰安婦問題では、嘘がバレて、外相としては立ち行かなくなった。

米軍慰安婦 韓国メディア黙殺、朴政権にふりかかる「戦争と性」
http://www.sankei.com/world/news/150703/wor1507030004-n1.html

慰安婦問題の嘘もバレて、世界支配層にとっては、新たな金の成る木が必要で、安保法制法制化に失敗した場合の保険をかける意味もあり、それを世界遺産登録に求めた。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/world/news/150706/wor1507060013-n1.html

【ソウル=藤本欣也】韓国メディアは5日、「日本、強制労働を認定」(聯合ニュース)と報道するなど、韓国政府としては今回、歴史問題で譲歩しない姿勢を国内向けに強くアピールできたと考えている。

 尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は同日、「『歴史的事実はそのまま反映されなければならない』という原則を貫徹し、韓日両国が大きな対立を避けて対話により問題を解決できた」などと成果を挙げた。

 韓国メディアは最近、日中首脳会談の開催や安倍晋三首相の訪米成功を受け、傍観するだけの韓国外交を批判していただけに、今回、日本に譲歩して決着した場合、尹外相の責任論に発展する可能性もあった。

 韓国国内には対日政策をめぐって、歴史問題を優先すべきだという原則派と、それでも経済や安保関係は重視しなければならないという現実派が存在する。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領は当初、原則優先の対日外交を進めていたが、財界やメディアの批判を浴び、最近、経済・安保問題は、歴史問題と切り離して対応する「2トラック戦略」にかじを切っている。要するに、原則派、現実派ともに取り込もうという“二股政策”である。

―――――――――――――――――

拙ブログの説を信じられない方、こういう見方ができないだろうか?

自民党政権時代、あの外相を直接的表現で非難、批判したケースがこれまで一度でもあっただろうか?

これに対し、韓国政府、特に韓国外務省筋は日本の政治家を自由になじってきた。言いたい放題だった。この差は何なのか?

どういう理由であれば、説明がつくのか?

私は、現韓国外相が、ケリー国務長官直属のCIA要員みたいな存在であるから、日本の政権中枢が直接的非難、批判を避けているのではないか

と考えるのである。

産経は、尹炳世外相は北朝鮮シンパ、慰安婦問題の黒幕は中華系、と報道してはいるが、私は、これを鵜呑みにしてはならない!と考えるのである。

安倍政権は、今、試練に立たされている。

米韓が仕組んだ罠に嵌められ、保守層には世界遺産登録問題で見限られそうになっており、一見、保守分断策に見えるが、「朝鮮人による日本支配形態を維持したい動機を持つ者」が編み出した、シナリオであるようだ。

私は、
世界支配層が日本を引き続き朝鮮人に支配させるために、
また、
安倍政権が安保法制法制化に失敗した場合の保険として、
今回の世界遺産登録をめぐる、国際的な謀略が仕掛けられ、
安倍政権が、対応に苦慮しつつ、南シナ海、そして東シナ海の状況などから、憲法改正に向けてまっしぐらに進まざるを得ない状況に追い詰められている可能性を指摘し、
本稿を終える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
超リアル大予言スペシャル 言って委員会
2015年7月12日の「そこまで言って委員会NP」は、「ノストラダムスをぶっとばせ!! 2015年下半期 世界はこうなる! 超リアル大予言SP」 というお題だ。 ...続きを見る
風林火山
2015/07/12 22:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
安倍さんを批判したら「安倍ちゃんの足を引っ張る」という狂信的な輩に辟易していましたが、批判しない方が楽です。日本政府を批判し苦言をしてきたのは「次世代の党」です。
「次世代の党」を壊滅させる工作をしたのは親米の自民党・公明党・チャンネル桜のМ氏、またパチンコ企業などでしょう。自民党若手勉強会なるもので注目を浴びた3人の議員のうち、ひとりは得になるところへ漂いながら行く、幾重にもややこしいですね。
アメリカのケリーなんてアメリカ国内でも信用はない、
しかし日韓には大きな顔をするのでしょう。
「次世代の党」を応援します。損得抜き、国の為です。
闘うために栄養補給も必要です。
ベッラ
2015/07/12 20:08
安倍氏がこのようにアメリカに対して優柔不断な態度をとっているのは安全保障のこともありますが、アメリカは日本を米軍の傭兵にしようとしている、だからこそ
韓国にもきっちりした態度をとって理解させなければならない、自衛隊派遣をアメリカの傭兵のためにつかうという最悪のことに対して誰がクギを打てるのか。
「次世代の党」の国士たちは下野させられた・・・。
これも策略とみています。
ベッラ
2015/07/12 21:28
ベッラ様
私は、明らかな安倍批判には踏み込んでおりませんが、世界遺産登録事案は、政府としての説明不足であると感じております。
安保法制のために公明党に妥協し、世界遺産登録で妥協した可能性があり、政府は真実を説明することに躊躇していることを残念に思っています。
そんなに公明党が大切なのかと思うと、腹が立ってきます。
次世代の党を応援するしか、打開策はないでしょう。
管理人
2015/07/13 05:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国外相の正体 実はアメリカ国務長官直属の???ではないのか 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる