美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金関連の不祥事で長妻の尻に火が付いた? 安倍首相と橋下徹の会談の意味するもの

<<   作成日時 : 2015/06/15 20:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 1 / コメント 4

民主党が、今国会で、本丸とは言えない、派遣法改正案の審議妨害のために、暴力的実力行使という手段に出たが、これは、不逮捕特権を前提としたものだと私は見ている。


―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/150614/plt1506140020-n1.html

民主・長妻氏が議事妨害の「暴力」を正当化 「お行儀よく見過ごせば国益かなわない」


 民主党の長妻昭代表代行は14日のフジテレビ番組「新報道2001」で、同党議員が12日に衆院厚生労働委員会の渡辺博道委員長(自民)の入室を実力行使で阻止し、議事を妨害したことに関し、「数の力でほとんど議論なしに採決するときに野党がお行儀よく座り、『不十分だが、いいか』と見過ごし、法律をドンドン通すことが国益にかなうのか」と述べ、暴力による妨害を正当化した。

 同じ番組に出演した自民党の萩生田光一総裁特別補佐は「委員会に出ておおいに議論すべきだ。物理的に(審議を)止めなければならないことが野党の責任だというのは、国民は理解しない」と批判した。

 同番組では、12日の厚労委の前に民主党が作成した「作戦司令書」のメモを紹介。メモには「委員長に飛びかかるのは厚労委メンバーのみ」との記載があり、暴力による妨害を指示していた。

 作戦は実行され、民主党議員が委員室前に30人以上陣取り、労働者派遣法改正案の審議をやめさせるため渡辺氏の入室を阻止しようとした。渡辺氏は激しくもみ合った際に首などを負傷し、全治2週間の診断を受けた。

 民主党議員は審議が始まった後も委員室内で着席せずにやじを飛ばし、同党の質問時間になっても質問を拒否した。渡辺氏が派遣法改正案の審議の終了を宣言すると、委員長席付近で議事進行を妨害し、自民党は民主党の山井和則、中島克仁、阿部知子の3議員に対する懲罰動議を衆院に提出した。

―――――――――――――――――

このような議員集団のための、不逮捕特権など、必要なのか、改めて問題提起したい。一方、私は、長妻議員は、この発言によって、長妻個人は議員への体罰?を許容する?ような気がしている。
次の選挙戦で、とある場所で飛びかかられて、仮に刑事告発したにせよ、国会で飛びかかった人の告発が受理されるのか?という見方もあるだろう。
すなわち、国会で、不逮捕特権を前提に、暴力的な実力行使を正当化するのであるから、自身に対する合理的な手順に基づく、体罰?が課せられても文句は言えまい。

話題を変えよう。

読者の皆様にお考えいただきたいことがある。

今、なぜ、ミスター年金長妻が、さして本丸でもない、この事案についてかくも暴力的実力行使に出て、それを容認・正当化するのか?

ということである。

私は、ミスター年金長妻が、年金機構の個人情報漏えいの原因となった、システム設計、システム運営、業務処理、職員の配置に、この長妻が大きく係わっているだけでなく、その選挙区支持者の一部が、ウイルス製作・サーバー乗っ取り事案に深く関係しているのではないかと疑っている。

以下の、以下の二稿はそのことを意識して書いた。(長妻が黒幕とは書いていない。)

民主党政権時代の愚策?のせいで年金機構から個人情報が漏れた?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201506/article_3.html

年金機構の情報流出 犯人像をプロファイリングすると……
http://nihonnococoro.at.webry.info/201506/article_4.html

また、
これだけウイルスメールの存在が広く指摘され内部でそれなりに注意喚起されているにもかかわらず、無頓着にウイルスメールを開封する職員の存在
ウイルスに感染してもその措置が驚くほどのんびりしていること
年金機構での情報漏えいの報告がなかなか官邸に上がっていかなかったこと

などから、これら、年金機構がとった措置について、民主党がが国会でとった実力行使と同様、なんらかの指示文書に従って行動している年金機構職員の存在を予見するのである。

知ってか知らずか、本当はパソコン技術に詳しいはずの職員が、無知なふりをしてウイルスメールを開封し
その報告を受けた内部責任者が、周囲が呆れるほど、のんびりした措置を決定し
またその報告を受けた厚生労働省は、国民が呆れるくらい、官邸への報告を先送りにした可能性が疑われるのである。

―――――――――――――――――

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150604/dms1506041532012-n1.htm

年金機構のずさんな管理と対応遅れ、国際的謀略説も 個人情報流出事件
2015.06.04

 日本年金機構から約125万件もの個人情報が流出した事件で、機構側の情報管理のずさんさや対応の遅れが明らかになっている。「消えた年金」問題で批判を浴びて、民主党政権時代に社会保険庁を廃止して発足した機構だが、職員らの意識は変わっていないのか。一方、感染したウイルスが中国語の書体(フォント)を使用していたことから、国際的謀略の可能性も出てきた。

 最初に、福岡市の九州ブロック本部のパソコンがウイルス感染したのは5月8日。内閣サイバーセキュリティセンターが不審な通信を発見し、このパソコンを外部のネットワークと遮断した。ただ、接続履歴の解析はしなかった。数日後、東京の機構本部に別の不審なメールが届き、18日に新たなウイルス感染が発覚した。警視庁の捜査で大量の情報流出が明らかになり、機構が全拠点での外部通信遮断に踏み切ったのは、最初の攻撃から3週間も経過していた。

 機構では、福岡での感染時点で厚労省に連絡していたが、省内の担当係長が対処していた。塩崎恭久厚労相に一報が入ったのは、何と20日後の28日だったという。

年金機構、初動に甘さ 少なくとも27台感染、大半が東京本部 公表に遅れ、事後対応も混乱
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/08/news041.html

―――――――――――――――――

それによって、何を意図したか。もちろん、年金情報システム全体の破壊と安倍政権への国民の信頼が揺らぐことを目指したのであろう。

また、この事案、中共勢力との関連を裏付ける情報が確認されている。

はっきり書くと、テロ行為としての破壊工作を意図し、計画し、あらかじめ設定された役割分担に沿って、組織的に実行された疑いがある。

すなわち、国内の協力者が見つかれば、それが特定の政党と繋がっていることが、捜査上確認され・公表された場合、その政党はテロ3法に基づく指定を受け、消滅することになる。

悪くとれば、そうなるだろうが、民主党議員が国会で指示文書に従った、暴力的な実力行使に出たことを知れば、同様のことが、指示文書等に従い、年金機構を舞台に組織的に行われた可能性も同時に指摘せざるを得ないのである。

早晩、
長妻が大臣時代、厚生労働省高官が反対するにも係わらず長妻がゴリ押しした個別事案リスト(特定の在日政商との係わり、業務処理、職員の配置など)
長妻が無理に強行させた発注事案(システム設計、システム運営など)などの経緯と実態
が暴かれる日が近づいていることを、さしたる本丸でもない国会審議で、暴力的実力行使に出たことで、私は確信するのだ。

長妻大臣時代、厚生労働省の官僚の大量退職が、話題となった。「たちあがれ日本」の代表、与謝野馨はその事実を首都圏の街頭演説で語っていた。

長妻前厚労相と厚労官僚のバトルの結末
http://medical-confidential.com/confidential/2010/09/post-145.html

長妻は大臣時代に、官僚のやる気を喪失させる、相当な何かを広範囲にしでかしたことは(報道はされていないが)明らかなのだ。

要するに、民主党政権時代の年金機構を舞台とする悪事、年金機構を舞台とする情報漏えい事案、そして今回の派遣法改正案に係わる、民主党議員による暴力的実力行使は、繋がっており、その黒幕は長妻一派なのだろう、という見方となるのだ。(断定はしていない。推定しただけである)

これに対し、政権与党は、対抗すべく時限○弾を準備しているはずだ。(○と置き換えているのは、サイバーなんとか事案にされないため)
その中身は何セットとなるか予想つかないが、

安保法制関連法案の審議に併せ、
最初は少しずつ、民主党中枢において痛みが感じられる程度に徐々に
最終段階では、刺すような痛みを伴う、暴露情報が
タイミングを見計らったように飛び出すであろうと、予想している。

民主党にとっては、ニセメール事件の再来であるが、事態はさらに深刻である。テロ3法に基づく、指定事案となるかもしれないからだ。

今後の捜査展開を勝手に予測してみたい。

当面は、

・今回の国会での暴力的実力行使
・厚生労働省高官が反対するにも係わらず長妻がゴリ押しした個別事案リストとその実態
・長妻が無理に強行させた発注事案とその経緯

が、タイミング良く、あちこちで暴露・拡散される手はずになっていると予想する。

長妻は、もう気づいているはずだ。だから、暴露される前に、戦術的に遅延させたいのだろう。

現段階では、この種のことは心理戦に過ぎない。

だが、心理戦であると考えれば考えるほど、6月14日の安倍首相と橋下徹の会談、「それも江田けんじ抜き」、は何を意味するのか?

穿った見方だが、この会談をセットしたのは、石原慎太郎ではないか、と思っている。官房長官と大阪府知事が同席したのが実に興味深い。この同席には、深い意味があるはずなのだ。

はっきり書こう。確認された、ある重大な約束について、証人する役割の人を出席させる必要があるからだ。1対1の会談ではない意味が、そこにある。

安保法制関連で民主斬りに協力してくれれば、交換条件で……
という類の話は、報道されている内容から、当然なされている話と予想されることではある。

たぶん、それだけではないと思う。3時間も会談したのだ。

報道ではこう書かれている。

―――――――――――――――――

橋下氏「憲法解釈、変遷は当然。民主とは…」 首相と3時間会談、都構想で謝意…官房長官「いろんな話した」
http://www.sankei.com/west/news/150615/wst1506150054-n1.html

 橋下氏は民主党に関して「維新の党は民主党とは一線を画すべき。自民党と国の在り方について激しく論戦できる政党を目指すべき」と投稿した。

―――――――――――――――――

橋下徹は政界引退を表明した。しかし、額面どおり受け取る人はいないはずだ。なぜなら、本気で引退するつもりならいろんな話をするはずがないからだ。ツイッター再会し、維新の党の立ち位置が民主党と異なるとコメントしたのは、本気で引退しない証左であろう。

同時に、官邸中枢のみが知る

民主党政権時代の年金機構を舞台とする悪事
年金機構を舞台とする情報漏えい事案

に係わる際どい情報

たぶん、捜査情報あるいはテロ組織と特定の政党との係わりについて、それとなく、囁くように、橋下徹の耳に、伝えられたはずだ。

何も、誰々が何々したという情報、を持っており、アメリカからもそういう情報を提供され、来月本格捜査に移行すると、首相の立場で、このブログのように馬鹿正直に語る必要はない。

立場上は、こういう言い方で十分なはずである。

―――――――――――――――――

私のところに入ってきている情報によれば、年金関連ではいろいろと画策する勢力と、特定の政党との関係について捜査当局が情報を掴んでいる。
維新の党は、そういうことのない様、国益的見地から配慮いただけないかと………

―――――――――――――――――

その一言を聞き、橋下徹は、安倍首相が呑める、ある現実的な交換条件を示し(事前に橋下徹から首相側近に伝えられている?)、安保法制審議への協力を約束するはずである。ひょっとすると、(自民と維新の?)大阪での選挙協力の可能性について、決着したかもしれない。

少し話が飛ぶかもしれないが、その交換条件とセットで、安倍首相サイドが、参議院選挙での、比例候補第一位、第二位での出馬要請を示した場合は、どうだろうか?(私個人は反対の意見。憲法改正を争点とする選挙の場合はありえる話)

会談に3時間も要したのだ。そういう話題くらいは飛び出しても不思議ではない。橋下徹は、出馬要請の話を固辞したふりをしつつ、内心了解したに違いない……

江田けんじは、歯ぎしりしているに違いない……
舛添もたぶん、同じ気持ちだろう。政界の主役が入れ替わるのだ。
維新の会の中枢は、誰が代表となろうと、もぬけの殻となり、政界渡り鳥の最後の居場所は、民主くらいしか見当たらない。

その民主もテロ3法の………

もしそういうシナリオだとしたら、会談をセットした黒幕は、石原慎太郎ということになる。

稀代の策士、岸信介を祖父に持つ、名宰相安倍晋三なら、この程度のやりとりを、表情一つ変えずにこやかに語るはずであろうし、それ(テロ組織と特定の政党との関係)を伝え、引退表明した橋下徹を通じて維新の会に「民主斬り」以外の選択肢はないことを理解させる、ことが、昨日の会談の、もう一つの目的であったことを指摘し、本稿を終える。



参考
―――――――――――――――――

安倍首相と橋下氏が3時間にわたって会談 官房長官や松井府知事も同席…維新の「与党寄り」路線で意見交換か
http://www.sankei.com/politics/news/150614/plt1506140022-n1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
香港爆発物事件は中共自作だ
&nbsp; 香港東部の西貢 ( サイクン ) で「爆発物」が見つかり、被疑者数人が拘束された・・・という事件。警察と親中メディアは被疑者を「激進(急進)本土派」組織の成員と報じてきたものの、その組織名をなかなか公表していなかった。 &nbsp; ところが 15 日夜になって出てきた組織名は、「全國獨立黨」という聞いたことのないもの。 &nbsp; 香港・ 蘋果日報 6 月 15 日 19:34 配信記事 … … … ... ...続きを見る
賭人がゆく
2015/06/16 02:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
深夜出稿後、朝方本ブログを拝見致しましたところ、偶然安倍-橋下会談のコラボとなっていました。

長妻事案の分析については納得する部分が多々あります。もはや安倍倒閣しか打つ手なしという状況下にある中、年金問題を切り札に打って出たという想定はかなりの確度で的を得ていると考えます。これが審議で俎上に上ることを避ける思惑が見えます。

こちらは、安倍-橋下の密約について奇想天外な妄想を出稿しました。橋下引退後民間人となった橋下を取り込み、民主系維新壊滅…というシナリオです。
nagomi
2015/06/16 10:36
nagomiさんの密約論、非常に現実的と思います。竹中から橋下徹にシフトされる政策的何かがありそうです。地方創生?それとも行革?
コメントされたことに関係しますが、本日、橋下徹に関連テーマで出稿します。最大規模のコラボとなるかもしれません。
管理人
2015/06/16 12:02
 国会議員の不逮捕特権は確か国会開会中に有効だったはずです。ただそれでも国会の承認が得られれば会期中でも逮捕可能。しかし検察は極秘の捜査資料をも国会で公表する必要があり二の足を踏んで閉会まで待つのがほとんどでした。

今回の事件はすでに騒動の動画が広くアップされ「犯行計画書」も報道済み。隠さなければならない事は無い。是非とも警察・検察が動いて国会に逮捕承諾決議を申請してもらいたい。
国会は荒れるだろうなあ〜、そうなれば民主の蛮行が国会の場を通して広く国民に知れ渡る“最高の劇”になるでしょうし、承認され開会中の逮捕となれば民主の支持は地に落ちますね。
where
2015/06/16 16:27
是非暴行事件での逮捕を実現してほしいものです。
逮捕状が出て、逮捕に反対表明している時に、年金機構の情報漏えいが、長妻一派と関係ある情報がスッパ抜かれれば、民主党は、絶対絶命状態となるでしょう。
管理人
2015/06/16 18:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
年金関連の不祥事で長妻の尻に火が付いた? 安倍首相と橋下徹の会談の意味するもの 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる