美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 日韓関係新時代 「非礼」な韓国に対してはっきり「非礼」と言おう!

<<   作成日時 : 2015/05/15 03:18   >>

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 2 / コメント 0

脚本家、井沢満は、
「菅義偉官房長官が、
安倍晋三首相の米議会での演説に対し、韓国国会が『歴史や慰安婦問題に対する反省がない』と非難する決議を全会一致で採択したことについて、
『友好国の首相を名指しする形の決議は非礼と言わざるを得ない』と批判した」ことをかく評価している。

「遺憾の意」から「非礼だ」への道のりが長かった
http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/f79c84ec4f93ae4a76cc2bc00853ea42

これまでは直接的な批判すること自体が許されないような雰囲気だったが、やっと、プレスコード的呪縛から解放されたようである。

私は、安倍首相のアメリカ議会での演説を以て、国内だけでなく外交的にも、プレスコード的呪縛から解放されつつあることを指摘するのである。


安倍外交 議会演説・首脳会談他 戦後最終処理そして日米新時代の始まり!
http://nihonnococoro.at.webry.info/201505/article_1.html

ここでプレスコードなるものを再掲させていただく。


田母神俊雄はかく、プレスコードを分析し、位置付けている。

―――――――――――――――――

http://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-11795925941.html

プレスコードについて
テーマ:ブログ

歴史認識は、日本以外の国では過去の問題である。しかし日本でだけは現在進行形の問題である。それは戦後アメリカの占領下で押し付けられた東京裁判史観、すなわち日本悪玉史観が日本中に蔓延し、我が国が自分の国を自分で守る態勢を造ることが出来ないでいるからである。


我が国では、軍事力が強くなると我が国は再び侵略戦争を始めると考える人がいる。かつて我が国は「侵略戦争をした」という誤った歴史観を持っている。だから世界では、軍事力が強い方が自分の国はより安全であると考えるのに、我が国では、自衛隊が強くなることは歓迎されないのである。そして我が国の世論をリードすべきマスコミが、誤った歴史観を持ち、終戦直後から現在に至るまで、日本は悪い国だったという歴史観を国民に対し宣伝しているのである。



我が国のマスコミは戦後アメリカの日本占領下で強制されたプレスコードに今なお支配されている。アメリカは戦後、我が国に対し強力な言論弾圧を仕掛けた。新聞、雑誌、ラジオの放送などは、その原稿が占領軍によって徹底的な検閲が行われたのである。連合軍最高司令官総司令部(GHQ)は昭和20年(1945年)9月19日にSCAPIN-33「日本に与うる新聞遵則」を発令、9月21日に発布された。これがプレスコードであり、これに違反する新聞社などは発行禁止処分になった。実はこれより前9月15日と17日に朝日新聞が、アメリカ軍の非道などについて発言した鳩山一郎代議士(後の総理大臣)のコメントなどを報道し、9月18日16時から48時間の発行停止処分を課されていた。従って、プレスコードの発布に恐れをなした我が国のマスコミは占領軍の提灯持ちの記事ばかり書くようになっていったのである。朝日新聞もそのときからすっかり心を入れ替えていい新聞になったと言われている。



プレスコードはその趣旨として「日本に言論の自由を確立せんが為」と言っているが、ちゃんちゃらおかしいと言わざるをいない。その内容はウェキペディアによると以下のようなものである。


連合軍最高司令官は日本に言論の自由を確立せんが為茲に日本出版法を発布す。本出版法は言論を拘束するものに非ず寧ろ日本の諸刊行物に対し言論の自由に関し其の責任と意義とを育成せんとするを目的とす。特に報道の真実と宣伝の除去とを以て其の趣旨とす。本出版法は啻(ただ)に日本に於ける凡ゆる新聞の報道論説及び広告のみならず、その他諸般の刊行物にも亦之を適用す。


1. 報道は絶対に真実に即すること
2. 直接又は間接に公安を害するようなものを掲載してはならない
3. 連合国に関し虚偽的又は破壊的批評を加えてはならない
4. 連合国進駐軍に関し破壊的に批評したり、又は軍に対し不信又は憤激を招くような記事は一切掲載してはならない
5. 連合軍軍隊の動向に関し、公式に発表解禁となるまでその事項を掲載し又は論議してはならない
6. 報道記事は事実に即し、筆者の意見は一切加えてはならない
7. 報道記事は宣伝目的の色を着けてはならない
8. 宣伝の強化拡大のために報道記事中の些細な事項を強調してはならない
9. 報道記事は関係事項や細目を省略する事で内容を歪曲してはならない
10. 新聞の編輯に当り、何らかの宣伝方針を確立し若しくは発展させる為の目的で、記事を不当に軽く扱ってはならない


さらに具体的な検閲の対象カテゴリーが30項目も規定されていた。検閲では以下に該当しているか否かが調べられた。
1. SCAP(連合国軍最高司令官もしくは総司令部)に対する批判
2. 極東国際軍事裁判批判
3. GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判
4. 検閲制度への言及
5. アメリカ合衆国への批判
6. ロシア(ソ連邦)への批判
7. 英国への批判
8. 朝鮮人への批判
9. 中国への批判
10. その他の連合国への批判
11. 連合国一般への批判(国を特定しなくとも)
12. 満州における日本人取り扱いについての批判
13. 連合国の戦前の政策に対する批判
14. 第三次世界大戦への言及
15. 冷戦に関する言及
16. 戦争擁護の宣伝
17. 神国日本の宣伝
18. 軍国主義の宣伝
19. ナショナリズムの宣伝
20. 大東亜共栄圏の宣伝
21. その他の宣伝
22. 戦争犯罪人の正当化および擁護
23. 占領軍兵士と日本女性との交渉
24. 闇市の状況
25. 占領軍軍隊に対する批判
26. 飢餓の誇張
27. 暴力と不穏の行動の煽動
28. 虚偽の報道
29. GHQまたは地方軍政部に対する不適切な言及
30. 解禁されていない報道の公表



アメリカによって、それまで言論の自由がなかった日本が、言論の自由を獲得することになったと今も思っている日本国民は多い。しかしそれは真っ赤な嘘である。アメリカによって行われたのはマスコミに対する徹底的な言論弾圧である。


そして、それを一般国民に知らせてはいけないという指示までついていた。新聞記事は毎日5,000本以上も検閲を受けていた。一般の日本国民は、新聞などから流れてくる情報で、やはり日本は悪いことばかりしていたから戦争に負けたと次第に洗脳されていったのである。



一般国民の手紙なども月に400万通が開封され検閲を受けていた。電話も盗聴された。アメリカは5,000人以上もの日本人を雇って、高い給料を日本政府に払わせて、これらの検閲を実施したのである。そしてこれが繰り返される間に、日本のマスコミは、どうせ通らなければ止むを得ないということで、次第に自己規制をするようになり、残虐国家日本を成立させてきた日本の伝統文化の破壊に、その存在価値を見出すようになっていった。それは現在もなお日本マスコミの習性となって、日本攻撃が継続しているのである。



一旦その体制が出来上がってしまうと、その体制で利益を受ける人たちが出てくるので、政府が真剣になって取り組まなければこれを壊すことは出来なくなる。いわゆる敗戦利得者である。戦前排斥されていたサヨクと呼ばれる人たちが次第に力を持つようになっていった。詳しくは文春文庫から出版されている江藤淳氏の「閉ざされた言語空間」を読まれたらいいと思う。安倍総理が「日本を取り戻す」と言っているのは、これらの戦後の構造を壊して昔の古き良き日本を取り戻すということなのである。日本国民は歴史の真実を知らなければならない。

―――――――――――――――――

この原稿に4000ものコメントがなされていることに注目してたい。多くの心ある市民が、GHQの悪事を知ってしまったのだ。

そして、こういう見方もできる。
冒頭でふれた、菅官房長官発言は、プレスコードで規定される「朝鮮人への批判」を敢えて破ったということになる。

そう考えると、菅官房長官「非礼」発言は、画期的なことだと言わなければならないことなのかもしれない。


さて、GHQの洗脳支配については、新刊書の発行が相次いでいる。

・まだGHQの洗脳に縛られている日本人 ケント・ギルバート
・GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ 山村明義
・日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお続く占領軍の心理作戦 関野通夫
・洗脳支配 苫米地英人
・GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた 櫻井よしこ

検閲、焚書関連の文献も充実しつつある。

・閉された言語空間 占領軍の検閲と戦後日本 江藤淳
・GHQの検閲・諜報・宣伝工作 山本武利
・GHQ焚書図書開封 西尾幹二

共産主義者が紛れ込んだGHQがやった悪事については、以下の3冊の本が大体網羅していると思う。

・戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」 二段階革命理論と憲法 田中英道
・日本占領 GHQ高官の証言 竹前栄治
・赤旗とGHQ 大森実

占領下、他国の言論の自由を踏みにじり、復讐裁判としての東京裁判を敢行し、神道指令によって宗教破壊を企て、治安維持法等を廃止せしめたことは、GHQの行為自体が破壊工作だったと言われても仕方あるまい。

東京裁判でA級戦犯に対し、事後法で課せられた罪と同罪であると言ったら、言い過ぎであろうか。

アメリカ人、アメリカ政府職員が、これらと同じことをアメリカに対して、復讐として行われることを恐れているのであろうが、そう認識するのであれば、歴史論争に係わる中韓への肩入れなど、一切すべきではない。
万が一係わっていたことが判明した場合は、それなりの措置を講じるまでだ。ケント・ギルバートがその種の主張をし始めているのは、アメリカ政府機関職員や歴史学者への警告という意味も含まれているはずだ。

「ファクトを無視した歴史学者」として名を残したいのか 米教科書論争
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150418/dms1504181530003-n1.htm

素晴らしい国日本に告ぐ!リベラルに乗っ取られた米国と同じ道を辿るな!!ケント・ギルバートVSテキサス親父
http://blogos.com/article/111857/

GHQ、日本人洗脳工作の証拠 マスコミが守る「プレス・コード」の存在
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150425/dms1504251530001-n1.htm

日米ともに道徳教育が不十分 戦後「修身」はGHQが禁止 K・ギルバート氏
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150404/dms1504041000004-n1.htm

私は、数年前までは、こうした歴史書をまったく読まないできたが、ブログを書き始めて2年くらい経ち、書いている文章の深みがないことに気づき、歴史書を読む必要性を痛感し、それ以降、1000冊近く読破しつつある。
ブログ原稿のレベルアップのほかに、ともすれば、侵略戦争、植民地支配批判する、左翼政党、反日マスコミに論争を挑み、そのいい加減な主張の根拠を論破するためである。
同じことは、アメリカ国務省など、政府機関職員、アメリカの政治・歴史学者に対しても思っている。私は、親米ではあるが、日本を貶めるようなアメリカ政府機関職員、政治・歴史学者に対し、一人の市民として、言論空間で闘う準備をしている。谷山雄二朗氏ほどうまくはないが、英語で論争するつもりくらいはある。だから、数年間で、老眼で読むのが辛いのではあるが1000冊前後読破してきているのだ。


谷山雄二朗さんに感謝、みなさまこの動画をご覧ください。「慰安婦問題」事実を知ってほしい。
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/db5bc394939d309e11dd490266c0699d

さて、過日、ケネデイ駐日大使発言に対する、日本の市民からの抗議のメッセージが、相次いだと事案があったが、それは、それなりの読書量をこなしている、全国の一市民が行動した結果なのだ。

キャロライン・ケネディ米国大使への抗議文 全文掲載
http://www.zaitokukai.info/modules/wordpress/index.php?p=501

これは、在特会の抗議文だが、私と同程度の読書量をこなしてきた人なら、当然の認識なのだ。在特会だから問題だとか、そうでないとか、という次元のことではないのだ。なお、この文章は、日本のインテリが書いた文章と同程度と見なしていいだろう。

そして、思うことだが、私と同程度の読書量をこなしている日本人は、少なく見積もっても1万人はいると私は思っており、私は、その1万人の一人に過ぎない。(保守系言論人の新刊書の販売実績から10万人くらいは、存在するという推定は可能)

すなわち、私は一人ではないということなのだ!

私は、まだ、上記で紹介した、最新刊の本はまだ読んでいないが、日本は悪い国だ、日本はアジア諸国に対して謝罪すべきだと主張する、論説主幹、コメンテーター、政治屋には、GHQがやったさまざまの悪行(検閲、洗脳工作、焚書)について知っていてそう主張するのかどうか、糺しておく価値はあるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福岡サルと沖縄サヨク猿
&nbsp; 福岡市のサル騒動が拡大している。 &nbsp; 西日本新聞 公開日時 5 月 15 日夕刊 記事↓ … … … … … … … … … … … … … … … … … … 「サルを見た」15日も福岡市内で目撃相次ぐ 福岡市内各地でサルの目撃が相次いでいる問題で、15日午前も早良区などで「サルを見た」と複数の110番があった。けが人はなかった。 早良署によると、14日は午後7時前に同... ...続きを見る
賭人がゆく
2015/05/16 00:52
櫻井よしこ VS 福島瑞穂
5月13日放送のBS日テレ【深層NEWS】で、「櫻井よしこ vs 福島瑞穂 歴史認識や憲法で激論」と言う番組があった。 ...続きを見る
風林火山
2015/05/17 11:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日韓関係新時代 「非礼」な韓国に対してはっきり「非礼」と言おう! 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる