美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 不可解な事案 根っこはすべて繋がっている?

<<   作成日時 : 2015/03/17 18:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、いささか陰謀論的シナリオでの出稿となることを最初におことわりする。

まず、戦後起きた、気になる、不可解な事象をまずリストアップしてみたい。

どれも、誰もが知っている、不可解な、周知の謎である。

―――――――――――――――――

ケネデイはなぜ暗殺されたのか

バラバラ殺人された遺体が埋められず、なぜ見つけやすい場所で発見されるのか

ダイアナ妃はなぜノイローゼになったのか

アラブ諸国の中でサウジアラビアだけがなぜ親米なのか

小渕首相はなぜ急死したのか

アメリカ政府は中国の通貨安や中国製品の輸出急増に大甘なのに、なぜ日本の通貨レートや日本製品の輸出に敏感なのか

3・11で飛行機がビルに突っ込んだ場所がなぜ富士銀行の支店だったのか

飛行機が突っ込んだくらいでなぜ3・11のビルは倒壊したのか

なぜ中川昭一先生が酩酊事件の犠牲となり、ああいう形で世を去ったのか

オバマ大統領がなぜ天皇陛下に腰を90度曲げて挨拶したのか

中共の習近平主席とオバマ大統領の会談が長時間となるのはなぜか

主席になる前の身分で、習近平はなぜ天皇陛下謁見を強行したのか

オバマ大統領が震災直後、なぜ米軍空母をいち早く友達作戦として日本に派遣できたのか

国連、世界銀行の代表者、なぜ韓国人が選ばれるのか

自民党以外の政党の大部分が外国人参政権や人権侵害救済法案に賛成するのはなぜか

安倍首相は第一次内閣のときにマスコミの袋叩きにあったが、第二次内閣でそうならないのはなぜか

安倍政権がマスコミを処罰する法律の法制化になぜ消極的なのか

地下銀行が韓国向けに日本国内に多数存在するのはなぜか

在日朝鮮人はなぜ通名を使いたがるのか

アメリカがイランをなぜ批判し孤立させようとするのか

イラクのフセイン大統領は誰に乗せられてクエートに侵攻したのか

リビアのカダフィ大佐はなぜ狙われたのか

スノーデンはなぜロシアに亡命したのか

プーチンが大統領に返り咲いた時、なぜ涙したのか

イスラエルのネタニヤフ首相はなぜ十数年ぶりに来日したのか

イスラエルのネタニヤフ首相はなぜケリー国務長官をこっぴどく殴ったのか

ロシアのプーチン大統領はなぜウクライナ問題や国内の反体制派に強硬なのか

ロシアのプーチン大統領が、なぜ前触れもなく、11日間、雲隠れしたのか

ドイツメルケル首相はなぜ七年ぶりに来日したのか

ギリシア政府はなぜ今になってドイツに戦時賠償を求めるのか

鳩山元首相はなぜクリミア訪問したのか

英国皇太子は、この時期を選び、なぜ福島の被災地を訪問したのか

イスラエルのネタニヤフ首相とオバマ大統領はなぜ不仲となったのか

現ウクライナ政府首脳と現ギリシア政府首脳の素性の共通点はあるのかないのか

―――――――――――――――――

これらについては、陰謀論的には、説明がついていると私は予想している。たぶん、陰謀論の大家、鬼塚英昭氏あたりは、すべてを見抜いていると思う。

この種の不審事については、保守系言論人は、長らく、言及を避けてきたが、渡部昇一氏は、「名著で読む世界史」あたりから、ユダヤ金融資本家が世界の支配層であるという趣旨の歴史書の存在を、婉曲的に指摘している。

なぜ、婉曲的なのかと言えば、そうしなければ、渡部昇一世代は身の危険があったから、仕方がなかったのである。

つい最近、元ウクライナ大使が、ユダヤ金融資本家が、アメリカ、イギリスを支配し、グローバリゼーションの牽引役の黒幕、ユダヤ金融資本家の活動実態を暴く本を出版し始めた。

これはその一例である。

世界を操る支配者の正体
http://www.amazon.co.jp/gp/product/406219175X/ref=s9_newr_co_d69_g14_i2?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=typ-top-left-1&pf_rd_r=0Q9M6449DMYRGB30S4G5&pf_rd_t=3201&pf_rd_p=179989269&pf_rd_i=typ01

以前なら、この種の本は、鬼塚英昭氏、太田龍氏など、素性がはっきりしない研究者(元左翼?)が書いた本が多い関係で、胡散臭い、トンデモ本扱いされてきたが、日本で今、やっと歴史書という枠組みに組み込まれてつつある。

ここまで書いてまだ、信じられない方

プーチンが大統領に返り咲いた時、一体何に涙したのか
プーチン大統領がウクライナ問題で戦っている真の相手は何者なのか
ウクライナの現首脳の正体は?
鳩山由紀夫は、まだルーピーなのか、使者としてクリミアに行ったのかそうでないのか、ロシアのエージャントだったのか

直前にドイツのメルケル首相が来日した事実を重ね併せて、自身でネット情報を検索し、考えていただきたいのである。

少なくとも暴露屋のスノーデンがロシアに亡命したことは、これまでの経緯からスノーデンが最も暴露したい情報がアメリカやイギリスにあることを意味し、ロシアに亡命したことはプーチン大統領が戦っている相手は、スノーデンが暴露した勢力に繋がるものであろうことは予測できる。

ロシアが亡命先であることは、プーチン大統領周辺に、英米の中枢ほど暴露に値すべき情報がないことを必然的に意味するのだ。

スノーデン氏が地底人の存在を暴露?
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51863817.html

マイクロソフトも監視か?スノーデン氏が暴露
http://newsphere.jp/world-report/20130713-2/

日々の情報なら、以下のサイトの情報が参考となるだろう。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/

信じたくない方にとっては、話半分の情報だらけかもしれないが、少なくともプーチン大統領に的を絞ることを推奨する。

なぜなら、プーチンが戦っている相手が、今、最も素性がわかりやすい政治状況にあるからだ。

アメリカ国内、イギリス国内は、国内に巣食う在日朝鮮人帰化の如く、判別が難しいなのだが、現ロシア政府の、プーチン大統領が統括する政権が民族主義的政権であると、仮定すれば、この民族主義国家の存在をなぜ邪魔したいのか、邪魔する勢力の目的を、対峙するロシアの対応から嗅ぎ取るのである。

プーチン大統領がしばらく姿を見せなかったという趣旨の報道が存在する。11日間何があったのか。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/world/news/150316/wor1503160036-n1.html

プーチン露大統領 11日ぶりに公の場に 健康不安説を払拭か

16日、キルギスのアタムバエフ大統領と会談したプーチン大統領(ロイター)
 ロシアのプーチン大統領は16日、サンクトペテルブルクで旧ソ連キルギスのアタムバエフ大統領と会談した。ロシアメディアが伝えた。プーチン氏は11日ぶりに公の場に姿を現した。同氏はここ数日、外交日程の急なキャンセルなどが相次いだことから、健康不安説が取り沙汰されていた。(モスクワ 黒川信雄)

―――――――――――――――――

その間、ドイツのメルケル首相が来日した。
ドイツのメルケル首相は、対露制裁に積極的に見えるが、こういう見方をしているブロガーもいる。

メルケルの足枷(くびき) / 冷酷な象使いのユダヤ人
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68279253.html

なかなかの分析であると思う。
メルケル首相は、彼らにとって操りやすい政治家として描かれている。

日本においては、ユダヤ人が同じことをやると正体がすぐにばれるので、在日朝鮮人帰化に捏造記事を書かせ、それを(ユダヤ人が支配する)ニューヨークタイムスが拡散し、韓国政府が乗っかった、と解釈すればいいということになる。
その御褒美として、ユダヤ金融資本が、韓国の財閥企業株を購入する、一方で、日本企業の株を大量に空売りし、日本政府に対し、アメリカ大統領に言わせて長期間円高圧力をかけ、マスコミを総動員して民主党政権交替を援護射撃するなど、一時期大儲けしたことであろう。

日銀の前白川総裁が、その時代、常に、Too Littel Too Late だったのは、ユダヤ金融資本と韓国の財閥企業とのつながりを知っているがゆえに、大規模な金融緩和をすると、中川昭一先生のような…………という見方はあるかもしれない。(ただ、白川は、稀代の小心者であろうことは、数々の発言から理解はしている。)

拙ブログでは書かなかったが、東北大震災人工地震説もあるのだ。大東亜戦争中、名古屋の沿岸地区でも実行され、多数の日本人が亡くなったという情報がある関係で、技術的には確立しているとみなせるようだ。

安倍政権が、朝日に直接手を出せないのは、そういう事情があると認識しておく必要がある。

反捕鯨運動、反原発運動の正体も元を辿れば……ということかもしれない。

話を。再びプーチンに戻そう。

この唐突な読売報道が意味するものは何か?

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/world/20150316-OYT1T50066.html

プーチン氏「クリミア編入時、核を戦闘態勢に」
2015年03月16日 12時59分
 【モスクワ=田村雄】ロシアのプーチン大統領は15日、ウクライナ南部クリミアの編入1年(3月18日)を前に放映された国営テレビのドキュメンタリー番組で、「ロシアは核戦力を戦闘態勢におく準備があった。状況がどのように展開しても相応の対応ができるよう指示した」と述べ、核使用を選択肢の一つとして念頭に置いていたことを初めて明らかにした。

 当時、北大西洋条約機構(NATO)との緊張が高まる中、プーチン大統領が米欧に対し、一歩も引かない強い姿勢だったことを示した形だ。

 ウクライナでは昨年2月下旬、ロシアとの連携を重視するヤヌコビッチ政権が崩壊し、親欧派が実権を握った。プーチン氏は「クリミアはロシアの歴史的な領土で、そこに居住しているロシア人が危険にさらされていた。彼らを見捨てることはできない」と語り、クリミアのロシア人やロシア系住民を保護するつもりだったと強調した。

2015年03月16日 12時59分

―――――――――――――――――

熟慮ある対応するはずの、プーチン大統領が11日間雲隠れせざるを得ない状況をつくり、ここまで追い詰めた正体は何なのか?

世界は気づきつつある。

たぶん、こういうことを彼らは仕組んできたのだろう。
私は、大東亜戦争開戦直前の米英蘭蒋の4カ国包囲網のようなことが、今、プーチン政権に対し仕掛けられているような気がしている。

安倍政権がしぶしぶ対露制裁に参加したように映るのは、一連の動きを仕掛けている正体に気づき、同時に無関係でいようとしていているからだと思う。

そこで、政治家が、そういう本を認識するのは変かもしれないとお考えの方、愛国政治家こそ読みこなしている可能性があるのだ。実は、私は、地元では名の知れた(戦中派の)国会議員寄贈による、絶版のユダヤ本(名著と言われる)を、図書館で借りて読んだことがあるのだ。

では今、日本はどういう扱いとなっているか。

日本は、歴史認識問題などで、ユダヤ金融資本支配下にあるアメリカからの指示(支持)を受けた周辺諸国から、手枷、足枷を嵌められているとみなせる政治状況にある。そうすることで、日本国が東アジアの大国として復活することを抑えたいという動機、それが世界支配を目指す、彼ら(ユダヤ金融資本)にとって都合がいいということになるのである。

要するに、彼らユダヤ金融資本にとって、優秀な民族主義国家は、世界統一支配(世界を同一の市場とし、独占という手法を駆使して、金融資本の利益極大化を実現する)うえで邪魔な存在なのだ。だから、ロシア革命、第一次大戦、第二次大戦が仕掛けられたという見方ができるのだ。

それゆえ、今、ロシアのプーチン大統領の動き、プーチン大統領の動きに神経を尖らせる勢力の動き、から目が離せないのである。


参考
―――――――――――――――――

日本とドイツとロシアは消滅へ向かっている?
http://www.millnm.net/qanda4/43hQkWX1nrwdI15119



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 66
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不可解な事案 根っこはすべて繋がっている? 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる