美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 日経平均が15年ぶりに高値を更新 今だにアベノミクス批判している政治家は経済を知らない?

<<   作成日時 : 2015/02/20 07:04   >>

ナイス ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 0

私の知り合いにエコノミストがいる。
学歴は旧帝大経済学部、企業内エコノミストとしてだけでなく、経済団体関連の仕事もこなした人である。
日銀や都銀などの経済レポートや経済白書、経済関係の本なども読んでいた。

ただし、このエコノミスト、株では損の繰り返しであった。
会うたびに、僕はエコノミストなのに、株では損ばかりしていると、自虐的に語るのである。
また、自民党が大嫌いな人だった。政治に係わる話になると、あの社民党党首だった瑞穂のような笑殺するような卑しい顔になるのだ。

私には、経済と株式市場の区別がつかない程度の自称経済人にしか見えない。

なぜ、こんなエコノミストのことを話題にするのか、民主党の前代表が経済評論家だったのに、アベノミクス批判ばかりしてきたからだ。
民主党の海江田は、批判のための分析はするが、自分で政策提言することはない程度のスキルだと思って眺めているので、私は海江田個人を専門家とはみなすつもりはまったくない。

私は、経済学は独学だが、それでもアベノミクスは成功するだろうと予想した。民主党時代の失政、日銀白川総裁時代の [Too littel too late] と外国の専門家から揶揄されるほどの対応で、ほとほと日銀という組織、人材に愛想が尽きたからだ。そういう意味で、仕返しとして日銀改革を提言しうようと目論んでいる。破格の給与を貰い、全国の経済学部生の憧れの職場であるはずの、日銀職員諸君にとっては受難の時代が近づきつつあると予想している。
安倍政権になってからは、原発全台停止、石油価格の一時的な高騰がなければ、経済指標的には、黒田バズーカ砲は不要だった可能性はあるかもしれないと思っていた。

さて、拙ブログは、昨秋の黒田バズーカ砲発射日に、株式市場が更なる上昇波動に入ったことを指摘した。

・追加金融緩和 財テク時代の再来?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201411/article_3.html

・なぜ日銀の追加金融緩和は「5対4」の僅差となったのか? 時代は変わる!!
http://nihonnococoro.at.webry.info/201411/article_2.html

http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi

画像


画像


そして、昨日2月19日、日経平均は2007年の高値を抜き、2000年以来の高値水準で引けた。続く、アメリカ市場でも日経平均の指数ものは、東京市場よりも高い終値となっている。アメリカの投資家たちは、日本が復活すると読んでいるのだ。

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150219-OYT1T50068.html?from=ycont_top_txt

日経平均終値1万8264円…約15年ぶり高値
2015年02月19日 15時17分
 19日の東京株式市場は、景気の回復に対する期待から値上がりし、日経平均株価(225種)の終値は、前日比65円62銭高の1万8264円79銭と、2000年5月以来、約15年ぶりの高値水準となった。

 東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同12・26ポイント高い1494・93。東証1部の売買高は約26億5300万株だった。

―――――――――――――――――

私は、一応、昨秋時点で、この日が来ることは予想していた。なぜなら、アベノミクスが世界中の金融専門家、投資家、企業はもちろん、(中韓を除く)主要各国の政治家から、妥当な金融経済政策としての認知されていることを、一国民として理解していたからである。

そして、拙ブログで特段の指摘はしていなかったが、昨年末の衆議院選挙にても安倍政権は、順当に議席を得て再任されることを予想していた。次世代の党に特化した出稿を敢えて続けたのは、安倍自民党の議席は、盤石だろうと予想した結果なのだ。

それに対して、民主党、社民党、維新の会、共産党は、昨年末の衆議院選挙期間中にアベノミクスについて何を言ったか!

私は、忘れてはいない。

今国会で、民主党がNHK会長を吊し上げているのは、過去のアベノミクス批判が的外れだったことを隠すための戦術としか思えない。

民主、次の照準はNHK会長 「慰安婦取り上げ慎重に」発言で糾弾、辞任要求 維新は擁護
http://www.sankei.com/politics/news/150218/plt1502180050-n1.html

要するに、国会議員になってはいけない程度の見識の人間が、民主党、社民党、維新の党、共産党国会議員の大多数であるということを私は言いたい。経済無策、経済に無関心な民主党、社民党、維新の党、共産党などの議員のことを話題にしてもレベルが低すぎて、馬鹿馬鹿しくなるだけである。

話を元に戻そう。
実は、私個人は、株価復活の可能性を、野田政権解散時の時点で予測していた。ポイントは、野田が何時解散宣言するかだけだった。

当時、私は、長期保有すべき銘柄をトヨタ、ホンダなどの自動車会社、三菱UFJ、三井住友などのメガバンク、パナソニックであろうと読んだ。これらの銘柄は、この2年間で倍にはなった。解散発表直後から、珍しく、何を買っても儲かる状況ではあったが、富士重工とエプソンの上昇率が高いのには驚いた。

それほどまでに、民主党政権そして白川日銀総裁が輸出関連企業など、日本経済を疲弊させ続けてきたことを改めて思い知った。

昨秋の黒田バズーカ砲の時点では、自動車株の勢いがあった。金融株は一時的には上昇したが、頭を押さえられている動きで推移した。
そして、昨日、日経平均は15年ぶりの高値を付けた。私は、今年の4月頃あたりにITバブル時代の高値、20833円にトライするであろうと予測している。

なぜなら、特段の波乱がない限り、株価は、政権および日銀の金融政策に対する通信簿であり、世界中の投資家がアベノミクスを支持し成功しつつあると認識しているからだ。(これに対して、民主党政権、白川総裁時代の株価は、最安値を這うような動きであった。あのような政権、あのような日銀総裁なら、通信簿としてあのような株価にしかならないという結果だったのだ。)

では、今日の時点で、どの銘柄が上がりやすいか、とりあえずこの2カ月間について予想しておきたい。

上昇を信じる人は、指数もの、すなわち日経平均連動のETFを下げた時に購入しておくのが、リスクが少ないのではないかと予測している。既に、自動車株は、目いっぱい上がり切った感じである。銀行株は、昨日の時点では絶好調だが、更なる追加金融緩和次第ではどうなるかわからない。それならリスクが少ない、日経平均連動もののETFがいいのではないかと、消去法的発想から予測している。個別銘柄的には、震災事故から復活目前の東電あたりに注目している。出遅れている、鉄鋼や重電もいいかもしれない。ソニー、NECあたりは、デバイス部門で画期的な新商品が出れば、株価がITバブル時代の水準に戻るかもしれない。

なお、これは私個人の予測であり、私は投資顧問業ではないので、これ以上は論評しないし、投資判断は、各自の自己責任にてお願いしたい。

次稿では、日銀総裁人物論について述べたいと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 66
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日経平均が15年ぶりに高値を更新 今だにアベノミクス批判している政治家は経済を知らない? 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる