美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS そろそろ保守活動の弱点を克服すべきだ

<<   作成日時 : 2015/02/13 07:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 1 / コメント 4

拙ブログは、ブログ開設当初から、保守活動のあり方を眺めてきた。無料で登録できる団体・言論人等のメルマガ等をほとんど登録し、情報入手に努めた経緯を踏まえ書いている。

最近の保守活動においては、活動家個人個人のスキルが、ここ数年で見違えるほどレベルアップしていると評価はしている。だが、左翼と比較し、保守陣営は、これまで集団訴訟せず、陳情せず、請願せずできたため、政治的存在感が左翼ほどではなかった。また、これまでの経緯から、マスコミは決して保守活動を報道しないことは明らか(産経は唯一の例外)であるので、どの団体もマスコミを追い詰める活動に取り組むべきだったが、それもなかった。
特に、議員会館にて、作成した文書提出するような、ロビイストが少なすぎると感じている。

特に、マスコミを規制し、罰則付与の前提で法改正を求め、陳情活動するロビイストが皆無であろうと指摘せざるを得ない。テレビ局では、NHK、フジテレビやTBS、新聞社では朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道などが戯けた政治報道、コメンテーター発言、論説記事があっても無傷で済ませてきた事自体が、問題なのだ。

最近、ネット界で話題となっている、テレビ朝日があの番組で報道したISIL事案がそうだ。これは、明らかに、抗議レベルで終わらせるべきではない。陳情書レベル、請願レベルで、テレビ朝日に対ししかるべき厳格な政府措置を求めるレベルである。

私は一個人に過ぎない。団体幹部の立場なら、やりたいと思っていることがいくつかある。まずは、保守陣営内で徹底的な分業を行うべきと思っている。たとえば、ある団体において、特定の一人に方針、計画、活動すべてが集中している現状は宜しくないと思っている。一人に集中するがゆえの弊害を指摘するのである。分散すれば、詳細書かないが、多方面でのリスクは減り、活動の自由度が増すことを私は指摘している。また、実態的に団体幹部ポストは自薦で何年も居座る方が大部分であり、いわゆる団体幹部の方々は、陳情、請願を含む、ロビイスト活動について今一つ及び腰に見える。

しかるべき団体は存在しているのに………ということを私は指摘している。

ここで、保守系の論客とされる櫻井よしこの提言記事を眺めてみたい。

「日本の進路と誇りある国づくり」〜ジャーナリスト国家基本問題研究所理事長櫻井よしこ
http://blogos.com/article/105087/

不思議なことに、具体的な提言も具体的な計画も具体的な行動もない話で終わっている。
櫻井よしこの演説で満足されてきた方、昨今の、国内外での政治的・軍事的緊張関係を憂えるなら、観念論、抽象論、心がまえ論で済む状況なのであろうか。

その櫻井よしこが、あの捏造記者から民事訴訟を起こされているそうである。大した具体的な提言もしていないのに………と私は思うが、これを機に、営利中心はやめて、ボランテイアでの活動にシフトすべきではないかと思う。

対して、小坪しんや議員はどうか。在野の時代に数々のロビイスト活動を行っているとしている。

私のルーツ。議員としてこの場に在る理由。
http://samurai20.jp/2015/01/ikikata/

【押し紙】国会法に基づく請願と雑誌掲載
http://samurai20.jp/2015/02/oshigami/

この種の情報は、当時から「SNSーFreeJapan」にて周知されていた。

http://www.sns-freejapan.jp/

過去の請願活動
http://www.sns-freejapan.jp/seigan/

私個人は、小坪しんや議員のような、ロビイスト経験を積んだ方が、この時代の愛国保守陣営の議員にふさわしいと考えている。

少し前の時代、巷では、反日組織の批判、志や覚悟を語る政治家指向の活動家が多かったような印象だった。民主党政権時代は、批判一辺倒でも耳を傾けてもらえたかもしれない。

だが、その後、安倍自民党が政権奪還し、着々と、特定秘密保護法法制化、集団的自衛権見直し、テロ3法法制化、安全保障外交強化に努めている中で、自民党よりも保守寄りの視点で。次なる政策を政策誘導し続ける活動は重要だと思ってきた。活動家、田母神俊雄の政治的存在価値はそこにあることを私は確信しているし、その田母神の政治的影響力に期待する人が、先の衆議院選挙にて、次世代の党に投票したであろうことを私は疑わない。
だが、現実には、自民党よりも保守寄りの視点から実現すべき政策の大部分について、大多数の保守層がそれを政権中枢(の発案)に委ねているような気がしてならない。

私は、政権中枢での発案前に、活動家としてロビイストとして、陳情文書を作成、提出すべきではないかと問題提起している。たくさんの陳情文書を受けて、政権中枢が法制化、法改正、しかるべき措置を選択するというプロセスを経て、実現することが好ましい流れではないかと思っている。また、そうすることで、活動家や自民党より保守的な政治家の政治的存在感が増すと考えるからだ。

以下は、安全保障的視点に立ち、保守系団体幹部・活動家の視点のレベルで見た場合の、克服すべきと考える課題である。※1は、「甦れ、日本外交 なぜ外務省はダメになったか」(村田良平)からの引用

―――――――――――――――――

保守活動が克服すべき課題

●集団訴訟等を提起した実績が少なすぎる(件数的に今後増加するだろうと予想はしている)

●署名活動実績は多いが、具体的措置まで踏み込んだものは少ない

●文書での陳情件数がそもそも少ない(推定)

●ロビイスト活動家が一握り(小坪しんや議員指摘、ここが最大の問題点!)

●カネを貰えることが確認できて初めて語る言論人が一部いる(ビジネス保守と保守系言論人を区別して扱うべきときにきている)

●請願件数がそもそも少ない(小坪しんや議員のブログや過去のネット情報を見た記憶などから、小坪しんやが在野時代に係ったものくらいしか見当たらない?)

●提言ベース、条文ベースで法制化、法改正について提言するブロガーが少数(情報・情勢分析は秀逸なものが増えてきてはいるが……)

●世界一、主権に鈍感※1

●「万事、穏便に」という初動方針※1

●力の行使を悪と考える、本能的な人命尊重思考※1

●戦前の日本は悪であるという思考パターン※1

●感情に訴える手法にまんまと騙される階層の存在

●ハンデイキャップ国家論思考※1

●外国の日本に対する意見、とくに批判に対してメデイアが敏感に反応しすぎる※1

●日本人が他国民以上に自国民の運命にのみ関心を向けすぎる※1

●日本政府の難民ないし亡命政策が確立していない※1

●「友好や平和」を外交の目的と勘違いしやすい※1(平和、人権、友好という言葉に騙されやすい傾向は今も続いている)

―――――――――――――――――

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 59
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
訪韓二階の特亜幇間外交
&nbsp; 香港国際空港内に、 江沢民・中共元主席の新空港オープニング記念碑がある。 ↓ &nbsp; &nbsp; これはかつて (今も?) 江沢民に忠誠を誓っていた 自民党の二階俊博・総務会長 ( 75 )が、歓喜の余り涙するであろう代物。彼はこの類の記念碑を日本全土に建立しようとした訳である。 &nbsp; ところが今や中共は習近平の天下。“親分”を鞍替えするに如かずと考えたのかどう... ...続きを見る
賭人がゆく
2015/02/15 14:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも。先程、拙ブログで、田母神さんをいかに当選させるべきか書きました。よろしければ、ご笑覧下さい。
べしみ惣右衛門
2015/02/19 10:59
了解しました。
管理人
2015/02/19 17:25
拙ブログに、自分の情けない現状を書かせていただきました。過分な評価をいただいておきながら、申し訳ございません。
べしみ惣右衛門
2015/02/21 23:12
当方から提案があります。詳細、近日中にということで。それまで暫くお待ちください。
管理人
2015/02/22 08:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
そろそろ保守活動の弱点を克服すべきだ 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる