美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党幹事長人事 留任にこだわる石破茂と首相官邸の暗闘第2幕

<<   作成日時 : 2014/08/09 07:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 6

今回は、まだ報道機関が報道していないと思われる、自民党幹事長人事をめぐる政局マターについて書かせていただく。

石破茂は、内閣改造人事として、安保担当相を打診されていることが報道されている。
私は、これは悪い話ではないと思う。

石破茂は、この人事案が気に入らないらしく、別の人を推薦したのだそうだ。

石破氏 安保担当相に中谷氏を推挙 首相と水面下でさや当て
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140802/stt14080211240003-n1.htm

中谷元は、宮沢喜一、加藤紘一の秘書を務めた、リベラリスト、親中派である。
安倍首相が怒るのも無理はない。

私は、石破茂は幹事長としてさしたる実績を示してこなかったのであるから、素直に担当大臣人事を受け入れ、実績を残すべきだったと言いたい。ここで言う、実績とは、調整役だけでは実績としてカウントすべきではないということである。

産経報道によれば、財界からひっきりなしに石破に電話があるそうだが、

実態は、
親中派伊藤忠などの商社筋
中国でODA目当てで環境ビジネスを展開したい環境メーカー
真実の歴史を知らない団塊馬鹿世代経営者
などからの
中国ビジネス前提での電話なのであろう。

これが、首相官邸と幹事長留任にこだわる第一幕の実相ではないかと私は思う。

それでは、第二幕に移る。

私は、石破茂という政治家が好きではない。
いわゆる「報道される表」と「誰も知らない裏」という、二面性ある政治屋に思えて仕方がない。

先日、テレビ番組にて、石破茂は、慰安婦問題での朝日の証人喚問を口にした。

【超絶朗報キタ――(゚∀゚)――!!wwwwwww】 石破幹事長 「アホの朝日新聞を国会に証人喚問する」
http://crx7601.com/archives/40206602.html

この件、石破茂は、愛国的動機からそう発言したのであろうか?

私は違うと思う。

時局柄、安倍政権の閣僚が集団的自衛権関連で当面動けないのを知っていて、また、安倍政権の閣僚がマスコミ対応に臆病であることを知っていて、敢えて、安倍支持者を狙った、ポイント稼ぎのリップサービスと私は見ている。

その目的は、幹事長留任にある。

石破茂は、政策的には、自民党総裁選以降、ダンマリ状態で調整役に徹していたことを私は気づいている。だから、タイミング的に意図を感じるのだ。

タイミング的に、この発言に触発されたかのように、朝日は急遽、検証報道を出し、読売も追従したような印象を持たれる方がいるかもしれない。

テレビニュースを遮断し
冷静に事態の推移を眺め、分析してほしい。

ここは2つのシナリオが存在するのだ。

――――――――――――――――――

・シナリオ1(マスコミが石破だけに朝日検証報道を事前にリークしたケース)

朝日が検証報道の時期として、最初からお盆の閑散期を狙っていたことを石破は知っていて、その直前にテレビ出演機会を設定し、あたかも自分が口火を切ったかのような印象操作というか演技をした。

・シナリオ2(石破がマスコミの了解をとって、朝日国会喚問をコメントしたケース)

本来、慰安婦検証報道については、閣僚(ここでは、特に誰とは書かない)が発言すべきことだが、石破茂が先陣を切ったのは、マスコミ界のしかるべく大物(電通社長クラス?)と石破茂が協議し、石破の幹事長ポスト留任のために、石破発言を容認し、石破が用意されたテレビ番組にて発言した可能性がある。
マスコミとしては、長期安倍政権では困る。どうしても邪魔したい。そのためには、石破茂を幹事長留任させたい。そのために、朝日ネタで口火を切らせた?というシナリオである。

――――――――――――――――――

私としては、シナリオ1の可能性が高いと思う。

石破茂は、安倍首相よりも早く、朝日の検証報道時期を知っていた可能性が高いと推測する。

その推理どおりであれば、テレビ出演でのコメント程度のことで、石破茂のことを評価する必要はないのである。

ただし、石破茂が、新聞業界が掲げる「軽減税率適用」を「門前払い」とするために、朝日の国会喚問を口にしたとすれば、話は別である。

一石二鳥を狙った、かなりの策士であると言わざるを得ない。
それゆえ、石破茂は要注意人物なのである。

さて、昨晩、産経が安倍首相の単独インタビューに成功した。

こう書いてある。

――――――――――――――――――

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140808/plc14080819140019-n1.htm

安倍首相、朝日慰安婦報道を批判 「日韓関係に大きな影響を与えた」
2014.8.8 19:14 [安倍首相]

 安倍晋三首相は8日、産経新聞の単独インタビューに応じ、朝日新聞が慰安婦報道をめぐり、朝鮮人女性を強制連行したと証言した自称・元山口県労務報国会下関支部動員部長、吉田清治氏の証言の虚偽を認め、記事を取り消したことについて「事実として報道されたことにより、日韓の2国間関係に大きな影響を与えた。全ての教科書にも強制連行の記述が載ったのも事実だ」と指摘した。「報道によって多くの人たちが悲しみ苦しむことになったのだから、そうした結果を招いたことへの自覚と責任感の下、常に検証を行うことが大切ではないか」とも述べた。

 その上で、平成19年3月に第1次安倍内閣が「政府発見の資料の中には軍や官憲によるいわゆる強制連行を示すような記述は見当たらなかった」とする答弁書を閣議決定したことに触れ、「この閣議決定は批判されたが、改めて間違っていなかったことが証明されたのではないか」と強調した。

 自民党の石破茂幹事長が朝日新聞関係者の国会招致に言及したことについては「国会で判断することで、政府としてコメントは控えたい」と述べた。

――――――――――――――――――

首相は、国会が決めることについて、幹事長が言及したとしている。
なかなかの意趣返しである。

真相は、こうだろう。

石破茂が朝日の検証報道記事を(安倍首相よりも先に)嗅ぎつけ、あるいはマスコミから事前に聞かされ、テレビ出演を自分の意思で設定し、慰安婦問題検証報道についてあたかも自分が口火を切ったかのような演出を成功させよう?と目論んだ。

それに対し、官邸側も、テレビ出演時の幹事長留任のポイントとさせてはならじと、「国会が判断することに幹事長が口出しした」として打ち消したと言う見方ができるのである。

拙ブログは、どこかの週刊誌記者のように、断定はしない。推測は推測として書いている。
判断するのは、これを読まれた方であるというスタンスである。

拙ブログの推理が正しければ、産経が、忙しい安倍首相の単独インタビューに成功したのではなく、

官邸側が

――――――――――――――――――

真実はこうである

(石破がいち早く検証報道予定情報を入手し、口先介入しただけのことに)早く気づけ
産経以外のマスコミと石破はグルだ

と保守層に敢えて気づかせる

――――――――――――――――――

ために、産経だけに単独会見させ報道させたという見方ができるのである。

実は、拙ブログは、他の手段にて、石破茂の目論みを撃破することを想定したが、安倍首相はあくまで正攻法に拠ったと評価している。

その産経からは、しかるべく続報が配信された。石破は明らかに幹事長留任を狙っているそうである。

――――――――――――――――――

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140809/stt14080900100001-n1.htm

石破氏、幹事長続投に意欲 「石破派」初の研修会
2014.8.9 00:10
自民党の無派閥連絡会の研修会で講演する石破幹事長=8日午前、新潟県湯沢町

自民党の無派閥連絡会の研修会で講演する石破幹事長=8日午前、新潟県湯沢町

 自民党の石破茂幹事長は8日、新潟県湯沢町で、自身に近い議員グループ「無派閥連絡会」による初の研修会で講演した。9月の内閣改造・党役員人事で石破氏の処遇が焦点だが、石破氏は「1人1人が選挙に強くなることが、安倍晋三政権を支える上で一番肝要」と述べ、選挙を仕切る幹事長職への続投に意欲をにじませた。

 研修会は事実上「石破派」としての結束を固める目的で開かれた。

 石破氏は講演で、内閣改造に関連し、党内に大勢の入閣待機組を抱えていることを念頭に「党内に微妙な雰囲気が漂っていないことはない」と指摘した。ただ、首相から打診された安全保障法制担当相への就任を含めて、石破氏自らの処遇には「本当に自分がその役職を全うできる力を持っているか、いつも自問自答しなければいけない」と明言を避けた。

 慎重な言い回しにとどめる石破氏とは裏腹に、研修会に出席した側近議員らは石破氏への期待を隠さなかった。

 鴨下一郎元環境相は「(前回の党総裁選で)石破氏は多くの地方から支持を得た。統一地方選に勝利して初めて幹事長の責任を全うできる」と述べ、幹事長続投が望ましいとの考えを表明。浜田靖一元防衛相は「研修会を今後、積み重ねていきたい」と強調し、来年の党総裁選を見据えて「石破派」の活動を活発化させる考えを示した。



 研修会に参加した主な議員は次の通り(敬称略)。

 【衆院】赤沢亮正、石崎徹、石田真敏、大串正樹、小此木八郎、梶山弘志、門山宏哲、神山佐市、鴨下一郎、小池百合子、小林茂樹、斎藤健、桜井宏、笹川博義、平将明、田所嘉徳、田中英之、田村憲久、渡海紀三朗、冨樫博之、浜田靖一、福山守、御法川信英、八木哲也、山下貴司、山本有二【参院】小坂憲次、舞立昇治、三原じゅん子、三宅伸吾

――――――――――――――――――

この報道の中で、面白い名前がある。小池百合子、三原じゅん子である。

小池百合子は、悪名高き?カダフィ政権と関係が深かったそうである。

――――――――――――――――――

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E7%99%BE%E5%90%88%E5%AD%90

リビア
リビア情勢に詳しく、日本の国会議員きっての親リビア派の議員として知られている。日本リビア友好協会では会長に就任しており[13]、日本とリビアとの関係の強化、発展を狙っている。なお、この日本リビア友好協会は、リビアからの要求に基づき、政府に代わり「日本リビア間の経済、産業、科学技術、文化等の協力促進に関する合意書」を締結した団体である[14]。国際連合によるリビア制裁の間も、日本とリビアとの関係強化を図るためさかんに活動しており[14]、同国の革命指導者であるムアンマル・アル=カッザーフィーの二男のサイフルイスラーム・ムハンマド・アル・カッザーフィーや、三男のアル=サアディー・カッザーフィーに対し、日本訪問を要請したのもこの団体である。
小池はリビアを訪問した経験もあり、複数回にわたって同国の革命指導者ムアンマル・アル=カッザーフィーと直接会談している[15]。さらに、カッザーフィーに招かれ執務室の中に入ったこともあるという[15]。
リビアでのカッザーフィーの施政については、カッザーフィーは民主主義国家の樹立を目指していると指摘したうえで、カッザーフィーが明治維新を参考にしている、などと主張している[15]。
また、かつてカッザーフィーに対して任天堂のゲーム機「Wii」を朝貢したこともあるという。2009年(平成21年)11月、小池はツイッターの公式アカウントにて「リビアのカダフィ指導者へのお土産はWiiにしました!」[16]とつぶやいている。
2011年8月には、日本の政治家として初めてリビア国民評議会のトップであるムスタファ・モハメド・アブドルジャリル議長らと会談した[17]。

――――――――――――――――――

ニュース争論:新生リビアとアラブの春 小池百合子氏/栗田禎子氏
http://web-kenpou.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-f2fa.html

――――――――――――――――――

これだけの変わり身の早さは、誰もマネはできまい。

この勉強会の出席者は、他には、一族に(反自民で鳴らす)信濃毎日の創業者がいたり、今もマスコミ各社に(そのコネで)親族を送りこんでいる、小坂憲次の名もある。

何かと話題豊富な、片山さつき、小泉進次郎の名はない。

要するに、一応、それなりに保守的ではあるものの、どの派閥にもなじめない(あるいは距離をおかれてしまった)方々、実力的政策的に自民党内で一流とはなれない方々?、自分から話題の中心となれない方々、このままだと出番がなくなる方々?、ジリ貧で焦りつつある方々?、渡り鳥癖ある方々?が多いようである。

幹事長ポスト留任にこだわる石破茂と首相官邸の暗闘第三幕はどうなるのか、予測はできないが、石破茂が、幹事長留任にこだわればこだわるほど、損するような気がしている。

石破茂は、文句を言う前に、まず幹事長として処遇されたのだから、官房長官を見習ってもっと仕事すべきだったということである。

政権与党内の「コップの中の嵐」程度のことなのだから、ツベコベ言わず、なんとか大臣のポストが内定しているのであれば、黙って引き受けるべきだと言いたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
石破総理など考えられない。 裏表がありすぎるだけでなく、どこをどう見ても日本の顔には、なり得ないでしょう。 いやです。
ナナ
2014/08/09 17:27
石破茂については追撃ネタを準備中です。
間違っても首相にしてはいけない人物と思います。
Shirasu J
2014/08/09 19:30
石破茂の顔面の表情に、何か小沢一郎と共通したものを感じます。
久しぶり
2014/08/09 20:52
石破茂の人物鑑定をテーマとする原稿を近いうちに出稿します。
Shirasu J
2014/08/10 02:46
この記事を拙ブログ(内閣改造、石破幹事長はずしは何故か?)へ引用させて頂きました・・・あしからず。
よかもん人生
2014/08/10 09:50
ブログ拝見しました。
石破は自民党には不要な政治屋です。
Shirasu J
2014/08/10 19:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党幹事長人事 留任にこだわる石破茂と首相官邸の暗闘第2幕 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる