美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇室、宮内庁問題の陳情方法に悩む方に読んでいただきたいこと

<<   作成日時 : 2014/08/13 06:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 99 / トラックバック 0 / コメント 2

実は、皇室問題、宮内庁問題に係わる、初回の問題提起として「BBの覚醒記録」というブログでの主張を拡散する目的で出稿した前稿

そろそろ皇室・宮内庁問題に取りかかりましょう!
http://nihonnococoro.at.webry.info/201408/article_6.html

において、多大な反響があり

拙ブログにていただいた気持ち玉、PVベースでのアクセス(1日で6000突破)など、絶大なる評価をいただいた。

ただ、前稿については、考えるところがあって運動手法までは書かなかった。

というのは、他の保守系の活動テーマと異なり、特殊事情があることを知っていたからだ。

どういうことかと言うと、「宮内庁に意見提出しました。だから、意見は意見として扱われ、意見書の指摘により初めて宮内庁内でそういう問題があると認識され、問題として適正に宮内庁内にて処理され、保守層が願う方向で是正され、解決する」とは思えないと判断するに足る「皇室・宮内庁の特種事情」があるからだ。

そこで、本稿では、その「特種事情の分析および解説」と、「皇室、宮内庁問題の陳情活動にどう係わるべきか」の視点から述べさせていただく。

以下、本論となる。

――――――――――――――――――
――――――――――――――――――

ブログ活動というのは、下手をすると扇動行為にみなされることがある。
実際、そう見ている人もいるし、公安当局者は、扇動なのか客観分析なのか、その辺の区別をつけて読まれているはずだ。

さて、皇室、宮内庁問題、拙ブログは第一段階として、以下の問題提起をさせていただいた。

そろそろ皇室・宮内庁問題に取りかかりましょう!
http://nihonnococoro.at.webry.info/201408/article_6.html

ただ、これらの問題、どう陳情し、どういうプロセスを経て実現するか、悩ましいのである。

まず、問題提起した人が、同じ保守だと思っていた人たちから、攻撃されかねないリスクがある。

どういうことか、解説すると、

・真正保守陣営(私は必ずしも自分のことを真正保守とは思っていない)では、ちょっとした差異のことで、批判対象として扱い、保守ではないとの評価を受けやすい世界である

・誰が真の愛国者なのかそうでないのか、(女性宮家問題の経緯を知る方なら)見分けがつきにくい

という問題が発生しているからなのだ。

たとえば、保守系団体の老舗、日本会議。ここは、地方組織は神社関係者か自民党関係者が要職にあるようだ。

ただ、この神社関係者、変なのが紛れ込んでいる。

昨今は、共産主義者の神主が多いのだそうだ。

――――――――――――――――――

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E7%A5%9E%E4%B8%BB

第二次世界大戦敗戦後、GHQはカルト天皇教だけを見ていったんは神道撲滅の野望を企てるが、ローマ教皇の説得により思いとどまる。そうして神道指令が出され、天皇教の信仰を強制されていた神主も各社の伝統へと回帰していった。しかし天皇教にどっぷりと洗脳されていた暗黒神主たちはこれを神道の破壊と解釈した。そこまではまだいいのだが一部のケツの青い連中はアメリカ=敵だからアメリカの敵である共産主義者は俺たちの味方と短絡的な思考から学生運動へと走った。この影響は学生運動の流行が過ぎた現在も残っており、神道系大学には(そうでないのもいるが)左翼運動家が少なからずいる。

――――――――――――――――――

従って、目の前にいる「神主」が日本会議会員であるという理由だけで愛国者であるという保証はない。

また、私は、「日本共産党関係者が神社にお祓いに来る」という話を神社関係者から聞かされたことがあり、そういう顧客がいるから顧客に配慮して、外国人参政権には反対しないという神主も一部いたのだ。

次に、日本会議内の国会議員。
自民党内にも売国議員が相当数いることが知れ渡っているが、実は、日本会議もその売国議員たちが、役職を得て、参加している。

額賀福志郎と石破茂がその代表格である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BC%9A%E8%AD%B0

それゆえ、日本会議だからと言って必ずしも、愛国的な組織決定および行動が伴うと思わない方がいいかもしれないのである。

ただ、そうは言っても、日本会議中枢(事務総局)は、とりあえずは大丈夫そうだと思う。

ここで書いていることがピンとこない方、日本会議会長の平沼赳夫先生が、年初に「慰安婦問題に係わる河野洋平の国会喚問に係わる署名活動」について公式に示唆されたことを思い出してほしい。私は、2月11日の日本会議恒例の建国記念イベント(全国で1万人以上は参加?)での署名活動を意図していると予想したが、日本会議としての署名活動はは実行されなかった模様である。
平沼赳夫先生が日本会議会長であるにもかかわらず、である。

私は、一個人に過ぎない。平沼赳夫先生が会長職にあっても日本会議を総動員できない事情があるようなのだ。

次は、竹田恒泰率いる竹田研究会。こちらは、古事記勉強会と、原発廃止論の講演会からなる。また、竹田恒泰の著作活動は、入念な?マーケットリサーチを事前にしているため?、(内容は大したことはなくても)そこそこ売れている。
私なんぞは立ち読みで済ませる方だが、読めば勇気づけられる本が多いという印象がある。

その竹田恒泰、宮家問題については、いろいろ竹田研究会の講演会にて言及していた記憶がある。

その概要は、以下。

――――――――――――――――――

皇室の系図を絶やさないために、

(宮家外の)男子の中に、来るべき時に備え、生涯独身を決意された方がいる

来るべき時に宮家拡大(宮家復帰)のことについて国家的議論を経たうえで実現を求めたい?

――――――――――――――――――

記憶で書いているので、ニュアンス的には少し違うかもしれないが、このような趣旨のことを講演の合間に語っていたと思う。

私は、竹田恒泰は、「皇室の存続」という大義が念頭にあって竹田研究会を組織したのだろうと推測する。

しかし、竹田恒泰にしても、いらぬ非難というか批判の対象となることは避けたい気持ちのようで、東宮問題への言及はないようだ。

従って、竹田恒泰が、当面、皇室存続(宮家復帰、あるいは拡大)以外の話題で、皇室関係のことで明言することは期待できないと思った方がいいだろう。

なお、ブログ「BBの覚醒記録」にては、竹田恒泰は相当な嘘つきと認定されているそうだ。

竹田恒泰という嘘つき
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/0565234e2c2a52618870c724a80e6344

それでは、宮内庁はどうかというと、

皇居を観光客として訪問した方ならわかることだが、警護活動が結構なウエートを占めているであろうことは予想がつく。現業の方皆さんが警察職員みたいな仕事であるようだ。

それ以外はと言うと、机上職となるが、意外な事実が2つある。

宮内庁には異常なくらいクリスチャン職員がいる。
http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/378472188.html

もう一つは、宮内庁職員に、創価学会関係者が多いということだ。

宮内庁長官人事関連情報

――――――――――――――――――

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1087715290


風岡典之って今度宮内庁長官になる人が創価学会の人だって本当ですか?なんでそん...
知恵コレに追加する
Share on Facebook

グレード

質問者

wduh123さん

2012/5/2110:20:09

風岡典之って今度宮内庁長官になる人が創価学会の人だって本当ですか?なんでそんなことが認められているのですか?

閲覧数:
11,270
回答数:
1
お礼:
100枚

senkakunihonkaiさん

編集あり2012/5/2111:39:31

以下コピペ。信憑性については保留です。

<引用>(原文ママ)
国を憂う:宮内庁次長に創価せんべい幹部滑り込む 【4/19(火)12:00】

宮内庁記者クラブから文書が回ってきた。以下そのまま掲載する。
http://www.nikaidou.com/column01.html
憂慮すべき事態が宮内庁に生じています。それば四月一日に宮内庁次長に就任した風岡典之(前国土交通省事務次官)に関するものです。なんと彼は隠れ池田学会員で旧建設省の学会支部長(ただし秘密)のであった人物です。彼の経歴を調査さればすぐにわかりますが、彼は昭和44年に建設省に入省、彼以外の同期はすべて東大。京大卒業である彼は、当時国立二期校の東京教育大学それも文学部卒業という、学歴的には霞ヶ関の常識上もっとも見劣りする人物であるにもかかわらず、なぜか係長時代から主要ポストを歴任しました。
能力的には彼よりも優秀な同期が何人もいたにもかかわらず、常に同期のトップグループの道を歩み、局長から将来の事務次官ポストが約束される官房長に、東大法卒業の同期の局長(これは自公連立政権の発足を背景に彼より優秀であると衆目が一致していた)を抑え就任したのです。そして最後には、事務次官にまで上り詰めました。
彼の背後には常に創価学会、公明党があり彼等はうまく工作し功を奏し、この度遂に宮中に入りこんだのです。このようなカルト集団、創価学会が我が国の歴史伝統を最も保持すべき宮中に侵食してしまう前に、広く国民にこの憂慮すべき事態を知らせたくメールいたします。なにとぞ追放へのお力をお貸しください 草々

→出所が割れるので多少いじくってあるが、この文章は宮内庁記者クラブ内で出ているものである。皇族のそばにいる宮内庁がこのような有様では日本は危うい。早く糖尿の”池太作”が死んでくれないと内部分裂も起きない。フランスではトウの昔に「カルト教団」扱いされている創価学会。結局はカネばら撒きであるから、訳のわからん第三国にしか相手にされない。イスラムテログループが日本を狙うなら、信濃町とか六本木ヒルズとか、その辺を狙ってほしいもんだというのは本サイトの主観だが、それにしても創価学会が各省庁に侵食しているこの事態を国民はもっと広く知ったほうがいい。警察検察にも池田チルドレンは多く存在する。もはや法の下の平等などないかもしれない。軍部の暴走を抑えるために導入されたシビリアンコントロールだが、その肝心のシビリアンが創価であれば、それこそ「文民の暴走」となるのは目に見えている。
<引用おわり>
ソース:http://hakkiri-ie.iza.ne.jp/blog/entry/125530/

――――――――――――――――――

皇室と創価学会
http://textream.yahoo.co.jp/message/552018716/9dbcbca4hao2a3x2q?page=1

――――――――――――――――――

この種の情報を読むと、宮内庁に対し、愛国的視点から意見提出したにせよ、その意見は黙殺されるか、なかったことにされる可能性があることを指摘したい。

確かに、宮内庁職員は、国家公務員で立場上、厳正中立、不偏不党であるべきだろう。
だが、これまで起きたことを知るならば、宮内庁長官人事のいきさつを勘案すると、クリスチャンや創価学会員の宮内庁職員は、肝心な時に国民を裏切る可能性があることを指摘しておきたい。

ブログ「BBの覚醒記録」では、小和田家と創価学会の深い関係があり、簡単に言うと、小和田家が皇室乗っ取りの先兵であるとの指摘がある。

小和田恒氏を喚問せよ 【拡散希望】
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/0d31e664a65cd09bcd2a054bd2635040

皇太子妃の実父、小和田恒は国賊である 〜謝辞に代えて〜
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/3e2baf2ec91f97d7a766c7f1c5130643

――――――――――――――――――

まとめたニュース:デヴィ夫人「噂される創価と小和田家のつながり 雅子さまが皇后になったら何か空恐ろしいことが」
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/386.html

小和田家から提供された 雅子さまに都合の良い 情報を 鵜呑みにした
これ以上 偏向的で 一辺倒な 記事はありません。
読んでいて 吐き気をもよおします。
小和田家の手先となってしまった 一部女性週刊誌の記者達なら
いざ知らず、 産経新聞は、 五大新聞の一つです。
この ジャーナリストとしての 矜持の一片もない
記事を掲載する 産経の編集長は、 『恥』 を知るべき でしょう。
東宮職が、 宮内庁が、 小和田家の息のかかった 多くの人で
固められていることを 知らないのでしょうか。
まさか、 新聞社にまで 。。。
この 恐るべき 小和田家のしわざ。 
雅子さまが 皇后になったら、 日本は 大変です。
しかも 巷で 取りざたされている 
小和田家 と 創価学会との つながり。  このままでいったら、 
何か 空恐ろしいことが 起きるのでは ないでしょうか。

(前後略 イカソース)
http://ameblo.jp/dewisukarno/day-20111121.html

――――――――――――――――――

都知事選にて、田母神俊雄の応援弁士を務めた、デヴィ夫人は、小和田家の問題に既に気づき、3年前に拡散活動していたのである。

さらに、キリスト教組織については、渡部悌治の「ユダヤは日本に何をしたか」という本にて、戦前から、ユダヤ人が潜入したキリスト教会組織が、破壊活動を行うスパイ工作機関化し、アメリカ軍による空爆の目標まで無線で知らせていたという指摘がある。

渡部悌治という人は、戦前、戦中に「国際政経学会」を組織した、かなりのレベルの言論人であり、上述の本に書いてる情報の大半は、渡部悌治が、自分で調べ自分の目で見て書かれたものである点において、通常のユダヤ本とは一線を画す、一流の歴史書なのである。

通常は、宮内庁のクリスチャンと言えば、皇室を守るために配置された?、それなりに愛国的な職員という印象をもつはずだが、

「西早稲田2−3−18にある組織情報」とこの「ユダヤは日本に何をしたか」という本の存在を知ると、皇室は、実は、とんでもない集団によって監視され、保守陣営による行動を遮ろうとしているような気がしている。

宮内庁内のクリスチャンは、敵なのか、味方なのか、油断できないのだ。

また、戦前、賀川豊彦という反日キリスト教活動家がいたことを知る人は知っているはずだが、彼が係わった組織は、今、「西早稲田2−3−18」にあるキリスト教組織にて継承されているようである。


賀川豊彦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%80%E5%B7%9D%E8%B1%8A%E5%BD%A6

新宿区西早稲田2-3-18に集結する反日組織一覧表(随時更新)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n188388

それでは、とりあえず、本稿の総括をさせていただく。

要点は4点からなる。

――――――――――――――――――

・宮内庁の実務方は、クリスチャン、そして創価学会という二大反日組織によって、支配されている(推定)

・宮内庁職員のクリスチャンは反日組織の一員の可能性があり、また創価学会出身者は東宮支援者の疑いあり(推定)

・上記推定どおりであれば、皇室問題、宮内庁問題について、
宮内庁HP欄から意見提出したところで、黙殺されるか、意見提出そのものがなかった扱いにされる可能性が予見される(推定)

・本来、保守陣営所属であるはずの、日本会議、神主の中に反日左翼が含まれている(自民党も同様)可能性があり、竹田恒泰率いる竹田研究会は皇室存続という大テーマではそれなりに動くと予想されるが、宮家単体の問題については敢えて言及を避ける(推定)

――――――――――――――――――

申し訳ないが……全部推定である。

確定的でないものは、推定と書いたまでである。

ただ、皇室、宮内庁内の特種事情は、これだけではない。もっと複雑な手に負えないこともあるかもしれない。

ただ、この状況を一活動家として分析するとこうなる。

――――――――――――――――――

・誰が本当の敵か味方か、非常にわかりにくい

・下手をすると自分も疑われる立場となりやすい

・うっかり感情論丸出しで活動すると、不敬扱いされ、レッテル貼りされ、以降の活動の正当性を維持しにくくなる

――――――――――――――――――

私は、自分のビジネス経験を活動論に置き直して書いている。

どうか怒らないでいただきたい。

私も、仕事上、誰が本当の敵か味方かわからず、一人悩み闘った経験がある。だから、わかるのだ。

上司が最大の敵であり問題の黒幕であり、遠い部門違いの人たちが味方だということはビジネス社会では往々にしてあるのだ。

では、そういう状況だからと言って、絶望することはない。

この問題に参加されようとしている方向けに、とりあえずの対応方針を述べたい。いささか、心構え的内容となることご了承いただきたい。

――――――――――――――――――

・本当に信じられる味方は数えるほどしかなく、敵は宮内庁だけでなく、保守陣営の中枢にまで潜入している

・皇室問題(東宮問題)の本質は、我々日本人個人個人の皇室問題に係わる無関心さを利用して、反日組織が70年かかって用意周到に準備した事案である

・覚悟を決めて淡々とやる。(今何も実現しなくても)決して感情的にならない

・長期戦を覚悟する(最低5年)

・宮内庁だけに限定せず、幅広く情報収集し、自分の言葉で分析する

・要望、苦情は伏せて、宮内庁のいろいろな部署に問い合わせを行いつつ、職員の雰囲気、態度などから内部事情を探る

・陳情活動は必要だが、一箇所に限定しない(首相官邸経由で宮内庁に送付、宮内庁に直接、国会議員、保守政党、衆参議長、保守系団体、保守系マスコミに分散して意見提出)

・意見提出は、情報提供なのか、問題提起なのか、対策提言なのか、法律的措置要求なのか、法改正なのか、その性格を明らかにした内容にて行う

――――――――――――――――――

「BBの覚醒記録」で指摘されている情報、問題提起、提言内容、主張は実にもっともである。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001

しかし、皇室問題、宮内庁問題は、GHQ占領後から現在に至るまで、国民各層の無関心、マスコミの不報道などがあり、ともすれば事案として後回し、有力な国会議員や誰か有識者が先頭に立たない限り、公にはあまり問題視されない状況が続いてきた。
皇室問題に係わる、マスコミの不報道は、宮内庁内に巣くう反日勢力が有利に事を進めるための手段だったとも言える。

こういう状況なので、(有力な)国会議員はもちろん、有識者が、志願して先頭に立つことは期待できない。
国会議員が、先頭に立てば立つほど、その議員は政治生命リスクを負うことになり、三島由紀夫のような先頭に立つ存在は現れない思うべきだろう。
一方、有識者は、皇室、宮内庁問題について、原稿料、出演料、講演料をもらって主張、提言される方ばかりである。
このブログを読まれた方の中に櫻井よしことお友達の方がいたとして、その方が国家の一大事だと思うなら、今すぐにでも、櫻井よしこに自腹を切って取りかかるべきだと進言するべきだろう。
私が思うに、たぶん、櫻井よしこは公的要請がない限り動かないと思う。

そこで、ブログ「BBの覚醒記録」の管理人のように、これは放置できない!、なんとかしなければ!という思いで、ボランテイアで先行される方が、当面増えることになる。
これら、ネット界での情報拡散を経て、確かに問題の共有化は進む。
が、なかなか思い通りに事が進まないため、焦り、その主張が一部エスカレートし……………勢いあまって主張がどんどん尖鋭化する、そして「潜在的右翼」として公安にマークされ??………反日マスコミによる「レッテル貼り」を招き?……主張は認められず?求める措置は進まず?……その主張はますます過激化?という悪循環サイクルのリスクはないとは言えない。

どうか怒らないでいただきたい。

私は、職場にて「悪の権化のような上司」と「味方だった他の部署」の間に挟まれ、この悪の権化のような上司を冷静に説得し、事を無事進めた「辛い時代の経験」から書いている。

かつてのNHKの名作大河ドラマの中に、伊達家のお世継ぎ問題、伊達騒動を扱った「樅の木は残った」があった。あの原田甲斐役の俳優がドラマにてどう振る舞ったか、思い出していただきたい。

伊達騒動
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E9%81%94%E9%A8%92%E5%8B%95

原田甲斐
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E5%AE%97%E8%BC%94

こういうたとえ話を持ち出すのは、不敬との指摘はあるだろうと承知はするが、状況をわかりやすく解説するためにしていることなので、どうか、どうか怒らないでいただきたい。

ここで言う、伊達の殿様とは、愛国者としてお守りしたい宮家(たとえば、秋篠宮)、幕府の役人(老中)を宮内庁職員、そして原田甲斐を保守系活動家に置き換えれば、皇室問題についてどう取り組むべきか、詳細説明は不要であろう。

悪いこと、おかしなこと、変なことは世の中にたくさんある。
しかし、感情論丸出しでは、相手は反応もしないし対応しない。無視されるだけである。下手をすると「レッテル貼り」され「マイナスイメージ」を拡散される危険性があるのだ。

要するに、相手は皇室、宮内庁職員なので、どんな局面でも「格式語」を駆使して攻め続けなければならない世界なのである!

次稿では、具体的運動論の視点から述べさせていただく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 99
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
記事内容、ことごとく納得です。 
>・皇室問題(東宮問題)の本質は、我々日本人個人個人の皇室問題に係わる無関心さを利用して、反日組織が70年かかって用意周到に準備した事案である
この言葉・・皇室だけでなく、日本社会の現状すべてに当てはまりますね。
神社、神道も、狙われているのでは。
ナナ
2014/08/18 19:41
そういうことです。
神主に多数共産主義者がいるそうです。
日本会議や神道政治連盟はそれなりの対策を実行すべきでしょう。
Shirasu J
2014/08/18 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
皇室、宮内庁問題の陳情方法に悩む方に読んでいただきたいこと 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる