美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 慰安婦聞き取り報告書を産経が報道 河野洋平国会喚問、民主・共産等謝罪はまだか

<<   作成日時 : 2013/10/16 20:06   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 2 / コメント 2

10月16日、政府が実施した慰安婦聞き取り調査の報告書および当時の官房副長官への取材結果が明らかになった。

―――――――――――――――――――――

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101608380010-n1.htm

元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れる
2013.10.16 08:36 (1/2ページ)[歴史認識]
 産経新聞は15日、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年8月の「河野洋平官房長官談話」の根拠となった、韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書を入手した。証言の事実関係はあいまいで別の機会での発言との食い違いも目立つほか、氏名や生年すら不正確な例もあり、歴史資料としては通用しない内容だった。軍や官憲による強制連行を示す政府資料は一切見つかっておらず、決め手の元慰安婦への聞き取り調査もずさんだったと判明したことで、河野談話の正当性は根底から崩れたといえる。産経新聞は河野氏に取材を申し入れたが、応じなかった。

 5年7月26日から30日までの5日間、ソウルで実施した聞き取り調査に関しては9年、当時の東良信内閣外政審議室審議官が自民党の勉強会で「(強制性認定の)明確な根拠として使えるものではなかった」と証言している。ところが政府は、この調査内容を「個人情報保護」などを理由に開示してこなかった。

 産経新聞が今回入手した報告書はA4判13枚で、調査対象の16人が慰安婦となった理由や経緯、慰安所での体験などが記されている。だまされたり、無理やり連れて行かされたりして客を取らされるなどの悲惨な境遇が描写されている。

 しかし、資料としての信頼性は薄い。当時、朝鮮半島では戸籍制度が整備されていたにもかかわらず、報告書で元慰安婦の生年月日が記載されているのは半数の8人で空欄が6人いた。やはり朝鮮半島で重視される出身地についても、大半の13人が不明・不詳となっている。

 肝心の氏名に関しても、「呂」と名字だけのものや「白粉」と不完全なもの、「カン」などと漢字不明のものもある。また、同一人物が複数の名前を使い分けているか、調査官が名前を記載ミスしたとみられる箇所も存在する

大阪、熊本、台湾など戦地ではなく、一般の娼館はあっても慰安所はなかった地域で働いたとの証言もある。元慰安婦が台湾中西部の地名「彰化」と話した部分を日本側が「娼家」と勘違いして報告書に記述している部分もあった。

 また、聞き取り調査対象の元慰安婦の人選にも疑義が残る。調査には、日本での慰安婦賠償訴訟を起こした原告5人が含まれていたが、訴状と聞き取り調査での証言は必ずしも一致せず二転三転している。

 日本側の聞き取り調査に先立ち、韓国の安(アン)秉(ビョン)直(ジク)ソウル大教授(当時)が中心となって4年に行った元慰安婦への聞き取り調査では、連絡可能な40人余に5〜6回面会した結果、「証言者が意図的に事実を歪(わい)曲(きょく)していると思われるケース」(安氏)があったため、採用したのは19人だった。

 政府の聞き取り調査は、韓国側の調査で不採用となった元慰安婦も複数対象としている可能性が高いが、政府は裏付け調査や確認作業は一切行っていない。

 談話作成に関わった事務方トップの石原信雄元官房副長官は産経新聞の取材に対し「私は報告書は見ておらず、担当官の報告を聞いて判断したが、談話の大前提である証言内容がずさんで真実性、信(しん)憑(ぴょう)性(せい)を疑わせるとなると大変な問題だ。人選したのは韓国側であり、信頼関係が揺らいでくる」と語った。

 ■河野談話 平成5年8月、宮沢喜一内閣の河野洋平官房長官が元慰安婦に心からのおわびと反省の気持ちを表明した談話。慰安婦の募集に関し、強制連行の存在を示す政府資料が国内外で一切見つかっていないにもかかわらず、「官憲等が直接これに加担したこともあった」「募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた」などと強制性を認定した。閣議決定はされていない。


http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/snk20131016091.html

元慰安婦報告書 矛盾点を無視、確認せず
産経新聞2013年10月16日(水)08:02
 河野談話の主役である河野洋平元官房長官と、談話作成時に河野氏を補佐した谷野作太郎元内閣外政審議室長は今回、産経新聞の取材に応じなかった。ただ、過去の発言から河野氏の考え方と発想はうかがえる。

 河野氏は平成9年、自民党の勉強会で、韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査についてこう述べている。「私はその証言を全部拝見した。『その証言には間違いがある』と指摘した人もいたが、少なくとも被害者でなければ到底説明できないような証言がある」

 つまり談話作成時の政府内協議でも証言内容に疑問を示す意見があり、それにもかかわらず河野氏が当事者にしか分からない迫真性があると判断したということだ。

 実際には聞き取り調査報告書を通読しても、軍や官憲による強制連行の証拠とただちに認められる証言はない。「軍人に連れていかれた」と語った女性は複数いるが、当時、兵隊のような服を着ていた人は大勢おり、本当に軍人だったかは疑わしい。

 逆に疑問点は枚挙にいとまがない。例えば証言者の一人の黄氏は、日本政府の調査には「義姉に『令状』が来たので身代わりに行った」と語ったが、安秉直(アン・ビョンジク)ソウル大教授(当時)らの調査には「工場に仕事に行けばカネがもうかるとだまされた」と述べている。黄氏の場合、日本の調査では生年月日を1927年12月1日、安氏には22年8月15日と述べているが、調査報告書はこうした矛盾点は無視しており、聞き取り時に確認した形跡もない。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101610180011-n1.htm

「韓国を信頼し『公正・冷静に語れる人を』と言い韓国は約束した」 石原元官房副長官
2013.10.16 10:16 (1/2ページ)[日韓関係]

石原信雄元官房副長官=11日、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
 河野談話作成時に事務方トップだった石原信雄元官房副長官は15日までに、産経新聞のインタビューに次のように語った。(阿比留瑠比、佐々木美恵)

 −−聞き取り調査結果を見ると生年月日や氏名、出身地の明記がない者が多い

 「証言者の身元がかなりあやふやという印象を持ったわけですね。(身元は)証言内容を判断する上で非常に重要な要素だ」

 −−16人の中には、安秉直ソウル大教授(当時)らの調査で信頼性が低いとされ、韓国側の証言集から省かれた人が含まれているようだ

 「信用できない人について日本政府が聞き取りしたと?」

 −−日本の複数の新聞や韓国側の調査に対し、それぞれ異なる証言をした人も含まれている

 「うーん。そういう話になると、基本がおかしくなる。もともとの証言の信(しん)憑(ぴょう)性(せい)が揺らいでくる」

 −−そういうことになる

 「証言者の人選は韓国側が行った。私たちは韓国側を信頼し『反日運動をやっておらず、公正・冷静に自分の過去を語れる人を選んでくれ』と言い、韓国側がそれを約束したから調査に行った。その根っこが揺らぐと何をか言わんやだ」

 −−対日裁判を起こした当事者も5人含まれる

 「反日運動に関わっている人は外してくれと言い、韓国側はそうします、と言っていた」

 −−石原さんら日本側の理解はそうでも、現実は違っていた可能性が高い

 「残念ながら、当時の状況では身元調べというか、裏打ちするまで能力がなかった。だから信頼関係でやったわけだ、あくまで。その信頼が崩れるとなると何をか言わんやだ」

−−裁判を起こした5人についても、訴状と安氏、日本政府の聞き取りに対する証言が食い違う

 「ああ、そういうことになると、何が真実かということになってくると、証言自身の信憑性というか、価値が下がってくる」

 −−調査報告書では台湾の地名を「娼家」と間違えている箇所もあった

 「証言内容をチェックする時間はなかった。私は担当官の報告を聞いて判断した。紙は見ていない。報告を聞いての心証で河野談話をまとめた」

 −−河野談話が強制性を認めた根拠は、16人の証言が決め手だったはずだが

 「そうだ。担当官の報告を聞いて、大部分は家が貧しく泣く泣くなったのだろうが、中には筋の良くない人たちが相当悪(あく)辣(らつ)な手段で集めたということが否定できない。そういう心証であの文書(談話)になった」

 −−業者の悪辣な行動は日本軍の責任ではない

 「だから『加藤談話』(平成4年の加藤紘一官房長官談話)は、わが方が直接連行したことを裏付けるものがないので(軍の関与は)ないとした」

 −−聞き取り調査は証拠資料たり得ないのでは

 「(証言者は)真実を語れる人、というのが調査の前提だった。その日本側の善意が裏切られたということになる。それに基づいて世界中に強制的に慰安婦にされたということが事実として広まっていくとなると、全く心外な話だ」

 −−強制性を認めるための調査ではなかったか

 「そんな意図は私にはなかった。国の名誉が関わる問題だから。ただ、役人としては時の政権の方針に従ってやるしかない。一切の弁解はしない」


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101615020017-n1.htm

「公文書と呼ぶにはお粗末だ」現代史家の秦郁彦氏
2013.10.16 14:59 [歴史認識]
 河野談話の主な根拠が、元慰安婦16人の証言だったことは、河野洋平氏が自認しているところだが、日本政府は調査団がソウルで実施した聞き取り調査報告書の公開を拒んできた。

 20年ぶりに陽の目を見たこの報告メモに目を通し、理由が分かったような気がする。身の上、氏名、年齢さえあやふやな慰安婦が多く、公文書と呼ぶには恥ずかしいほどお粗末なものだったからである。

 この半年前に安秉直ソウル大教授と韓国挺身隊問題対策協議会が2年がかりで聞き取り調査した慰安婦40人余のうち、信頼性の低い21人分は切り捨て、19人分の結果を刊行していた。ところが、日本政府のヒアリングに韓国政府が差し向けたのは、切り捨て組の面々だったと思われる。

 すでに強制性を認め謝罪に徹する気になっていた河野氏にとって、聞き取り調査は国民向けの形式行事にすぎなかった。それを知りつつ韓国側の非礼、非協力に堪えた調査団の屈辱を思えば、責める気も萎えてくる。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101616020020-n1.htm

河野氏、矛盾点を無視し確認せず
2013.10.16 16:02
 河野談話の主役である河野洋平元官房長官と、談話作成時に河野氏を補佐した谷野作太郎元内閣外政審議室長は今回、産経新聞の取材に応じなかった。ただ、過去の発言から河野氏の考え方と発想はうかがえる。

 河野氏は平成9年、自民党の勉強会で、元慰安婦16人の聞き取り調査についてこう述べている。

 「私はその証言を全部拝見した。『その証言には間違いがある』と指摘した人もいたが、少なくとも被害者でなければ到底説明できないような証言がある」

 ここから分かることは談話作成時の政府内協議でも証言内容に疑問を示す意見があり、それにもかかわらず河野氏が当事者にしか分からない迫真性があると判断したということだ。

 実際には聞き取り調査報告書を通読しても、軍や官憲による強制連行の証拠とただちに認められる証言はない。「軍人に連れていかれた」と語った女性は複数いるが、当時、兵隊のような服を着ていた人は大勢おり、本当に軍人だったかは疑わしい。

 逆に疑問点は枚挙にいとまがない。例えば証言者の一人の黄氏は、日本政府の調査には「義姉に『令状』が来たので身代わりに行った」と語ったが、安(アン)秉(ビョン)直(ジク)ソウル大教授(当時)らの調査には「工場に仕事に行けばカネがもうかるとだまされた」と述べている。黄氏の場合、日本の調査では生年月日を1927年12月1日、安氏には22年8月15日と述べているが、調査報告書はこうした矛盾点は無視しており、聞き取り時に確認した形跡もない。

―――――――――――――――――――――

私は、石原官房副長官が、聞き取り調査報告書について実際に目を通していなかったという事実に注目している。

これらの情報から河野洋平に対し国会喚問に際して問い質すべき事項を纏めると以下のようになる。

―――――――――――――――――――――

河野洋平について国会喚問し質問すべき事項

・誰のどういう判断で聞き取り対象者の人選を行ったのか?
・韓国側の調査対象者の人選がいい加減だったという認識はあるのか?
・報告書実物を読んだのか?
・報告書を読んだ時期はいつか?
・報告書を読んだ前提で談話を出したのか?
・ずさんな報告書だったという認識はあったか?
・調査対象者の生年月日、氏名、出身地等を確認したのか?
・証言の事実関係はあいまいで別の機会での発言との食い違いも目立つ情報が含まれているという認識はあったか?
・氏名や生年について不正確な事例が含まれているという認識はあったか?
・報告書に字句等の誤りがあるという認識はあったのか?
・政府の聞き取り調査について、なぜ裏付け調査や確認作業を怠ったのか?
・ずさんな調査結果を個人情報保護名目で公開しない理由は正当な判断と言えるのか?

―――――――――――――――――――――

国会喚問に応じなければ、当人お得意の海外渡航など却下すべきである。

ただ、気になるのは、この報告書を誰がどういう方法にて入手したかである。
たぶん、政権中枢の関係者によるものであり、公務員秘密保護法法制化前の駆け込みリークのような気がしてならない。

一方、
各地の地方議会にて、慰安婦問題で謝罪を補償を求める決議に賛同し決議した、民主党、社民党、共産党、公明党、市民ネットワーク等の議員一人一人は、地方議会にて、住民に対し謝罪する義務を負い、その文書が公式文書として記録・保存されるべきだろう。(この種の地方議会意見書において、意見書提出者が会派代表者ではなく所属議員全員となっているケースが多いため、誤った根拠に基づき提出された意見書についての謝罪は、提出議員各人が負うことになる。)

謝罪しないなら、自民党会派側にて、「『慰安婦問題の謝罪と補償を求める意見書提出者』全員に対し、謝罪を求める意見書」を議会に提出するという対抗手段があるだろう。

それでも抵抗するなら、統一地方選めがけて保守系団体による大がかりポステイング活動を準備せざるを得ないかもしれない。

さらに、国内で慰安婦活動を支援してきた大部分のキリスト教会は、教義に反した活動をした点において、もはや宗教の衣を纏ったプロパガンダ機関となってしまったたことを意味している。

宗教団体および聖職者(職業的に在日朝鮮人の帰化が多いとされる、本当に聖職者と言えるのか?)による、国民各層への謝罪を求めたいところである。

最後に、信者でなくてもモーセの十戒をご確認いただきたい。嘘をまき散らす宗教団体など、そもそも教義として破綻しており、社会的に不要であることくらいはわかるはずである。

―――――――――――――――――――――

モーセの十戒

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%81%AE%E5%8D%81%E6%88%92

正教会・プロテスタント(ルーテル教会以外)の場合主が唯一の神であること
偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
神の名を徒らに取り上げてはならないこと
安息日を守ること
父母を敬うこと
殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
姦淫をしてはいけないこと
盗んではいけないこと
偽証してはいけないこと(嘘を言ってはならない)
隣人の家をむさぼってはいけないこと


参考
―――――――――――――――――――――

慰安婦記念館 2012年3月21日現在の募金者一覧です。
http://www.whrmuseum-jp.org/list20120320.pdf

http://www.hoshusokuhou.com/archives/33176683.html

宮沢内閣時の閣僚リスト

6. 名無しさん@ほしゅそく 2013年10月16日 16:04 ID:vwByPCxf0 このコメントへ返信
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/宮澤内閣_(改造)

内閣総理大臣 - 宮澤喜一
(副総理) - 渡辺美智雄(-1993年4月7日)/後藤田正晴(1993年4月8日-)
法務大臣 - 後藤田正晴
外務大臣 - 渡辺美智雄(-1993年4月7日)/武藤嘉文(1993年4月8日-)
大蔵大臣 - 林義郎
文部大臣 - 森山真弓
厚生大臣 - 丹羽雄哉
農林水産大臣 - 田名部匡省(-1993年8月4日)/宮澤喜一(首相兼務、1993年8月4日-)
通商産業大臣 - 森喜朗
運輸大臣 - 越智伊平
郵政大臣 - 小泉純一郎(-1993年7月20日)/宮澤喜一(首相兼務、1993年7月20日-)
労働大臣 - 村上正邦
建設大臣 - 中村喜四郎
自治大臣、国家公安委員会委員長 - 村田敬次郎
内閣官房長官 - 河野洋平
総務庁長官 - 鹿野道彦
北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官 - 北修二
防衛庁長官 - 中山利生
経済企画庁長官 - 船田元(-1993年6月18日)/高鳥修(1993年6月21日-)
科学技術庁長官 - 中島衛(-1993年6月18日)/渡辺省一(1993年6月21日-)
環境庁長官 - 林大幹
国土庁長官 - 井上孝
 内閣法制局長官 - 大出峻郎
 内閣官房副長官(政務) - 近藤元次
 内閣官房副長官(事務) - 石原信雄

主犯はこいつらか
臭い名前が多いなw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
元NHK職員が語る「恐るべきNHK内部の実態」
一般家庭の受信料の支払い率は、70%であると国会で公開しているが、実際はたったの50%であるという。 ...続きを見る
風林火山
2013/10/16 23:10
私がFacebookを使わない理由
&nbsp; 最近、各方面から「ブログよりも Facebook にしませんか?」とお誘いを受けている。 &nbsp; “友だち”がたくさん出来る、「いいね!」で人気度がわかりやすい、コメントもたくさん来て楽しい、実名登録だけどプライバシー設定をちゃんとやれば安心・・・等々がお薦めの点なのだそうだ。 &nbsp; だが、どうも気乗りがしないのである。それは下記の理由による。 &nbsp; (1)タダほど高いものはない &nbsp; このブログも... ...続きを見る
賭人がゆく (Yahoo!ブログ)
2013/10/17 03:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
産経の報道については、他紙は多くは取り上げていませんが(不都合が生じる。)ネット上では反響大です。最近とみに嫌韓ム−ドの高まりを見せる世論が呼応している実態を報道できない大新聞の劣化と不公正さばかりが際立ちもはや新聞、TVメディアは死に等しい。問題は、政府。日本を貶めた朝日、河野を証人喚問招集ができるか、ということ。招集に応じなくても拒否した事実だけあれば形勢逆転の可能性大。政府は、国際世論の反応が現時点では、時期尚早とみてタイミングを計っているのか。いずれ通る道ならばそれは今だろう…という思いはありますが…。
nagomi
2013/10/18 00:10
<河野を証人喚問招集ができるか、ということ。招集に応じなくても拒否した事実だけあれば形勢逆転の可能性大。

ネットを知らない人の世界では形成逆転の可能性がありますが、ネット界の動向から既に勝負はついているとみます。
あとは、我々が、国内で支援活動した団体を追撃し、個々に謝罪させるかにかかっています。
意見書を出した会派には、納税者として謝罪を求めるべく運動すべきでしょう。
Shirasu J
2013/10/18 04:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
慰安婦聞き取り報告書を産経が報道 河野洋平国会喚問、民主・共産等謝罪はまだか 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる