美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史認識問題 心ある野党議員に対して電凸するときがきた!?

<<   作成日時 : 2013/10/27 10:14   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 4 / コメント 2

日本共産党が先の参議院選挙にて選挙公報に、以下のような文章を掲載した。

画像


中韓のスパイ同然の行為だと左翼系以外の人ならは思うはずである。

10月16日の産経報道をきっかけに、全国各地の地方議会にて、「慰安婦問題での謝罪と補償を求める意見書」提出議員である、民主党、社民党、共産党、公明党、市民ネットワーク議員に対し、「いい加減な根拠で意見書を提出した行為」について、謝罪を求める運動の必要性に多くの方が気づかれたと思う。

慰安婦聞き取り報告書を産経が報道 河野洋平国会喚問、民主・共産等謝罪はまだか
http://nihonnococoro.at.webry.info/201310/article_9.html

そんな中、共産党本部に直接、電話にて問い合わせしている保守系活動家(ブログ「きらやまと・さらいにこ」の管理人)がいることを知った。


日本共産党に電凸してみた。「靖国参拝は戦争美化、許されない行為」、市田忠義書記局長発言に関して・・・
http://kirayamato-sarainiko.at.webry.info/201310/article_13.html


平行線を辿る結果となった議論のようであるが、がっかりすることはない。

狙い目は、最も弱いところ、つまり、「心ある議員」である。
心ある人であるが故に、党本部のやり方に疑問を持っていただくよう陳情と称して誘導していくのである。

さて、歴史認識問題(開戦事由、南京虐殺、東京裁判、慰安婦問題、日韓併合)や日本国憲法の成立過程については、

・中山成彬先生の国会質疑(朝鮮統治、慰安婦問題、3月8日衆議院)
・平沼赳夫先生の国会質疑(日本国憲法、10月22日、衆議院)
・産経新聞による河野談話の根拠となった慰安婦聞き取り調査報告書の杜撰さに係わる報道(10月16日)
・水間政憲氏の「ひと目でわかる」で始まるシリーズ本
・上記以外の20〜30冊の歴史書

などの情報が存在する。
実際、これらの情報は、徐々にではあるが浸透しつつある状況にある。
つまり、大枠では歴史認識問題は勝負はついているのである。

―――――――――――――――――――――

http://nihonnococoro.at.webry.info/201310/article_14.html

10月22日 平沼赳夫先生 衆議院予算委員会質疑

平沼赳夫先生の発言

・憲法の成立過程に問題あり 
毎日新聞のスクープを見たGHQが松本烝治博士を拒否しマッカーが我々がつくると日本側に宣言 
作業は民政局の将校24人が1週間ででっちあげた憲法
GHQ民政局は吉田茂(外務)大臣の公邸に押しかけ、憲法改正条文が書かれたカーボンコピーの英文を見せて、返事をしろとB25の爆撃機を公邸の上空を飛ばせて恫喝に等しい行為を行った
これを呑まなかったら天皇陛下を戦犯にするとも言った
このような成立過程が問題であったということについて安倍首相の見解をお聞きしたい

―――――――――――――――――――――

ただ、すべてのマスコミが上記の史実について、歴史書ベースあるいは上記国会議員の国会発言等をまったく報道せず、
かつ、大多数の国民が、自虐史観から脱却するための歴史書
の存在を知らないばかりか、そういう本を読もうとしないので、

井伏鱒二の主要作が盗作であるにもかかわらず、大多数の人が盗作の事実を知らないことをいいことに、出版界、文壇が、知らぬ存ぜぬを決め込み、井伏鱒二の本が販売継続される「井伏鱒二」現象と同様、

民主党、社民党、共産党、公明党、市民ネットワークが上記5つの事実について、知らぬ存ぜぬを決め込もうとするであろうことは容易に予想されうるのである。

そこで、拙ブログ読者の皆様にお考えいただきたい。

「きらやまとさらいにこ」の管理人さんのような正攻法のやり方もある。
拙ブログ提案のように、弱そうな議員を狙って、歴史論争を仕掛けて、崩していくやり方もあるだろう。

どちらの場合も、共産党議員をターゲットにするべきと思う。
明確な証拠が出揃えば、組織的にきちんと方針転換してきたからだ。(野坂参三、志賀義雄等のケース)

ただ、現在の共産党は、過去の除名者に係わる議論については、除名したという理由で議論の対象外とするだろう。

保守側は、そこでひるんではならない。

過去のように、都合が悪い事実が表面化すると、除名手続きすれば、除名された人以外は関係ないという手法というやり方は今は通用しない。(「野坂参三 除名」で検索)

なぜなら、慰安婦問題等についての歴史認識は、除名という手段では収まらない。意見書提出した地方議員全員を除名とするのは党の存続に係わるからだ。

私は、

たとえ共産党とて、

中山成彬先生や平沼赳夫先生の国会質疑
産経新聞報道
水間政憲氏の「ひと目でわかる」で始まるシリーズ本
厳選された20〜30冊の下記歴史書
―――――――――――――――――――――
※ 歴史書の事例、大東亜戦争関連

・大東亜戦争への道 中村粲
・東條英機歴史の証言 東京裁判宣誓供述書を読みとく 渡部昇一
・東京裁判 幻の弁護側資料 小堀桂一郎
・東京裁判宣誓供述書 東條由布子
・秘録東京裁判 清瀬一郎
・パール判事の日本無罪論 田中正明
・世界が語る大東亜戦争と東京裁判―アジア・西欧諸国の指導者・識者たちの名言集 吉本 貞昭
・戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」 二段階革命理論と憲法 田中英道
・GHQ焚書図書開封 米占領軍に消された戦前の日本 西尾幹二
・GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く 戦後日本人の歴史観はこうして歪められた 櫻井よしこ
・閉された言語空間 占領軍の検閲と戦後日本 江藤淳
・「南京事件」の総括 田中正明
・プロパガンダ「南京事件」 松尾一郎
・平和の発見 花山信勝
・ある神話の背景 沖縄・渡嘉敷島の集団自決 曾野綾子
・ひと目でわかる『アジア解放』時代の日本精神 水間政憲

・操られたルーズベルト 大統領に戦争を仕掛けさせた者は誰かカーチス・B. ドール
・ルーズベルトの責任 日米戦争はなぜ始まったか チャールズ・A・ビーアド
・アメリカはアジアに介入するな! ラルフ・タウンゼント
・アメリカの鏡・日本 ヘレン・ミラーズ
・ヴェノナ ジョン・アール・ヘインズ、ハーヴェイ・クレア、中西輝政、 佐々木 太郎
・GHQ知られざる諜報戦 新版・ウィロビー回顧録 C.A. ウィロビー、延 禎、 平塚 柾緒
・アメリカが畏怖した日本 真実の日米関係史 渡部昇一 PHP新書

―――――――――――――――――――――

には反論できないと見ている。

確かに、赤旗には、かなり細かな史実を根拠に、日本が悪い、日本が悪いと書いているものもある。よく調べたものだ?というネタを見つけることもある。

だが、考えてみてほしい。

共産党の志位委員党が、国会で中山成彬先生や平沼赳夫先生の指摘が違うとは言っていないのである。
共産党は、水間政憲氏の「ひと目でわかる」で始まるシリーズ本や厳選された20〜30冊の歴史書に反論できるはずもないのである。

つまり、ミクロの次元では赤旗の主張の妥当性があった?としてもマクロの次元では勝負はついているのである。

従って、心ある共産党議員に対し、大枠で勝負がついているのに、それでもまだシラを切るのか?

と問い質すべきなのである!

また、一方、こういう攻め方もある。

志位委員長は、国会議員なのであるから、中山成彬先生、平沼赳夫先生、橋下徹の歴史認識発言が事実と違うなら違うと国会の場で言うべきである。
志位委員長が、国会の場にて反論して言わないなら、これを事実と認めたことになる。
国会の場にて反論せず、選挙公報で書くやり方は、税金で作成し配布する選挙公報をなんと心得ているのか?と問い質すのである。

そういう意味で、私は日本維新の会のPTに期待したいし、最初に紹介した、ブログ「きらやまと・さらいにこ」の管理人さん並みに全国各地の野党議員に対し、歴の議論を吹っかける保守系活動家が1000人揃えば、野党はたじたじとなるに違いない。

―――――――――――――――――――――

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131026/stt13102609090002-n1.htm

維新、河野談話検証PT設立へ

2013.10.26 09:07
 日本維新の会が、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」を検証するプロジェクトチーム(PT)を近く発足させる方針を固めたことが25日、分かった。談話の根拠となった韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査がずさんだったことが産経新聞の報道で明らかになったことを踏まえ、安倍晋三首相に談話見直しを促すことも視野に入れている。

 関係者によると、24日の政策調査会の役員会で、今井雅人政調副会長がPT設立を提案し、了承された。座長には「慰安婦問題は捏造(ねつぞう)」と主張してきた中山成彬元文部科学相を充てる案が浮上している。同党は有識者や談話が出された当時の関係者へのヒアリングなどを検討しており、「最終的には談話見直しの流れを作りたい」(幹部)としている。

 維新が河野談話の検証を進める背景には、談話が外交的な足かせになっているとの認識がある。ただ橋下徹共同代表(大阪市長)の慰安婦をめぐる発言が党の支持率低下につながったとの思いもあり、「橋下発言がむしかえされる」としてPTより格が下の勉強会にとどめるべきだとの声も党内には出ている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本共産党に電凸してみた。「靖国参拝は戦争美化、許されない行為」、市田忠義書記局長発言に関して・・・
勇気を振り絞って、日本共産党党本部に電凸してみました。先の市田忠義書記局長発言「靖国参拝は戦争美化、許されない行為」が、どうしても腑(ふ)に落ちなくて聞いてみたくなったからです。悩み抜いた末に電凸する覚悟を決めました。「抗議」と言うよりは、「どうしても知りたい」と言う知的好奇心からです。それにしても、物凄く恐ろしい。私が、日本共産党から浮かぶイメージと言ったら、スターリンとか毛沢東、ポルポト、粛清、文化大革命、キリングフィールド、岡本公三、永田洋子、三菱重工ビル爆破テロ、テルアビブ、浅間山... ...続きを見る
きらやまと・さらいにこ
2013/10/27 10:32
日本共産党に電凸してみた。「靖国参拝は戦争美化、許されない行為」、市田忠義書記局長発言に関して・・・
勇気を振り絞って、日本共産党党本部に電凸してみました。先の市田忠義書記局長発言「靖国参拝は戦争美化、許されない行為」が、どうしても腑(ふ)に落ちなくて聞いてみたくなったからです。悩み抜いた末に電凸する覚悟を決めました。「抗議」と言うよりは、「どうしても知りたい」と言う知的好奇心からです。それにしても、物凄く恐ろしい。私が、日本共産党から浮かぶイメージと言ったら、スターリンとか毛沢東、ポルポト、粛清、文化大革命、キリングフィールド、岡本公三、永田洋子、三菱重工ビル爆破テロ、テルアビブ、浅間山... ...続きを見る
きらやまと・さらいにこ
2013/10/27 10:42
日本共産党の妄想平和主義
お花畑に蝶が舞う、非現実的な妄想平和主義と、支離滅裂な理論に基づく防衛政策のオンパレード。 ...続きを見る
風林火山
2013/10/27 22:51
二人の「E.S.」と中共
&nbsp; 偶然なのか、それとも歴史のいたずらなのか、世紀をまたいで中共に関わるイニシャル 「E.S.」 の二人の米国人がいる。 &nbsp; 米国家安全保障局(NSA)が世界の指導者35人の通話を盗聴していたと英紙ガーディアンが報道した件、ネタ元は例の CIA元職員、 エドワード・ジョセフ・スノーデン ( Edward Joseph Snowden )、つまり 「E.S.」 。 &nbsp; 周知の通り、6月の米中首脳会談を狙い撃ちするようにスノーデンは米国機関... ...続きを見る
賭人がゆく (Yahoo!ブログ)
2013/10/28 04:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
政治家の方達がきちんと私達に戦争の事について隠し立てをせずきちんと本当の事を教えていたら、此処まで日本の品位は落ちていなかった筈です。どうかお願いです。日本人であるなら、歴史認識を誤魔化さないで、認めて下さい。そして中国と話しをして下さい。これ以上大切な人達が亡くなるのを見たくありません。
匿名希望
2013/12/01 02:18
お気持ちわかります。
現時点では、我々市民も共産党本部と論戦する覚悟が必要です。政治家に押しつけても頼れる政治家が極々わずかだからです。
Shirasu J
2013/12/01 08:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史認識問題 心ある野党議員に対して電凸するときがきた!? 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる