美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 文部科学省は外国人留学生に貯金させるために血税を支給しているのか!

<<   作成日時 : 2013/10/21 06:28   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 2 / コメント 4

こんなことやってる外国人留学生に支給していいのか!という意味で書かせていただく。

まず、外国人留学生に係わる下記サイトでの指摘をお読みいただこう。

―――――――――――――――――――――

http://ameblo.jp/ryobalo/

留学生全体の75%ほどを占める中韓の学生の中には、もちろん学ぶことを目的として来日し、勉学に励む若者も多いでしょうが、留学生として来日し、実際には水商売や風俗業、アルバイトなどで働く者も少なくないのが現状です。

また、中には大学から支給される奨学金や生活費を貯金し、そのお金で欧米の大学への留学資金に充てる者もいると聞きます。こうなると、日本にとって留学生を受け入れるメリットが何であるのかわからなくなってきます。

かつての日本なら財政にも余裕があり、アジア諸国の経済発展の貢献のため、人材育成を目的とした外国人留学生を大量に受け入れる余裕があるのでしょうか。しかもその多くは中韓からの留学生ですが、両国とも経済的な成長を果たし、独り立ちしている国です。至れり尽くせりでそこまで手厚い支援をする必要があるのでしょうか。

親日国の若者を留学生として受け入れ、日本の将来にとってプラスになる効果を期待するなら理解できますが、反日的言動を繰り返す国の若者を多く受け入れることに、どれだけのメリットがきたいできるのでしょうか。

彼らの多くは日本で学び、卒業後は帰国すると聞きます。それは中韓には帰国子女を優遇して採用する企業が多いからなんです。

―――――――――――――――――――――

私が言いたいことは、ここで書いてあることで十分過ぎるほどである。

かつて、私も盛り場で多数の中国人留学生を称する人間に遭遇している。

彼らの中には明らかに日本人に敵意を持つ人間(中共幹部の子弟?)がいたことは事実である。

そこで文部科学省に提案したい。

―――――――――――――――――――――

文部科学省への提案事項

・中韓からの留学生数を今の3割程度に減らし、その分をアジアの親日国の留学生に当てる
・留学生支給費用を貯金不可能な水準に引き下げる
・日本人学生の奨学金予算を拡充する
・外国人留学生のアルバイト行為を通報受付する窓口を文部科学省に設置する

―――――――――――――――――――――

ちなみに、私の子供の場合、返済すべき奨学金残高が一人につき150万ほどある。

私はかつて、パート代相当額以上の所属税・住民税を支払いつつ、子供を大学に入学させた。それでも生活は楽ではなく、子供の奨学金返済額合計で一人につき150万ほどある。

外国人留学生支給削減に否定的な自民党議員は、日本人納税者の現実を知らな過ぎると言いたい。

その一方で、政府は外国人留学生に対し、日本人学生以上の破格の支給を続けており、日本の文部科学行政は、実態として罰ゲームを日本人納税者に課しているのと変わりない。

どうしても外国人留学生の支給を維持したいなら、国会議員歳費を一人当たり1000万円下げ、文部科学省職員の給与水準を30%程度削減することだ。



参考
――――――――――――――――――――――――――――
百人の会からの情報

Subject: 同意します  RE: こんなに手厚い!外国人留学生に対する支援制度



留学生に対するご意見、賛成です。

反日国からの留学生を大量に受け入れてまで、余分な大学や短大を存続させるのは
(最近まで新設までしていた)、文部省の役人の天下り先を確保するため、だと
きいています。

日本の大学は、危機意識が薄いとおもう。 世界中にシナが設置している情報工作機関でもある
孔子学院。 カナダのある大学では、その危険性に気付いた教授がいて、孔子学院を閉鎖したそうだが
日本の大学ではまだ孔子学院誘致を依頼しているという ふざけた大学が多いのである。

また、留学生を入れる私立大学は(早稲田をしのぶ人気の明治大学でさえ)、私立助成金がもらいやすいので
大学側も一生懸命留学生を入れるのです。

中韓の留学生は妻子持ちもけっこういます。 妻子を日本に呼び寄せるために大学は
骨を折ります。 そして、子供が生まれると、出産見舞金として、2000年当時でも四十万円
留学生に支給していました。 生活費援助も文部省がしています。

学生の中には、シナ人パブでホステスをしていて、客の社長がパトロンとなって大学生になった、
というのもいました。 日本人の男、甘すぎです。

中には、日本に来て、初めて自分の国、シナがやっていることを知って、恥ずかしい、と言う女子学生も
いましたので、いっそ日本に留学にくる反日国学生には、母国がやっていたこと、歴史事実を徹底的に教えこむ、
ことで、母国での洗脳を解いて、再教育することをカリキュラムに入れるべきではないか、とおもいました。

韓国からの女子留学生を愛人に斡旋する組織もあり、日本の有力者や有名人が利用しているとも
きいています。 韓国の国策でしょう。

アメリカで会った、あるシナのエリート女子留学生が「中韓の留学生は 留学が終わっても、自分の国に帰りたがらない。
留学先の国に残りたがる。 だけど日本人の学生はほとんどが帰国する。 これは、日本の社会福祉がよほどいいからに違いないとおもいます」というので、驚いたことがある。 外国人の間で、日本で外国人が相当優遇されていることの
情報が流れていると実感しました。

日本人ならあり得ないが、留学生でありながら密航や不法滞在ビジネスをしたのもあり。 また、シナ人学生の間では、名簿をつくると泥棒や空き巣が入るので、メールアドレスだけの連絡網とのこと。
さすが、とおもうのは、シナ人は気に入らないことがあると集団で、大使館に言い付ける、などと大学当局を脅迫することもあります。

帰国子女、家庭の躾がよい帰国子女なら日本の組織の中できちんとやっていけますし、欧米人の中でも
尊重されるでしょう。 そして、留学していない日本人とも上手なコミュニケーションをすればよいのですが、
そうでないと浮いてしまいますし、実際、欧米人と対等に交渉できるのは語学力とともに、プラスアルファが
必要です。 とかく帰国子女は日本の国益について意識が希薄なことがあるのが、みてとれます。
帰国子女も そうでない日本人学生も、国家観や歴史観をしっかりとせねばならぬ、と感じるのです。

優秀な日本人をつくるのには 外国人に費やしている巨額のお金を もっと日本人のために使ったらいいと
いうのは まったくの同感です。安倍政権には、外国人に関する法律、日本の土地を外国人が購入できる法律について
厳しく検討していただきたい。  まとまりのない乱筆乱文、ご容赦のほどを。




>
> Jellyのブログより
> http://ameblo.jp/ryobalo/
>
>
>
> 【必見!】こんなに手厚い!外国人留学生に対する支援制度
> 2013-10-15NEW !
> テーマ:教育問題
> タレント、フィフィさんがド正論!!!日本政府は日本人の若者を第一に考えずに、なぜ反日洗脳教育された中韓の若者の教育に熱心なのでしょうか。日本は何もかもおかしすぎますQueenly山谷えり子議員、義家議員、赤池議員、腹くくって頑張っていただきたいですびっくり以下情報。
>
> ★優先すべきは日本人学生!★
>
>
>
>
> ここでは、いくつかある日本の外国人優遇と思われる政策や制度のうち、ふたつの問題について考えてみたいと思います。
>
> まず、外国人留学生に対する優遇制度について。
>
> 日本で学ぶ留学生の多くは、中国や韓国などアジア諸国の出身者で多くを占めています。
> そのうち中韓だけで全体の75%以上になります。
>
> 彼らが留学先として日本を選ぶ理由のひとつに、この留学生優遇制度が挙げられます。
> まず学費ですが、たとえば欧米に留学した場合、その学費は自国の学生の3〜4倍ほど納めなければいけません。
>
> また出稼ぎ目的での入国を防ぐために、アルバイトを含めた労働も制限されます。
> 入学の条件も厳しく、学力テストや語学テストの厳しい基準をクリアしなければ入学は認められません。
>
> 奨学金制度も存在しますが、学力テストよりさらに厳しい審査をパスした数少ない有能な学生にしか給付されません。
>
> これとは対照的に、外国人留学生に手厚い制度を設けているのが日本です。たとえば日本では国立大学の場合、国費留学生の授業料は無料。さらには大学院の留学生には毎月11万7000円〜14万8000円の奨学金(院のレベルによって異なる)が支払われます。
>
> もちろん研修生や学部留学生にも奨学金が支払われます。さらには往復の渡航費も出るといいます。また生活費の支援や留学生会館など、無料の居住スペースも与えられます。
>
> 私立大学については、外国人留学生の授業料に対して減免措置を設け、その一部を文科省が補助しています。これとは別に私費留学生に対しても返還不要の学習奨励費(文部科学省外国人留学生学習奨励費給付制度)を支給しています。
>
> これらの給付を受けている外国人留学生は、国費留学生と私費留学生を合わせると、全体の5分の1ほどの割合になります。
>
> もちろんこれらは日本の税金から賄われています。今後政府はさらに外国人留学生を30万人まで増やすプロジェクトや、「知日派」育成への留学支援を計画しています。でも実際のところ、その目的は経営難に苦しむ大学の救済措置なのではないかとの指摘もされています。
>
> ★多くは日本で学び、卒業後は帰国する中韓の学生★
>
> そもそも日本には大学が多すぎます。入学は難しいが卒業は楽、という日本の大学は、とくにカリキュラムの内容にこだわる必要もありませんので、授業料さえ払えば入学が許可されるような大学が、どんどん開校されていきました。
>
> 学生も「大卒」という資格は、就活が有利に働くための、いわばステイタスとしか捉えていません。そこで何を学び、それをどう活かすかまで考えて勉学に励む日本の学生は稀です。
>
> そのため日本の大学の質は年々下がり、海外から見て決して魅力的とは言えないレベルにまで落ち込んでいきました。
>
> その証拠に世界中から留学生を受け入れていると豪語するわりに、留学生のほとんどは中国と韓国の出身者で構成されています。その他の国々からの留学生はほとんど取り込めていません。
>
> 留学生全体の75%ほどを占める中韓の学生の中には、もちろん学ぶことを目的として来日し、勉学に励む若者も多いでしょうが、留学生として来日し、実際には水商売や風俗業、アルバイトなどで働く者も少なくないのが現状です。
>
> また、中には大学から支給される奨学金や生活費を貯金し、そのお金で欧米の大学への留学資金に充てる者もいると聞きます。こうなると、日本にとって留学生を受け入れるメリットが何であるのかわからなくなってきます。
>
> かつての日本なら財政にも余裕があり、アジア諸国の経済発展の貢献のため、人材育成を目的とした外国人留学生を大量に受け入れる余裕があるのでしょうか。しかもその多くは中韓からの留学生ですが、両国とも経済的な成長を果たし、独り立ちしている国です。至れり尽くせりでそこまで手厚い支援をする必要があるのでしょうか。
>
> さらに言えば、最近の中国と韓国との間にたびたび起こる外交問題や経済摩擦を見ても、日本政府がいかなる理由をつけても、この両国にそこまで税金を注ぎ込むことに、国民の納得を得られるとは思えないんです。
>
> 親日国の若者を留学生として受け入れ、日本の将来にとってプラスになる効果を期待するなら理解できますが、反日的言動を繰り返す国の若者を多く受け入れることに、どれだけのメリットがきたいできるのでしょうか。
>
> 彼らの多くは日本で学び、卒業後は帰国すると聞きます。それは中韓には帰国子女を優遇して採用する企業が多いからなんです。
>
> 残念ながらこのように積極的に帰国子女の就職を斡旋しようとする政府や企業の動きは、日本ではあまり見られません。私の主人も帰国子女で、帰国後日本で就職活動をした経験者です。
>
> 彼は日本が帰国子女の採用に消極的、もしくは帰国子女をうまく活用していない、と嘆いていました。結局、日本の職場は一部の専門職以外では、語学力を必要としないんですよ。
>
> しかも日本の仕事のやり方は、日本国内だけで通用するもので、帰国子女はそこに適応しにくいのです。日本の企業は外国の価値観で下手にその体制を崩されることを嫌うんですよ。
>
> 私もカラオケ会社で働いていた頃、ミーティングで「アメリカでは・・・」と話しはじめただけで、上司に「ここは日本だ!」と遮られました。日本人に海外コンプレックスがあるのは確かですし、外のものを取り入れようと言うわりに、新しい風が入ることを恐れているのも事実です。
>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安倍昭恵「何言われようが隣の国。できる限り親しくしたい」日韓交流批判に・韓国と支那の工作員
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2013/10/21 23:05
中国軍拡への対策:21世紀型“大陸封鎖”
&nbsp; インドがロシアから購入した「航空母艦」が来月引き渡されることとなった。 &nbsp; 全アジアにキナ臭い匂いが漂い出したが、それもこれも、中国が航空巡洋艦「 ヴァリャーグ 」(⇒現「遼寧」)や「ミンスク」という中古品を購入するという軍拡のおかげである。 &nbsp; 読売新聞 2013 年 10 月 22 日 8 時 38 分配信記事↓ … … … … … … … … … … … … … … … … … … ロシア製空母、来月インドへ … ... ...続きを見る
賭人がゆく (Yahoo!ブログ)
2013/10/23 03:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
日本人には奨学金を返済させるくせに、支那人や韓国人の留学生には返済不要の奨学金(大金)を与えるって、狂っています。
coffee
2013/10/21 23:04
教育行政が狂っていることをもっと知らしめましょう
Shirasu J
2013/10/22 11:24
まだ、親日国民の日本留学や日本人の留学、米軍関係者への教育支援に使ったほうがマシです。
中韓には何も与えるな。
Suica割
2013/10/25 01:02
とにかく声をあげていきましょう。
Shirasu J
2013/10/25 20:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
文部科学省は外国人留学生に貯金させるために血税を支給しているのか! 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる