美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 尖閣防衛義務を再確認=国防権限法案に異例の明記―米上院

<<   作成日時 : 2012/11/30 18:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

日本の政権交代を睨んでの決議と思われます。
どういう根回しがあったのか興味あるところです。

当たり前のことですが、尖閣問題に不熱心な民主、社民、未来など、投票すべきではありません。
民主党も社民党も未来の党は日本に不要な政党です。
また、外国人参政権に賛成する政党、公明党、共産党も不要でしょう。
地方議会で慰安婦補償決議、朝鮮学校無償化に賛成した、市民ネットワークも不要な政党です。

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-121130X789.html

尖閣防衛義務を再確認=国防権限法案に異例の明記―米上院
2012年11月30日(金)16:42
 【ワシントン時事】米上院は29日の本会議で、中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島について、日本の施政権下にあることを認め、「(米国の対日防衛義務を定めた)日米安保条約第5条に基づく責任を再確認する」と宣言する条項を、審議中の2013会計年度(12年10月〜13年9月)国防権限法案に追加する修正案を全会一致で可決した。

 国防権限法は国防予算の大枠を定めるもので、領土をめぐる他国同士の争いに関して米国の立場を明記するのは異例。法案全体は近く採決に付され、可決される。 

[時事通信社]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国がハワイ領有権主張…米国「やってみてください」
もしかしたら尖閣侵犯の口実と同様に、 「明代の古地図に 夏威夷 (ハワイ)が記載されている」 云々と言い出しかねないのが、中国。 産経 11 月 30 日 20 時 06 分配信記事↓ … … … … … … … … … … … … … … … … … … 中国「ハワイ領有権も主張できる」 米国務長官、協議の一幕明かす ( http://sankei.jp.msn.com/world/news/121130/chn12113020080006-n1.htm  )  【ワシントン=犬塚陽介】クリン... ...続きを見る
賭人がゆく
2012/11/30 23:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
尖閣を見捨てることは、南シナ海の係争地への中国の圧迫を増すことになります。
また、中国に尖閣がいいなら、南シナ海の諸島も、じわじわと領土を削り取っているブータンもいいだろうという間違いを犯してよいというサインを送ることになります。
また、将来的には、アメリカを軽く考え、中国に靡く風潮を予想し、そうならないように釘を打ったと言えます。
さらに孫の世代まで考えた場合、ハワイラインでの妥協を破り、アメリカをも、配下につけるか、太平洋を自分の庭にし、圧迫する画策を謀りかねないと予測したと言えます。
どの段階で落ち着こうが、将来的コストを考えれば、上院決議は極めて合理的判断と言えます。
日本も過去の反省は大切ですが、過去にとらわれず、現在必要な合理的判断をすべき時だと思います。
Suica割
2012/11/30 20:27
アメリカにもふざけたことを言っていたようですね。
中共を躾けるための最初のシグナルのようですね。

中国「ハワイ領有権も主張できる」 米国務長官、協議の一幕明かす
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121130/chn12113020080006-n1.htm
Shirasu J
2012/11/30 21:08
アメリカにはアメリカの思惑があっての事でしょうね?
安倍政権になると判断した事もあるでしょう。
日米は、台湾を含めた東南アジア・インドまでとロシアまで見方に付けられれば最強なんですけど。
取り合えず予算を増額しないと。






nami
2012/12/03 14:50
アメリカの思惑はそれが何なのかまだ、わかりません。
私は、TPP不参加とする代わりに代替策として、アメリカに軍事協力することが選択肢になるような気がします。そうすることで、日本経済が競争力を復活させることでしょう。
Shirasu J
2012/12/03 17:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
尖閣防衛義務を再確認=国防権限法案に異例の明記―米上院 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる