美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 政治主導のせいで内閣法制局が機能停止させられていた?

<<   作成日時 : 2012/09/06 07:52   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 5 / コメント 6

民主党政権発足直後、国会法の法制化が取り沙汰され、
国会法改正により、内閣法制局の機能停止が懸念されていた。

・国会法改正案の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1128.html

この改正案は、違憲の判断を内閣法制局長官にさせないことを意図していた。

ところが、最近、変な法案が法案成立したり、閣議決定されようとしていた。

変な法案とは、平成24年の「著作権法改正」、先日閣議決定延期となった「人権委員会設置法案」、平成22年度成立した「子供手当支給法案」のことである。

実は、これら3つの法案に共通することが2つある。

@基本的に政治主導法案である
A法案そのものの杜撰さを指摘する意見が非常に多い

また、「著作権法改正」、「人権委員会設置法案」については、法案に書いてあることと法案の解釈集(いわゆる省庁作成のQ&A集)の内容に乖離が多いのだ。法律の本体の記述に問題があるのに、それを法案本体側で修正せず省庁側のQ&A集の解釈にて補おうとする手法が蔓延している可能性があるのだ。

詳細説明する前に、内閣法制局の役割を確認いただこう。
――――――――――――――――――――――――

http://www.clb.go.jp/law/process.html#process_1


法律案の原案作成
内閣が提出する法律案の原案の作成は、それを所管する各省庁において行われます。
各省庁は所管行政の遂行上決定された施策目標を実現するため、新たな法律の制定又は既存の法律の改正若しくは廃止の方針が決定されると、法律案の第一次案を作成します。
 
この第一次案を基に関係する省庁との意見調整等が行われます。
更に、審議会に対する諮問又は公聴会における意見聴取等を必要とする場合には、これらの手続を済ませます。
そして、法律案提出の見通しがつくと、その主管省庁は、法文化の作業を行い、法律案の原案ができ上がります。
Page Top

内閣法制局における審査
内閣が提出する法律案については、閣議に付される前にすべて内閣法制局における審査が行われます。
内閣法制局における審査は、本来、その法律案に係る主管省庁から出された内閣総理大臣あての閣議請議案の送付を受けてから開始されるものでありますが、現在、事務的には主管省庁の議がまとまった法律案の原案について、いわば予備審査の形で進める方法が採られています。
したがって、閣議請議案は、内閣法制局の予備審査を経た法律案に基づいて行われます。
 
内閣法制局における審査は、主管省庁で立案した原案に対して、
  ・憲法や他の現行の法制との関係、立法内容の法的妥当性、
  ・立案の意図が、法文の上に正確に表現されているか、
  ・条文の表現及び配列等の構成は適当であるか、
  ・用字・用語について誤りはないか
というような点について、法律的、立法技術的にあらゆる角度から検討します。
 
予備審査が一応終了すると主任の国務大臣から内閣総理大臣に対し国会提出について閣議請議の手続を行うことになり、これを受け付けた内閣官房から内閣法制局に対し同請議案が送付されますが、内閣法制局では、予備審査における審査の結果とも照らし合わせつつ、最終的な審査を行い、必要があれば修正の上、内閣官房に回付します。

国会提出のための閣議決定
閣議請議された法律案については、異議なく閣議決定が行われると、内閣総理大臣からその法律案が国会(衆議院又は参議院)に提出されます。
なお、内閣提出法律案の国会提出に係る事務は、内閣官房が行っています。

――――――――――――――――――――――――

上記によれば、内閣法制局は

@憲法や他の現行の法制との関係、立法内容の法的妥当性、
A立案の意図が、法文の上に正確に表現されているか、
B条文の表現及び配列等の構成は適当であるか、
C用字・用語について誤りはないか

の視点で審査するのだそうだが、

人権委員会設置法案は、法案ではどうとでも読めるのに対し、Q&A集では具体事例として適用されないという解釈が何カ所も並んでいるが、そもそも法案における定義が曖昧で拡大解釈を招きかねない点において、上記A、Bを満足していない。

つまり、文案的に閣議決定にふさわしくない法案だという点において、民主党政権は、閣議決定予定だった「人権委員会設置法案」を内閣法制局に十分文書審査をさせなかった疑いがあるのだ。文案に関する問題点は以下参照。

――――――――――――――――――――――――

・閣議決定を見送った「人権委員会設置法案」は、慰安婦・朝鮮学校無償化救済が目的なのか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201209/article_6.html

――――――――――――――――――――――――

次に、著作権法改正案だが、法案部分では、多くの行為が違法と読めるが、Q&A集や政府広報を読んではじめて違法ではないことが確認できる事例が続出している。
つまり、改正案本体が違法行為を規定し過ぎため、Q&A集、政府広報で、啓蒙活動と称し、あれもこれも違法ではない、違法なのはこういう行為だと法案の趣旨とは正反対の文書を発表しているのである。
こうなってしまったのは、政治主導で改正案が確定し、内閣法制局に実質審査させずに、異常な速さで改正案が成立し、成立してしまった後で改正案の不備を今度は文化庁主導でQ&A集や政府広報にて補足することにしたため起きたものではないかと、以下の文書の内容から私は疑っている。

――――――――――――――――――――――――

・平成24年通常国会 著作権法改正等について
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/24_houkaisei.html

・著作権改正に伴う政府広報
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200908/2.html

・著作権制度の解説資料
http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/

・【参考】著作権法改正により映画ブログ、音楽ブログは全滅か?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201206/article_26.html

――――――――――――――――――――――――

さらに、この件については、変なことがもう一つある。改正案成立した時点において、いろいろ読み比べてみて感じでは、民間サイトの解釈の方がわかりやすいのだ。

・違法ダウンロードに刑事罰・著作権法改正で何が変わるか 壇弁護士に聞く
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/20/news015.html

通常、法律というものは、内閣法制局が審査するので、内閣法制局が文案を手直しすることで、わかりやすいものになるはずなのだが、改正案成立時点で、法律、省庁作成のQ&A集などよりも民間サイトの解釈がわかりやすいことは、この改正案が国会審議スケジュールの都合で極めて短期間で可決され、そのために内閣法制局での審査が省略されたことを暗示しているような気がするのである。

従って、こんなわかりにくい法案は、Q&A集の解釈を法案に盛り込む方向で条文を作り直すべきと思う。

次に、民主党政権において、法案が杜撰で現場が混乱させられたケースとして、子供手当支給法案があった。

・子ども手当法案
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E6%89%8B%E5%BD%93
・日本国民は世界の奴隷なのか?(ずさんな子供手当)
http://www.youtube.com/watch?v=D3AvJ4d3ORI

この法案の国会審議において、複数の自民党議員が、国会で法案の文案の杜撰さを指摘したのに、民主党は採決を強行させ、法案を成立させた。

この法案は、内閣法制局がきちんと文書審査していれば、「法案の妥当性」という視点から、不正受給の可能性が内閣法制局での審査により防止されていたはずだと私は考える。しかし、実態は、杜撰な内容を放置した文案で閣議決定され、国会審議で物議をかもし、不正受給まがいの行為が続出し、税金の無駄遣い揶揄される事態を招いた。

次に、話しは変わるが、
自民党政権時代に江田憲司議員が、内閣法制局の仕事の仕方についてクレームを付けたケースがあった。

――――――――――――――――――――――――

・「内閣法制局よ、お前は何者なのだ」
http://114.179.254.47/media/magazine/200906/post-3.html

――――――――――――――――――――――――

読んでいくと、往年の内閣法制局という部局は気骨ある官僚がかつていた職場だったことが分かる。

それゆえ、今の内閣法制局は、民主党政権において政治主導というかけ声のもとで、内閣法制局が担うべき文書審査が省略するか無視され、いい意味での官僚根性が骨抜きにされ、あるいは売国政権から無意味な制約を課され、その結果、法律が施行される現場実態および法制化の趣旨から乖離し、異様にねじ曲げられた状態で担務させられている可能性があることを私は指摘しておきたい。

そこで、一人の国民として、いい加減な文面の法案で国家国民を混乱に陥れるような政権は、もうこりごりだと言いたい。
早く解散総選挙を行い、民主党政権をやめさせるしかない。

最後に、
これは、一般論となるが、内閣法制局は、文書審査係として、政治主導だろうがなんだろうが、省庁提出のいい加減な法律案について、

@憲法や他の現行の法制との関係、立法内容の法的妥当性
A立案の意図が、法文の上に正確に表現されているか、
B条文の表現及び配列等の構成は適当であるか、
C用字・用語について誤りはないか

のほかに、

・税金の無駄遣いとならない
・法案を簡潔かつ明瞭な文案に仕上げる
・曖昧な定義を放置しない
・法案の文案と実態(実務)と乖離ある場合は、省庁側に、解消のための努力を促す
・文書審査の際、法案のほかに省庁作成のQ&A集についても行い、法案の文案不備が認められる場合、Q&A集の文言を極力法案に盛り込む方針で取り組む

ことを国民の一人として要望したい。

そして、可能なら、国民からの問いあわせに、もう少し回答してくれる役所であってほしい。
最低限、文書審査実績の有無と文書審査完了日の日付ぐらいは、公表願いたい。
そうしていただけることで、政治主導法案の杜撰さを証明しやすくなると考えるからだ。


以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
尖閣“無人島政策”の果て…官邸が司る日支ウラ合意
都による尖閣洋上調査の直後、国有化の情報がメディアに踊った。だが、中共から強い抗議の声は聞こえない。官邸と北京の裏取り引きで、尖閣は東シナ海に浮かぶ“日本人禁制”の島となる。 ...続きを見る
東アジア黙示録  
2012/09/06 15:09
尖閣「対中配慮」は背信行為だ
野田政権と読売新聞、時事通信らマスコミは、日本国民に対する重大な背信行為を犯していると思う。 昨日来の尖閣購入を巡る報道が錯綜しまくっているが、報道経過から判るのは、 8/28   (時事通信) 中共政府、尖閣問題で 『対日3条件』 出す    (1) 上陸させない (2) (資源・環境)調査をしない (3) 開発しない(建造物を造らない) ↓ … … … … … … … … … … … … … … … … … … 尖閣問題で「対日3条件」=現状維持へ「上陸・調査・開発」拒否−中国政府 ( ht... ...続きを見る
賭人がゆく
2012/09/06 21:57
ビジネス文書便利ページ
ビジネス文書の文例を探すならこのページ。書店には多くのビジネス文書例文集がありますが、今やそれらは不要ではないかと思います。なぜなら、ネット上には無料で利用できる豊富な文例集があるからです。ここではそれらの中から、「文例が豊富であるサイト」「Wordファイルでダウンロードできるサイト」「対話方式で文書を自動作成できるサイト」の代表サイトを以下に用意しました。大抵のビジネス文書例は、これらのサイトを利用することで十分対応可能です。ただし、実際のビジネスシーンでは、文例集が役に立.. ...続きを見る
文書と文章の便利ページ
2012/09/06 22:51
尖閣諸島でも誤報とミスリード 読売新聞
読売新聞が、又又、やってくれました、誤報をです。 ...続きを見る
政治の本質
2012/09/06 23:15
フジ「とくダネ!」小倉智昭のオープニングトーク廃止「数字がどんどん下がる」・旭日旗、闇社会、浅田真央...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2012/09/08 11:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
施行令や規則は法律本体と同じくらい大事なものですが、それらには、法律本体に反する内容でないことが要件にあるだけで、国会での承認や議決を必ずしも制定や改正の要件にしていません。
曖昧過ぎる法律は、いくら運用規則を整備しようが、危険な代物です。
そのようなものを法律にしてはならないです。
運用規則でどうにかするとの甘言にだまされてはなりません。
法律本体こそが味噌なんです。
Suica割
2012/09/06 20:10
政治主導が変な法律をのさばらせる事に気づいたので本原稿にて注意喚起させていただきました。
Shirasu J
2012/09/06 20:17
内閣法制局に違憲判断をさせないのを卓見という論者はおかしいと思ってました。
そういう方々が行政に当たる官僚にやらせるのはおかしいから、三権分立に従い司法に判断頂くべきと言わないのは、何か裏を感じます。
違憲かどうかを裁判所の判断を仰いでから、立法や施行する制度を作ろうというならまだ、納得出来ますが、そうでないからには賛成とはいきません。
今回の記事は読んでいて納得しました。
Suica割
2012/09/06 23:07
私は、テレビ番組や新聞記事にて登場する識者は、売国奴か馬鹿のどちらかであると考えております。
内閣法制局に実態がどうなっているのか問い合わせても答えてくれそうもないため、推論で書いた原稿です。政治主導のもとで、この3年間、内閣法制局がどういう扱いを受けていたのか、調査すべきと考えます。
Shirasu J
2012/09/06 23:37
内閣法制局って実際には権限ないようです。
外国人参政権なんて明確な憲法違反なのに、阻止できないそうです。
coffee
2012/09/08 11:11
もしそうなら、自民党政権時代、それなりに意見具申していたのは何だったのでしょうか?
Shirasu J
2012/09/08 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
政治主導のせいで内閣法制局が機能停止させられていた? 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる