美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS いじめ問題の提言 保護者と学校は校内犯罪処理のノウハウと手順を共有化すべきだ

<<   作成日時 : 2012/07/16 20:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 4

皇子山中学では、いじめを喧嘩として認識していたようである。

――――――――――――――――――――――――
<大津いじめ自殺>担任ら複数の教諭が話し合い 問題把握か
毎日新聞 7月14日(土)12時31分配信

 大津市の市立中学2年の男子生徒が昨年10月11日に自殺した問題で、生徒が亡くなる直前、「男子生徒がいじめを受けている」との情報を受け、担任ら複数の教諭がいじめの可能性について話し合っていたことが市教委への取材で分かった。情報は、昨年9月末ごろと10月5日、担任の男性教諭らに別の生徒が少なくとも2度伝えていた。【加藤明子、村山豪】

【自殺を強要されていた】アンケートで生徒ら回答

 また、市教委学校教育課は14日、取材に男子生徒が自殺した10月11日にも学校がいじめについてアンケートをする予定だったことを明らかにした。そのうえで「いじめの指摘の認識については、(教諭らで)共有していた」と認めた。これまで学校は一貫して「いじめの存在は知らなかった」としていた。

 市教委などによると、同年9月末ごろ、男子生徒が同級生からトイレで殴られているのを目撃したという女子生徒が別の教諭に「(男子生徒が)いじめられている。やめさせてほしい」と訴えた。この教諭が男子生徒に確認すると、「大丈夫」と答えたという。

 また10月5日、別の生徒が担任に「いじめがある」と伝えていた。学校側は男子生徒が同級生とけんかをしたとして、両方の保護者を呼んで謝罪させた。このとき担任は、男子生徒1人を残し「本当はどうなんだ」と、いじめについて聞いたところ、生徒は「きょうはちょっとイヤやった」と答えたという。

 担任や2年を担当する別の教諭らはその後、男子生徒について話し合い、その際「いじめかもしれないから、人間関係に気をつけていこう」という意見も出されたという。男子生徒はこの6日後に自殺した。

 学校や市教委はこれまで一貫して「担任も含めいじめについては知らなかった」と話しているが、少なくとも自殺の直前に、いじめがあった可能性を認識していた疑いがある。

 県警は、生徒約300人の事情聴取も視野に、いじめの有無について全容解明を目指す方針。


http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120715/waf12071500460000-n1.htm

自殺直前のいじめ「けんかと判断」 校長が謝罪 
2012.7.15 00:44

 大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、担任教諭が自殺の6日前に校内で確認した同級生による男子生徒への暴力について、学校側が「けんか」と当時認識していたことが14日、わかった。校長が同日一連の問題発覚後、初めて会見し明らかにした。校長は「当時いじめの認識はなく、けんかと判断したが、学校の対応は不十分だったと認めざるを得ない」と謝罪した。
 校長によると、男子生徒が自殺する6日前の昨年10月5日、担任は校内のトイレで男子生徒が同級生に暴力を振るわれているのを確認し、放課後、学年主任を含む教諭数人と校内で対応を協議。「生徒らを気をつけてみていく必要がある」「2人の力には差がある。けんかはいじめにつながる可能性もある」との意見があったものの、「いじめではなく、けんか」として意見をまとめ、校長に報告した。協議は約15分だった。
 暴行があったトイレにはほかにも数人の生徒がいたが、担任は事情を聴かず、「いじめや」と知らせてきた生徒にも改めて話を聞くことはなかったという。担任は昨年9月、男子生徒が同級生から首を絞められるなどしていたことも把握していた。

大津市役所で会見した校長は「もっと踏み込んだ対応をすべきだった。当時いじめの認識はなく、いじめがあったことは申し訳ない」と謝罪。市教委は男子生徒の自殺後の昨年11月、生徒アンケートをもとにいじめの存在を認めた。アンケートでいじめを示す回答がありながら対応が遅れたことについては、「聞き取りも十分ではなく、大きな見落としがあると感じる」と述べ、学校が滋賀県警による捜索を受けたことなどには「学校全体を混乱させたことに十分責任を感じている」と話した。

――――――――――――――――――――――――

これらの事実から、喧嘩なので放置したと受け止めるならば、喧嘩があったことを保護者に伝えず、警察に通報しない学校だったということになる。

私は、大津だけでなく、日本中の中学校が似たような状況だという認識を持っている。

その一方で、生徒から教師への暴力は警察への通報が行われているようだ。
なぜなら、そういう記事ばかりが目立つからだ。

つまり、
日本中で保護者と学校が、校内暴力処理のノウハウと手順を共有化していない可能性が非常に高いのだ。


・「教師への暴力は通報しても、生徒同士なら通報せず」いじめ?暴行事件
http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1023850492/

また、教師への暴力も増えているようだ。

・小学生による教師への暴力、大幅増 「教師が抑止力にならなくなってきている」
http://newtou.info/entry/3764/

ただ、校内暴力自体は現代に限った話でもなさそうだ。
http://kangaeru.s59.xrea.com/teacher.htm


そこで、

教師への暴力だけを警察通報し
いじめをいじめと認識しないばかりか
生徒同士の喧嘩を刑事事件として処理せず
保護者にも伝えないのであれば

中学校にこのような教師を常駐させる必要はないだろうし、このような教師に教師をさせる必要も私は認めない。

特に、皇子山中学の件は、謝罪の有無に関係なく、保護者がどう言おうと、警察通報すべき案件が多数あったはずだ。

私は、これらに係わった教師たちに言いたい。

これでも教師続けたいなら
どこかの鉄道会社で話題になった
あの日勤教育を公開の場で受けるべきだ。

目的は、

いじめをいじめと認識させる
生徒同士の喧嘩を刑事事件として処理させる
喧嘩やいじめを保護者や警察に通報させる

ためである。

教師達にとっては、毎日毎日が地獄の日々となるだろうが、いじめ被害者を黙殺したのであるから
その代償として受け入れるべきだ。

もはや、学校内で
違法選挙活動や組合活動などで暇つぶししている場合ではない。

保護者は、子供を守るために学校に行き、生徒だけでなく、学校そして教師を監視すべき時代なのであり、

学校、教師が

・いじめをいじめとして認識しない場合
・いじめを見逃した場合
・生徒同士の喧嘩を警察通報案件と認識しない場合
・生徒同士の喧嘩を見逃した場合
・いじめや喧嘩を保護者に通報しない場合

保護者は
教育委員会、文部科学省、議員に怠慢教師を通報し
地方議会等で議会喚問させ
教育委員会に処分要求すべきなのだ。

次に、
学校側に対する現実的な推奨事項であるが、

学校、教師側が、保護者に監視され、通報され、指導される、最悪の事態を招かないために、下記サイトの手法を参考とされることを推奨する。

複数の加害者生徒に対する事実認定手続き
http://d.hatena.ne.jp/moriguchiakira/20090520

校内犯罪の証拠の取り方
http://d.hatena.ne.jp/moriguchiakira/20120709

いずれにせよ、私は、保護者も学校側も校内暴力等の犯罪行為については、被害者が教師だろうと生徒だろうと等しく処理(事実認定後通報する)するノウハウと手順を共有化すべきと考える。

そういう意味で、法律知識未熟な教員対策として
・教育学部のカリキュラムに法律関係の講義を必修科目で追加
・校内犯罪への対応能力強化のため、学校内での犯罪調査、事実確認、通報、証拠保全等に係わる処理の義務づけ、校内犯罪の隠蔽禁止する法律の
罰則付きで制定
・教員への校内犯罪対応研修の実施

を提案する。

研修にいついては、必ずしも文部科学省側にて研修企画する必要はない。

保護者側が、学校、教師に対し社会常識を身につけさせる機会として、研修を主催し、教師、保護者双方が受講する研修システムがいいと思う。その方が、質疑応答などにより保護者と学校側の認識の溝が埋まりやすいし、研修コストの低減にもなる。
また、保護者側主催の研修実施により、PTAが活性化し、PTAが隠蔽に加担するような事態も防げるだろう。

そして、保護者と学校が校内犯罪処理のノウハウと手順が共有できて初めていじめ重大事案(いじめ自殺、いじめ殺人)の未然防止の一助となることを私は期待したいし、いじめの完全撲滅などというできもしないことをいじめ処理もまともにできない学校現場が宣言する必要はまったくないと考える次第である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
やはり他殺で間違いない!「遺体は傷もなくて、きれいだった」「心臓マッサージを試みた」・14階から飛び...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2012/07/16 21:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これはもう「いじめ」でもないでしょう。
勿論「けんか」ではありません。
暴行、傷害、恐喝、自殺教唆、殺人です。
校長も担任も酷過ぎます。
coffee
2012/07/16 21:50
保護者が学校を指導する時代ということです。
Shirasu J
2012/07/16 22:18
今回の問題は 氷山の一角じゃないですか

教師や周りの大人たちもですが
肝心なのは やはり
親の在り方だと思います。
自分の子どもに
「いじめ」をさせちゃいけない

人の痛みも わからない
大人に育てちゃいけない

いずれ
自分の子どもが精神的に苦しむ事になる

自分の子どもがいじめをする事はあまりにも
悲しいことです!

2012/07/17 14:16
親を見て子供は育ちます。
この事件に限らず、当たり前の道理が通じない親が増えてきていると感じております。
Shirasu J
2012/07/17 14:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
いじめ問題の提言 保護者と学校は校内犯罪処理のノウハウと手順を共有化すべきだ 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる