美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 著作権法改正(刑事罰強化、検閲・ネット規制強化)は「人権侵害救済法案の代替措置」のようだ

<<   作成日時 : 2012/06/22 21:42   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 3 / コメント 2

私個人は、著作権法の改正の必要性は認めているつもりであるが、今回の改正は、関係者の動きなどから不自然な点が実に多い改正であることをまず最初に指摘する。

実際、衆議院、参議院にて実質審議らしい審議がされず、ほぼ全会一致状態(各党談合)によって可決成立されている。

そこで、今回は、「法の不備」、「著作権に係わる団体の動き」、「推進議員の動向」などから視点から、その問題について述べさせていただく。


1.著作権法改正案は、反日マスコミの偏向捏造を助長する?

まず、著作権法改正案であるが、

考えようによっては、外国人が日本人を刑事罰を科すことができる法律が一つ増えたことを意味する。
たとえば、外国人記者が日本を辱めようという意図で偏向捏造番組を制作し、その偏向捏造の事実を動画等で拡散しようとした愛国者がいた場合、最初に逮捕されるのは偏向捏造した記者ではなく、動画等をyoutubeにアップロードした日本人が逮捕されてしまうことである。
そういう意味において、今回の改正は、「sengoku38」の再発防止対策であることだけは確かだろう。

いくら、改正案に多数の付帯決議あろうが、刑事罰適用条項あるのだから、どうそれをマイルドにするのであろうか。
そういう意味において、今回の著作権法改正での刑事罰強化は、日本人狩り法案として機能し、その一方で反日マスコミによる偏向捏造が助長する可能性を私は指摘する。

2.法案成立後に「日本音楽著作権協会」が行った要請は検閲と変わりないのではないのか

「法改正直後の違法音楽ファイルを自動検知 プロバイダーに導入要請」という記事を読んだが、これは、検閲を強制しているように読める。おまけに使用料までとるのである。
この団体の関係者が日本に反日感情を持つ外国人(在日含む)だった場合のことを想定してほしい。
彼らは、この改正案を根拠に、「日本人狩り」をやりたい放題できるのだ。
芸能人の大半が在日であり、芸能界が在日支配であることを理解しているのであれば、この改正案の恐ろしさがわかるはずだ。
こういうずうずうしい手法は、業界イメージを悪化させる点において、真正日本人ならやらないとはずだと直感でわかることである
ただ、10月1日以降、動画サイトに違法動画をアップロードしている活動家が一網打尽にされることは覚悟した方がいいだろう。

―――――――――――――――――――――――

http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY201206200382.html


違法音楽ファイルを自動検知 プロバイダーに導入要請
 日本音楽著作権協会(JASRAC)など音楽の著作権を扱う6団体2社が、インターネット上の違法音楽ファイルに対して新たな対策に乗り出した。権利者団体が設立した「著作権情報集中処理機構(CDC)」が開発した違法ファイルを検知するプログラムを、プロバイダー側に導入するよう働きかける。

 これまで違法ファイルは、権利者団体が見つけ、プロバイダーに削除要請をしてきたが、削除までの間に、ネット上に拡散してしまうのが実情だった。

 今回、CDCが技術開発したプログラムは、プロバイダーのサーバー上で起動し、違法ファイルを自動的に検知する仕組み。6団体2社は、プロバイダーにこのプログラムを1カ月につき5万円の使用料で提供し、違法ファイルをアップロード(配信)した人に対して、警告やネットへの接続を拒否する対応を自主的に取ってもらうことを目指すという。(木村尚貴)

―――――――――――――――――――――――


3.著作権法改正案の推進議員の対応の不自然さ


著作権法改正案修正案の提出議員は実は、外国人住民基本法案の請願に係わった議員である。

・池坊保子議員は外国人住民基本法案の請願に係わった一人
http://50064686.at.webry.info/201103/article_57.html
また、外国人参政権や二重国籍にも賛同している。
http://senkyomae.com/p/433.htm


ところが、この議員は答弁拒否しているのである。
実に不思議である。

・修正案提出者の池坊保子議員が答弁拒否した事実。
http://blog.livedoor.jp/chicklchickl/archives/9296805.html

答弁拒否した理由はおそらく2つあるだろう。一つは、修正案提出を押しつけられたが、著作権法についてそれほど詳しくなくボロが出ることを嫌がったため、もう一つは、自分の売国奴ぶりが知れ渡るのを嫌ったためであろう。
経歴を見ると、文学部出身であり、法律に明るい議員と思えない。
http://www.ikenobo-yasuko.net/profile.html
また、比例ブロック議員であり落選運動のターゲットとしにくいようだ。

こういう状況などから、私は、池坊議員は修正案の提出を押しつけられたような気がするのだ。
―――――――――――――――――――――――
http://blog.livedoor.jp/chicklchickl/archives/9296805.html
118 :名無しさん@13周年 2012/06/20(水) 12:31:15.55 ID:lH2EWshXO
あと、池坊ばかりが批判されてるが、

同様に下村と馳が共犯。これ、基本ね。

―――――――――――――――――――――――

一方、この改正案の協力者である下村博文議員が、人権侵害救済法案に反対している。
http://hakubun.jp/tag/%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E4%BE%B5%E5%AE%B3%E6%95%91%E6%B8%88%E6%B3%95%E6%A1%88/

そこで、

・人権侵害救済法案に反対する議員が、著作権法改正について賛同していること
・衆議院、参議院にて実質審議らしい審議がされていないこと
・修正案提出議員が法案に精通しているとは思えない議員であること
・修正案提出議員の答弁拒否

などの奇妙な事実から

この改正措置(刑事罰つき)は、人権侵害救済法案の代替措置である可能性が高いことを指摘する。つまり、下村議員のブログのコメント欄にこの件に関する抑制的投稿があるのは、このブログが本件の保守側のガス抜きの役割を果たしていることを意味する。

従って、1〜3の調査分析結果から総合的に判断すると、

本件は、与野党の高度な政治的かけひきの産物であり、シナリオを書いた黒幕は法務委員会に所属する議員であり、池坊議員は単に修正案提出者としての役割を負ったに過ぎないという見方ができる。

ただ、そうは言っても、著作権保護を厳格にしておきながら、重大問題は依然放置されたままである。

それは、最初に述べた様に、

外国人記者が日本を辱めようという意図で偏向捏造番組を制作し、その偏向捏造の事実を動画等で拡散しようとした愛国者がいた場合、最初に逮捕されるのは偏向捏造した記者ではなく、動画等をyoutubeにアップロードした日本人が逮捕されてしまう現状だけはなんとしても変えなければならない。

だから、この修正案推進した愛国議員は、体を張って、マスコミ規制法案を準備すべきなのだ。

なお、本件は、下村博文議員のブログにて意見投稿が可能である。

http://hakubun.jp/2012/06/%e8%91%97%e4%bd%9c%e6%a8%a9%e6%b3%95%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e8%b3%aa%e7%96%91%e3%81%99%e3%82%8b/

本件追跡調査したい方は、池坊議員、音楽著作権協会、芸能界、人権団体等との関係を調べることを推奨する。意外な事実が見つかるかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
頑張れ維新政党・新風!
 ソウル日本大使館前の「売春婦像」に「竹島の碑」が贈呈された行為が話題となっている。 『韓国の反日団体がソウルの日本大使館前に不法設置した“慰安婦記念像”に対する日本人の抗議行動が話題になっている。韓国マスコミは22日、日本の右翼団体のメンバーとみられる ...続きを見る
日本は危機的な状態です!
2012/06/23 05:19
頑張れ維新政党・新風!
 ソウル日本大使館前の「売春婦像」に「竹島の碑」が贈呈された行為が話題となっている。 『韓国の反日団体がソウルの日本大使館前に不法設置した“慰安婦記念像”に対する日本人の抗議行動が話題になっている。韓国マスコミは22日、日本の右翼団体のメンバーとみられる ...続きを見る
日本は危機的な状態です!
2012/06/23 05:21
消費税法案、26日採決=民自公3党が合意・国民の意思を完全無視して日本を奈落の底に突き落とす民主、自...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2012/06/23 14:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私はあまりこの問題詳しくないのですが、国会議員も良く考えず、議論もせずに議決したようですね。
coffee
2012/06/23 14:04
そうです。
施行令、省令がないと維持できないのに、10月1日施行という馬鹿なことをやらかした法律です。
Shirasu J
2012/06/23 17:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
著作権法改正(刑事罰強化、検閲・ネット規制強化)は「人権侵害救済法案の代替措置」のようだ 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる