美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党のイメージを変えたいなら谷垣さんあなたが変わるべきだ!

<<   作成日時 : 2011/11/03 08:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 0

自民党の小泉議員が、自民党のイメージを変えたいと語っている。
………………………………………………………………………………

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111102-OYT1T00982.htm?from=main4

自民党のイメージ変えたい…小泉青年局長が抱負

自民党青年局の会議であいさつする小泉進次郎・青年局長(自民党本部で) 自民党の小泉進次郎青年局長は2日、就任後初の同局役員会で「若い人の意見を聞かない、考えが古い、頭が固いという自民党のイメージを変えていきたい」と抱負を語った。

 30歳で歴代最年少の青年局長となった小泉氏は「イメージが変わらないから、民主党があれだけひどくても、党への信頼が回復しない」と強調。若者への発信強化を主とした党のイメージ刷新や、東日本大震災の被災地支援継続を青年局の重点活動方針とする考えを示した。

(2011年11月2日18時17分 読売新聞)

………………………………………………………………………………
まったく、同感である。

さて、自民党谷垣総裁に関する報道について、最近気になっていることがある。

それは、
タイミング的に遅い発言報道であったり、
一部報道機関による発言内容を部分的にカットする報道が出回り、新聞社によってはニュアンスの微妙な食い違いがある記事が増えてきており、谷垣総裁も安倍晋三首相や麻生首相同様、反日マスコミの餌食にされつつあるのではないかと私は危惧している。

また、私は、谷垣総裁個人の情報発信力についても懸念をいだいている。

ツイッターのフォロー数、配信頻度、ツイート内容を比較してみたい。

・谷垣禎一
フォロー数157000、8月以降配信が途切れがち、イベント案内中心

・小池百合子132000、不定期で1日1回程度、時局情報が多い

・片山さつき
フォロー数81000、1日3回程度配信、近況説明、意見情報配信

・田母神俊雄
フォロー数78000、1日1回程度配信、近況説明、意見情報配信

・佐藤正久
フォロー数52000、1日数回配信、近況説明、意見情報配信

・三橋貴明(ブログランキング1位)
フォロー数15000 2日に1回程度配信、ブログ更新情報中心

・新藤義孝
フォロー数10000、1日3回程度配信、近況説明、意見情報配信

・西田昌司
フォロー数8000、不定期配信、近況説明、意見情報配信

これを見て皆さんはどう思われるだろう。

私などは、ツイッターのフォローはせいぜい1000ぐらいがいいところである。
それが16万ものフォロー数があって、野田内閣以降、谷垣総裁から情報配信も呼びかけもしていないことに、私は正直がっかりしている。

支持者がこんなにいるのにいったい何をしているのかと思われても不思議ではない。
また、休日返上し、あるいは平日休暇をとってフジテレビ抗議デモ、花王抗議デモに参加している人からみれば明らかに怠慢と映るだろう・

続いて、
公式ホームページを読むと、確かにそれなりの頻度で谷垣日記と活動報告の更新はなされている。
メルマガ登録サイトがあるが、私が知る限りメルマガは一度も配信されていないのだ。

次に、自民党の支持率低迷に関して、安倍晋三元首相が発進力を強化すべきと述べている。
これは暗に、行動力と情報配信力リーダーシップの足りなさを指摘していると私は考える。

………………………………………………………………………………
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111003-00000526-san-pol

自民支持率低下に「発進力強めなければ」と安倍氏 世論調査
産経新聞 10月3日(月)12時50分配信

 自民党の安倍晋三元首相は3日、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が1、2両日に実施した合同世論調査で、自民党支持率が前回調査(9月3、4両日実施)よりも2.8ポイント下がって19.9%となり、民主党の20.5%を下回ったことについて「われわれの発進力を強めていかなければならない。それに尽きる」と指摘した。国会内で産経新聞の取材に答えた。

 9月30日発足の自民党新執行部に「期待する」との回答が26.1%にとどまり、「期待しない」の60.0%を下回ったことについては「腰を低くがっぷり四つ攻めていこうという姿勢だが、世論受けはしなかったかもしれない。これから一つ一つ成果を上げていくしかない」と述べた。

 野田佳彦政権の内閣支持率が3.9ポイント低下したものの、依然56%と高いことに関しては「前任者(菅直人前首相)に対する評価の裏返しという側面がある。しばらくは同一内閣が続いた方がいいという国民の声だ」と述べた。その上で、「粘り強く問題点を指摘していきたい」と語った。

………………………………………………………………………………

一方、スマートフォンとタブレットPCの普及によって、ツイッター人口は数千万人となると予測されている。
次回の総選挙直前には、ツイッターでの情報配信力が、選挙情勢を大きく左右するだけでなく、マスコミの意図的な攻撃を回避する手段にもなりうるところまできている。

従って、
谷垣総裁は、
ツイッターのメデイアとしての将来性に気づかず、
フォロー数16万も確保している政治家がこの利点を活用せず、
リアルタイムに近い意見情報配信を怠り、
その結果有権者にメッセージがうまく伝わらず、
その結果自民党支持率が低迷し、
マスコミにいいようにしてやられているようにしか見えない。

その結果、
自民党全体としてみると
自民党にせっかく良い政策があっても自民党の手柄として評価されず、
世論調査で首相にふさわしい議員の上位に自民党議員の名前があがってこない事態を招いている。

こうなってしまった最大の原因は自民党谷垣総裁および自民党の情報配信力のなさが原因なのだ。

その改善の第一歩として、谷垣総裁および谷垣事務所関係者に提案をさせていただく。

提案事項は5点である。

・公式ホームページの更新情報(谷垣日記、活動報告)をツイッターに自動投稿する様、ソフト変更すること(RSS)

・ぶらさがり?取材などでの発言報道を歪曲報道されることを防ぐために、ツイッターでリアルタイムで取材時の発言要旨を配信すること

・重要な事案(政局マター)については、ぶらさがり取材?を受ける前に、迅速にツイッターで意見配信すること

・街頭演説を定期的に続けること(街頭演説の内容、反響をツイッターで配信すること)

・メルマガ配信しないのであれば、メルマガ登録受付をやめること


最後に自民党関係者に申し上げたい。

ツイッターに配信すれば、若者層への情報配信力は格段にアップする。支持者がいればリツイートの形で情報はさらに拡散する。
従って、ブログとツイッターを連携させ、ツイッター経由で、集会デモ等の呼びかけを行い、その情報がリツイートされれば、想像を絶する規模の支持者の動員が可能となるのだ。

これこそ自民党が待ち望んでいたことではないのだろうか!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
見捨てられたチベットの悲劇 青山繁晴
2011年11月2日に放送された関西テレビ、「ニュースDEズバリ!」は、必見だ。 ...続きを見る
風林火山
2011/11/03 09:29
世界は腹黒い 複雑怪奇な国際政治
世界は腹黒い。 ...続きを見る
風林火山
2011/11/04 00:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党のイメージを変えたいなら谷垣さんあなたが変わるべきだ! 美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる